プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

教科書


今日で2月も終わりです。月が変わると、あっという間に帰国日がやってきそうです。とはいえ、まだまだ仕事は続いています。今日は月例のバリデーション講習会でした。この講習会へ参加するのも今回が最後。こうやって、いろいろ最後になることが重なって活動が終わっていくようです。

8時半5分ほど前に会場であるExperimentalに到着。相変わらず参加者の集まりは悪かったですが、いつものごとく講習者であるINAFOCAMのコーディネーターも未到着。今日は事務所のスタッフと彼女しか講習者がいなかったため、到着しないと始められません。しかし、9時にってもやってこない上連絡もなし。痺れを切らした初等教育コーディネーターは、その時点できていた参加者を一つの教室に集めて、事務所のスタッフのほうだけでも始めようとしました。まあ、いい考えかなと思ったのですが、メリエンダの準備がちょうど整った頃だったので、事務所のスタッフはまずメリエンダを食べようということにして到着を待ちました。

そうこうしているうちに9時半頃になってやっと到着。いつものごとく屈託なくあいさつをしてくれました。遅刻を責められそうな雰囲気になるととりあえず言い訳。INAFOCAMの車が手配できていなかったらしく、Caribe Toursのバスできて、ターミナルからタクシーを飛ばしてきたそうです。6時発の便に乗っていれば間に合ったはずなので言い訳になりません。しかも、遅れているにもかかわらず、周囲の先生たち同様にメリエンダを食べ始めました。さっさと準備をして講習を始めれば、まだかわいげはあったのですがいかんともしがたいものがあります。

到着を待っている間、中庭でやっていた体育の授業を見ていました。集団行動というか行進の練習で、なかなか整然と動けていたので、同期や短期の方と一緒に感心して見ていました。けっこうな量の動きにセリフまでついていて、日本の子どもたちでも難しいかなというくらいだったので素直に感心しました。一連の動きが終わったあとは思わず拍手をしてしまいました。独立記念日は終わってしまいましたが、内容的には独立記念日絡みの行進のようでした。3学年くらい続けてやっていてけっこう楽しめました。

さて、遅れて始まった講習ですが、午前の内容はわり算。プランは事務所のスタッフがたてたものを使っていました。導入はぼくが昨年パイロット校の先生を対象にやったものとほぼ同じ流れになっていました。1年前に講習を受けた先生たちも当然参加していましたが、まあ勝率は5割よりはいいかなといったところでちょっと悲しかったです。昨年と同様にわり算が満足にできない先生もいて、このあたりは指導法よりも基礎学力の講習になってしまいがちなのは仕方ありません。それでも、等分除と包含除の違いと、両方を指導しなければいけない必要性についてはある程度伝わっていたのではないかと思います。

そういえば、参加者の中にパイロット校の教員でもバリデーション対象校の教員でもない人が混じっていました。まあ、全員知っているわけではないので、当然知らない顔があってもおかしくないのですが、たまたまその先生は別の学校だということを知っていたのでわかりました。なぜ、知っていたかというとその学校を訪問した時に授業を見せてもらい、できる人はいるんだなと強く印象に残っていたからです。ドミニカ共和国で過去に見た授業の中では抜群でした。どうやらその学校を担当しているTutoraが招待したようでした。スカウティングをしているのかもしれないです。あれくらい優秀だと事務所のスタッフの負担も軽くなるかもしれないので、ヘッド・ハンティングしてもいいかもしれないですね。

来週火曜日に研究授業があるにもかかわらず、今週はまだ1回も授業を見ることができていないので、午後は学校に行ってきました。1時間目立ったので授業を見たら講習に戻るつもりだったのですが、結局Recreoまで授業が続き、Recreo中に打ち合わせをすることになって時間がなくなったので講習会には戻れませんでした。

学校に戻る前に文房具屋に寄ってこちらの教科書を買ってきました。算数は1〜4年生分、スペイン語、社会、理科は4年生のものを買いました。1冊500〜600ペソ(1700〜2000円強)もうちょっとほしかったのですが高すぎます。一般の家庭にこれを毎年全教科揃えろというのはつくづく厳しいなと思います。とりあえず、日本へのお土産です。ざっと目を通しただけでもおかしいなと思うところはいくつも見つかるので、比較対象にすると日本の教科書の優秀さがよくわかります。まあ、スペイン語の教科書というだけで、興味・関心の対象になっていいでしょう。持って帰るには重いのが難点ですが。

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>