プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Vallena


朝、9時に船着場に集合してホエール・ウォッチングに行ってきました。17-3から19-3までの全隊次が最低1人はいるという珍しい状態で、19-2は全員集合。よく考えると18-1は任地に分かれてからは一緒に旅行したことがありません。ドミニカ人が混ざっていないのも最近は珍しいのですが、ボランティアだけ総勢16人で2艘の船に分乗しました。

Samanaでは1月末から4月にかけてサマナ湾で鯨を見ることができます。ぼくは昨年も見にきたのですが、ちょっとしか見ることができなかったのでリベンジです。時期が限られているので、赴任時期の関係で18-2以降のメンバーは初めての参加になりました。昨年は波が高く、船が跳ねてお尻が痛いような状態だったのですが、今年は天気もよく比較的波も穏やかでした。

鯨が見られそうな沖合いに行くと船を走らせるのをやめて、海を漂いながら鯨を探します。しかし、これが曲者で船に弱いと船酔いの原因になります。一応みんな酔い止めの薬を飲んでいはいたのですが、一緒の船に乗っていた19-2の1人が早々にダウン。3時間近く海上にいたのですが、30分ちょっとで吐き始めてしまったような状態だったので2時間くらいはかなりきつかったのではないかと思います。初めはかなり元気で、一番に鯨を見つけた人だったのですが、このときのはしゃぎすぎがきいたのかもしれません。



船を走らせるのをやめてからわりとすぐに最初の一頭を見つけたので、今年はけっこう見られるかなと期待したのですが、そのあとなかなか見つかりませんでした。モーターの上に乗って鯨を探している船長です。前半はなかなか近くで見ることができなかったのですが、なぜかぼくだけわりと運がよかったようで、ちょっと遠かったのですが潮を吹いているところを見かけたり、鯨が飛び上がっているところも見ることができました。飛んだと声を出して、みんながそちらの方向を見たときには波飛沫だけで、飛んでいるのを見られたのはぼくだけでした。たまたまそちらの方を見ていただけなのですが、昨年の分もサービスしてくれたのかもしれません。



後半に入ると船長が調子よく鯨を発見してくれて、けっこうな数を見ることができました。2頭並んで泳いでいるのもいたりして、かなり寄ってくれたので近くでも見ることができました。しかし、姿を見せるタイミングがわからないので、出たところにカメラを向けてズームをかけてという風にしているとその間に潜られてしまうの繰り返し。けっきょくまともに姿が写っていたのはこの1枚だけでした。まあ、こればかりはしかたがないでしょう。

昼前に帰ることになり、引き返している途中で燃料切れ。ガソリンのタンクを交換してエンジンをかけようとするのですがエンジンがかかりません。船長はいろいろエンジンをいじって何とかしようとするのですが、けっきょくスタートできず、もう1艘に引っ張っていってもらいました。港までは戻らず、途中にあるCayo Levantadoという島に上陸しました。これはエンジンの故障のためではなく当初の予定通りです。ここはビーチの美しさに定評があり、離れ小島で閑静な場所なので人気があります。ここのリゾート・ホテルはドミニカ共和国でも最高級ホテルの1つです。そんな島の公共ビーチで16時くらいまで過ごしました。



こんなビーチが広がっています。きれいですね。

まずは19-2が用意してくれた昼食を食べてひと泳ぎ。ちょっと沖にフロートが浮かべてあったので、そこにのぼって遊んでいました。飛び込んだり、他の人を突き落としたり。



マリン・ケースを持っていっていたので水中から突き落とされてくる人を撮ってみました。フロートはちょっと高さがあったのでバック宙の練習を何回かしました。一応回りきって足からは入っていたのですが、50cmくらいの高さのアドバンテージがあっての話ですから、助走がなかったとはいっても陸上ではやはり回りきれないでしょう。もうちょっと体重を落として柔軟性をつけなければ陸上ではできそうもないです。

海から上がったあと19-2を中心に若い連中はビーチ・バレーなどを楽しんでいましたが、ぼくは他の何人かとビールを飲みながらくつろいでいました。快晴のもとビーチで飲むビールというのもまた格別です。16時まで滞在して船着場に行くと、別の船に乗れとの指示。けっきょくエンジンが直らなかったようで、別の高速船に乗せてもらいました。揺れも少なくて速いので快適に帰ることができました。

港に戻ってからはいったんそれぞれホテルや家に戻り、シャワーを浴びて再度夕食に集合。集まる前に友人から来週鯨を見に行きたいからということでホテルの予約を電話で頼まれたので、19-2が泊まっているホテルに行って予約を入れてから行きました。マレコンにある屋台から食べ物や飲み物を買って食べました。外で大人数でわいわい食事をするというのも楽しいものです。かかっている音楽に合わせて女性人を中心にダンスの練習もしていました。みんな楽しそうでした。途中でドミニカ共和国に遊びに来ていた16-3のOBも合流。久しぶりにお会いしましたが元気そうでした。朝から夜まで楽しい一日でした。