プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Dia de San Valentin


Día de San Valentín、まあバレンタイン・デーですね。Día de amistadまたはDía de amorともいいます。amistadは友情、amorは愛情をそれぞれ意味します。日本では女性が男性にチョコレートを送り愛を告白する日として定着していますが、こちらでは特に性別は関係ありません。異性間だけではなく、同性間でもカードを交換したり贈り物をしたりします。友情の日なのであいさつなども普段よりしっかりしている感じでした。



クリスマス・カラーは赤と緑でしたが、バレンタイン・デーは赤。今日は私服での登校が認められている学校が多かったようで、こんな風に赤い服を着て登校している子どもたちとたくさんすれちがいました。真っ赤な校内の様子を撮ろうと意気込んでいたのですが、うちの学校の周りは普通にいつもの青。私服登校は認められておらず普通にみんな制服できていました。それでも、羽織っている上着などは赤が多かったです。

先生が生徒にチョコレートを渡しているとキリがないので、校内ではカードに名前とメッセージを書いて渡すということをしていました。そうとは知らなかったので、ぼくは先生たちにコスタリカのチョコレートをプレゼント。教務主任から教室を1つずつ回って渡してこようと言われたのですが、生徒の前で渡すのはちょっと…ということで丁重に辞退して、秘書のいる先生たちのよく集まる部屋に置いておいてもらいました。

そこは校長室と副校長室が部屋続きになっているのですが、置きに行ったときに校長に呼ばれました。何かなと思うと、先週授業を見に行った先生に研究授業をやらせるので、助けてやってほしいという話でした。先週の授業が相当お気に召さなかったようですが、もちろん教員として成長してほしいという思いもあるのではないかと思います。一緒にいた教務主任は先週の授業は大学の授業の一環で研究授業ではなかったのだから仕方がない面があるということを言っていましたが、校長は逆に日常的に同じような授業をしているということだから何とかしなければいけないといって譲りませんでした。確かにその通りです。授業日は3月4日。帰る直前で最後の活動としてはちょうどいいなと思いました。とりあえず、まずは毎日授業を見に行こうと思います。

ちょうどよかったので、話のついでに帰国日なども知らせました。帰ると言って、ダメだと返されてもどうしようもないのですが、社交辞令にしても学校でほとんど何もしていないぼくにそう言ってくれるのはありがたい話です。話が終わったあたりでちょうど午前の授業が終わったので、事務所へ行って短期の方と昼食を食べに行きました。ほぼ毎日昼食は一緒に食べていて、ぼくの学校へ行っている時間が長くなってきているので、引き継ぎの時だけではわからなかったことや細かな点などいろいろと話をできるいい機会になっています。



事務所の隣の学校は私服で登校していました。見事な赤です。



校内の様子を撮っていると、女の子に写真を撮ってと声をかけられたので、とりあえず撮ってあげました。撮られただけで満足だったようで、特に写真がほしいというようなことは言われませんでした。何のためだったんでしょう?写真は子どもばかりですが、もちろん大人も今日は赤い服が目立ちました。特に女性は比率が高かったですが、男性もけっこう着ていました。みんなけっこう持っているもんだなと感心しました。ぼくは買う気も着る気もサラサラない暖色系の服は持っていないので話になりませんでした。

研究授業をするのは午後の先生なので、授業を見に行こうと思って時間割をチェックすると4時間目。しかし、授業が3時間目の前に終わってしまい生徒は下校。ちょうど教務主任と話をしていたのですが、教務主任もなぜ早く終わったかわからないと言っていました。帰り際に副校長に理由を聞くとDía de amistadだからとの答え。昨日の時点でまともに授業がおこなわれない可能性は想定していたのですが、午前中普通に最後まで授業をしていたので油断していました。研究授業をする先生に声をかけられ、助けてほしいということを頼まれたので、学校に来ている日は毎日授業を見に行くということをとりあえず伝えてから帰りました。

また事務所に戻る気にもならなかったので今日はそのまま帰りました。ちょっと早かったので、最近気になっていた髪を切りにいつもの床屋に寄ってから帰りました。おかげでさっぱりしました。残りの任期を考えると今日がドミニカ共和国で最後の散髪になるでしょうか。今日はすぐに次のお客さんがいたので、今度暇そうな時にでも一緒に写真を撮ってもらおうと思います。

家に帰ってしばらくすると停電。今回はちゃんと地区全体の停電でした。1時間ほどして夕食を買いに行って部屋に入った瞬間に復旧したのですが、2〜3分で再停電。それも30分ほどで復旧しました。停電前に洗濯が終わっていてよかったです。さて、明日の夜は一応首都に行くことになっているのですが、まだ不確定なのでどうなるんでしょう?まあ、キャンセルならキャンセルで別に問題はないのですが。