プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

ダイビング1日目


スキューバ・ダイビング1日目でした。9時からスタートの予定だったので、遅れてはいけないと思い隊員連絡所は7時過ぎに出ました。場所はBoca Chica海岸、首都から車で30分ほどのところですから、1時間もあれば到着するのですが念のためです。まあ、結果論ですがこの念のためが役に立ちました。Duarteという通りからグアグアが出ているのですが、ちょうど走っているのがいてそれに乗ったのですが、あまり止まらずに直行するExpresoではなく普通便だったために、Duarteから1時間以上かかってしまい、スクールに到着したのは9時ちょうどくらいでした。

先ずは電話で2度ほど話をしたスクールの責任者にあいさつをして、必要書類に記入をしました。メディカルチェックというか、病気関係の問診票のようなものにも答えなければいけなかったのですが、さすがにこのへんの専門用語はちんぷんかんぷんです。学科もあるだろうと思って電子辞書を持って行っておいて助かりました。なかったら多分答えられなかったでしょう。その後はテキストを渡されて、午前中はずっとそれを読んでいました。やはりこれも日常的に使わないような単語がたくさん出てくるので読みすすめるのにはさすがに苦労しました。結局今日は半分くらい適当に読み流して終了。テキストは借りてきましたが、果たして読むでしょうか?

午後からはインストラクターからまず機材の扱い方のレクチャーを受けました。スペイン語で受講を希望していたのですが、彼女が英語の方が得意というかそちらが母国語でスペイン語は苦手(それでもぼくよりは話せると思いますが)ということで、結局英語でレッスンを受ける羽目になってしまいました。せっかくスペイン語の練習もかねてやっていけると思っていたのですが、ちょっとあてが外れました。説明を一通り受けたあとは早速水の中へ。

通常ダイビングスクールはプールで練習をしてから海に出ると思うのですが、いきなり海で練習を始めました。とはいっても足が余裕でついて膝立ちになってやっと頭が沈むくらいの場所でしたが。Boca Chicaは珊瑚礁で波がさえぎられ、遠浅で波がほとんどない穏やかな浜辺なので可能なのでしょうが、プールがあると思っていたのでちょっとビックリしました。

まずは普通にレギュレーターを使って呼吸をする練習。次にレギュレーターを外して戻す練習を3パターンほど。それからゴーグルに水が入ったときの水抜きを2パターン。自分のタンクの空気がなくなって相手の予備のレギュレーターを借りる練習。ジャケットに空気を入れて浮きも沈みもしないニュートラルの状態を作る練習。おもりを外して付けなおす練習。ジャケットを脱いで着なおす練習。一人のレギュレーターを交替で使う練習などをしました。あの重いボンベのついたジャケットを着なおす練習は結構厳しかったです。まあ、でもとりあえずサクサクとこなしていったので、魚を見に行こうという話になりました。

いきなりですか?冗談じゃなく?とは思ったのですが、休憩のあとボートにのせられて沖に連れて行かれました。まあ、沖といっても船で10分ほどのところですが。これにはシュノーケリングに来たイギリス人2人も一緒で先に彼らをおろしてダイビングポイントに行きました。1人からはスペイン語で話しかけられてビックリしましたが、もう1人は全然話せないようでスペイン語で返しても理解してないようでした。そんなわけで短い時間の会話は英語。まあ、英語もたまには話していないと忘れてしまうのでかまわないのですが、やっぱりスペイン語の方がいいですね。ただし、いまだに英語の方が会話は楽です。文章を書くのはスペイン語の方が楽ですが。

今回はインストラクターの計測によると47分間で一番深いところは約12mだったそうです。船から普通に底が見えていたのでそんなに深いとは思っていませんでしたが、結構潜っていたようです。素潜りでの耳抜きは結構普通にできるのですが、レギュレーターをした状態での耳抜きが最初上手くできなくてちょっと焦りましたが、慣れるとわりと楽にできるようになりました。結構まめに耳抜きをしなきゃいけないんだなと思いました。最初のうちは海の中の景色を楽しんでいる余裕などはありませんでしたが、慣れて周りが見られるようになってくると素晴らしい景色が広がっていました。ダイビングにはまる人が多いのが理解できるような気がしましたが、自分がはまるかは今後のレッスン次第でしょうか?明日は2本潜るそうです。楽しみです。

独立記念日〜サンティアゴ


首都に来ています。今日はサンティアゴの独立記念日で学校が休みだったからです。で、4月の第一週はSemana Sanataといって学校は休みになります。セマナ・サンタは英語圏でいうところのイースターです。ということで、サンティアゴの公立学校は今日から10連休に突入しました。

せっかくの10連休なので、以前からやりたいと思っていたスキューバ・ダイビングのライセンスを取りに行くことにしました。家から1時間半くらいのところにあるPuerto Plataや2時間くらいで直行のバスも出ているSosuaなど選択肢はいろいろとあったのですが、セマナ・サンタ期間中はホテルの料金も跳ね上がっていますし、レッスンの開始時刻などを考えると日帰りも厳しいので首都の近くにあるBoca Chica海岸にあるダイビングスクールに通うことにしました。ここなら隊員連絡所から1時間くらいで行けるし、朝早くから交通機関も動いているので日帰りもさほど苦になりません(予定&願望)。そんなわけでしばらくは首都暮らしになります。

現在、ドミニカ共和国を国境なき芸能団という団体が訪問中です。落語家3人を中心にしたNPO法人で、海外で笑いを通して平和をよびかけたり、慰問をしたりという活動を行なうのですが、その最初の活動場所としてドミニカ共和国が選ばれたそうです。ただ、一番の中心になっている方はロンドンに住居を構え、海外を中心に日本の伝統芸能である落語を広めようとされている方で、言葉の通じない中でも伝わるような芸をいろいろとお持ちになっているようです。

老人福祉施設や学校などを訪問して公演をされていたようなのですが、JICA事務所でも特別に公演をしていただけることになったようで、案内が届いたのが一昨日。ぼくは元々明日からのスキューバのために首都に来る予定になっていたのでせっかくだから参加させてもらいました。急な連絡にもかかわらず、会場になっていた会議室がいっぱいになるくらいお客さんが集まっていました。今回は対象がほぼ日本人、または日本語を理解できる人たちということで語学的なストレスがなくできるので、落語家さんたちにとってもいい息抜きになったかもしれません。内容は文章ではうまく表現できませんが、久しぶりにたくさん笑わせてもらいました。2時間ちょっとの内容でしたが、あっという間に時間が過ぎ、本当に楽しかったです。写真も撮ったのですが、機材不足でアップできないのが残念です。

さて、明日は早いので早々に寝ることにします。

おでん


雨が続いているせいか最近ちょっと肌寒いです。そんな理由ではないのでしょうが同期がおでんを作り、食事に招待してくれました。先週まで入院していた同期です。お見舞いのお返しに何ができるかなということを検討した結果、食事に招待するのがいいかなという結論に達したようです。



で、できあがったおでんです。一昨日から仕込が始まっていた力作です。さすがによく味がしみていて美味しかったです。まさかドミニカ共和国に来ておでんが食べられるとは思ってもいませんでしたが、一緒に出てきた漬物などもよい出来でした。きっといい奥さんになることでしょう。自分の奥さんになる可能性がないのが残念ですが。

サンティアゴで降り続いている雨も今日乗ったタクシーの運転手に言わせると13日目。明日で2週間になります。今日は朝から雨模様で、晴れ間が見えることもありましたが断続的に雨が降り続く珍しい天気でした。雨が降ると廊下などは靴についた泥でひどい状態になります。学校では掃除夫さんたちがそれをまた水で流してきれいにするわけですが、ずっと雨が降っていたのでいたちごっこの様相を呈していました。

今日はなぜか早めに授業が切りあがり先生たちがアビチュエラ・ドゥルセを食べていました。日本でいうとあんこのようなものですが、もっとやわらかくしてあって飲み物のようにしてコップに入れて飲んでいました。イメージからいうとお汁粉でしょうか。色は黒ではなく赤ですが。当然すすめられるわけですが、一人分として渡される量はとても食べられないので丁重にお断りしました。以前に試したことがあるのですが、ぼくには少々というかかなり甘すぎます。子ども時代はともかく、今はほとんど甘いものは食べないので、甘いものは好きじゃないからといって断りました。

先生方に言わせるとドミニカにいるんだからドミニカの食べ物を食べなきゃということになるのですが、たとえこれが日本でも食べないので、そのように説明すると甘いもの全般が好きではないということを納得してくれる人もいました。しかし、ドミニカ人は甘いものが大好きです。そんなわけで甘いものが嫌いということ自体が信じられない人もいるようです。この国のデザートやケーキの甘さは強烈なので、可能な限り食べないですませられればいいなと思っています。

語学学校2日目


今日は語学学校2日目。前回の授業のあと宿題が出ていたのですが、昨日同期に誘われて夕食に出ていて帰りが少々遅くなってしまったため、ネット上で必要なデータだけ拾ってきて印刷をしておきました。もちろん、それはスペイン語で書かれていて、しかもちょっと日常的には使わない単語が多かったので読むのに少々苦労しました。昼休みと学校が終わって語学学校に行くまでの時間を利用して何とか必要そうな部分は読んだのですが、なかなか厳しかったです。

今日は同性愛者に結婚の権利を認めるかということについてディベートをしてそのあと接続法をやりました。一緒に行っている同期は日常会話はおそらくぼくよりすでに上でしょうが、普段の生活の中でどんどんと身につけているので文法的なことはやや苦手。特に接続法はKTCでも現地語学訓練でもあまり手がつけられていなかったところなので仕方がありません。はじめのうちは活用に関してやや混乱していたのですが、意識していなくても普段使っていることなので規則活用はすぐに理解していました。今までも何度か接続法について質問されていて、いまひとつピンときていなかったようだったのですが、今日の授業のあとの帰り道での説明には大きく頷いていました。曰く、これだけでも語学学校に行った甲斐があったそうです。さて、今日も宿題が出ました。ただ、金曜日から連休に入り、語学学校はありますがぼくたちがそれぞれ出かけてしまうので次回の授業は4月9日です。

日中は天気がよく、今日は降らないかなと思っていたのですが、語学学校に行く直前になって降り出しました。JICA事務所から入ってきたメールによると連日の雨の影響で北部地域で5人の方が亡くなり、数千人が避難生活を強いられているとのこと。さらにまだ数日は雨が続くとのことで、まだ雨期に入っていないこの時期としてはちょっと異常です。しかし、能登半島での地震もそうですが、やはり自然の力にはかないませんね。

電気


毎日この話題ですが、今日もやはり午後は雨でした。しかし、今日は一日事務所で仕事をしていたので、授業が早く終わったかは不明です。しかし、同期の学校のひとつは雨の影響で早く授業が終わったそうです。とすればうちも可能性は非常に高いです。しかも、今日はDistritoで午後から校長会をやっていたので、学校によってはここぞとばかりに早く終わっているところも…。

今日はなんと珍しいことに事務所に一日中電気がありました。以前にも何度か書いていますが、自分の家のある地域は停電している時間のほうが珍しいですが、事務所のある地域は日中に3〜4時間電気があればいい方というような場所です。Barioといわれる貧困地域にあるため、地域全体での電気料金の支払い率が低いため、供給量または供給時間が抑えられているとみられています。土地代などは安いのかもしれませんが、そういった地域に公的な機関の事務所(プロジェクトの事務所はサンティアゴ県の地方教育事務所の一角にあります)を置くというのもどうかと思いますが、コピーやパソコンの使用などで電気がないというのは大きな問題です。

そんな場所で電気が一日供給されていたわけで、以前そういうことがいつあったのかちょっと思い出せないくらいです。まあ、もちろん普段は学校に行っているので事務所の様子をすべて知っているわけではありませんが、学校も同じ地域にあるので電気に関しては同じ環境にあります。隊員も電気があるうちにコピーや必要な書類・文書の印刷をするわけなのですが、残念なことに今日の午前は定例の会議。電気があったのにちょっともったいないかなという感じでした。午前中に電気があったりすると、午後いつ停電するかと考えてしまうので、人によっては昼食の時間を惜しんでコピー機などを使っています。インベルソール(蓄電器)もあるのですが、充電する時間が不足していれば十分に機能しませんし、もう少し落ち着いてというか電気を気にせずに活動や準備ができる場所だといいなとついつい思ってしまいます。

ただ、隊員の派遣されている場所は未だに十分な電気が供給されていないどころか、そもそも電気のない地域も多いことを考えると贅沢な悩みだといえるかもしれません。もちろん、なければないなりの活動を考えていけると思うのですが、あるはずのものがない状況というのはけっこうなストレスを感じさせるものだなと思います。電気があるときにはあることに感謝して優先順位をしっかりとつけてやれることをやっていこうと意識していきたいとは思うのですが、なかなか難しいものです。