プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

合同授業


今日は語学学習の4時間目が3クラス合同での授業でした。森のステージという講堂というか体育館のようなスペースで、自己紹介などをしました。基本的な条件としては、1対1で話すこと、自分のクラス以外の人と話すこと、1セット8分程度などです。お互いに知り合い同士の人もいますが、それぞれ初対面のつもりで会話をしました。普段話をする人のほうが少なかったので、これまで話をしたことがない人と積極的に話をしました。後半はテーマが出されてそのテーマについて会話をしました。テーマは「家族について」「KTCでの生活について」でした。家族については、自分の親の職業をスペイン語でなんというか忘れてしまってちょっと困りました。いつものメンバーで授業を受けるのも楽しいですが、ちょっとした気分転換にはいい授業でした。金曜日にもあるようなので楽しみです。

語学のあとはB型肝炎の予防接種でしたが、こちらはなぜか健康診断で抗体が見つかったので接種の必要なしとのことでした。予防接種のあとは東京三菱UFJ銀行のニューヨーク支店に口座を開設する手続きをとりました。現地の銀行は倒産するおそれがあったり、預金保護の制度が整っていなかったりで、生活保障のために一部の国では任国で口座を持たないそうです。生活費の引き出しに高い手数料がかかったりするのは嫌だなあとか思いましたが、その辺の細かい内容についての説明はありませんでした。

明日はスペイン語でのテクニカルクラスです。とりあえず、わり算の授業をする予定でいます。まさかここにきて学校での授業のような準備をすることになるとは思いませんでしたが、道具や材料が手元にないので、思うように教具が用意できませんでした。まあ、現地での予行演習だと思えばこんなものなのかもしれませんが。現職教員の立場もあるので、あまり恥ずかしくない授業ができればなと思っています。

定例班会議


唯一の休日も終わりを告げ、また訓練続きの1週間のはじまりです。語学研修は、テクニカルクラスが始まりました。それぞれの専門分野について現地にいるつもりで授業や講習会の予行演習のようなものをおこなうという授業です。今日は家畜飼料で派遣予定の方のクラスでしたが、専門用語だらけでなかなか理解できません。自分が授業をやるときも専門用語が必要になってくると思うのでしっかり準備する必要があるなと痛感させられました。

月曜日は班長会議や各委員の会議があるので、そのあとに定例の班会議があります。連絡事項が非常に多いため、いつも班会議は長くなる傾向にあります。なかなか全員が揃わないので、ついつい馬鹿話に花が咲いてしまうという理由もありますが。今日は野外活動での食事の内容と、班Tシャツのデザインが決定しました。5月下旬くらいには出来上がってくる予定とのことなので、訓練所にいる間にみんなで着られるのはうれしいなと思っています。

語学の講師の先生はときどきおやつなどを買ってきてくれます。今日はミスタードーナツのドーナツでした。スペイン語でも発音はほぼ同じですが、語尾の発音が微妙でカタカナではうまく表現できません。甘くないのを選んで食べたつもりでしたが、自分にはやっぱりちょっと甘かったです。

診療室からお手紙をもらいました。B型肝炎の予防接種は必要ないとのこと。明日の予防接種はB型肝炎の予定なので、時間が浮きました。自習時間になるのでそのあいだに明後日のテクニカルクラスの準備をしようと思っています。しかも、予防接種を受けないので、水曜日に走れます。ちょっとラッキーかも。

お花見


ここ駒ヶ根訓練所から1時間もかからないところに、高遠城址や光前寺など、桜で有名なところがあります。今日はドミニカ共和国に派遣されるメンバーでお花見に行こうと相談していたのですが、天気が悪く、高遠城址は渋滞がひどいということでそちらに行くのは断念しました。光前寺は枝垂桜で有名なのですが、4人がすでに昨夜、夜桜を見に行っていたので、別の場所に行くことにしました。

とりあえず、お散歩もしようということで、まずは近くにある養命酒駒ヶ根工場へ。養命酒を製造している唯一の工場ということで、平日だとラインの見学もできるそうですが、日曜なのでラインが稼動しておらず、ビデオ鑑賞だけでした。ビデオを見る前に試飲もさせてもらいましたが、飲みやすくするためか非常に甘い。しかも口の中に味が結構残ってしまったので、お茶をいただいて口直しをしてしまいました。ビデオ鑑賞のあとはカフェテラスに移動してティータイム。五平餅とロイヤルミルクティーをいただきました。僕にはちょっと甘かったですが、どちらも美味しかったです。
この工場は敷地も広く、縄文時代弥生時代の竪穴式住居のあとが見つかったということでそれらが復元されていました。そういったものなどを見学しながら工場の敷地内をブラブラとお散歩。みんなでワイワイとやりながら歩いていると時間の経つのも早く、2時間近くをここで過ごしました。

お昼になったので、お花見の目的地である馬見塚公園へ移動。道すがらたくさんの桜を見ることができましたが、工業高校の敷地内の桜は非常に綺麗でした。公園はいけがあって、その周りに桜が咲いているという配置で、池には鴨などもいて、なかなかいいところでした。他にも何組か花見客がいましたが、混んでいなかったのが良かったですね。近くのお店で食べ物と飲み物を調達してきて桜の木の下でお花見開始。もちろん花より団子でしたが、舞い落ちる桜の花びらが風流でした。しかし、昼間から屋外で飲むビールはなぜあんなに美味しいのでしょう?同じ公園内で他の隊員候補生もお花見をしていました。みんな考えることは同じようです。

お花見の後、他のメンバーは訓練所にまっすぐ戻りましたが、僕は途中で分かれてお買い物へ。3〜4km離れているところへ歩いていきました。結局、今日は15km近く歩いたんじゃないかなと思います。ビールを1人で5本もあけていなければ非常に健康的な休日の過ごし方でした。リフレッシュもできたし、明日からの訓練またがんばりたいと思います。



救命講習


今日は日本赤十字の方が来て救急救命講習についてお話と実技の訓練を受けました、学校でも簡単な心肺蘇生法の訓練を受けたことはありましたが、1日がかりの本格的なものを初めてでした。三角巾の使い方などは面白くて、とても参考になりました。しかし、週末とあってか皆さんお疲れ気味で、休み時間には実習用のアンちゃんを枕に寝ている人も多数でした。

今日は、語学クラスのメンバー2人と一緒に飲みに行って来ました。平日はまったく飲めませんし、日曜日の次の週のことを考えると飲みにも行けないので、実質的に飲めるのは土曜日だけとあって、他の候補生もみなさん羽を伸ばしてきています。ロビーや2階のスペースは大騒ぎです。

今日の講習では心室細動の除細動を行うAEDという機械の使い方の講習も受けました。実際にこの機械を使って命が助かった事例もあるそうなので、必要な場合にはしり込みせずに使いたいなとは思いますが、実際にそういう場に立ったときに冷静に行動できるか不安でもあります。写真はそのAEDを使っている訓練人形のアンちゃんです。



花散らしの雪?


今朝、雪が降りました。こちらに来てからどうも天気がよくない日が多いのですが、極め付けです。雪の多い長野県とはいっても、さすがにこの時期に降るのは珍しいようで、守衛をされている方でも4月下旬になって雪が降るのは記憶にないそうです。今隊次には北海道出身者が多いので、寒さというか雪まで連れてきてしまったのでしょうか。というわけで、今朝もジョギングができませんでした。運動をできない日が続くと、どうもフラストレーションがたまってきていけません。明日は晴れますように。

今日は語学の4時間目にクラスローテーションがありました。前回に続いての違う講師のところでの授業ですが、やはり自己紹介で時間が終了。講師の方は日本人ですが、ネイティブと変わらないレベルでスペイン語を操られます。しかも非常に早口で、聞くことは何とか聞けたのですが、返事を返そうと考えているあいだに次にすすむという感じで、まだまだがんばらなきゃなと思わされました。クラスのお一人が協力隊2度目で、前回その講師の方にスペイン語を習ったということで、話は非常に盛り上がりました。なかなか会話に加わることはできませんが、話を聞いているだけでとても面白かったです。

語学のあとは、それぞれの任国事情について調べたり、調整員の方や前任者が来ての説明がありました。ドミニカ共和国は今回は候補生同士での勉強会で、次回がボランティア調整員の方が来ての説明会になります。ただ、勉強会といっても何を調べていいかよくわからず、4人で同じ仕事をするので、前任者へ代表して送るメールの内容を相談したり、ネットから引っ張ってきた情報を読みあったりしていました。親とかをよぶとしたらどれくらいかかるんだろうという話題になって調べてみたところ、ドミニカ共和国への航空券の運賃は一番安い時期で往復7万円弱というのがありました。地球の裏側へ往復7万円というのはすごく安くてビックリしました。

明日は1日救急法の講義と実技があるので、今週の語学は今日で終わりです。まあ、週末は来週の授業に向けて準備をしなければいけませんが、とりあえず一息です。