プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

ダイビング49日目


昨日の予約の時点で今日はCave(洞窟)かIsla Catalinaへのダイビング・トリップしかないということだったので、散々迷った末にIsla Catalinaを選びました。Caveもかなり魅力的だったのですが、Catalinaには以前から一度行ってみたかったのでその誘惑には勝てませんでした。これで、Saona、Catalina、Catalinita、Cayo Arena、Cayo Levantadoとドミニカ共和国の有名なビーチのある島はだいたい行きました。個人的にはIsla Saonaが一押しです。

Isla CatalinaはLa Romana沖にあるので真っ直ぐ行けばそれほど遠くはないのですが、Bayahibeからは船で30分ほど。シュノーケリングのお客さんたちと一緒に出かけました。ダイバーのお客さんはもう1人だけだったのでインストラクターと3人で潜りました。

1本目はThe Wall。シュノーケリングの人たちと同じところでエントリーしたのですが、ちょっと潜っていくとすぐに崖状になっている場所に出ました。深く潜ろうと思えばディープ・ダイブも可能というところでしたが、あまり深いところに行き過ぎないように深度には注意しながら潜りました。



今まで潜ったどんなところともちがったかわった景色が続いていてすごく印象的でした。特にこのお皿を重ねたようなサンゴがなんとも面白かったです。これが壁一面に全体的に広がっているという感じでした。シュノーケリングをしている浅いところには魚はたくさんいたのですが、ここにはそれほど多くはいませんでした。それでもすごく景色を楽しんで潜れました。



カニを発見。爪が片方とれていましたが、結構大きかったです。



写真だとわかりづらいですが、白い木のようなものもありました。緑色のものもあり、なんとも不思議な光景でした。27m、45分。



2本目は島の反対側へ移動してAquarium。水族館というポイントの名前に恥じない魚の多いところでした。眼下にはサンゴが一面に広がっていて、常にたくさんの魚が見られました。浅くて透明度が高いので、晴れていると本当に水が透明に見えます。



棒状の生き物を昨日からよく見かけました。かわりにウツボをぜんぜん見つけられませんでしたが。



サンゴの下に隠れていたハリセンボンです。遠くに泳いでいる姿も見かけましたが、どちらもかなり大きかったです。10m、50分。



浮上したところに何か作業用のフロートのようなものがありましたが、使途はいまいちよくわかりませんでした。ダイビングが終わった後はいったんIsla Catalinaに上陸して30分ほど休憩しました。



今回使った船です。



ヤシの木があってビーチはこんな感じでした。



砂の白さはIsla Saonaには負けますがかなりきれいです。これだけきれいでも慣れてあまり感動しなくなってきている自分が恐ろしいです。日本の海をどう感じるんでしょうか…。



帰りにLa RomanaにあるCasa de Campoというリゾートの近くを通りました。ドミニカ共和国で最高級のホテルと著名人の別荘などがある場所で、大リーガーのサミー・ソーサーなどもここに家を持っています。で、これはシャキーラという歌手の家だそうです。



ヨット・ハーバーの中でジェット・スキーをしている子どもたちがいました。さすがお金持ちの集まるところです。



個人所有のクルーズ船もたくさん停泊していました。おそらく年に数回しか使われないのでしょうが、手入れは行き届いている感じでした。お金はあるところにはあるものです。

La Romanaに戻ってからはホテルでダラダラとテレビを見たりしながら過ごしていました。17時くらいにIsla Saonaに行っていた他の6人が帰ってきてから、夕食の買い出しに行きました。ぼくはホテルに残って初日に買ってきていたスイカを切りました。小型の万能ナイフを使って切ったのでさすがに苦労しました。特に最初に半分にするのが大変でした。途中で首都のボランティアから電話が入り、La Romanaにきているということだったので合流することになりました。ピザとスイカを中心にした夕食でスイカはとても甘くておいしかったです。22時頃にはお開きになって寝ました。

【 シャキーラ 】

私もダイビングを今年の1月から始めたので、その写真に魅せられながら
ブログを読んでいたら、シャキーラの家が映っていたので、コメントさせて
頂きます!シャキーラは、とても個性的な声の持ち主で、私は大好きです。
コロンビア出身なのに、ドミニカ共和国に家があるっていうのは、別荘なんですかね?
彼女はユニセフに親善大使も勤めてましたよー。

カリブ海やっぱり素晴らしいですね。美しくて暖かくて最高!ぜひ行ってみたいです。

【2008/04/24 03:57】  URL | その2 DTIブログ管理人 [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>