プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Tamarindo


12時過ぎにホテルをチェック・アウトして移動開始。タクシーで30〜40分ほどということだったのでフロントで呼んでもらおうと思うと向かいのツアー・デスクで呼んでもらえと言われました。しかたがないのでそちらに頼んだのですが、タクシーが見つからないとのこと。ホテルを出て坂を下ったところにタクシーがいることがあるからそちらで捕まえろと言われたので、とりあえず行ってみることにしました。しかし、タクシーも呼んでくれないホテルとは…。行ってはみましたが坂を下ったところにタクシーはいませんでした。基本的にリゾート・ホテルしかないようなところですから流していもお客さんは捕まりません。まあ、時間はたっぷりあるのでブラブラと歩いてみることにしました。結局次のBrasilitoというビーチまで約5kmちょっと歩いたのですが、その間に見たタクシーは1台だけでした。途中にこれといった繁華街もなく穏やかな昼下がりの散歩になりました。荷物はちょっと重かったですが。歩いていると現地の人間だと思われるのか2〜3台の車に道を聞かれました。たまたま最初に1台では答えられましたが、あとはまあ当然お役にはたてませんでした。歩くのはともかく荷物の重さに疲れたのでBrasilitoでタクシーを拾い目的地のTamarindoへ。



Tamarindoは有名なビーチらしく、町も活気にあふれ人がたくさんいました。ビーチはこんな感じですが、水の色はやはり暗いですし、砂も茶色というか灰色というか…。きれいな海という判断基準が異常に高くなっている自分がいました。



ここはサーフィンに向いているということで有名なようです。メイン・ストリートにはサーフ・ショップが軒を連ねていましたし、たいていはスクールを併設しているようです。赤いシャツを着ている人たちはそのスクールの生徒さんたちです。海の中では波が高いので泳いでいる人よりもサーフ・ボードを抱えている人たちのほうが目立ちました。



ドミニカ共和国から近いとはいえ、サッカーが盛んなあたりが中米です。ドミニカ共和国のビーチではまず見られない光景ですが、こちらはこれがあたりまえなのでしょう。久しぶりにサッカーボールを見たような気がします。



ブラブラと町を散策していたら明日利用することになっているダイビング・ショップを発見。でも、とりあえず外から眺めただけです。

夜はオサガメの産卵ツアーに参加することになっていたので、ホテルのフロントのところに18時集合。なぜか日本語が聞こえるなぁと思っているとアメリカから来たという4人家族と一緒になりました。案の定同じツアー会社を使っていました。迎えがきて車に乗り込むとそこにももう1人日本人が。こちらはなんとコスタリカの隊員。18年度2次隊ということだったので直接は知らない方でしたが、お互い1人だったので一緒に行動させてもらいました。車で5分ほど移動したところで下車。まずは簡単なブリーフィングを受けました。

オサガメの産卵が見られるのはPlaya Grandeというビーチで、上陸してくるのを待って、待機場所から移動するとのことでした。昨日までは深夜に時間を設定していたそうですが、今日から時間を早めたということで待機時間がどれくらいになるかはわからないということも言われました。4時間待っても見られないときは明日に変更ということだったので、根気が必要だなと思いました。説明のあとは待機場所に移動。ボートに乗って川を渡り、あとはビーチをひたすら歩いていきました。ビーチ沿いにホテルがあってそこで待機しましたが、空には満天の星。ツアーではカメラを使ってはいけないということでホテルにおいてきてしまったのが残念なくらいの素晴らしい星空でした。20時半過ぎからガイドの動きが慌しくなり、21時前に行動開始。ブリーフィングの際にけっこう移動するということは言っていましたが、歩く、歩く。しかもかなりの早足で子どもや小柄な女性にはちょっと大変なくらいでした。途中で上陸中のオサガメも見かけましたが、こちらは産卵までにはまだ時間がかかるということでさらに奥へ。Playa Grandeの名に恥じない非常に広いビーチでこのツアーだけで往復5〜6kmは歩いたと思います。

いよいよ目標のオサガメのところにたどり着き、ガイドに連れられて後ろから回り込むと後ろ足を器用に使って砂を掘っているところでした。けっこう固めの砂浜だったのですが、少しずつ少しずつ穴を大きくしていきます。2グループで見に行っていたので、途中で交代しながら見ました。ガイドというか、保護司のような人たちが体長などを記録していましたが、ぼくたちが見たオサガメは体長1.5mほど。ガイドによると大きい方だそうです。穴を掘り終えたところでいよいよ産卵開始。ガイドが後ろ足を押さえて卵が出てくるところなども見せてくれました。けっこうな高さを落としているのですが、殻が柔らかいからか割れないのが不思議な感じでした。1度に何個くらい産むのか質問すると60〜80個ということでした。産卵は3年に1度で、1シーズンに10回ほど産卵のために上陸するという説明でした。産卵が終わったあとはやはり後ろ足を器用に使って砂をかけていきます。ただ砂をかけるだけではなく後ろ足で砂を押し固めているあたりに卵を守ろうという思いが感じられました。観察はこれで終了。なかなか感動的な体験だったのですが、下手くそな文章だけではいまひとつうまく伝えられません。

ホテルに戻ると23時。今日はわりと充実した1日になりました。

【 カメ 】

現地の人に間違われたということはへーさん結構いい色に
焼けてるんですね。サーフィンはするんですか?
文章ぜんぜん下手じゃないじゃないですか〜。オオガメの
産卵の様子もわかりやすく実況されていて、感動するだろうな〜
と思って読んでました。

スキューバin Okinawa 楽しみにしてま〜す!
天竜川下り、水しぶきをかぶるので5月はちょっと
寒いかもしれませんね。

【2007/12/29 07:51】  URL | yuri [ 編集]
top>>

【 焼けてます 】

そりゃもうこれだけダイビングをしていれば焼けていないほうがおかしいです。
3月の北海道に帰ったら違和感丸出しなのは間違いなしです。
サーフィンはやったことありません。スノー・ボードを含めて一枚物の板のスポーツには縁がないですね。

【2007/12/29 08:49】  URL | へー [ 編集]
top>>

【 】

そうですよね焼けますよね。
3月の北海道でこんがり小麦色というのも面白いですね!
明日は戻るのですね。お気をつけて〜。

【2007/12/29 22:30】  URL | yuri [ 編集]
top>>

【 ただいま 】

無事にドミニカ共和国に帰りつきました。
連絡所にたどりついたときには1時前…。車と飛行機に計10時間以上乗っていました。さすがにちょっと疲れました。
でもやはりドミニカは落ち着きますね。明日というか今日は任地に帰ってしばらくゆっくりしたいと思います。
といっても、年末年始は片付けなければいけない仕事が…。

【2007/12/30 14:16】  URL | へー [ 編集]
top>>

【 おかえりなさい 】

長い移動は疲れますよね〜。家に到着するとほっとしますね。
お疲れ様でした。


【2007/12/30 19:15】  URL | yuri [ 編集]
top>>

【 帰宅 】

家には今日の昼過ぎに帰ってきました。
やはり落ち着きます。
今日は旅の疲れを癒すためにもゆっくりと過ごしたいと思います。

【2007/12/31 04:45】  URL | へー [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>