プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

やきとり弁当


昨日から函館。とはいえ、明日から仕事なので昼過ぎには帰らなければいけません。朝はゆっくりまた温泉に入り、昼食を食べてから帰ってきました。



昨日はラッキー・ピエロでしたが、今日は朝食に函館を代表するもうひとつのファスト・フード、ハセガワストアの「やきとり弁当」を食べました。外装はこんな感じで、これは昔から変わっていません。ハセガワストアは函館ローカルのコンビニで、店内に焼き鳥を焼く炭火焼のスペースがあります。何年か前に北海道ローカルのコンビにであるセイコー・マートに吸収されたので、今は札幌でも食べることができます。



中はこんな感じです。ご飯の上に海苔が敷いてあって、焼き鳥がのっかっているだけ。まあ、焼き鳥とはいっても豚串です。北海道では焼き鳥といえば豚串を指します。写真は小です。ご飯の量が増えたり、串の本数が増えるだけで、サイズが変わっても同じです。味は塩とたれで、これは塩です。ご飯に焼き鳥をのせているだけなのですが、病み付きになる味です。

函館はかなり雪が降っていたので、帰りの運転は嫌だったのですが、道中はそれほど降ってはいなかったので一安心でした。家に着いたくらいから雪の降りが激しくなったので、激しく降る前に帰ってこられてよかったなと思いました。疲れましたが、楽しい1泊2日でした。

函館


先月に続き、また函館に行ってきました。まだ大丈夫かなと思い、今回も車でいきました。完全に雪が積もったら車で行く気にはちょっとならないと思いますが…。9時過ぎに出発して高速で函館へ。千歳から高速に乗って、一旦伊達で降りてまた乗り直し。伊達からは現在の終点の八雲まで。なぜこんな面倒なことをしたかというと休日のETC割引を利用したからです。9時〜17時の間に高速に乗るか降りるかすれば1日2回100km以内は半額です。千歳から八雲までが大体200kmで、伊達が中間地点。これで高速が半額で利用できました。

八雲からは5号線でひたすら函館に向かいます。森町でちょうどお昼を過ぎたくらいになったので、昼食をとることにしました。



で、入ったのがラッキー・ピエロです。知る人ぞ知るファスト・フード屋です。学生時代には函館市内に2軒ほどでしたが、人気の店なので徐々に展開してきているようです。1番人気のチャイニーズ・チキン・バーガーを食べてきました。写真を撮るのは忘れました。

今回は湯の川の温泉宿に泊まりました。温泉街の中のほうにあり、新しいというわけではありませんが、なかなかいい味を出している宿でした。チェック・インしてから早速温泉に入りました。源泉かけ流しということで、露天風呂でもけっこう熱い…。内湯は残念ながら熱すぎてぼくは入れませんでした。でも、まあ、いいお湯でした。



夜は飲みに行くのに待ち合わせをしていたら、派手な電飾の市電がやってきました。前の日にこういう電車の運行が始まったというニュースを見ていたので、たまたま見ることができてラッキーでした。飲んでいる間に雨が降り始めて参りましたが、天気予報を信じて傘を持っていっておいて正解でした。骨が折れたのはちょっとショックでしたが。

Sancocho


久しぶりに藻岩山の麓にあるドミニカ料理の店Pa' Mi Casaに行ってきました。今日で2度目。本当はもっと早く訪ねるつもりだったのですが、週末なんだかんだと忙しく、なかなか行けませんでした。忘れられてるかなと思ったのですが、マスターはしっかりと覚えていてくれました。前回はほとんど日本語での会話でしたが、今日はほとんどスペイン語で通してきました。やはりちょっとずつでも練習しているのがきいているようで、わりとスムーズに話せました。リスニングはそれほど問題ないんですけどね。



今日はドミニカの典型的なおもてなし家庭料理『サンコーチョ』を食べてきました。かぼちゃベースで、カレーのような色になるのですが、ここではわりと濃い色でした。芋類と肉類を多種の香味野菜で煮込むという料理で、このスープだけでおなかがいっぱいになるというものですが、基本的にご飯と一緒に食べます。むこうにいて食べるときはおかわりをするので、ぼくはご飯はほとんど食べなかったのですが、ここではそういうわけにもいかないのでありがたくご飯も一緒にいただきました。本場で食べる味とはやはり微妙に異なりますが、これはこれでおいしいので機会があればぜひ試してみてください。

Pa' Mi Casaに出かける前にスペイン語のレッスンを受けました。生徒はぼくともう1人で先生を入れて3人だったのですが、最初のあいさつの後の会話が盛り上がり、結局その話の流れのまま日常的な話題で最後までいきました。もちろん、ただ雑談をしていたわけではなく、文法的な間違いなどを直してもらいながらでした。わりと細かいミスも多かったので、たまには今日のような形で普段気づかずに間違っているような点を直してもらうのもいいなと思いました。

積雪


朝起きたときはまあまあ暖かかったです。そのまま午前中はそこそこ暖かくて最高気温も14℃くらいはあったそうです。ただし、よかったのはお昼を過ぎるまで。昼を過ぎたあたりからぐんぐんと気温が下がり始めました。日が暮れはじめた頃から雪もちらほらと舞いはじめました。明日、学習発表会で、今日は前日準備がけっこうあるかなと思っていたのですが、思ったほどではなかったので、ディーラーに電話をしました。明日は大荒れの予報ということもあり、日曜日に予定していたタイヤ交換を今日やってもらうことにしました。

勤務終了時刻を待って、早速ディーラーに行ってきました。タイヤ交換の待ち時間は120分となっていましたが、事前に電話をしていたこともあって30分ほどで終了しました。まだ、路面が凍るほどではないと思うのですが、タイヤを履き替えているといないのでは、心理的な余裕が違うので、今日のうちに換えてしまってよかったと思います。ディーラーを出たときにはけっこうな降りになっていました。

タイヤ交換のあとはジムに行ってきました。昨日ギプスが取れたので、2週間ちょっとぶりのウェイト・トレーニングに挑戦してみました。内側に曲げるのは平気なので、バーを握るのは問題なし。ウェイトを持ち上げるときに親指の付け根にかかる負荷がどれくらい痛みにつながるかが心配でしたが、とりあえず我慢できる程度。2ヶ月は痛みがひかないということですし、とりあえずなんとかなりそうなので、このまま騙し騙しやっていこうかなと思います。ちょっと自粛して頻度は落とそうとは思っていますが…。

ジムを出ると、車の上には雪が積もりはじめていました。道路にはまだ積もっていませんでしたが、路肩などにはうっすらと雪が積もっていました。札幌では今シーズンの初積雪となったようです。明日の朝にはどれくらい積もっているでしょうか?

ギプス


今日2週間ぶりに病院に行ってきました。その結果、右手のギプスが取れました。関節のゆるみがなくなってきているので、もうなくてもいいだろうということでした。ただし、痛みはあと2ヶ月くらいは残るだろうということでした…。怪我の原因となったバレーはさすがにちょっとということでしたが、あとはたいていのことはやっていいということでした。今回の怪我はスキー中に起きることが多いらしく、滑ってもいいけれど、転ぶときにはストックをきちんと握り締めたまま転ぶようにと言われました。守れないと、強烈に痛い思いをすることになるそうです…。



右手は現在こんな感じです。腫れは完全に引きました。写真ではわかりづらいですが、親指の付け根あたりは黄色というか茶色っぽい色に変色しています。



2週間前はこんな感じでしたから、かなりよくなったのがわかります。親指を内側に曲げる分にはほとんど痛みはありません。ただし、外側に開こうとするとけっこう痛みます。ギプスはしなくてもよくなったのですが、重いものを持つとか、場合によってはテーピングをして備える必要はありそうです。大きな痛みがでないかぎり、次の診察は1ヵ月後です。いやはや、しかし、痛みがひくまで2ヶ月とは気の長い話です。