プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

パン・グラタン


ふと思い立って、学生時代を過ごした函館に遊びに行ってきました。土曜日から出かけて、友人と飲んできました。ドライブして行ったのですが、街の入り口あたりは高速道路ができた(まだ、隣町までしか延びていないので現在は無料開放中)おかげで、様子が昔と変わっていて、ナビがなければ道に迷うところでした。住んでいたのはもう13年も昔の話なので仕方がありませんが、よく通ったボーリング場がマンションになっていたり、他のところもけっこう様子が変わっていました。

五稜郭近辺の飲み屋も知らない店ばかりになっていましたが、それでもまだやっている店を見つけたりすると嬉しかったです。1軒目は新しくできた店に行きましたが、2軒目は3・4年生のときによく通っていた店に行きました。ぼくは学生時代の面影がないので言ってもわからないと思って適当に飲んでいましたが、マスターはかわりがなくて嬉しかったです。調子に乗って飲みすぎましたが、目覚めはけっこう爽やかでした。

今日の昼をどこで食べようか迷って、まずは週に3〜4回通っていた蕎麦屋に行ってみたのですが、すでになくなっていました。ショック…。次においしいハンバーグを食べさせてくれる洋食屋に行ったのですが、まだ準備中か休業。で、次はピザとグラタンの店に行きました。こちらはちゃんとやっていて一安心。



で、これが食べたパン・グラタンです。パンの中をくりぬいてグラタンを入れています。最終的には器も全部食べます。大好きな一品です。昔は余裕で全部食べられたのですが、今日はけっこうきつかったです。満腹で帰ってきたので帰りの運転の眠いこと、眠いこと。結局フリスクで眠気をごまかしながら帰ってきたのですが、1ケース食べてしまいました…。おかげで口の中がちょっと気持ち悪かったです。でも、久しぶりにいい気分転換になりました。

靭帯損傷


水曜日にバレーボールの練習をしていて突き指をしました。ローテでセッターのポジションに入って、一発目にトスを上げようとしたら、右手の親指をグキッ…。まあ、バレーは下手でこれまでもけっこう突き指はしていたので、いつもどおりだろうと思ってそのまま続けていました。ただ、痛いのはかなり痛かったので、途中左手だけでやったりしていてダメダメでしたが…。

翌日右手を見てみると、親指の付け根全体が青く変色していました。かなりひどいなあと思いつつ、とりあえず出勤。指を動かすと痛いので動かさないようにしていたのですが、板書をしたり、採点をするのにペンを持ったりするとどうしても使ってしまうので、養護の先生にお願いしてテープをもらってテーピングをして1日過ごしました。親指がまともに使えないので、チョークは人差し指と中指に挟んで板書しました。

一通り仕事が終わって、テープをはがしてみると青黒くなってきているので、一応みてもらっておこうと思って病院に行ってきました。最初にレントゲンを撮ったのですが、混んでいて1時間近く待たされました。とりあえず、骨折はしていないということで一安心。ゲートキーパーズサム(うろ覚え…)だかいう典型的な状態らしいです。靭帯が切れている可能性があるので、局部麻酔を打って検査するということでした。レントゲンを撮りながらやるのですが、混んでいてもうできないということで、翌朝授業を1時間ほど休んで病院に出直すことになりました。

予約が入っていたので一番に呼ばれて早速麻酔。手をあらためて見た先生の第一声は「これはダメかも」。靭帯自体はどうやらレントゲンには写らないらしく、麻酔をかけて親指を普段は曲がらない方向に思いっきり曲げられて、関節の開き具合で判断。麻酔がかかっていても痛いものは痛かったです。親指の開き具合からいって靭帯の一部断裂か伸びているのは間違いなし。ただし、関節があまり開いてないので完全断裂はしていないということでした。ということで、接合手術はなしで、ギプスで固定して治るのを待つということになりました。全治たくさん…。スキーシーズンの開幕に間に合うかは微妙な感じっぽいです…、まいりました。

手先は器用なので親指が動かなくても板書はできますし、箸も使えます。ただし、不便なことにはかわりありません。鉛筆やペンで字も書けるのですが、さすがに思うようには書けないのでイライラします。とりあえず再度の通院は2週間後。どうなっていることやら…。



右手は今こんな感じです。ちょっとわかりにくいかもしれませんが。

思わぬ再会


朝からスペイン語のレッスンを受けていると参加者の中に見知った顔が…。むこうはどうも気がつかなかったようですが、協力隊の同期でした。パラグアイに派遣されていた人なのですが、目的はぼくと同じくスペイン語のレベルの維持といったところでしょうか。思わぬところでの再会になってちょっとビックリしました。

レッスンが終わった後はちょっと走りに行ってきました。今日の目的はハーフの距離を走ることでした。今まで走ったことのない距離なので、とりあえず楽に走れる1km6分のペースを意識して走りました。昨日のウェイト・トレーニングとランニングの疲れも抜けきっていないので、無理をしないように考えました。天気予報としては曇りもしくは晴れるといったところだったのですが、7kmくらいでちょっと雨が降りました。それほど強くもなく、時間も短かったのでよかったのですが、天気予報も当てにならないなと思いました。雨がやんだあとは晴れ間も見えていたのですが、15kmくらいのところでまた雨。今度はけっこう強く降っていたので雨宿りをしたいところだったのですが、ちょうど畑の真ん中を走っていたのでそのまま走り続けました。まあ、15分くらいでやんだので一安心でした。最後はさすがに少々疲れましたが、ペースは落とさずに21kmを走りきれました。時間的には2時間3分。まだ余裕はあったのでハーフ2時間は問題なく切れそうです。挑戦するかはまた別の話ですが。

このあと、ちょっと祖母のところに遊びに行く予定です。クライマックス・シリーズをみたい気持ちはちょっとあるのですが、まあ今日で終わるわけでもないので気にしないことにします。ダルビッシュが投げる試合なので負けるわけにはいきません。昨日ボコボコに打たれているので、ここで勢いを断っておいて欲しいです。

献血


今日は2006年の6月以来の献血に行ってきました。派遣前は基本的に札幌駅前にあるアスティ45のルームに行っていたのですが、今住んでいるところからはちょっと遠いので、今日は新札幌のルームに行ってきました。初めて行ったのですが、広々としていて、きれいなところでした。帰国後半年は献血をしてはいけないということだったので我慢していたのですが、やっと行けました。久々の趣味復活です。

さすがに2年以上行っていないといくつかシステムが変更になっていました。まず、献血カードが変わっていました。さらに新しいカードには暗証番号も登録することになっていてちょっとびっくりでした。このあたりにもプライバシー保護の流れが広がってきているのでしょう。ぼくは成分献血が中心で、2年前までは両腕で採血と返血をおこなう機械が使われることが多かったのですが、すでに使われなくなっているとのことでした。機械も日々進化しています。採血の時には看護師さんにいい血管だと褒めてもらいました。

アスティのルームではケーブルTVが見られたのですが、新札幌のルームではDVDを見られるようになっていました。しかし、成分献血は時間がかかるとはいっても長くてせいぜい1時間程度。どうがんばっても普通の映画は最後まで見られません。まあ2〜3回に分けて見ればいいだけの話なのですが。ということで映画はパスして、北海道といえばやはりこの1本。水曜どうでしょうを選択しました。ヨーロッパ制覇の回の1話を見たので、今後順番に見ていこうかなと思っています。

献血後に貧血とかになったことはないので、わりと献血後の注意は守らない(良い子はまねしてはいけません)ので、夜にはしっかりジムに行っていました。激しい運動(マラソンなど)はしてはいけないとなっているのですが、いつもどおりウェイトをやって、10kmばかり走ってきました。まあ、それで調子が悪くなってしまうようなこともないのでよしとしましょう。久しぶりに献血に行けてちょっとすっきりしました。