プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

転入


先週できなかった住民票の手続きに行ってきました。金曜日に行こうと思っていたのですが、戸籍謄本と付票が届いたのが17時頃だったのでけっきょく間に合いませんでした。そんなわけで改めて出かけていきました。書類さえ揃っていれば手続きはすんなりと始まりました。ただ、2年の間に元の住所の番地に枝番がふられたようで、それを確定するのに予想以上に時間がかかってしまいました。とはいえ、苦労していたのは係の人でぼくはただ待っているだけでした。さらに明日から4月なので転入したばかりなのにすぐに転出の手続き。異動の手続きの関係で必要とはいえ、ちょっと申し訳なかったです。

市役所での手続きが終わったあとは銀行へ。住所変更をして、車の購入代金を引き出し。金額が大きいので持って移動するのはちょっと嫌だったのですがこれもしかたがありません。さっさと払ってしまいたいものです。次は別の銀行に行ってやはり住所変更の手続き。これで金融機関関係の手続きは終了のはずです。車の保険の手続きもしようと思っていたのですが、納車が遅くなったので、納車になってから改めて行こうと思います。一度に仕事が終わらないのは面倒な話です。

午後から家電の配送にくることになっていたので、急いで家に帰りました。札幌市内を通ったのが失敗で、思ったよりも時間がかかってしまいました。13時から15時の間ということだったのですが、13時半頃にはきてくれました。洗濯機と冷蔵庫は設置までしてくれたのでその後の作業量が減って助かりました。冷蔵庫はもうちょっと小さくてもよかったかなとも思いましたが、まあ大は小を兼ねるということでいいでしょう。

車の納車が遅れるので18時頃に代車を持ってきてくれるという話だったのですが、早めに17時頃に連絡がありました。千歳の友人に車を借りているので返しに行くついでにディーラーに寄って、友人の家までついてきてもらいました。友人の家に届いていた新しいパソコンを受け取り、ディーラーの担当の人を店まで送って買い物に出かけました。電気屋に行ってガスコンロを購入。店を出てから気づいたのですが、掃除機を買うのを忘れました…。とりあえず、これで料理ができる環境が整ったので、ホームセンターに行って調理器具を調達。その後スーパーに行って食材も購入。ただ、もう時間が遅かったので夕食はお弁当。自炊は明日から始めたいと思います。

3月の最後に何とか生活の基盤が整いました。明日からは仕事も始まるのであとはボチボチ物を揃えていきたいと思います。

引っ越し


新居での生活をすでにスタートさせているので引っ越しも何もあったものではないのですが、一応今日が引っ越しでした。2年前に家を引き払うときにわずかに残して叔母さんの家に預けてあった荷物を取りに行ってきました。ダンボールで20箱程度とスキーやゴルフバッグなどのスポーツ用品程度。ダンボールのうち5箱はパソコンを含む電気製品で、5箱は学校での仕事道具、1箱はスキー用具、1箱はバーベキュー用品で3箱は本とCD。とすると身の回りのものは5箱ほど。われながら見事に捨てたものです。まあ、本を1割以下しか残さなかったのが勝因です。泣く泣くでしたが。

それでも2往復は必要かなと思っていたのですが、友人から借りている車が比較的大きい車ということもあり、全部積めてしまいました。片道1時間ほどなのでそう遠いわけではないのですが、それでも1度ですむに越したことはありません。叔母さんとしばらくおしゃべりをしてから運んで帰りました。ただ、パズルのようにきれいに詰め込んだのでバック・ミラーはまったく役に立たず、助手席側のサイド・ミラーも半分使えないという状態で、運転にはちょっと気を使いました。

家についてから1人で全部2階の部屋まで運ぶのは少々面倒でしたが、量が少ないので30分もかからずに終了。これほど楽な引っ越しは今後ないでしょう。まあ、もう1度海外に出るというのであれば話は別ですが。とりあえず、学校に持っていくものは車に積みっぱなしにしておきました。あとは、荷物の開梱ですがこちらもサクサクと終了。あまり期待はしていませんでしたが、やはり冬服はあまり残していませんでした。あと、ジャージもあまりなかったので学校用のスラックスなども含めて服も少し買いに行かなければいけないようです。

午後から食事用のテーブルとパソコン用のテーブルを物色するために昨日までとは別のホーム・センターに行ってきました。これまでは座卓を使っていたのですが、今回はテーブルと椅子を買ってみました。パソコン用のテーブルも今は買いに来る人が多いのか在庫がなかったので、食卓と一緒に配送になってしまいました。配送は8日後…。まあ、1年で一番忙しいシーズンでしょうからしかたがありませんが、まだまだ不自由な生活が続きそうです。せめてどちらかの机はほしかったです。ついでに食器なども買ってきました。

明日になれば家電が届くので、とりあえずの生活はできそうです。調理をするためにはガス・コンロと調理器具が必要ですが、それは明日にでも買ってこようと思います。あとは仕事をしながら少しずつ環境を整えていきたいと思います。焦ってもしかたがないのですが、4月1日に予定していた納車がずれ込みました。代車を貸してくれるということなのでまあいいのですが、なんとも予定通りにはいかないものです。

新居


いよいよ新居での生活をスタートさせました。まずはストーブの設置。何とかしのげないことはないですが、さすがにこれがないとまだ夜は凍えてしまいます。こちらはわりとあっさりと終了。試運転も快調で、これで安心して生活ができます。次は荷解き。とはいっても、スーツケース1つと、ディバッグ1つ、ダンボール箱が3つですからたいした量があるわけではありません。それでもまあ、生活に必要なものを徐々に確保していきます。

しかし、消耗品関係などは何もないのでこちらは調達してこなければいけません。昨日に続きホーム・センターでお買い物。ついでに100円ショップにも行って細々としたものを買ってきました。ハンガーなども数を買えば結構馬鹿にならない額になります。しかし、今の手持ちの服はドミニカ共和国から持って帰ってきたものが中心なので、ハンガーにかかっていくのは夏物がほとんど。寒さには強いといってもさすがに半袖で過ごせるような気温ではないので、叔母さんの家に預けてある荷物の中身を確認してから少し買い足しに行かなければいけないかもしれません。出費が激しいです。

昼過ぎからは休憩を兼ねて、メールをチェックするためにインターネット・カフェへ。日本語が自由自在(当たり前)で、個室になっているので非常に快適です。煙草のにおいが気になるのさえ我慢すれば漫画も読めるし、居心地がいいです。しかし、ドミニカ共和国では煙草の煙が気になることはほとんどなかったのですが、日本に帰ってきてからはいたるところで鼻につきます。ドミニカ人の喫煙率がいかに低かったかがわかります。まあ、日本人の喫煙率が高いだけかもしれませんが。そのあたりの環境は見習ってほしいものです。さて、時間を有効に使って、ちゃんとメールの返事などを出していればよかったのでしょうが、結構な時間を漫画を読むために使ってしまいました。まあ、最低限必要なメールだけは返しておいたのでよしとしましょう。あとで自分の首が絞まるだけですが…。

家に帰ってからもなんだかんだと荷物の整理。物を整理する場所がないのでやはり多少の家具は買う必要がありそうです。生活が落ち着くころに全部でいくら出ていっていることやら…。来月のカードの請求額が楽しみです。とりあえず、新しい布団は気持ちよく眠れることでしょう。

引き継ぎ


今日は新任校での引き継ぎ。まずは職員室であいさつをしてから、担当学年と校務分掌についての引き継ぎを受けました。どちらもおおむね予想通りの担当になりましたが、学年の子どもたちはちょっと大変そうです。引き継ぎがだいたい午前中いっぱいかかったので昼食を他の先生たち3人と一緒に食べに行きました。女性の先生たちは食事会をするようでみんな一緒に出かけていました。

まだ、新任校に籍はないので学校に戻ってから新生活準備をするために家に行きました・しばらく空き部屋だったので掃除が必要だろうということで2人の先生が掃除のお手伝いにきてくれました。床に掃除機をかけて拭き掃除をしましたが、見事なものでした。おかげでずいぶんときれいになったので、これでいろいろと物の運び込みなどができそうです。

2人の先生が帰ったあとはガス会社がきてガスの開栓作業をしていきました。これでキッチンや洗面台、風呂でお湯が使えるようになります。昨日ガスの種類を確認しないで買い物に行ってしまい、ガスコンロが買えていないのでまた買いに行かなければいけません。それからストーブは灯油を燃料にしているのですが、室内タンクを使います。部屋が2階で、そこまでは配達してくれないということだったので、ポリタンクを買ってきて自分で買いに行かなければいけません。面倒な話です。しかし凍えるわけにもいかないので、マメに給油していきたいと思います。ガソリンもそうですが、寒冷地に住んでいると冬期間の燃料代が馬鹿になりません。

ガス会社が帰ったあとは布団などの買い出しに行きました。とりあえず、布団一式とカーペット、カーテンなどを買ってきました。お湯も出るようになったのでこれで最低限の生活はスタートできそうです。とりあえず今日は今泊めてくれている友人が家に移る前に飲みに行こうと言っているので、もう一晩泊めてもらって、明日から新生活をスタートさせたいと思います。

そういえば今日学校に行って気づいたのですが、どうも校長はぼくが協力隊に参加してドミニカ共和国に行っていたことを先生たちに知らせていないようです。1人の知り合いの先生は知っていましたが、大半は単純に前の学校から異動してきたと思っているようです。自分からドミニカ共和国に言っていましたというのもなんだか気恥ずかしいので、今日のあいさつのときには言わなかったのですが、どのタイミングでカミングアウトするか考え中です。

住宅


新任校でのあいさつと引継ぎは明日の予定なのですが、家なしの浮き草状態が続いているので、住宅の鍵を受け取るために学校へ行きました。教員住宅に入ることは決めていて、教頭先生が手配をしてくれていたのですが、空き部屋でいつでも入居できるということだったので、少しでも早いほうがいいと思って取りに行きました。新任校の校長は所属校でぼくを協力隊に送り出してくれたときの校長です。今回の復職にあたって、異動を希望していたぼくをわざわざ呼んでくれました。期待に応えられるようにがんばりたいと思います。

ひとしきり校長とおしゃべりをしてから家の様子を見に行きました。これまで住んでいた教員住宅よりはきれいだったので安心しました。まあ、それでも人によっては敬遠するでしょうが。部屋を一応確認することができたので、次は家財道具をそろえるために家電量販店に出かけました。とりあえずはインターネット回線の申し込み。開通までに1ヶ月程度かかるそうです。しばらく不便ですがしかたがありません。家の近くにあるインターネット・カフェをしばらくは利用することになりそうです。

そのあとは家電選び。しかし、今日の最大の目的であるストーブの品揃えがいまいちだったのと、家が無料配送エリアに入っていなかったので、別の店に行きました。移動押した先では、狙っていた冷蔵庫や洗濯機が他の店よりもかなり安かったのでストーブ、炊飯器、オーブン・レンジと一緒に買ってきました。冷蔵庫などは配送してもらうことにしたのですが、今は時期的に忙しいので月曜日になるということでした。ストーブはすぐに必要なので、そのまま持って帰りました。あと、すごく安かったので不要不急のプリンターも買ってしまいました。ほぼ一から揃える状態なのでしかたがありませんが出費が激しいです。明日か明後日あたりからは新しい家での生活をスタートさせたいと思っています。