プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

ダイビング42日目


今日はSamanaでの初ダイビング。Las Terrenasに行ったときはTormenta Noelの影響で潜れなかったので、帰る前にSamanaで潜ることができてラッキーでした。朝8時に昨日と同じ船着場に集合して、5人でグアグアに乗って出かけました。やってきたグアグアを見ると助手席が空いているように見えたのですが、近くで見るとしっかり座っていて車内はほぼ満席。それでも何とか全員乗ることができました。1時間弱の行程と聞いていたのですが、車が古いうえに定員を大きくオーバーしているため、登坂はノロノロ運転。後部座席の人が先に降りることが多く、そのたびに前のほうがいったん降りて乗り直しといったことを繰り返していたため、目的地の町まで1時間20分ほどかかってしまいました。

1本目は9時からの予定だったのですが、町についた時点ですでに遅刻。ダイビング・ショップはリゾート・ホテルの中にあったのですが、モト・コンチョにホテルの中を走ってもらってショップの前まで乗り付けました。すっかり注目の的でした。ついたのは9時半頃でしたが、出発せずに待っていてくれました。



今日潜ったのはLas Galerasというビーチです。サマナ半島の東の端のほうにある閑静なビーチ・リゾートです。きれいなビーチでした。

他のお客さんもいたので、急いで機材を準備して出発。それでも10時近くになってしまいました。潜ったのは船で15分ほど行ったところにあるHerraduraというポイントでした。ビーチから見た海は穏やかだったので、酔い止めを飲まなかったのですが、5分ほど船で走った時点ですでに波が強くなってきてポイントについたときには船酔い一直線かなというくらいの状態でした。海面でも酔うのですが、船の上にいるほうが危ないのでさっさとエントリーして他の人を待っていました。全員がエントリーしてすぐに潜り始めました。

このところSamanaは雨が毎日のように降っているということでしたが視界はまあまあ。珊瑚が広がっているポイントでしたが、魚はあまりいませんでした。天気もよかったので景色的にはきれいでしたが、地形の変化があまりなかったですし、浅いポイントだったので個人的にはもうひとつといったところでした。



Sosuaでも撮った気はしますが、ヒラメ?カレイ?ぼくには区別がつきません。ドミニカ人は食べないそうです。



これはなんでしょう?岩の陰に隠れていた上に、カメラを向けると逃げたのですが何とか撮影に成功。



一緒に潜った1人はこれがなかったら文句を言いたかったところだと言っていましたが、このタイプのエイが泳いでいるところは初めて見ました。しかも、3匹も一緒に泳いでいました。2匹は先の方に泳ぎ去っていってしまったのですが、これだけが反転してぼくたちの方へ向かって泳いでくれたので写真に納めることができました。今日はエイが見られてけっこう満足しました。15m、45分。

さて、海中もけっこう波の影響が強く、ボートに戻る時も戻ってからも相当波に揺られていたため、みんなけっこう船酔いにやられ気味でした。吐くところまでいった人はいなかったのですが、寒さにやられている人もいて2本目は断念。ぼくはなぜかわりと平気だったのですが、みんな行かないということだったので、2本目に行くのはやめました。Wreckという説明だったので行ければ行きたかったのですが、まあ集団行動を乱すこともないでしょう。

ショップのあるホテルはオール・インクルーシブで宿泊客ではないぼくたちは食事をとれないので、公共ビーチのほうへ移動して食事にしました。そのときに、Samanaの隊員の知り合いのドミニカ人にバッタリと会いました。日本人が経営していたダイビングショップで働いていた人で、日本にも12年間住んでいたということでけっこう日本語も話せました。なぜか彼は日本語で話し、ぼくたちはスペイン語で話すという周りから見ると不思議な光景が展開していました。彼に店を紹介してもらってそこで食事をすることになりました。



魚か鶏肉ということだったので、ぼくは魚にしました。かなりお腹が空いていたのですが、なかなか出てこなくて参りました。その間に、サント・ドミンゴに住んでいるというドミニカ人と日本人のご夫妻にも遭遇。しばらくすると、別のドミニカ人・日本人カップルも登場。なかなかすごい偶然もあるものです。ちょっと微妙な日本語と、おそらく同じように聞こえているぼくたちのスペイン語が飛び交う奇妙な集団が形成されていました。かなり楽しかったので、もう少しゆっくりしていたかったのですが、サンティアゴに帰らなければいけなかったので14時半頃にLas Galerasを出発しました。

Samana発のサンティアゴ直行のグアグアは14時半が最終のため、16時発のCaribe ToursでまずはSan Francisco de Macorisまで行きました。2時間半ほどで到着したので、モト・コンチョに乗ってサンティアゴ行きのグアグア乗り場まで連れて行ってもらいました。ちょうどグアグアが到着したところだったので、すぐに乗り込んで出発を待っていました。サンティアゴまでは乗り換えを入れても4時間ちょっとで到着しました。直行便のグアグアとかわりありません。場合によっては早いくらいです。乗り換えがあるうえ、モト・コンチョで移動しなければいけないので料金的には高めになりますが、車自体は直行便よりはるかに快適です。Samanaにも長めに滞在できますし、こちらの移動方法のほうがいいですね。飲んでばかりだったのでまた太ったのではないかと思いますが、充実した2泊3日でした。