プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Museo Hermanas Mirabal


今日は学校につくなり、Museo(博物館)へExcruciónに行くよと8年生の先生に言われ、目的地もよくわからないままバスに乗せられました。Excruciónは遠足が訳語としては一番近いと思いますが、社会見学などにも使われます。Centro Leonで野球の歴史などについての特別展示をやっているので、それを見に行くのかな程度に考えていました。しかし、バスの向かう先は全然違う方向。どこに行くのか聞いてみると、Salcedoとの答えでした。サンティアゴから車で1時間ほど行ったところにある町で、まさか本格的な遠足だとは思いませんでした。



8年生2クラス、60人強の生徒とぼくを含めた引率の大人が6人でこのバス1台に乗り込んで行きました。明らかに定員オーバーですが、普段からそういう車に乗りなれているので生徒も大人も全く気にしません。2人がけのところを3人で座り仲良くお出かけです。行きも帰りもそうでしたが、大音量で音楽をかけ、みんな熱唱しながらの行程になりました。そんな中でも眠れる自分に、慣れって怖いなあとすこしだけ思いました。



SalcedoにあるのはMuseo Hermanas Mirabal。Mirabal三姉妹の生家をそのまま博物館にしています。Mirabal三姉妹とは1900年代中盤に独裁政治をおこなっていたトルヒージョ大統領に対して、抵抗活動をおこなったことから処刑されてしまった姉妹で、いわば民主主義の母といった位置づけになる人たちです。この処刑が引き金になってトルヒージョ大統領は翌年暗殺され、独裁政権が幕を閉じます。

処刑されたのが3人のため三姉妹といわれますが、実は四姉妹で残る1人は今も健在です。副校長が説明してくれたのですが、Leonel Fernandez現大統領の一期目(2000〜2008年)には副大統領を務め、与党であるPLDではシンボル的存在だったようです。



Salcedo自体は田舎で特にこれといったものもありません。実際に姉妹が住んでいたときにはこれほどきれいだったことはないと思いますが、博物館として、周囲の庭などもきれいに手入れがされていて、気持ちのいい空間になっていました。2月は独立記念日があるためでしょうか、他にも4校ほどの生徒が見学の訪れていました。



家の中は当時の様子を再現するような形で、写真や衣装、その他の生活用品を展示してありました。ガイドがいて、20人ぐらいずつのグループに対して説明しながら動きます。大きな建物ではないので、庭の入り口のところで前のグループが最初の2部屋くらいを抜けるのを待ってから次が進むという形をとっていました。社会見学がなければすんなりと見学できると思います。



これはキッチンだそうです。昔は別棟になっていたということです。



庭にあったお墓です。説明がよく聞こえなかったのではっきりはしませんが、Salcedoのお墓と言っていたので他にもあるのかもしれません。ということで、実際に遺体が納められているかは不明です。見学自体は1時間ほどで終了。近代史に触れるような場所はあまりないので興味深かったです。

見学を終えたあとは敷地内にあった売店でジュースやお菓子を買ってしばし休憩。お昼が近かったのでさっさと帰りたかったのですが、結局Salcedoを出発したのは12時5分前でした。当然学校についたときは13時をちょっと回っていました。事務所の近くのレストランで遅めの朝食をとって、事務所へ行って研究授業をする先生のための資料を用意してから学校へ行きました。

朝から気になってはいたのですが、生徒が私服で登校していました。なぜかなと思っていると今日はDía de estudiantes(学生の日)だったようです。正式には次の日曜日(昨日だったかな?)なのですが、お祝いできないので今日にしていたようです。まあ、しかしこれといったことをするわけでもなく、16時すぎには生徒を下校させてしまいました。

普段であればそのまま帰るところですが、今日は学校に残って教務主任のプレゼンテーションの作成の手伝いをしていました。今週の金曜日にJICA事務所で本邦研修の成果と、今後の学校での成果の活用について発表しなければいけないのでその準備です。内容的に手伝うことはしませんが、パワーポイントを扱えないのでパソコンの手伝いです。パワーポイントは確かに便利ですが、いい加減現地の実情を見ずにパワーポイント一辺倒での発表を指示するのはやめてほしいです。今回は文句を言っている時間もないのでしかたがありません。ただ、教務主任は金曜日に大学に通っていて、今週はちょうど重要な授業の日で休めないと言っていたので、JICA事務所の現地スタッフの方とそのことについて電話で何回かやりとり。ただでさえ電話はあまり好きではないのですが、さらにスペイン語となると…。久しぶりにスペイン語をよく使った一日でした。