プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Carnaval en La Vega


ドミニカ共和国では2月はCarnaval(カーニバル)の季節です。全国各地で毎週日曜日に盛大にCarnavalが開催されています。中でも最も有名で観衆が多いといわれているのが今日行ってきたLa VegaのCarnavalです。ちなみにサンティアゴは2番目らしいです。La Vegaはドミニカ共和国では首都サント・ドミンゴ、サンティアゴに次ぐ第三の都市。サンティアゴからは高速を使い車で30分ほどの距離にあります。

Carnavalのパレードは午後からということで、一緒に行く後輩隊員たちと12時にLa Vega行きのグアグアが出る公園で待ち合わせ。先について待っていると、やってきた人数が多い。まあ、別に問題はないので一緒に行きました。La Vegaの隊員とCarnavalを見に行く約束をしているということでした。途中でお客さんを乗せないグアグアに乗ったので、快調にLa Vegaまでとばし12時40分頃には目的地に到着。そこで、La Vegaの隊員と、他に首都からきていた隊員と合流。そこで別れるのもなんだったので、なんとなくそのまま一緒に行動することになりました。ぼくとしては案内を任せられたのでラッキーでした。

パレードが始まるのは15時くらいからということで、まずは台湾喫茶に行って昼食。ぼくはカレー味のチャーハンとグレープフルーツ・ジュースを頼みました。最終的に10人という大所帯になっていたためか、料理が出てくるのが遅い…。最初に食べ始めた人たちが食べ終わってからぼくの頼んだものはやってきました。まあ、でも美味しかったのでよしとしましょう。グレープフルーツ・ジュースが薄かったのはちょっとがっかりでしたが。昼食のあとは今日宿泊するメンバーの荷物を置きにホテルに行ってからパレードのある通りへ移動しました。



La VegaのCarnavalの特徴はDiablo(悪魔)と言われる仮装をしたグループが練り歩き、さらに手にした牛や豚の皮から作った固いボールで観衆のお尻を叩いていくことです。その衣装の豪華さで知られていて、今は企業がけっこう費用を出しているようですが、以前はLa Vegaの住人はCarnavalのために仕事をしていると言われていたそうです。おそらく昨年のものだと思うのですが、Diabloの衣装セットが売られていました。3000ペソ(約1万円)、それほど高くはないなと思ったのですが、どうやって日本に持って帰るかが問題です。輸送手段さえ確保できれば買ったのですが今回は断念。



Diabloたちは数人から数十人まで、それぞれチームを作って練り歩きます。先頭にはそれぞれのチームをアピールした旗などを持った人が歩き、警備の人たちも一緒に歩きます。Diabloは観衆のお尻を叩いて歩くので、やりすぎたり、観衆と喧嘩になったりすることもあり、警備はそういうことを防止するためにいます。あまりトラブルにならないよう一箇所にとどまらないように促して歩いたりしていますが、それでも時々小さないざこざは起こっていました。

Diabloの持っているボールは皮製で非常に硬くて痛いのですが、沿道ではゴム製の柔らかいボールを売っています。これでDiabloの頭を殴った観衆がいて、さすがにそれに怒ったDiabloともめたりしていました。また、カップルで女性の方のお尻を叩かれて怒って抗議していたりする人もいましたが、そういうお祭りだとわかってきていて、そのことに文句を言うのはどうかなとぼくは見ていて思いました。叩かれるのが嫌なら行かなければいいだけの話です。



チームによって彩りも違い華やかです。企業のチームなどはそれぞれのイメージ・カラーに合わせて衣装を作っていました。



カメラを向けるとポーズをとってくれるDiabloもたくさんいました。一緒の写真撮影にも気軽に応じてくれますが、写真を撮っているところを他のDiabloに叩かれたりすることもあるので油断は禁物です。自分からお尻を出して連続で叩かせるつわものもいて、そういう場所では大盛り上がりになります。しかし、冗談ではなくかなり痛いです。ただ、下手によけると変なところにあたって余計に痛い思いをすることもあるので、個人的には叩かれるときは腹を括って、素直に叩かせておいたほうが被害は少ないかなと思っています。昨年、太ももにあたったときは悶絶しそうになりました。



子どものDiablitoもいます。すごくキュートで大人気です。



中継のヘリも飛んでいましたが、人ごみの上を飛んでいるとは思えない高度でした。カメラを構えているのが見えるくらいで、頭上をゆっくりとホバリングで抜けていかれた時はローターの巻き起こす風がきたので墜落したら大惨事だなと思いながらも手を振っておきました。



時々、変わった仮装をして歩いている人もいます。筋肉ムキムキのいい身体をしたオカマさん。サンティアゴはわりと何でもありなのでよくいますが、La Vegaは基本的にDiabloでコンセプトが統一されているので、こういう人は珍しいです。

昨年は相当叩かれたのですが、今年はけっきょく1回もまともには叩かれませんでした。痛い思いをしなくてラッキーなのか、ある意味Carnavalの醍醐味を体験できなくて残念だったのかは微妙なところです。Carnavalは19時までですが、18時くらいには一通りのグループを見て、様子も落ち着いてきたようだったので帰りました。帰って確認するとけっきょく124枚も写真を撮っていました。Diabloが違うくらいで同じような写真が多いのですが、なかなか楽しめてよかったです。