プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

マンナ


昨日、教務主任から頼まれた1年生の試験結果の集計と分析をするために午前中は事務所へ行きました。Excelを使って集計するのですが学校の自分の部屋には電源がないため、パソコン仕事は基本的には学校ではできません。前回はどのような間違いをしていたかも書き出していたのですが、正答率が低いので作業が大変なことと、どうしてこの答えになるのかという想像をはるかに超えるような間違いが多いので今回は正解、不正解、無回答の3分類のみで集計しました。

1年生の最初の試験ですから正答率は9割を超えていてほしいところでしたが、なかなかうまくはいきません。5クラスあって1クラス分はまだということだったので4クラス分だけでしたが、トータルの正答率は7割弱。問題は1クラスが正答率5割を切っていることです。1年生はCTを使って学習しているため、使っていない学年より教師の能力差は出辛いと思っていたのですが、それでもこの結果ですからかなり厳しいです。とりあえず集計結果は教務主任には渡したのですが、内容については話をしていないのでまた来週にでも詳しい説明をしないといけません。

午後は研究授業をする先生の授業を見に行きました。前回見たときがわり算だったのでわり算の指導をしているはずなのですが、始めたのは倍数の学習。とりあえず様子を見ていると、わり算の意味の指導は無視して、わり算をかけ算の逆の計算として指導していました。まあ、わり算の計算という意味では間違ってはいませんが、そのままではあまりのあるわり算の指導などにつながりませんし、算数の目的はただ計算ができるようにすることではないので問題ありでした。

なぜそのように教えていたかというと、こちらの教科書でわり算をそのように取り扱っているからでした。本人自身はこれまでわり算の指導をしたことがなく、どのように教えたらいいかわからないということを言っていました。ぼくたちが来る前のボランティアたちがわり算の指導法についても講習会を実施しているはずなのですが、その資料なども持っていないようでした。昨年度、他のパイロット校へのわり算の講習会をちょうどぼくが担当していて、その資料があるので、それを使って月曜日に一応わり算の指導の流れを教えたいと思っていますが前途多難です。

授業が終わった後はちょうど隣の2年生のクラスでバリデーションのための試験がおこなわれていたのでそれをのぞいてきました。事務所のスタッフがきて実施していたのですが、なぜか担任は不在で代理教員でした。代理教員は自分の席に座って試験監督に協力していなかったので、代わりにぼくが手伝っていましたが試験結果は散々なものでした。そのクラスの前におこなわれた別のクラスの試験をちょっと見ましたが、こちらはまあまあ。ここでも教師の実力差が如実にあらわれていました。スタッフともあとで話をしていたのですが、事務所の初等教育コーディネーターなどはこのクラスの担任をうちの学校で一番いい先生だと言っていたりするので、そのあたりの認識のずれも大きな問題です。確かにプロジェクトに協力的な先生ではあるのですが、それと実力とは別問題のはずです。

夜、首都に行ってプロジェクトの中間評価のためにドミニカ共和国に来ている専門家の方と食事をすることになっていたので、ちょっと早いですがここで学校をあとにしました。試験を終えて帰るスタッフが家まで送ってくれたのは助かりました。予想より早く帰れたので、早めに首都につけるかなと思っていたのですが、金曜の夕方ということもあってかバスが混んでいて一番早い便はすでに満席でした。次の便に乗ってけっきょく首都についたのは19時過ぎ。それからタクシーに乗ってレストランについたのが19時40分くらいでした。韓国レストランで名前はマンナ。近くにもう1軒韓国レストランがあってそちらはソウル。同期の1人はソウルがお気に入りなのでたまに付き合わされていましたが、マンナの方も美味しいです。韓国レストランはなんといっても普段は食べられない辛いものが食べられるのがいいです。

中間評価にきていた専門家の方は、駒ヶ根で訓練を受けていたときにプロジェクトの概要説明にきてくれて、サンティアゴに着任してから1ヶ月もしないうちにあったセミナーのときにも会っていて、なんだかんだと縁があった方なので最後にぜひ会いたいということで他の同期2人と一緒に首都まで行ってきました。当初の予定ではサンティアゴでも中間評価の一部がおこなわれるはずだったので、サンティアゴでゆっくり話ができれば一番よかったのですが、変更になってしまったのでなかなかうまくはいきません。でも、久しぶりにお話ができて楽しかったです。

今日は連絡所泊まりで、平日だったので人はほとんどいないかなと思っていたのですが、明後日帰国の途につく短期の方2人とSVの方、他にもボランティアが1人いました。明日は早朝に出る予定なので早く寝たいところですが、きっとついつい漫画を読んでしまうでしょう…。