プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Serie del Caribe 第11戦


今日は学校の先生の1人が大学の授業の一環で、教授を迎えて算数の授業をするということだったのでついでに参観させてもらいました。昨日は16時からといっていたのですが、電話で15時からに変更になったと知らせてもらったので、短期の方と一緒に参観に行ってきました。15時5分前に学校についたのですが、すでに子どもたちは下校モード。残って授業をしなければいけない子どもたちのモチベーションが心配になりました。15時を過ぎても教授は来なかったのですが、あまり待たせても子どもたちがもたないので15時10分には授業を始めました。まあ、始めてからすぐにやってきたのでとりあえず問題はありませんでした。

授業はわり算の導入。5×□=40というようにわり算への発展用に作成していた九九カードを使って授業が始まりました。昨日そのカードをぼくのところから持って行った選択自体はよかったのですが、使い方が…。やはり手元に用意してある教材の使用方法の講習は帰るまでにどこかのタイミングでやらなければいけないようです。最初の問題は8個のリンゴを4人で分けると1人いくつでしょうというものでした。そこで取り出して黒板に貼っていったのが8個の"オレンジ"でした。ぼくのところから持っていった教材なのですが、リンゴがあることがわかっていたのにオレンジだけでいいと言って持って行ったものです。理解に苦しむというか全く意図が理解できませんでした。しかし、なぜか先生も生徒も意に介さず授業はすすんでいきました。

さらに具体物を使ってもう1問文章題を解き、次に練習問題となりました。しかし、この時点でわり算と九九の関連については触れられず、具体物があるうちはいいですが式だけでは計算できる状態にはなっていませんでした。これでわかったらかなり頭がいいなという状況だったのですが、それでも2〜3人は理解していました。当然他の生徒たちはチンプンカンプンでしたが、解ける子たちが解答していったので授業としては何とか終了しました。久しぶりにまともに授業を見せてもらいましたが、なかなかの衝撃でした。

短期の方は教員免許は持っていますが、現場での経験はありません。それでも問題点を山ほど見つけて愕然としていました。今回授業をしたのはうちの学校でも指導力的には下のほうの人だったので余計衝撃的でしたが、道行の険しさを実感したようでした。授業後は教授や校長と少し意見交換をしていました。いい機会になったと喜んでもらえたようでよかったです。



学校を出たあとはそのままEstadio Cibaoへ行き、ベネズエラ・メキシコ戦を観戦しました。写真を見てもわかるとおり観客席はガラガラ。今回のSerie del Caribeは興行的には完全に失敗でした。最大の原因は現地の実情にあわないチケットの価格設定だと思います。



観客席を空けていてもしかたがないということでしょうか、スポーツ省が生徒を観戦に招待していました。ぼくたちも学校に行った時に校長から一緒に行こうと誘われました。それでもよかったのですが、この集団の中ではとても落ち着いて観戦できないので、自分の席で見ていました。



ベネズエラのマスコットと、アメリカあたりから観戦に来ていたおじさんです。一緒に踊っていました。客席、特に生徒たちには大うけでした。



メキシコからの応援団です。真ん中にいるおじさん(おじいさん?)はご自慢のひげを国旗の三色に染め分けた気合の入ったスタイルで応援していました。昨日もそうでしたが、メキシコの応援は見ていて本当に面白かったです。



昨日とは衣替えをしているメキシコのマスコットです。短期の方はこのマスコットをNovio(恋人)と呼ぶくらいの入れ込みようで、彼(?)が登場してからは昨日と同じく試合そっちのけになっていました。この姿勢が一番のお気に入りだそうです。



試合は2-2で迎えた9回表にメキシコが一挙5点をあげ、その裏のベネズエラの反撃を3点におさめ、7-5でメキシコが勝利しました。これで両チームの成績は2勝4敗となり同率3位が決定しました。勝った瞬間にひげのおじさんがグラウンドに飛び込んで、選手たちとハイ・タッチをしていました。警備はいったい何をしていたのでしょう。まあ、危険はないのでいいと思いますが。優勝のかかった第2試合Aguilas・Licey戦は同期に譲ったのでこれで今シーズンの球場での野球観戦は終了。1シーズンで29試合も見たのは初めてでした。試合開始時刻が遅いのでけっこう疲れることもありましたが、楽しい時間を過ごすことができました。最後まで楽しませてくれたAguilasの選手たちに感謝です。

けっきょく今日は2-8で敗戦。Liceyが最後にチーム結成100周年を自ら祝う結果を出しました。Aguilasは地元開催のSerieで有終の美を飾りたいところでしたがこればかりは時の運でしょう。さて、明日は首都へ出張。そのまま週末は旅に出てきますので、Blogは帰ってきてからアップします。それではよい週末を。