プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Serie del Caribe 開幕戦


今日から7日まで、ドミニカ共和国、メキシコ、ベネズエラの3カ国でカリブ海最強チームを決定するSerie del Caribeがサンティアゴで開催されます。昨年まではプエルトリコも含めた4カ国で開催されていたのですが、プエルトリコの野球機構が財政難で今シーズンの参加を見送ったため、開催国であるドミニカ共和国から2チームが出場して4チームでリーグ戦をおこないます。1日に2試合おこなうため、第一試合は16時開始です。Aguilasは国内リーグで優勝したため、20時からの第二試合に登場します。

以前にも書きましたが、1日2試合を見るのはけっこう疲れるので、同期と2席を押さえて、他の人とも共有しながら交代で観戦することにしています。ぼくはAguiluchoですが、今回の主目的はベネズエラやメキシコの試合を見ることなのでAguilasの試合にはこだわっていません。ということで、ぼくの観戦はLiceyが登場する16時からの試合が中心になります。ということで、今日はTigres de LiceyとTigres de Aragua(ベネズエラ)の開幕試合を見に行ってきました。Tigres同士の対戦というのは国際試合ならではでしょうか。開幕カードなので試合前にオープニング・セレモニーがあるかなと思っていたのですが、視聴率の関係もあるのか夜の第二試合前におこなわれるということで、特別なイベントは何もなく試合が始まりました。



とはいえ、試合開始前には監督とスターティング・メンバーは個別に紹介され、控えの選手も含め全員がグラウンドに登場して国歌斉唱がおこなわれました。試合開始時にはスタンドはかなりガラガラでしたが、ベネズエラやメキシコの国旗がチラホラと見えたりと国際色豊かでした。国歌はドミニカ共和国のほうがかっこいいなと感じたのはひいき目でしょうか。



今日のLiceyの先発投手。先頭打者をいきなりストレートの四球で出塁させ、その後もボールが先行する見ていてイライラする不安定な投球でした。しかし、のらりくらりと1失点で責任回数の5回を投げきって降板してしまうのですから、とりあえずやってみないとわからないものです。でも、ストライクのとれないピッチャーはストレスがたまるので、個人的にはダメですね。



ベネズエラのチームのユニフォームはこんな感じでした。



Serie Finalまではなかったクレーン式のカメラが導入されていました。さすが国際試合の中継です。他にもぼくたちの座っていたシートが新しいものに交換されていましたし、わずか1週間でなかなか気合の入った改修がおこなわれたようでした。



オーロラ・ビジョンでは打者の成績が紹介されますが、ベネズエラのチームは国旗をあしらった背景で作られていました。ちなみにLiceyやAguilasは選手の顔写真もついています。しかし、時々顔写真のない選手もいます。というのもSerie del Caribeに出場できないGigantes、Estrellas、Escogido、Torosの選手も参加しているからです。都市対抗野球の補強選手をイメージすればいいのかなと思いますが、2月になると日本や大リーグでシーズンに備えて秋季キャンプが始まるため、そちらと契約した選手や大リーガーなどが出場しなくなる場合があるので、そういった理由で低下した戦力を補うために実施されています。ようするに半分オールスター・チームのようになっているわけです。ぼくがわかったのは1人だけでしたが、LiceyにはGigantesの4番ネルソン・クルスがやはり4番として出場していました。

試合はLiceyが1点を先制されたものの、ツーラン・ホームランで逆転。その後も着実に追加点を重ね、相手の追撃を振り切って6-4で初戦をとりました。Estadio Cibaoでは普段は宿敵のLiceyですが、さすがに相手が他国のチームとなれば愛国心の方が強く出るのか、AguiluchoたちもLiceyの勝利を素直に喜んでいました。



今日は両チームのマスコットがいました。双方とも虎ですが、どちらのできがいいでしょうか?



面白いおじさんがいました。帽子は4面に各国の国旗でつばはシリーズの色である青。マントのように各国の国旗を羽織っていて一番最後にやはりシリーズの旗ということで、Serie Finalを体現していました。



球場に入ったときにはライト・スタンドに全くお客さんが入っていなかったのですが、途中からお揃いのTシャツを着た集団が徐々に入ってきました。5回くらいにスタンドは満員になりましたが、どうやらAguilasのチーム・スポンサーであるOrangeの貸切だったようです。高校野球のアルプス・スタンドのようなイメージで応援練習をしていました。そして9回裏に始めた練習がこの人文字。これはメキシコの国旗です。



そしてこれはLas Aguilasと書いてあります。もちろんLiceyもありました。それからなぜかMerengueの文字があったりもしました。



ベネズエラの国旗です。指示にあわせて一斉に出すのですが、非常に統制がとれていて見事でした。ドミニカ共和国の国旗は一番初めで写真におさめられませんでした。



今回はイニング間のダンスが一切なかったのでかわりにグッズを配っていたお姉さんを紹介します。これはClaroという通信会社の宣伝にバン・バンを配っていた人です。



そしてこれが頭痛薬を配っていたお姉さんで、頭にはナース・キャップもかぶっていました。しかし、試供品に薬を配るというのは…。

試合終了後はチケットの再入場手続きをして、待っていた交代の2人にチケットを渡しました。応援チームなしでの観戦は盛り上がりには欠けるかもしれませんが、落ち着いて野球を楽しむことができるのでこれはこれでなかなか楽しいです。途中で何度か雨にやられたので、帰って風邪をひかないように気をつけて寝たいと思います。