プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

教科書


今日で2月も終わりです。月が変わると、あっという間に帰国日がやってきそうです。とはいえ、まだまだ仕事は続いています。今日は月例のバリデーション講習会でした。この講習会へ参加するのも今回が最後。こうやって、いろいろ最後になることが重なって活動が終わっていくようです。

8時半5分ほど前に会場であるExperimentalに到着。相変わらず参加者の集まりは悪かったですが、いつものごとく講習者であるINAFOCAMのコーディネーターも未到着。今日は事務所のスタッフと彼女しか講習者がいなかったため、到着しないと始められません。しかし、9時にってもやってこない上連絡もなし。痺れを切らした初等教育コーディネーターは、その時点できていた参加者を一つの教室に集めて、事務所のスタッフのほうだけでも始めようとしました。まあ、いい考えかなと思ったのですが、メリエンダの準備がちょうど整った頃だったので、事務所のスタッフはまずメリエンダを食べようということにして到着を待ちました。

そうこうしているうちに9時半頃になってやっと到着。いつものごとく屈託なくあいさつをしてくれました。遅刻を責められそうな雰囲気になるととりあえず言い訳。INAFOCAMの車が手配できていなかったらしく、Caribe Toursのバスできて、ターミナルからタクシーを飛ばしてきたそうです。6時発の便に乗っていれば間に合ったはずなので言い訳になりません。しかも、遅れているにもかかわらず、周囲の先生たち同様にメリエンダを食べ始めました。さっさと準備をして講習を始めれば、まだかわいげはあったのですがいかんともしがたいものがあります。

到着を待っている間、中庭でやっていた体育の授業を見ていました。集団行動というか行進の練習で、なかなか整然と動けていたので、同期や短期の方と一緒に感心して見ていました。けっこうな量の動きにセリフまでついていて、日本の子どもたちでも難しいかなというくらいだったので素直に感心しました。一連の動きが終わったあとは思わず拍手をしてしまいました。独立記念日は終わってしまいましたが、内容的には独立記念日絡みの行進のようでした。3学年くらい続けてやっていてけっこう楽しめました。

さて、遅れて始まった講習ですが、午前の内容はわり算。プランは事務所のスタッフがたてたものを使っていました。導入はぼくが昨年パイロット校の先生を対象にやったものとほぼ同じ流れになっていました。1年前に講習を受けた先生たちも当然参加していましたが、まあ勝率は5割よりはいいかなといったところでちょっと悲しかったです。昨年と同様にわり算が満足にできない先生もいて、このあたりは指導法よりも基礎学力の講習になってしまいがちなのは仕方ありません。それでも、等分除と包含除の違いと、両方を指導しなければいけない必要性についてはある程度伝わっていたのではないかと思います。

そういえば、参加者の中にパイロット校の教員でもバリデーション対象校の教員でもない人が混じっていました。まあ、全員知っているわけではないので、当然知らない顔があってもおかしくないのですが、たまたまその先生は別の学校だということを知っていたのでわかりました。なぜ、知っていたかというとその学校を訪問した時に授業を見せてもらい、できる人はいるんだなと強く印象に残っていたからです。ドミニカ共和国で過去に見た授業の中では抜群でした。どうやらその学校を担当しているTutoraが招待したようでした。スカウティングをしているのかもしれないです。あれくらい優秀だと事務所のスタッフの負担も軽くなるかもしれないので、ヘッド・ハンティングしてもいいかもしれないですね。

来週火曜日に研究授業があるにもかかわらず、今週はまだ1回も授業を見ることができていないので、午後は学校に行ってきました。1時間目立ったので授業を見たら講習に戻るつもりだったのですが、結局Recreoまで授業が続き、Recreo中に打ち合わせをすることになって時間がなくなったので講習会には戻れませんでした。

学校に戻る前に文房具屋に寄ってこちらの教科書を買ってきました。算数は1〜4年生分、スペイン語、社会、理科は4年生のものを買いました。1冊500〜600ペソ(1700〜2000円強)もうちょっとほしかったのですが高すぎます。一般の家庭にこれを毎年全教科揃えろというのはつくづく厳しいなと思います。とりあえず、日本へのお土産です。ざっと目を通しただけでもおかしいなと思うところはいくつも見つかるので、比較対象にすると日本の教科書の優秀さがよくわかります。まあ、スペイン語の教科書というだけで、興味・関心の対象になっていいでしょう。持って帰るには重いのが難点ですが。

歩道


今日は朝から首都のJICA事務所に行ってきました。昨年、日本に研修に行った先生たちの研修報告会を傍聴するためです。日本での研修で学んだこと、そしてそれを今後どのように活かしていくかということをそれぞれ発表しました。パワーポイントでプレゼンテーションを作成しなければいけないということでぼくの学校の教務主任はパワーポイントを扱えないため作成を手伝ったのですが、4人中2人は紙資料で発表していました。紙資料でよければ教務主任はワードで文書は作成していたので、ぼくが手伝う必要はありませんでした。何を発表するかということが重要なのであって、手段は自分の可能な範囲で最も効果的なものを選択すればいいと思うのですが、パワーポイントに固執するJICA事務所の姿勢は未だに理解できません。

同期の学校の教務主任が内容的には一番いい発表をしたかなと思いますが、うちの今日主任もなかなかでした。ちょっと本筋からずれている部分を削ればもっとすっきりした発表になったとは思いますが、真面目にしっかりと計画をたてていたのでよかったです。他の紙資料で発表した2人については、パワーポイントを使わなかったという以前に、発表内容の準備も圧倒的に不足していました。特にそういった点に関して言及はありませんでしたが、わざわざ発表会までセットしているのですから、しっかりと準備させるような手立てをとってほしかったです。

発表会は午前中のうちに終わったので、専門家の方と他にサンティアゴからきていた2人のボランティアと一緒に昼食を食べてから帰りました。



レストランから、バスのターミナルまで歩いて行ったのですが、途中で歩道を工事していました。中心の方にこのようになにやら敷き詰めていました。まあ、この時点では歩くのに邪魔だなと思っている程度でした。



しかし、衝撃の光景が目に飛び込んできました。最初は何をしているかよくわからなかったのですが、よく見ると敷き詰めたものの上にビニールをかけて型をおいて、それを叩いて模様をつけていました。



そして出来上がったのがこれです。ぼくはこういうものはてっきり、レンガのようなブロックを敷き詰めて作っているのだと思っていました。しかし違う方法があるんだなということにびっくり。思わず写真を撮ってしまいました。工事をしていたお兄さんたちは不思議そうにしていましたが。まあ、実際に多くはブロックを敷き詰めているのでしょうが、この方法で作られているところがないか探してみたいなと思いました。

ターミナルについてチケットを買い、出発までちょっと時間があったので、一緒に帰るボランティアがまだ行ったことがないということだったので日本語学校にお邪魔してきました。平日は生徒がいないので、日系社会のボランティアと少しお話をして、コーヒーをご馳走になってきました。仕事中に急に押しかけて失礼しました。

夜は同期の学校の校長が新居に引っ越したということで、招待を受けていたのでそちらにお邪魔しました。閑静な場所にある広くていい家でした。ビールや夕食をご馳走になり、奥さんを含めていろいろと話をしました。午前中もスペイン語の発表をずっと聞いていたので、久しぶりにスペイン語中心に過ごした1日になりました。

ダイビング43日目


ドミニカ共和国では2月27日はDía de Independencia、独立記念日です。ということで、祝日なので仕事は休み。いつものごとくSosuaにダイビングに行ってきました。サンティアゴからPuerto Plataに向かうグアグアは祝日ということもありすいていました。Sosua行きも出発した時には満席だったのですが、ほとんどがPuerto Plataの市内で降りてしまったので、途中からガラガラでした。ここで驚いたことが一つ。グアグアに乗り込む際にコブラドールのおじさんがお客さんに行き先を確認して、遠くまで行く人は奥、すぐ降りる人は降りやすい位置というように座席調整をしていました。当たり前といえば当たり前のことかもしれませんが、いつも非効率な乗降車にうんざりさせられているので、ちゃんとこういうことを考えられる人がいるんだなということに感心させられました。

1本目はCanyon。ビーチから泳いでいくこともできる近いポイントです。ぼく以外に4人お客さんがいて、レスキュー・ダイバー1人、アドバンス3人とわりとハイ・レベルでした。しかし、このうちアラスカから来たというお客さんの動きがけっこう迷惑でした。他人の動きをあまり見ておらず、バディを無視して勝手に動いて、他人の進路を横切ったり、上や下に潜りこんできてぶつかったりと、気になってしかたがありませんでした。しかも、ダイブ・マスターの方もあまり見ておらず、エア・チェックなどの指示にも気がつかないので、ダイブ・マスターにゲージを見てきてと頼まれたりとちょっと大変でした。



棒状生物その1。持っているのはダイブ・マスターです。



棒状生物その2。棒というよりは糸に近い感じですが。

久しぶりに20mより深いところを潜った気がしますが、天気がよかったので視界はかなりよかったです。24m、48分。

2本目はParadise?&?。Sosuaでは定番のポイントです。お客さんが1人増えて、ぼくはその人とバディを組むことになりました。圧平衡がうまくできなかったようで、ゆっくりと潜行。時間はかかりましたが無事に海底に到着。揃ったところでダイビングがスタートしたのですが、すぐにバディが過浮力で浮かび上がってしまいます。最初は腕をつかんで泊め、そのあとはBCDのエアをまめに排気して調整していましたが、どうやらBCDのインフレーターが故障していたようで、常にBCDにエアが供給されてすぐに浮力がプラスになってしまう状態でした。急浮上が怖かったので、ぼくのウェイトを1つ外して渡しておきました。ぼく自身は半分のウェイトでも潜れるんだなということは確認できましたが、さすがにエアが減ってきてタンクが軽くなるとちょっと大変でした。

このインフレーターの故障はもう一つの問題も引き起こしました。常に無駄なエアを使っていることになるので、当然ですが早い時点でのエア切れを引き起こしてしまいました。30分くらいでエアが危ない状態になったので、ダイブ・マスターの予備レギュレーターを使って船の係留ポイントまで移動しました。ダイブ・マスターがぼくのバディを船に戻している間、他のお客さんをケアしているように指示されていましたが、もう1人のレスキュー・ダイバーのいるカップルはダイブ・マスターから少し遅れて自主的にセーフティ・ストップに入ったのでとりあえず他の2人の様子を見ながら遠くに行ったりしないように近くを潜っていました。しかし、この時点で40分を過ぎていたので、ダイブ・マスターは再潜行せず、ぼくにあとの2人を連れてあがってくるように指示してきました。まあ、セーフティ・ストップをとって海面に戻るだけなのでさほど難しくはありませんが、まさかそんな役が回ってくるとは思いませんでした。25m、48分。



ナマコでしょう。



ダイブ・マスターを待っている間、動きをとめていると魚が群になって寄ってきていました。ぼくも足をついばまれたりしました。たいして痛くはないのですが、何もないところで急にチクッとしたりするとびっくりします。

昼食を食べてから今日は3本目に行ってきました。1日に3本潜るのは2回目です。ポイントは3Rocks。前回のSosuaでのダイビングと同様にディスカバー・スキューバ・ダイバーが3人いたためです。ただ、今回はダイブ・マスターが別にいて彼らとは別行動だったので、特にケアしながら潜る必要がなかったのは楽でした。他に3つのショップのダイバーがきていて大盛況でした。



海面に向けて撮った様子です。浅いポイントなのでシュノーケリングの人たちもいました。一応シュノーケリングをしている人も写っているのですがわかりづらいですね。



ヤドカリ。フラッシュなしで撮っているのですが、色もきれいに撮れているのでびっくりです。それだけ透明度が高いということでしょうか。前回もそうでしたが、どうもこのポイントは水がちょっと冷たいです。大きなタコも見られたのですが、撮影には失敗しました。残念。7m、45分。

前回3本潜った時はレスキューのシナリオも入っていたのでけっこうきつかったですが、普通に潜るだけならそれほどでもないようです。とりあえず土日にも3本ずつ潜ろうと計画中です。

Marcha


今日は定例会議。打ち合わせ事項はそれほど多くはありませんでしたが、GM(教師用指導書)とCT(生徒用学習帳)の内容検討もあるので時間はかかりました。とりあえずぼくからはJICA事務所での最終報告会での算数プロジェクトの概要説明のプレゼンテーションの内容を説明し、修正意見をもらって了解を取り付けました。発表をぼくが担当するとはいえ、全体のことなので手順はしっかり踏んでおかないと後々チーム内で見解が違うというようなことになりませんから面倒でもしかたがありません。

それぞれの学校での活動の様子の交流が終わった後にGMとCTの検討を始めました。今日は1年生が3単元、2年生が4単元でした。2年生は4単元といってもページ数的には先週のかけ算1単元の半分以下でした。とはいえ、12時頃にJICA事務所の所長がくることになっていたので、それまでには終わらせる必要があり、精力的に話し合いをおこないました。2年生の長さの普遍単位の導入をどのように扱うかということで、かなり時間をとられてしまい、全部終わることができるかちょっと心配になりましたが、無事に12時15分ほど前に今日のノルマは消化できました。

JICA事務所の所長はナショナル・スタッフを1人連れて12時頃に登場。昨年同期の1人が出した本邦研修に関する意見や質問などに答えるためにいらっしゃいました。日本語のできないナショナル・スタッフを連れていたので、もしかしてスペイン語かなという心配が頭を横ぎったのですが、ちゃんと日本語でした。7人で日本語で会話をしている間、座っているだけだったナショナル・スタッフには同情しましたが、まあ本邦研修に関する問題の何%かの責任は持っているのでしかたがないところでしょう。所長からの話の内容のほうはもともとあまり期待していなかったのであんなものでしょう。

所長との話が終わったのが13時過ぎ。お腹がペコペコだったので食事に行ってから、事務所で少し仕事をしたあと学校に行きました。学校につくとすぐにRecreoの時間。自分の部屋で仕事をしていると教務主任がカメラを持っているかと声をかけてきました。毎日持ち歩いているので当然持っていましたが、Recreo後にMarcha(パレード)をするので写真を撮ってほしいとのことでした。明日は独立記念日なのでそれを祝ってのイベントです。



パレードとはいっても国旗を持って学校の周りを1周するだけです。第一サイクルと第二サイクルに分かれて2箇所からスタートしました。これは第二サイクルの方で5年生か6年生です。



こちらはPre-Primaria(幼稚園)の生徒です。お手製の国旗を持って元気よく歩いていました。隣のBachilleratoの敷地を合わせてもそれほど広いわけではないので、学校の周りを1周するといっても15分ほどで終了しました。授業をする時間は十分あったのですが、そのまま下校。けっきょく学校ではほとんど何もできないまま事務所に戻ることになってしまいました。事務所では30分ちょっと仕事をしてから帰りました。往復の時間がけっこう無駄でした。

帰りには短期の方と少し飲んでから帰りました。少しとはいいつつ、時間的にはけっこう使ったので、途中で同期の1人も合流して飲みながらおしゃべり。あと何回くらいこういう機会があるのだろうと思うと寂しくなりますが、ドミニカ共和国出発まで残りあと約3週間です。

時間


ドミニカ共和国を出発するまであと3週間ちょっととなりましたが、来週末にはJICA事務所での最終報告があり、その前に5号報告書を提出しなければいけません。その翌週の水曜日には配属先での最終報告会。実質的に残り2週間ほど。もうちょっと時間があるかと思っていたのですが、日数をカウントすると予想以上に時間がないことに気づかされました。午後は研究授業の関係もあるので、学校に行くことにして、残りの午前中は事務所で報告書や最終報告のプレゼンテーションの準備にあてることにしました。

そんなわけで午前中はJICAでの最終報告会のプレゼンテーションの作成と5号報告書を片付けていました。プレゼンは算数プロジェクトの概要説明に続けて、自分の活動内容の報告を作成。今日は写真データを持っていくのを忘れていたので、完全には出来上がりませんでしたが、9割がたは何とか終わりました。問題は時間配分をあまり考慮しないで作ったので、少し練習して時間をオーバーしないように気をつけないといけません。事務所のスタッフに今週末の講習会案について意見を求められたり、それに関してわり算の指導法について短期の方に説明していたりしたので午前中はおおむねこれで終了。とりあえず、プレゼンの目処がついたのでよしとしました。

昼食を短期の方と一緒にとり、プロジェクト・ルーム改修工事の関係でホーム・センターを少しのぞいてから事務所に戻りました。午後は学校に行くことにしているので14時の授業開始に間に合うように事務所を出たのですが、事務所の隣の学校は生徒が登校している様子がありませんでした。この時点で非常に嫌な予感はしたのですが、とりあえず学校には向かいました。途中の道でも制服を着た子どもにはほとんど遭遇しませんでした。学校の門は開いていましたが、案の定校内には生徒の姿はなし。副校長がいたので話を聞くと、Cooperativa(教職員組合)の会議のため、授業なしということでした。しかたがないので事務所に戻って仕事をすることにしました。

せっかくできた時間なので有効に活用にすることにして、5号報告書を中心に作業しました。こちらも8割がた終了。一緒に添付しなければいけない活動結果表も日本語版はできました。スペイン語でも作らなければいけないのでそちらが課題です。とりあえず、この2つは今週中に片をつけてしまいたいなと思っています。そして、来週は配属最終報告用のスペイン語でのプレゼンテーションの作成に専念したいのですが、報告会や研究授業などで案外時間をとられてしまうので、手際よく片付けたいところです。4週間後には日本にいられるように集中してがんばりたいと思います。

このところパソコンの電源の好不調の波がいっそう激しくなってきました。調子が悪くなってからこの2ヶ月何とかだましだましやってきたので、あと4週間何とかもちこたえてほしいものです。目下の悩みは新しいパソコンを日本に帰る前に注文しておくかどうかです。帰国してから家が決まるまで2台持ち歩くのもなんですし迷うところです。