プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Museo del oro


任国外旅行もいよいよ最終日。といっても今日は帰るだけ。朝7時過ぎに迎えの車がきて首都San Joseに向かいました。他に2人のお客さんがいました。もう一組いる予定だったらしいのですが、そのお客さんが予定の時刻にホテルのロビーに現れず、乗せずに出発。おかげで8人乗りの車に運転手を入れても4人ですからゆったりと帰ってくることができました。San Joseに到着したのは13時過ぎ。6時間の道のりでした。さすがに疲れました。

昼食を食べてから空港に向かうまでにまだ時間があったので、Museo del oroを見学に行きました。



国立劇場の隣の広場の地下にある博物館です。Banco Nacional(国立銀行)の運営です。入場料は7ドルでした。



Himuno Nacional(国歌)の歌詞カード。どうやら国歌制定時に作られたもののようでした。



国立銀行が運営しているということで常設展には貨幣の変遷に関するものもありました。紙幣の印刷機なども展示してありました。



美術館のような部分というか、特別展で動物をモチーフとした芸術展をやっていました。



20種類くらいのコスタリカの動物の木彫。



黒猫の絵です。もちろん、立体ではありませんので影はどうやってつけているかはおわかりですね?



ここから黄金の博物館でした。



全コロンビア時代の発掘物を中心に展示がされていました。



生活の中にどのように利用されていたのかという展示もありました。

1時間ほどブラブラしてからホテルに戻り、ツアー会社の人と少し雑談をしていました。そうすると程よい時間になり、迎えの車がきたので、それに乗って空港へ行きました。空港ではまず出国税を払って、航空券の手続きをしようとすると、航空会社の係員の人に公用パスポートは出国税を払う必要がないから、お金を返してもらって別のところで手続きをしてからまたきなさいといわれました。前回の任国外旅行では言われるままに払いましたが、今回は親切な係員で助かりました。まあ、その分余分にお土産を買ってしまったので一緒といえば一緒ですが。



飛行機は18時45分出発予定が、結局19時20分過ぎにテイク・オフ。10日間を過ごしたコスタリカともお別れでした。飛行機から撮ったSan Joseの夜景です。2時間半弱のフライトで、時差が2時間あるので到着は23時50分頃。ボーディング・ブリッジの接続にやけに時間がかかり、飛行機から降りることができたときには日が変わっていました。さっさと帰りたかったので荷物は機内に持ち込んでいました。幸い席も前の方だったので、一番で入国手続きを済ませ、さっさと空港から帰りました。コスタリカの旅行は楽しかったですが、やはりなんとなくドミニカ共和国のほうが落ち着きます。

今日は写真でごまかして文章は少なめになってしまいましたが、ご容赦ください。