プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

また延期


午前中はPico Duarteツアーの申し込みに行ってきました。10時にツアー会社の近くにあるPlaza Internacionalで待ち合わせ。10分前くらいについて、中をブラブラしていました。10時になっても1人が来ていなくて、電話をかけてみると今家を出るとのこと…。まあ、急いで行かなければいけないものでもないので別にいいんですが、それにしても集合時刻に家を出るというのは…。中では一番家が近かったので15分くらいでやってきました。ぼくが家を出るときには晴天だったのですが、この頃には雨が降り始めていました。今日は野球に行く気満々で、雨が降るとは全く考えていなかったので傘を持っていませんでした。他にも1人持っていなかったので、しばらく雨が止むのを待ってから出かけました。ツアー会社はPlazaから歩いて10分くらいのところにあります。

ぼくの他に3人一緒に行きましたが、2人は事前に渡していた申込書に記入済。しかし、遅刻してきた1人はそれも職場に忘れてきたということで、あらためて用紙をもらって記入しました。まあ、別にいいんですが妙に不手際が多かったです。ただ、このボランティアがツアー会社の人と知り合いだったのはびっくりしました。家がお隣さんというか同じ大家さんのところに住んでいるそうで、思わぬところで会ったので本人たちも驚いていました。申込用紙に記入して、費用を払って30分ほどで手続きは終了しました。ただ、ぼくはちょっとした事情でその期間に行けなくなってしまったので、申し込みはしませんでした。これが任期中では最後のチャンスだったので本当に残念です。手続きが終わったあとに昨年の写真などを見せてもらい、ツアー会社をあとにしました。

近くにNaturalisteという台湾系の自然食品を中心とした美味しいレストランがあり、一緒に行った3人はそこで昼食を食べて帰ることにしました。しかし、このとき遅刻してきたボランティアがツアー会社に傘を忘れたことに気づき慌てて戻っていきました。Plazaで傘をよく忘れるので注意しなければいけないというような話をしていたにもかかわらず忘れたので、他の2人もちょっと呆れ気味でした。ぼくはSamanaの17-3の先輩隊員と一緒に同期のところで昼食をご馳走になる予定だったので、そこでいったん別れました。しかし、同期に連絡を入れて歩き始めたところで、また雨が降り始めてしまいました。たまたま、同期と17-3の先輩がぼくがいた近くに住んでいるSVの方のところにいて、その方に家まで送ってもらうところだったのでついでに途中で拾ってもらって難を逃れることができました。やはり天気がよくても油断せずに傘を持って歩く必要がありますね。

昼食を作るのを手伝い、出来上がった頃に別の同期が来たので4人で一緒に昼食を食べました。昼食を食べ終わり、しばらくしてから先程別れた3人もやってきて、しばらく7人でゆっくりと過ごしていました。この間も断続的に雨が降っていたのですが、あがったタイミングでモニュメント見物に行ってきました。行ったのが遅かったからか天気の影響か5階の展望スペースに出られなかったのが残念でした。同期の家に戻ってから、球場に行く前にぼくはいったん家に帰ることにしました。肌寒い状態が続いていたので上着がほしかったのと、眼鏡もコンタクト・レンズも持っていっていなかったので取りに行きたかったからです。しかし、帰りに球場の近くを通ると照明が少なめ。嫌な予感を抱きつつ家でリーグの公式HPをチェックすると今日も試合中止…。ないものはしかたがないので、同期に連絡を入れ夕食をみんなで食べに行くことにしました。しかし、先輩隊員の今回のサンティアゴ訪問の目的は野球観戦だったので、見られなかったのは本当に残念です。

同期たちにレストランを決めてもらい、向こうはすぐに家を出るということだったので、ぼくもタクシーを拾って出かけたのですが、10〜15分で着くはずなのにまだ誰もきていませんでした。いつも使っている店で、何人くらい来るのと聞かれたのですが、ちょっとわからなかったのでぼくは店の外にある椅子に座って待っていました。しかし、待てど暮らせどやってきません。結局45分近く待たされました。遅れた原因は同期の家の近くにある別のボランティアの家を見学に行っていたからだそうです。ぼくが一番遠かったので、いつまでには行くと伝えていたのですが、その時刻すら15分以上過ぎていました。それならぼくもわざわざタクシーを使わなくても歩いて行けたのでさすがにちょっとイラつきました。待たせているのはわかっていたはずなので電話の1本くらい入れてくれてもいいと思うのですが。

レストランにはAguilasのトレーナーの方もきていました。話を聞くと試合がなかったのはOlgaと今日の雨の影響でグラウンド・コンディションが回復していなかったからだそうです。別の日本人の方と一緒で、その方は3日くらい前にドミニカ共和国にいらっしゃったということでした。アメリカでスポーツ医学を勉強中で、インターンとして冬休み中Aguilasで働くということでした。最後少しご一緒して話などを聞かせていただきました。

しかし、ここしばらくは同期が続けて任国外旅行でやってきたり、先輩がきたりで外食続きの飲みっぱなしです。どう考えても体重にはよくないです。しかも来週からは自分が任国外旅行…。年明けには怖くて体重計には乗れないですね。