プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

ダイビング33日目


先週に続き、レスキュー・ダイバーの講習でした。午前中はいつも一緒にやっているダイブ・マスター・コースのイギリス人が来なかったので、まずは最終の筆記試験を先にやることに。オープン・ウォーターのライセンスをとるときはスペイン語で受けましたが、結局専門用語が多く、ボキャブラリーの問題からかなり苦労したので今回は英語にしました。まあ、辞書を持っていっていなかったのも一つの要因ですが。英語でも専門用語がわからないのは同様ですが、英語の場合は日本語訳をしないでそのまま使われている用語も多いので、スペイン語よりは苦労せずに済みます。あとは、レッスンがほぼ英語でおこなわれているので英語の方が耳に馴染んでいるというのもあります。

結果としては英語を選択して正解だったでしょうか。スペイン語のときは辞書とくびったけで解答していたのでかなりの時間がかかりましたが、今回はすんなりと1時間かからずに終了しました。問題は全部で50問あり、ほとんどは4択ですが、一部正誤問題もあります。結果は44問正解で、70%か75%で合格なので問題なしでした。間違ったところはだいたいどうしてもわからない単語があったか、文意を逆にとっていたかでした。ボキャブラリーの面でいえば、日本語の会話の中でも翻訳しないで日常的に使う単語が多い英語の方がやはりスペイン語より有利です。とりあえず最大の難関だと思っていた筆記試験がクリアできたので気分的にはだいぶ楽になりました。

試験が思ったより早く終わったので午前中の2本目の船で最後のエクササイズと1つ目のシナリオをやることになりました。イギリス人がいれば、彼がレスキューされるダイバーの役をして、インストラクターが見本を見せてからぼくがそれを真似してやるというようにできるのですが、今日はインストラクターと2人だったので説明を聞くだけ聞いて実践しなければいけないのでけっこう大変でした。とりあえずエクササイズを終わらせて、シナリオの方に移ることになりました。水中で足を怪我したダイバーを水面に上げて、船まで連れて行って、船に乗せるという状況です。水面にダイバーを上げるのはインフレーターでBCDに空気を入れて上昇速度をコントロールしながらやります。今日は相手のBCDを膨らませていたのですが、インストラクターがエア切れの合図をしてぼくの予備のレギュレーターを使っていたので、実際その状況になれば相手のBCDは使えませんから本当はぼくのBCDで浮上をコントロールしなければいけませんでした。途中で気づいたのですが、ほとんど浮上しきっていて切り替えられませんでした。反省。船までの曳航方法もいくつかあるのですが、出血を伴うような怪我の場合、水中では血が止まり難いのでなるべく早く水から出さなければいけませんから、一番早く曳航できる方法を取りました。ここはとりあえずOK。船に上げるためにまず機材を外します。ここも多少手間取りましたが何とかできました。あとは船長と協力して船に引き上げなければいけないのですが、ここは語学力の問題もありうまくできませんでした。反省点の多いシナリオになりました。でもまあ、とりあえず1本目はクリア。

昼食のあと、午後から2本目のシナリオをしました。午前中は仕事だったそうで、午後にはイギリス人もきていました。しかし、彼のコース内容から、今日オープン・ウォーターのコースをとっている人たちの方へ行ったほうがいいと判断されたので、午後もインストラクターと2人でやることになりました。2本目は疲労したダイバーを助けに行くのですが、途中でパニック・ダイバーに移行するので、いったん離れて水中から背後に回り、しがみつかれたりつかまれたりしないようにしてから救助に入るという流れでした。こちらはスムーズにできました。しかし、冬の海の特徴なのかもしれないのですが、どうも波が高くて水面で話をしたりいろいろな行動をするのは大変でした。もちろん、そういう状況でのレスキューが必要になることもあると思うので文句は言えませんが。とりあえず、Tormenta Noel以降ずっと視界がよくなかったのですが、今日はずいぶん改善されていてよかったです。



ダイビングとは何の関係もありませんが、ショップの向かいでフリー・マーケットが開かれていました。お客さんは…。まあ、こじんまりと和気藹々とやっていました。



その脇で日向ぼっこをしながら休憩中のインストラクター。北海道での水泳学習のプールよりは全然温かいのですが、それでもだいぶん水が冷たくなってきているので、上がったあとはお日様が恋しくなります。

同期が家で餃子パーティーをするというので、帰って荷物をおいてからすぐ出かけました。午後も潜ったのでサンティアゴに帰ってきたのが18時過ぎ。ちょっと手土産を買ってから行ったので着いたら19時になっていました。まあ、ちょうど料理ができたころだったので、ナイス・タイミングでしたが。ぼくは明日も潜るので23時過ぎには帰りましたが、他のメンバーはどうやらそのあともけっこうやっていたようです。しかし、ちょっと飲みすぎました。酒が抜けきれるか若干心配です。