プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

第10戦 △5-5


家を出てみると外には雨が降った跡が…。まあ、出かけるときには降っていなかったのでいいですが、試合中に降らないかやや不安になりました。それでも、まあ星もきれいに見えていたことですし、傘は持たずに球場に向かいました。試合開始10分ほど前に到着。



先発のホセ・リマが投球練習中でした。バッター役をしているのは2番DHのルイス・ポローニャ。Aguilasのみならずドミニカ共和国では英雄クラスの2人です。年齢的に衰えが見られるのはしかたがありませんが、それでも未だに第一線で活躍中です。



甲子園を見ているようですが、三塁側の内野スタンドに盛大な応援を展開している一団がいました。今日の相手は前回と同じくTorosでした。週末にもかかわらず、観客席も前回と同じく寂しい感じ。そんな中でスタンドの一角にびっしりと座っている集団ですからかなり目立ちました。途中で紹介されたのですが、なんと先日見学させてもらった私立学校の生徒たちでした。他にも事務所の隣の学校の生徒や選手が招待した一団など、今日は団体での観戦が多かったようです。私立学校以外の団体は自分の後ろの方にいたのでいまいち認識していませんでした。鳴り物がやけにうるさくて鬱陶しいなと思っていたくらいで…。

試合はホセ・リマの立ち上がりがよく1回表は危なげなく三者凡退。裏に入りAguilasの攻撃。1番が内野安打で出塁。2番のルイス・ポローニャはショート・ゴロでしたが、ゲッツーは何とか免れ一死一塁。3番はライト・フライ。4番が四球で出塁し、5番は今日から参加したエンカルナシオン(レッズに所属している現役バリバリの大リーガー)も死球でツー・アウト満塁。ここで6番がレフト前に2点タイムリー・ヒット。続く7番も内野安打で1点追加。いきなり3点を先制しました。7番の内野安打はかなり微妙な判定で、監督も抗議というか次回以降のことを考えて一塁塁審に釘を刺しにきていました。しかし、ピッチャーの方が納まりがつかないのか塁審に向かってマウンドからいろいろ文句を言っていました。そのままヒート・アップしてマウンドから降りて一塁方向に向かって文句を言いながら歩いて行こうとしていたのですが、チーム・メイトの内野陣になだめられ、退場に至るような事態は回避されました。

2回以降はランナーは出すもののダブル・プレーなど拙攻が続き追加点は入らないままでした。4回表にヒットでランナーを出したあとツーラン・ホームランを浴び1点差に詰め寄られてしまいました。5回表にもピンチをむかえたのですが、そこはゲッツーで切り抜け1点差のまま6回に突入しました。6回表もホセ・リマが続投でしたが、先頭打者に四球を出したところで交代。しかし、リリーフ・ピッチャーがいきなり初球を打たれて3塁打。これで同点。しかも次打者にも続けて3塁打を浴び、逆転されたうえ一死もとれずに降板。さらに交代したピッチャーも打たれてあっさり逆転されてしまいました。一死後、次打者が左バッターだったため、ここでさらに投手交代となりました。



ちょうどそのとき久本投手が急ピッチで肩をつくっていたので、登板の期待が高まりました。



マウンドに上がった監督に呼ばれ、いよいよ登板となりました。もちろん初登板ではないのですが、ぼくが見た試合ではこれまで登板機会がなかったため、実際に試合中に投げているところを見るのは初めてになりました。初球空振りでストライク、2球目は見逃しでやはりストライク、3球目は低目の球で空振りをとり3球三振。爽快でした。いいピッチングを見せたので続投かなと思ったのですが、やはり対左打者のワン・ポイントだったようでここで降板。ベンチに戻る久本投手にスタンドからスタンディング・オーベーションがおくられました。Buen Trabajo!!一つずつ自分の役目をしっかり果たして監督やチームの信頼を高めていけばきっと登板機会も増えてくると思います。

しかし、交代した右投手がタイムリーを浴びてしまい2点差になってしまいました。ここでやっとTorosの攻撃が終了。7回裏に入ってしばらくしてから雨が降りはじめ、途中から本格的な雨に。しかし、7回裏が終わってしまわないと雨天コールドにもできませんからそのまま続行しました。雨でピッチャーは手元が定まらないのか制球に苦労していて、2死満塁のチャンス。ここで7番バッターが起死回生の2点タイムリーを放ち同点に追いつきました。続く8番もストレートの四球で出塁。ここで9番に代打が送られましたが、明らかにボール球を3つ振って三振。わざわざ制球に苦しんでいたピッチャーを助けてしまいました。同点のまま7回が終了しましたが、ここで試合は中断。グラウンドの土の部分にはシートがかけられました。

明日のSosuaのことを考えると、再開を悠長にも待っていられないので今日はここで帰ってきました。とりあえず負けはしませんでしたし、久本投手の爽快な登板も見ることができたのでとりあえずは満足でした。

Huevo


今日はDía de San Andrés(聖アンドレスの日)だそうです。それに伴って本日サンティアゴの公立小学校では1校を除いて学校はなし。名前からすれば祝日かなと思ったりするのですが、特にそういうことはありません。学校が休みになっているのは別の要因からです。噂によるとこの日は街でHuevo(卵)や小麦粉、水風船などが投げつけられるということでした。しかし、事務所のスタッフや語学学校の先生などに真偽を確かめても、昔はともかく最近はそんなことはないよとのこと。しかも田舎ならともかくサンティアゴの中心部ではないだろうということでした。実は昨年もこの噂を聞いてはいたのですが、昨年は16-2の先輩隊員の出国の日で、サント・ドミンゴの空港に見送りに行っていたために真相はわからず終いでした。

しかし、今日は本邦研修参加希望者の提出書類を受け取る仕事があったので、朝から事務所へ。普段は登校する子どもたちをたくさん見かけますが、今日は子どもの姿はほとんどなしでした。事務所へ行くと同期が1人すでに来ていました。そちらの学校もやはり授業はないとのことでした。午前中は2つの学校が書類を持ってきました。ずっと事務所で仕事をしていたのですが、外は特別変わった様子はありませんでした。やはり、みんなの言うとおり何もないのかなと思い、たまたまプロジェクト・ルームにきた教育事務所の副所長に聞いてみると、午後からあるよとの返答でした。

午後も同じく受付をしながら仕事をしていると、外から歓声のような声が近づいてきます。もしやと思って外をのぞいてみると、手に手に卵を持った高校生ぐらいの20〜30人の集団が歩いてきました。最初は歩道を歩いていたのですが、突然車道に出たかと思うと、車の通行を妨げスピードを落とさせました。そして車が低速で通り過ぎたあとに後ろから卵や小麦粉の入った袋などを投げつけていました。不覚にもカメラを持って出ていなかったので写真は撮れませんでした。しかし、見ているだけでも危険なことこの上ない感じでした。

その後も何度か歓声が聞こえてきたので、その度に似たようなことをしていたようです。午後からは一緒に受付をしていた初等教育コーディネーターは、危険と汚れを避けるために真剣にどうやって帰ろうかと悩んでいました。夕方近くになると卵がなくなって石を投げている子もいたようで、そうなると洒落になりません。学校を休みにするのではなく、いっそきちんと登校させたほうがコントロールできるような気もしますが、二部制で午前もしくは午後しか生徒は登校しないのでダメかもしれないですね。

書類の方はパイロット校からはきちんと出てきたのでホッと一安心。本邦研修への参加希望者は結局パイロット校の校長6人中5人だけで、その他のバリデーション校の校長からは出てきませんでした。あとは5日の面接次第です。

さて、今日はこれから野球観戦です。結果は帰ってきてから本日2本目の記事としてアップします。

ルーブル展


昨日に引き続き今日もCETTの講習会。3・4年生の先生たちが不在でした。



今日もまだペンキ塗りは続いています。柱の下のほうとか、塗り斑があるところとか探してけっこうていねいに塗っていました。しかし、6月に始まったこの学校の改修工事ですが、いったいいつになった終了するのでしょうか?

仕事が終わってから語学学校に行くまでの時間に少し買い物に行ってきました。シャワーを浴びる時に使っているスポンジみたいなやつがついにダメになってしまったので新しいものを2つ買ってきました。とりあえずこれで帰国まではなんとかもつでしょう。500ペソ札で払って、小銭を作ろうと思っていたのですが、予想をはるかに超える小さい金額を言われたので、ちょっと申し訳なくなって断念しました。スーパーではたいてい平気ですが、ちょっと小さい店に行って500ペソ札を出すと受け取りを拒否されることがあるのでくずせるときになるべくくずすようにしているのですがなかなか…。

スティックのりも買おうと思っていたのですが、探していたメーカーのものがなかったので文房具屋に行きました。ここでは探していたメーカーのものはあったのですが、残っていたのが小さいサイズだけ。しかたがないので近くにある別の文房具屋へ。ここではちゃんと希望のサイズもありました。仕事で使うものなので支援経費で買うのですが、ふと気になって値段を聞いてみました。1本110ペソ(約400円)。高っ。スティックのりは輸入品以外見たことがないのでしかたがないですがそれにしても…。まあ、でも教材作成には必要なので買ってきました。

買い物が思ったよりも早く済んだので、語学学校には授業開始の15分くらい前につきました。一緒に受講している同期はすでにきていました。いつもぼくより早いのですが、どうも30分前にはついているみたいです。今日は本を読んでいましたが、ロビーのソファーで寝ていることも。時間が少しあったので、いつも同じ時間帯で英語の授業を受けているドミニカ人の女性と話をしていました。英語を習っているだけあって英語を使いたいのでしょうが、微妙にスペイン語が混じったり、スペイン語の会話の中に英語を使ったりともうひとつ統一性に欠けました。今は大学に通っているということでしたが、何を勉強しているかは自分でもはっきりしていないというのはどういうことでしょう?Sが抜けるのはしかたがありませんが、わりと聞きやすいスペイン語で話していても楽でした。なかなかの美人さんです。



今、Teatro Nacional(国立劇場)の周りでルーブル展が開催されています。写真のような感じで展示がされていて、十分な照明があるので夜でも立ち止まって見ている人がいたりします。



まあ、しかしルーブル美術館に収蔵されているような絵画を野ざらしで展示するような無謀な真似ができるわけもありませんから、実際に展示されているのはすべて写真パネルです。パネルとその解説というような形で展示されています。パンフレットも配られているようで、それを見ながら歩いている人もいました。ちょっと見ただけで奥までは行かなかったのでぼくはもらえませんでした。日中にでも機会があれば、また行ってみようかなと思います。

ボチボチ帰国後のことも考えなければいけなくなってきたので、今日はちょっと日本にも電話をしました。はてさてどうなることやら。

歩道


1週間ぶりに学校に行ってきました。2日半も休んでおこなったペンキ塗りの成果がどうなっているのかちょっと楽しみでした。



しかし特別違和感なく学校に入っていきました。基本的に公立学校の壁の色などは決められているので、きれいにはなっても見た目的に大きな変化がないですからしかたがないですね。でも、中庭にゴミも落ちていませんでしたしきれいでした。ただ、おおむね塗り終わったようなのですが、まだ作業をしている人がいて細かいところや教室以外のところのペンキ塗りが継続されていました。あとは電気工事関係の人もいました。ぼくの部屋には今コンセントがないのですが、コンセントと扇風機もつけると副校長は言っていました。そんなに優遇してくれなくてもいいのですが、後任が来るとしたらあったほうがいいでしょうから、つけてくれるものはつけてもらうかなという感じです。写真の奥のほうにはEstadio Cibaoの照明塔が見えます。

今日・明日とCETT(スペイン語の指導力向上プロジェクト)の講習が1・2年生と3・4年生に分けておこなわれるため、先生の半数はいませんでした。事前に認識はしていたのですが、行くまで忘れていました。意味がないですね。



今日は一日学校で仕事をしていたのですが、授業が終わると締め出されてしまうので、昼食は事務所の近くのいつものレストランに行ってきました。いつもはバンデーラといわれる典型的なランチ・メニューを頼むのですが、ちょっと気が向いたので別のメニューを頼んでみました。手羽先の唐揚げとトストーネ、サラダ。トストーネが主食になります。これはけっこうお腹にたまるので量的にはけっこうなものです。美味しいのですが、カロリーを気にしたら食べられません。だから順調に太るんですよね…。

とりあえず、特筆するようなこともなかったので日常的な話題でも。



現在サンティアゴ市内ではいたるところで歩道の再舗装工事が行われています。しばらく前まで事務所の前の歩道も同じように工事がおこなわれていて、歩きにくいことこのうえありませんでした。日本で歩道の工事をおこなうとすれば、車道側に歩行者が安全に通行できるスペースを確保すると思いますが、当然そのような配慮はされていません。むしろ写真のように車道に現在の舗装をはがした瓦礫が積まれるため、その外側を歩くのはなかなか危険です。これが交通量の多い幹線道路ならなおさらです。写真は学校と事務所の間にあるぼくの学校と同じ名前のついている道路です。ここは横切るだけなのですが、ここの交差点はいつも交通量が多く、普段でも渡るのに苦労するのですが、瓦礫で道幅が狭まったおかげでより渡りにくくなって迷惑しています。



ぼくの見た範囲で9割以上は人力で古い舗装をはがしていました。すでに叩き壊されているところもあるのであれですが、この写真の場所のように特別再舗装が必要にないようなところでも工事をしています。ちょっとサンティアゴ市の郊外に出れば、車道でも穴だらけといったところはいくらでもあるので、問題なく歩けているようなところに予算を使うくらいならそういったところを直せばいいと思うのですが、来年の大統領選挙などいろいろと思惑もあるのでしょう。日本でも選挙めあての公共事業といったことが聞かれますから似たようなものかもしれませんが。

第9戦 ○6-3


今日は火曜日なので定例の会議。先週の木曜日と昨日の会議の結果なども報告する必要があったので、内容はけっこう盛りだくさんになってしまいました。しかも、そういうときにかぎって19-2の隊員にそれぞれの活動内容を紹介することになっていて、午前中いっぱいかかってしまいました。しかも活動内容紹介を4人中ぼくも含めた3人がパワーポイントで用意していたのですが、2人目の最後の方で停電…。3人目はパソコンの画面をのぞきながらになってしまいました。幸い紙資料としても印刷してあったので助かりましたが。一気に4人分の情報を聞かされてもなかなか消化しきれないと思いますが、同じプロジェクト内でもそれぞれの取り組みやアプローチの方法はかなり異なっているので、自分に合っていると感じたものを取り入れたり、もちろん独自の活動もおこなっていってくれればと思います。あとは、今ぼくが引き受けている調整部分の仕事をどれだけ削って引き継げるか、ぼくの方が年明けからはちゃんと考えなければいけません。

午後からは昨日の会議に欠席した学校の校長へ対して同じ内容での会議をおこないました。ただ、専門家の方は今日から出張のため出席できないので、説明は初等教育コーディネーターと事務所のスタッフがおこないました。ぼくの理解した範囲では大筋問題なかったと思いますが、やはり微妙にニュアンスというか認識の差が出てしまうのはしかたがないところでしょう。しかし、この会議でも全員は揃いませんでした。しかも、ちょうど終わった頃にやってきた校長も1人いて、同じ説明をもう一度やるはめになってしまいました。時間を守らないのは本当に困ります。全部終わったのが16時半くらい。今日も会議で一日がほぼ終わってしまいました。

今週の木曜日に来週の講習会のリハーサルを予定していました。初等教育コーディネーターが食事の準備などの関係でINAFOCAMのコーディネーターに電話をしたところ、木曜日にリハーサルはできないとの返答でした。初等教育コーディネーターが聞いていないので理由は不明です。向こうがリハーサルをやりたいということで日時を設定したので、今日の午前の会議では連絡が遅いからと思って木曜日にみんなに電話をして、わざわざ学校での活動を調整して時間を空けてもらって今日も確認をしたのに、この仕打ち。しかも、おそらく初等教育コーディネーターが電話をしていなければ、当日までなくなったことを知らないまま集まるという可能性を悲しいことに捨てきれません。とりあえずすぐに電話で連絡をして、リハーサルはなくなったので木曜日には集まらなくていいということを伝えました。来週にリハーサルをやる可能性も残されていますが、本番は金曜日。修正する時間のないリハーサルの意味には疑問を感じますし、今度は当然明日リハーサルをやるというような連絡を聞かされる可能性もあり頭が痛い話です。

さて、仕事の話が長くなってしまったので2本立てにしておけばよかったかなと思いつつ、このまま野球の話題にいきます。今日の対戦相手はTorosでした。現在5位で格下。ここで気持ちよく買って連敗の悪い流れを断ち切ってほしいなというところでした。



まあしかし、平日火曜日の20時からスタートで、対戦相手は現在5位の下位チームということで、スタンドは見事にガラガラでした。



両先発投手とも落ち着いた立ち上がりで2回まで両チームとも得点はなし。しかし、3回表にソロ・ホームランを浴び、先制されてしまいました。5回表にはノー・アウト、1・3塁からダブル・プレーの間に三塁ランナーが生還しこれで0-2となりました。その裏にようやく反撃。ワン・アウト、1・2塁から内野ゴロの間にランナーはそれぞれ進塁。センター前ヒットで三塁ランナーが生還し、1点を返しさらにランナー一塁、三塁。ここで次打者はファーストゴロ。しかし、これが内野安打となり同点に追いつきました。6回は両チームとも無得点。7回表にまたもやソロ・ホームランを浴び、再び1点を追う展開になりました。8回裏は1番からの好打順。ヒットと四球でノー・アウト、1・2塁とし、3番は送りバントでワン・アウト、2・3塁。ここで相手バッテリーは4番を敬遠し、満塁策を選択しました。ここで5番はショート・ゴロ。ゲッツーかと思いましたが、ゲッツーを焦ったのかセカンドの送球が逸れ、ファーストがボールを弾いてしまいました。これで2者が生還し、ようやく逆転。バッター・ランナーは2塁へ。ここで相手バッテリーは再び次打者を敬遠し7番バッターと勝負。しかし、これが裏目に出てセンター前のタイムリー・ヒットでさらに2点追加し6-3としました。これで勝負あり。9回表は守護神ホセ・バルガスがきっちり抑え連敗脱出となりました。



終了後、勝利を喜ぶ選手たちです。残念ながら今日も久本投手の登板機会はありませんでした。昨日一緒に食事をした7人中6人が観戦に来ていたのですが、実際にマウンドで投げている姿を見られずみんなちょっぴり残念そうでした。次戦に期待したいと思います。Estadio Cibaoでの次戦は、金曜日に再びToros。ちなみに明日はTorosのホームで試合で、木曜日のオフを挟んで3連戦。TorosのホームであるLa Romanaはサンティアゴからは最も遠いホーム・タウンになるので移動が大変なだけだと思うのですが、このへんの日程編成も面白いです。