プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

熱帯低気圧


今日は授業があるだろうと思っていたのですが、朝起きてみるとまた雨が降っていました。風も変わらず強いまま。まあ、それでも雨はたいしたことはなかったので家を出てみましたが、通りに子ども達の動きはなし。一番近い学校も閉まったまま。今日も全国的に休校でした。Tormentaはすでにドミニカ共和国の圏外に抜けてしまっているのですが、代わりに熱帯低気圧が居座っているそうで、首都などは相変わらずの荒天が続いているようです。南西部などでは死者も増加しているということで、かなりの被害が出ています。しかも天気予報によるとこの影響は明日あたりまでは続く可能性があるということなので、もしかしたら明日も学校がない可能性があります。明日も学校が休みになれば、明後日の授業は期待できないです…。来週の月曜日は祝日で休みなので、先週の土曜から結果的に10連休になる…。Semana Santa並み。10日も休むと子ども達の学習は、まあ、かなりやり直しです。ただでさえ時数が少ないというのに参ります。

先週末首都に行った同期は未だ首都を動けず。明日も長距離移動は禁止なので、残ったメンバーで今日の午前中に昨日なしにした打ち合わせをしました。特に話し合うことはなく連絡事項が中心でした。特に来週着任に変更になった新隊員の動きについて少し話をしました。午後は自分のパソコンを使いたかったので家に帰って仕事をしました。

今日はEstadio Cibaoで試合がある日だったのですが、こんな状況ですので当然中止。この1週間はおそらくまともに試合ができていないはずなので、日程的にどこかでシワ寄せが来ることになるはずで、選手や関係者も大変です。さて、今週末の3連休で旅行をしようと計画しているのですが、ちゃんと出かけられるのでしょうか。ちょっと心配になってきました。しかし、学校もない、野球の試合もないだと書くことがありません。

そういえば、日本ハムが第4戦も負けて崖っぷちに立たされてしまいました。去年は第1戦を落として第2戦から4連勝。今年は第1戦をとって第2戦から3連敗…。嫌な流れです。とりあえず第5戦を勝って流れを取り戻し何とか盛り返してほしいものです。

嵐は続く


昨日に引き続きTormentaの影響で学校はお休み。JICA事務所からの連絡で明日までの長距離移動は禁止になりましたが、市内は移動に気をつけて通常の勤務はOKとのことでした。事務所に行って仕事をしてもよかったのですが、現在室内の照明が切れているため、曇天の中では窓を全部開けてもけっこう暗いので、そのまま家で仕事をすることにしました。明日も長距離移動禁止とのことで、首都で足止めをくらっている同期が帰ってこられないので定例の会議も中止。しかも、明日の19年度2次隊の着任式も延期とのこと。いろいろ予定が変わってしまいますが、やはり自然の力には勝てません。

とはいえ、朝食をとるためにいったん外出。昨日はさすがに休んでいましたが、今日はちゃんと出店していたいつもの店で朝食を食べてから、久しぶりにスーパーに行きました。そこでカット・フルーツと昼食用にパンなどを買って家に戻りました。このときにはまだ雨は降っていましたが、それほど量は多くありませんでした。ただ、風はかなり強くてまだTormentaの影響が残っていることを感じさせました。カット・フルーツはメロンを買いました。ここのメロンは夕張メロンのように赤肉ですが、あれほど甘さは強くないのでぼくはけっこう好きです。しかもなぜかLechoza(パパイヤ)のラベルが貼ってあって、値段がメロンの半分以下。ラッキー。

昼食の買ってきたのであとは家に引きこもり。今日はそのまま一日家で過ごす予定だったのですが、夕方になって同期から電話が入り夕食を一緒に食べることになりました。準備をしていると、昨日パソコンを見てあげた同期が訪ねてきて、お礼にということでビールなどを置いていってくれました。別に気をつかってもらわなくてもよかったんですが、向こうはほとんどビールは飲まないので返してもしかたがないためありがたくいただきました。この頃にはまだ風は強かったものの雨はすっかりあがっていました。この悪天候の影響でしょうか、同期が行くつもりだったレストランはお休み。別の店にしましたが、店構えから想像もつかない高級店でした。まあ、もともと予定していた店も高いところだったので別によかったのですが、メニュー表のない店というのはさすがにちょっと恐ろしかったです。味は十分美味しかったですし、サービスもよかったです。支払い金額はまあ許容範囲でした。

さて、一応Tormentaは抜けたようなのですが、明日は晴れるでしょうか。野球の試合もあるのでちゃんと開催されることを祈りたいです。

Tormenta Tropical


Tormenta(嵐・荒天)Tropical(温帯の)が猛威を振るっているそうです。ここ数日の天気の悪さの原因がわかりましたが、昨夜から降り続けている雨が今日もいっこうにやむ気配はなく、だんだんひどい風がついてきました。まあ、学校はないだろうなとは思ったのですが、一応事務所に寄ってから学校に向かってみましたが、やはり今日は休校でした。しかも帰ってからネットで新聞をチェックしてみると、各校の判断で休校になっていたわけではなく、ちゃんと教育省が全国的に休校を決めていました。さらに、この嵐が水曜日くらいまで続きそうだということで、明日の休校もすでに決定していました。今週から本格的に学校での活動を再開しようと思っていたのですが、いきなり出鼻を挫かれてしまいました。まあ、自然には勝てませんからしかたがないですね。

この嵐で首都とサンティアゴを結ぶAutopista(高速道路)の一部が不通になったようで、家の近くのバス・ターミナルも早々に営業をやめていました。朝一番の便でこちらに帰ってくる予定だった同期も首都で足止めをくらってしまったそうですが、明日も帰ってこられるか微妙なところです。

まあ、そんな天候なのでJICA事務所から朝のうちに緊急連絡網も回ってきました。仕事に行っている場合は速やかに自宅に戻ること、まだ出ていなければ今日は休むこと。長距離の移動、市内でも乗り物による移動は禁止。などといった内容でした。まあ、外出禁止まではいきませんが、自宅から遠く離れるなということですね。朝のうちは5分くらい歩いただけで足元がずぶ濡れになるような状況だったので、ちょっと出かける気にはなりませんでした。

とはいえ、こういうときには何かあるもので、同期の1人がパソコンの調子が悪いということで何とかしてほしいと言ってきていました。連絡網が回ってきたときにはパソコンと格闘を始めたところだったので、とりあえずそれだけ片付けてから自宅に戻ることにしました。物理的な問題ではなく、明らかにウィルスが原因のようでした。パソコンを起動するとOSが立ち上がってからひたすらメモ帳で同じような内容のページが1〜2分おきに勝手に開くという状態で、しかも性質の悪いことにマウス・ポインタの操作ができなくなっていました。ウィルス対策をしていなかった同期も悪いといえば悪いのですが、いまさら言ってもしかたがないので、フリーのウィルス対策ソフトをマウスなしでキーボード操作だけでインストールして、ウィルス・スキャンをかけました。

するとまあ、面白いように見つかるわ、見つかるわでCookie抜きで79もウィルスが発見されました。当然すべて駆除。これで、無事に起動しなければ別の方法を考えなければいけないところでしたが、何とか通常通り起動してくれました。久しぶりにウィルス対策の重要性を改めて認識させられました。あとは、マウスって便利ですね。キーボードだけで操作することのなんと不便なことか。パソコンの苦手な人にすれば、マウスが使えないだけでお手上げになるところでしょうから、性質は悪いですがよく考えて作ってあります。なんにせよ再インストールに至らずにすんでよかったです。この作業が終わった時点で自宅へ帰りました。

とりあえず、風は強かったですが、ちょうど雨はほとんど降っていなかったので、乗り物での移動禁止ということを考えて歩いて帰りました。いったん家に帰ると、あまり外に出たくなるような天気ではなかったこともあり、食事を買いに行く時以外はずっと部屋に引きこもっていました。久しぶりに自室でゆっくり過ごしたような気がします。

EFR


今日は昨日受けられなかったEFR(Emargency First Response)のコースを受講してきました。これを持っていないとレスキュー・ダイバーのライセンスがもらえないので資格習得は必須です。日本でいうところの救急法の講座なのですが、実は受講するのはこれで通算4度目。まあ、2年で切れますし、内容を忘れないために繰り返し受講するのはいいことなのですが、前回受けたのは駒ヶ根訓練所なのでまだそのときの資格が継続されています。しかし、まさかドミニカ共和国で必要になるとも思っていなかったので、受講修了の証明を持ってきていません。そんなわけで今回改めて受講することになったわけです。

午前中はEFRのDVDを1人でボーっと見ていました。とはいえ、英語なので集中していないと何を言っているのかわかりません。まあ、映像を見ているとだいたい想像はつくので、いい英語のリスニングの練習になりました。1時間ほどで終了したので、2回目を見ていたら店長が2つ目のDVDを持ってきました。こちらはレスキュー・ダイバーのDVDでした。教本は日本語のものを取り寄せていたので、それを参考にしながらこちらも見ました。映画などもそうですが、こういう風に訳すんだなあと思うと面白いところもいくつかありましたが、こちらも2回見たので計4時間以上英語の映像を見ているとさすがに疲れました。レスキューの1回目を見終わったら12時半を過ぎていたので、昼食を買ってきて食べながら2回目を見ました。

午後からはインストラクターによる補足説明と実技。EFRはダイビングにかぎらず、一般的な事故や心肺蘇生などが必要な状況で利用できる技術ですが、今回はダイビングにおける状況を想定しての説明を中心に受けました。レスキューのコースとかぶるっているんじゃないかなという説明もありましたが、やはりこれも何回聞いておいても問題はないでしょう。



駒ヶ根では等身大の人形を使いましたが、今回は上半身のみの人形を使って、心肺蘇生の練習をしました。ちゃんと訓練用のAEDもあったので、それの取り扱いと操作方法も練習しました。このあたりからもしっかりしたショップだなと改めて感じました。



もちろん、子どもというか赤ちゃんの人形もあり、これでも心肺蘇生の練習をしました。呼吸も気をつけないと肺を破ることになりかねませんし、心臓マッサージも加減する必要があります。かといって弱すぎると効果が落ちてしまいますし、加減というのは難しいです。

救急用の酸素ボンベの使い方があったのはダイビング・ショップでの受講ならではでしょうか。バンデージの方法やのど詰まりの際の対処など一通りのことを練習してEFRの受講は終了になりました。帰り際に店長に1回の心臓マッサージの回数を聞かれたので、50回、でもDVDでは30回って言ってたと答えると、インストラクターを呼んでなにやら確認。そのあと2006年に改定になったEFRの資料をパソコンで見せられ変更点を改めて確認。インストラクターといえど常に新しい情報や手法が提供されていないか、常に情報のアンテナを張り巡らせている必要があるようです。

細かい技術もそうですが、救助者としての心構えを常に強調している講習でした。とにかく、まずは自分の安全が一番であるということ。それから、心肺停止状態にある人はそのままほうっておけば死んでしまう可能性が高いのだから、間違いを恐れずに救命に取り組む姿勢が大事だということです。確かに、助けられないかもしれませんが、何もしないよりは助かる確率が上昇するはずですから、恐れずにやるべきなのでしょう。もちろん、こういう技術を使わないですめばそれが一番いいのだけれどということも言っていましたが。とりあえずこれでレスキューのコースを受ける準備は終了。次回からは本格的にスタートです。といいつつ2週間ほど行けそうにないので、来月中旬あたりからがんばります。

全部終わったのが15時を少し過ぎたところだったので、15時20分のバスで帰れるなと思いモトコンチョを使ってバス停まで行きました。すると、バスの前にはすでに列ができていて、この便には乗れないかなと不安になったのですが、まだ座席には若干の余裕があったようで何とかチケットを買うことができました。結局Sosuaから乗る人だけでバスは満席になってしまいました。けっこう通っていますがこんなことは初めてでした。もっとも、ホテルをチェックアウトしてから帰るには使いやすい時刻の便なので、いつもこんな調子なのかもしれません。よく考えるとこの時刻の便に乗るのも初めてでした。すでに満席なのでPuerto Plataで長時間待つ必要もなく、いつもより10分くらい早くサンティアゴに着きました。



家に帰ると2〜3日前から出されていたクリスマス・ツリーの飾り付けがすすんでいました。街中もあちこちでクリスマス・モードになってきていますが、まだ2ヶ月もあるのになあというのが正直な感想です。まあ、最近は日本も同じようなものかもしれませんが。

ダイビング28日目


毎度、毎度のことですが本日もSosuaに潜りに行ってきました。とはいえ、当初予定では、今日はEmargency First Responseを受講する予定だったのですが、どうやらむこうで手違いがあったようで、予約がちゃんと入っていませんでした。ということで午前中に普通に2本潜ってきました。昨日からの悪天候が続いていて、Sosuaに向かう道のりも雨が降ったりやんだりの天気。着いていつものように朝食を食べていると少し雨が降ってきました。ショップについて準備をしていると雨もやみ、晴れ間が見えるような状態でビーチに行きましたが海はやはりやや荒れ気味でした。

1本目はMini Wall。ここは2回目か3回目です。Sosua湾のすぐ近くなので、あまり荒れていないのはよかったですが、それでも船が止まると結構波に踊らされていました。船の上に長くいると危険なので、さっさとエントリーさせてもらいました。Sosuaも昨日からずっと天気がよくなかったそうで透明度は期待できないなと思っていたのですが、予想以上に視界はよくてホッと一安心でした。しかし、なぜかあまり魚が見られなくてそのあたりは少し残念でした。たまに晴れるとやはり曇っている時とは海の青さが違うなと思いました。海面に戻るとけっこうな勢いで雨が降っていました。普段は船にあがったらすぐにウェット・スーツの上半身部分は脱ぐのですが、ちょっと肌寒かったので今日は着たままにしておきました。ビーチに着いたらいつもタンクの交換とか手伝っているのですが、今日は波も強くてけっこうきつかったです。30m、49分でした。

2本目はParadise?。このところよく潜っているParadise?のすぐ近くのポイントです。インストラクターが交代して、2人のお客さんが新たに追加。この2人はウェット・スーツを借りずにTシャツの上から機材を装着して潜っていました。別にスーツを着なくてもいいんだなと改めて思いましたが、体温の保持や怪我の防止などを考えるとやはりショーティでも着たほうがいいと思うのですが、まあその辺は個人の考え方次第です。しかし、この2人がはじめうまく潜行できず、10分近く下で待ちぼうけを食らわされました。見ているとどうも2人とも浮力コントロールがあまりうまくなく、途中で少し浮上したところで1人がそのまま水面近くまで持っていかれてしまい、このときも5分ほど待っていたのですが、結局戻ってこられずにダイブ・マスターのコースを受けている人がそのまま一緒に船に戻りました。そんなわけで1/3近くの時間をいろいろとロスしてしまったのはちょっと残念でした。Sosuaで潜っていて初めてロブスターを見ました。いないかと思っていたのですがどうやら浅いところにはいるらしいです。見たときの深度は12mくらいでした。2本目も戻る時には土砂降り…。23m、45分。

ショップに戻って帰る準備をしていると、1本目のインストラクターがやってきて、午後からレスキューのコースを始めると言われました。どうやら他にレスキューのコースを受けている人がいて、その人の海でのセッションに参加するということでした。誰かなと思っていたら先週少し話をしたよく一緒になるイギリス人でした。わりと気心が知れている人だったのでちょっと安心しました。ブリーフィングや説明はすべて英語…。まあ、何をするかはある程度わかるので8割くらいは理解できましたが、自分で質問したりするのは厳しいですね。3Rocksというポイントでセッションをしました。5mくらいの深度の浅瀬で、レスキューのためにウェイトをリリースしたりするので砂地を使いました。

最初にやったのが足を怪我したダイバーを救出するというシチュエーションでぼくは最初それを観察して途中から手助けをする役割でした。まずは海面までつれて浮上し、次に船まで曳航していきます。船に着いたら今度はウェイトや機材を外して救助者を船に乗せます。このとき、1人が先に船に乗って引き上げる役になるので、ぼくは水中で機材を外す役をしました。機材はリリースしやすいようにできていますが、それでも怪我をしている部分に気を使いながら他人の機材を外すというのは結構大変でした。2つ目は、疲労からパニックになったダイバーを船まで曳航していくというもので、まずはパニックになっているのを避けながら救助者の浮力を確保します。これは水中から回りこんで、まずは両足をつかんで動きを止め、さらに背中側からひざでタンクなどを押さえ込んでしまいます。これで浮力を確保して呼吸がしやすい状態を作って救助者を落ち着かせます。これは水中から観察させてもらいました。そのあと曳航していくのですが、1人がBCDをつかんで頭の近くで声をかけながら曳航して、ぼくはフィンを肩にのせて押して泳ぎました。すでに3本目だったのでけっこう疲れましたが、なかなかいい勉強になりました。

帰ってきて野球を見にいこうと思ったのですが、家を出たところでまた雨が降り始めたので諦めました。たぶん、雨天延期でしょう。まあ、願望ですが。

これを書いている途中で、ドミニカ人からSkypeコンタクトの追加の要請がきました。面識のない人です。一応OKしてみましたが、当然チャットはスペイン語…。今日は10分ちょっとで終わったので、無難にすんだと思いますが、はたしてうまく続けられるでしょうか?まあ自分のストレスにならない程度に続けられたらいいなと思います。