プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

ライセンス


Boca Chica海岸に行ってきました。本来はダイビングが目的だったのですが、ショップにつくとインストラクターが今日は休みを取っていないとのこと。まあ、風邪も完全には治りきっていない状態で、潜ろうか迷っているところだったのでちょうどよかったです。オープン・ウォーターとアドバンスド・オープン・ウォーターのライセンスが届いていたのでそれを受け取ってから帰ってきました。しかし、予約は1週間くらい前に入れていたのでもう少し誠実に対応してほしいなと思ったのは確かです。Boca Chicaのダイビング・スポット自体がそれほどでもないのでたぶんこのあとは利用しないのではないかなと思います。という風に考えると、インストラクターには会ってあいさつくらいはしておきたかったですね。

そんなわけで首都には10時くらいに帰ってきてしまいました。グアグアはDuarteという繁華街に着くのでその近くにある中華街煮をのぞいてきました。目的はやかんを探すことです。中華街にある店の1軒にあるのは知っていましたが、5リットル用とちょっとサイズが大きめ。3リットル用くらいのものがほしいのですが見つかりませんでした。5リットル用は大きいのでサンティアゴまで持って帰るのが少々億劫です。この週末は日本語学校の学習発表会に行く予定なので、そこに持っていくのにもちょっと手間です。そんなわけで本日の購入は断念。時間があれば学習発表会の帰りにでも買って帰ろうかとは思いますが、ちょっと流動的です。

時間はたくさんあったのでちょっとした運動もかねてDuarteから連絡所まで歩いて帰ってみました。どれくらい時間がかかるか知りたかったということもありますが、だいたい1時間少々かかりました。サンティアゴでは普通に歩いている距離なのですが、なぜか首都で歩くと妙に苦痛です。おそらく、グアグアやOMSAがたくさん走っていていつでも乗れるのに乗らないということに起因していると思います。長距離を歩くことが苦になるわけではないのですが、やはりあまり好きではないのだなということを思い知らされた気がします。

連絡所に帰ってからはずっと本などを読んで過ごしていました。時期的にけっこう暑くて汗もかなりかいているので、風邪がなおらない原因はこれかなぁなどと思ったりもしています。それでも久しぶりにゆっくりと休養をとることができたのでダイビングはできなかったにせよいい休日になりました。

メールをチェックしていると19年度2次隊の人からメールが届いていました。現在駒ヶ根訓練所で訓練中で無事に終了すると9月末あたりに赴任してくることになります。任地がサンティアゴということでぼくにメールをくれたようです。19年度1次隊が任地に赴任したばかりですが、早くも2次隊の人からコンタクトがあったということで、4隊次あるということのサイクルの速さを感じさせられました。自分でもすでに任地にいる隊員とやりとりができるということは赴任にあたってすごく心強かったので、できるだけ質問などには答えていきたいなと思っています。

まだ、完全に風邪は治りきっていませんが、明日からBayahibeの方にダイビングに行ってきます。前回はここに行った後にデング熱になったという因縁の地でもありますが、また同じことを繰り返すと二度と行けなくなりそうなので注意したいと思います。最近は旅続きでBlogの更新も不定期になっていますが、次回もBayahibeから帰ってきてからです。

Cascada de Limon


Samanaでの目的地はLimonの滝。グアグアで入り口まで移動したあとは、今日も馬での移動になりました。完全な山道を歩くのであまり走ったりはできません。1人ずつにガイドがついたのですが、特に引き馬をするわけではなく口笛や木の枝などを使って馬をコントロールしていました。



石も多く馬がたくさん歩いているということで、かなりでこぼこのひどい道ですが、ガイドはそんな中をビーチサンダルで軽快にすすんでいきます。馬もそれほど早く走れないとはいえ、あの道をビーチサンダルで馬と一緒に走れるのはすごいなと思いました。しかも、女性のガイドはスカートだったりします。ぼくが同じことをすれば100mとすすまないうちに捻挫でしょうね。

滝に行くには3つほどルートがあるそうなのですが、今日行ったのは滝の上につくコース。一応、上から覗き込むこともできたのですが、様子はよくわかりませんでした。ここからは馬では行けないということで、徒歩で滝つぼまで下っていきました。かなり急な下り坂でしたが、ここでもガイドたちは軽快にすすんでいきました。後ろのぼくたちをおいていくくらいのスピードだったのは問題ですが。



滝へは10分ほどで到着しました。予想よりも大きな滝で苔の色とのマッチングがなかなか美しいです。写真の右下の方にちょっと虹が見えていますね。



こちらは滝壺のほうの写真です。わりとはっきり虹が写っていると思います。この滝壺はけっこう深くて泳ぐこともできます。朝一で行っていたので他のお客さんもいなくて貸切で30分ほど泳ぎました。滝の裏側へ行ったりしました。真夏でもちょっと水が冷たかったので冬には泳ぐのは厳しいかなとは思いますが、寒い日は滝を見るだけでもいいかもしれないですね。

思ったよりも短時間ですんだので11時過ぎにはサマナ市に戻りました。滝まで一緒だった同期ともう一人はLas Terrenasというビーチに行くということでここでお別れになり、ぼくは首都に戻る先輩隊員と一緒に帰りました。首都行きのバスは13時発ということで、時間があったので昼食を食べに行きました。するとそこで偶然パイロット校の一つで働いている人とばったり会いました。昨日首都から着いたバスを降りた人の中に似た人がいるなと思って見ていたのですが、その人でした。向こうも気づいていたようで、その時一緒にいた同期の名前を出したのですが、すでに別れた後だったので別のところに行っているというと、これから同じところに行くということだったので向こうでもしかしたら会っているかもしれないですね。

サマナから首都まではバスで約5時間。ほとんど寝ていました。連絡所には誰もいないと思っていたのですが、明日から任国外旅行に出かける同期が来ていました。明日の朝4時頃には出発するということだったのでちょっと一緒に飲んだ後先に寝てしまいました。ぼくも明日からはダイビング生活ですので、早起きしなければいけませんからなるべく早く寝たいと思いますが、バスの中で寝すぎたので眠気がこないのが問題です…。

Parque Nacional Los Haitises


ドミニカ共和国北東部をめぐる旅2日目です。本日の目的地はParque Nacional Los Haitisesということで国立公園です。まずはグアグアでSabana de la Marという町まで移動しました。ただし、ここから目的地までの公共交通機関がないため、乗ってきたグアグアをそのまま借り切って移動しました。



到着した先で船を借りて移動します。船の船頭がガイドも勤めます。まずはマングローブの森を抜けてサマナ湾に出ます。マングローブには、黒、白、赤の3種類があるということでいろいろ説明してくれました。ところどころマングローブが倒れているところもあったのですが、それは数年前のハリケーンで倒されたということでした。新しい若木も成長してきていましたが、成木になるまでには100年近くかかるそうです。昔は建築用や木炭用にも利用されていたということでしたが、今は法律で禁止されているそうです。

サマナ湾に抜けてからは近くの島などの説明を聞いていました。ところどころに洞窟があり、約30年前まで40年くらい洞窟に住んで生活をしていた人がいたそうです。どうやって生活をしていたのかに興味はありますが、基本的な食料は魚や果実だったようです。他にも鳥巣になっている島や、映画の撮影をおこなっている島などもありなかなか興味深いエリアでした。



そうこうしているうちに目的地の一つであるCueva de la Lineaにつきました。こちらは昨日行ったFun Fun 洞窟よりも規模は小さかったですが、タイノ族の壁画が多く残されていました。手すりや説明用の看板などが設置されていて、観光客むけの整備が多少おこなわれていました。



たくさんあった壁画のうちの一つです。ぼくなどは初めに見たときに子どもの落書きかと思ったのですが、こういった壁画が各地の洞窟の中などに残されています。残念なのは観光客の心無い落書きがたくさん残されていることです。自分の名前を書いたり、似たよう苗を描いたりとマナーの悪さには驚かされます。救いなのは日本語の落書きがなかったことくらいでしょうか。実物か落書きかは使われているインクなどで判断がつくそうです。このあとさらにもう一つ別の洞窟に行き、出発地点に戻りました。

戻ったあとは近くにある高台のホテルからサマナ湾を一望する景色を楽しみ、Sabana de la Marに戻りました。ここでちょっと遅めの昼食をとり、Samanaへ移動するための船を待っていました。次の目的地のSamanaはサマナ湾の対岸にあり、船で移動できます。ちなみに陸路で移動すると6時間以上かかります。



出発地点の桟橋から撮った海です。ドミニカ共和国の海はどこも青や緑のきれいな海が多いのですが、なぜかここは泥で汚れていて、とても同じ国の海とは思えない汚さでした。ここで明日から仕事がある2人はお別れ。残りの5人で船に乗ってSamanaに渡ることになりました。海が浅く、喫水の深い船は入れないのでまずはボートに乗ってちょっと沖にある船に乗り換えました。ボート2回でぎりぎり全員座れるかなというくらいの乗客が乗っていたのですが、さらにもう1回桟橋から乗客を連れてきてしまいました。客室に乗り切れないので客室の屋根の上に乗っている人や外に座っている人もいました。まあ、だいたいそういう人は好きで外にいるのですが、明らかに定員オーバー…。

1時間半ほどの船旅になったのですが、ぼくはずっと立っていました。もちろん、座ろうと思えば座れたのですが、一度座ったときに揺られ方が立っている時よりも大きいと感じて、酔うかなと思ったのでけっきょく最後まで立っていました。それがよかったのか酔い止めの薬が効いたのか最後まで酔わずにすみました。けっこう具合が悪そうにしている人もいましたし、一人吐いた人もいたので、船に酔いやすい身としては、酔わずに済んだというのは本当にありがたかったです。

港について船を接岸して上陸したのですが、その時1人足を滑らせて海に落ちてしまいました。船の後方からの上陸だったのでスクリューもまだ回っていて巻き込まれないかとちょっとヒヤッとしました。乗客が右手をつかんで引き上げようとしていて、ぼくも近くにいて手伝おうと思ったのですが、なぜか左手を上げなかったのでなかなかつかめるところがなくまいりました。とりあえずけがなく引き上げることができてよかったです。

Samanaについたあとはホテルにチェックインして、港沿いの公園のところで飲んでいました。海のないサンティアゴではできないことなので、ちょっと贅沢な時間でした。満月もきれいでした。

Cueva Fun Fun


今日から3日ほどの旅に出ます。今日の目的地はFun Fun 洞窟。ドミニカ共和国では一番大きい洞窟だそうです。まずは首都からHato Mayorという東へ1時間半ほど行ったところにある街へ移動。ここでもう一人参加予定の隊員と待ち合わせていましたが到着が若干遅れたので、公園で少しゆっくりしていました。目的地の会社から迎えが来ていたので、その車に乗って移動。約30分ほどで到着しました。到着した時には11時近くになっていたのですが、用意されていた朝食を食べてから準備をしました。

最後に川に潜らなければいけないところがあるということで、水着に着替え、その上からつなぎを着ました。足元は長靴。さらにハーネスをつけ、カラビナで洞窟に入るときのヘルメットを装着して準備は完了。洞窟の入り口までは馬と徒歩で移動するということで、それぞれ選ばれた馬に乗ってガイドのあとについて移動を開始しました。

引き馬での乗馬は何度かやったことがありますが、誰も手綱を持たずに乗るのは初めての体験でした。まあ、よく訓練されているのでぼくが何もしなくても目的地までは行ってくれるのですが、それでも面白い体験ができました。自分でもある程度コントロールできるので、馬の腹を蹴って走らせてみたりと、なかなか楽しかったです。走らせるとけっこう揺れるのでちょっとお尻が痛かったです。18-2の隊員から預かっていたカメラが落ちた時にはちょっと焦りましたが、まったく無傷だったのでホッと一安心でした。ここでの写真はそのカメラでしか撮っていないので後日データをもらった時に公開したいと思います。

これまでに行ったことのある洞窟はLos Tres HojosとCueva de las maravillasですが、どちらも観光客むけにかなり施設が整備されています。特に後者は明らかに過剰なくらいなのですが、ここはほとんどというか手すりや通路といったものはまったくなく自然のままの状態を活かして利用しています。まず洞窟に入るために、ロープで18mの距離を降りていきます。消防のレスキュー隊などがやるように降りていくわけですが、ほとんど真っ暗なので周囲の様子もよく見えず、それが逆に楽しかったりしました。洞窟の中には当然照明施設などはありませんから、ヘルメットについたライトを利用して移動しました。

かなり深くて大きい洞窟なので、他のところのようにタイノ族の壁画といったものはあまりありませんでしたが、鍾乳石などは多く見られてきれいでした。最後に川を泳いで、1箇所潜ってくぐらなければいけない場所がありました。普通に泳ぐ分には問題ないのですが、長靴の中に入った水がけっこう重くて大変でした。溺れるかと思ったという意見もありましたが、いざとなったら長靴を脱ごうと思ったくらいでかなり厳しかったです。一人長靴が脱げてしまったのはご愛嬌。もちろん、ちゃんとガイドが見つけてくれました。

さらに少し行ってから洞窟からは脱出。もちろん、入り口と出口は違います。出口に行きに使った馬たちが連れてこられていました。また、同じ馬に乗ってスタート地点まで帰りましたが、途中で駆け上った丘からの景色がとてもきれいでした。16時近くになってから戻ったのですが、ここで昼食(?)を食べて休憩。炭で焼いたお肉がとても美味しかったです。食事のあとは、またHato Mayorの街まで連れて帰ってもらいました。そして今日はここで一泊になりました。みんなでわいわいと飲むビールの味はまた格別でした。

旅の前に


明日から北東部にむけて旅行をするのですが、出発が早朝首都からということで、今日は首都に来ています。JICA事務所での用事も若干あったので午前中に家を出たのですが、バスの出発の遅れなどもあり、午前中の事務所の業務時間内に行くことができませんでした。昼食も食べなければいけないのでまずは隊員連絡所へ。誰もいないと思っていたのですが19年度1次隊の方が1人いらっしゃいました。

19年度1次隊は一昨日それぞれの任地へ赴任したのですが、前日に食べた食事にあたったらしく赴任予定日を延ばしてCasaで療養中でした。彼女の前任者は2年間の任期中に様々な不幸に見舞われていたようですが、活動だけでなくそういった不運まで引き継ぐことになるのでしょうか?スタートがスタートですから可能性がないわけではないでしょうが、そうならないことを祈るのみです。

午前中に事務所に行けなかったので午後から行ってきました。まずはたまたま用事があって事務所に来ていた専門家の方に、頼まれていた任国外旅行で買ってきたお酒を渡しました。もちろんこれだけではなく活動の話もしましたが、ぼく自身がすっかり休暇モードに入っているのでどうもダメですね。あとは調整員の方にステイ先との賃貸契約書を渡しひとまずの目的は終了。本当は引っ越し担当の調整員の方とも話をしたかったのですがいらっしゃらなかったので話ができませんでした。

首都の隊員と事務所で待ち合わせをしていたので来るまでは本を読んだりしていました。来てもすぐには向こうの用事が終わらなかったのでけっきょく読み始めた本1冊を読むことができてよかったです。帰る前に専門家の方から日本に3年間研修に行っていた方を紹介してもらいました。校内研修について勉強してきたということなので、連携できる可能性があります。話をしている途中で携帯に電話が。表示を見るとなんとJICA事務所からの電話でした。オフィスの方に携帯片手に顔を出すと調整員の方からの電話でした。9月に来る日本青年団への対応について少し話をして終了。専門家の方との話を中座することになってしまい失礼しました。

夜は待ち合わせをしていた首都隊員と、サンティアゴから着いた隊員と一緒に食事をしてきました。ドミ食はいつも食べているのでいいといえばいいのですが、それでも選んだ店はドミニカ料理屋。普段あまり食べられないメニューを中心に堪能させてもらいました。やはりぼくはわりとドミニカの料理は好きですね。太ってしまうのが玉に瑕ですが。さて、明日は5時起きです。早めに寝ることにします。