プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

成績表


JICA事務所で必要ということで語学学校に成績表をもらいに行きました。先週末言われて、明日の金曜日に必要とのことで語学学校のほうにも急いで作ってもらったので先生たちにはちょっと迷惑をかけてしまいました。同じ学校に通っているもう一組の同期は18時頃にもらえるということだったのですが、行った時にはまだできていなかったらしく、電話が入りぼくが20時に行った時に一緒にもらってきました。今通っている語学学校は特に決まった成績表のようなものはないようで、先生が記述式で評価をしてくれていました。問題はこれで事務所からの要求に応えられているかということですが、こればかりは明日持っていってみないとわかりませんね。

行った時にはすでに文書自体はできていて、名前も入っていたのですが、苗字を教えてくれということでした。入学の時の書類に書いたのでちょっと調べればすむと思うのですが、4人分の苗字を書いてあげました。発音してもうまくローマ字に直せませんので書いたほうが早いです。苗字を入れたり、先生と学校の責任者がサインをしたりとなんだかんだで受け取るまで20分ほど待たされました。急なお願いをしたにもかかわらず間に合うように準備をしてもらい感謝でした。

評価のほうはというと、入学した時点でIntermedio altoでした。中級の上といったところでしょうか。文法の基本的なところは理解していて、現在のレベルでは十分な語彙もあるというように書いてありました。文法に関しては異論はありませんが、語彙に関しては普段から不足を痛感しているので自己評価とはやや差がありました。課題は以前にも書いた通り流暢さです。特別現時点での評価はありませんでしたが、目に見えて成長する時期は過ぎているかなと思うのでそう問題はないでしょう。しかし、学校にいると日常会話の中では指摘してもらえないようなミスも教えてもらえるので、自分自身にとってはいい時間を過ごさせてもらっていると思っています。指摘されたところは次に話すときには意識しますし、相手が使っている中でも注意して聞くことができるようになったりしますから細かいところまで教えてもらえるというのは本当に助かります。あとは日常的にもう少しおしゃべりでもすればいいのでしょうがこれがなかなか…。

仕事のほうはというと午前中は6月末の成果発表会にむけて校長会をするので、参加してほしいと初等教育コーディネーターから言われていたので、時間まで事務所でいろいろと雑用をかたづけていました。彼女は会議の30分ほど前に着たので細かいところを打ち合わせして校長が来るのを待っていました。しかし、開始時刻の10時に到着していたのはうちの校長だけ。10時半の時点でも来ていたのはもう1人。しかたがないので電話をかけていましたが、すぐに来られるわけではないのでけっきょく2人を相手に会議を始めました。しかし、1/3しかいないのでは会議にはなりません。いつ何をやるかということを連絡して終わりになりました。途中で1人、終わってから1人、校長の代理が来たのでそちらには個別で説明していました。それですむのであれば電話なり直接行くなりでいいと思うのですが…。

そもそも当初、火曜日予定だった校長会が延期になった理由が参加できない校長が多いから。これでは何も変わりません。火曜日に参加できない校長が多かったのも彼女が開催の連絡を月曜日の5時近くになってから電話でしていたからで、わりと忙しい校長をつかまえられるわけがありません。火曜日にやるということをぼくに言ったのが先週の木曜日ですから、その時点で連絡をしておけば違ったはずなのですが、連絡は早めにということは何度言ってもなかなか徹底されません。まあ、こればかりは根気よく言い続けるしかないですね。

学年末試験


今日は1〜7年生の算数(数学)の学年末試験でした。なぜか8年生は微妙に別日程。Primer Cicloの1〜4年生の分はぼくが作りました(一昨日の恐怖がよみがえる…)が、Segundo Cicloは教科担任制なので、ちゃんとこちらの数学の先生が作ります。印刷は昨日のうちに終えていたのですが、学校が開いている間に持っていけなかったので今朝早めに事務所に寄ってから学校に持っていきました。さすがに試験日だけあって生徒の出席率はなかなかです。ただ、遅刻は日常茶飯事なので9時頃になって試験が開始されました。

12月の試験の時も思いましたが、できないですね。なるべく簡単に作ったつもりではあるのですがさじ加減が本当に難しいです。自分が直接授業をもっていないので、どれくらいのレベルの問題ならできて、これ以上はちょっと厳しいといったことを肌で感じていないので余計かもしれません。とりあえずひととおり様子を見ていましたが、早く終わった生徒はそのまま提出して帰っていきます。そのまま家に帰ってくれれば問題はないのですが、兄弟を待って教室の前で大きな声を出しながら遊んだりする子もいるので、試験をしている生徒にとっては迷惑、…じゃないかもしれないですね。騒音には慣れているはずなので。まあ、それでもだいたい10時過ぎには終了。採点までしてあげる気はないので採点が終わったら結果を知りたいから答案をほしいということを教務主任にお願いして事務所に行きました。

事務所では同期が仕事をしていました。テストを印刷するつもりだったのがデータを忘れてきて、でも悔しいのでそれまで別の仕事をしていたそうです。まあ、しかし今日中にやるつもりということでいったん家に取りに帰りました。ぼくはここしばらくの学校訪問で撮ったビデオを編集しようと思ってパソコンに取り込んでいたのですが、なぜか音声がうまく取り込めず事務所のパソコンでの作業を断念しました。家で自分のパソコンを使ってやるしかなさそうです。昼前に同期が帰ってきたので昼食を一緒に食べて午後もそのまま事務所で仕事を続けました。

同期から印刷をする前にテストをチェックしてほしいと言われたので、ざっと見ていくつか改善点を指摘しました。本当は昨日やってほしかったようなのですが、昨日はぼくの方が忙しそうだったので頼めなかったということでした。そんなわけで印刷をする直前になっての修正。余計な手間をかけさせてしまったかもしれないですね。

水曜日なので仕事のあとはダンス教室と語学学校へ。ダンス教室の生徒は学生が多いため、学校によっては彼らも試験期間中。そんなわけで今日はいつもの半分くらいしか来ていませんでした。ぼくなどは1度行かないと確実についていけなくなるのでなんとしてでも行くようにしていますが、まあ試験とダンスのレッスンなら試験が優先でしょうね。語学学校はなんだかんだで1週間ぶり。特別ぼくの知らないことをやったりはしていなかったようなのでとりあえず問題はなしです。2人で受けているのでこちらの都合に合わせてやってくれますから、そういう意味で少人数は楽でいいです。

今日も大雨でした。5月は毎日降っています。さすがにうんざりです。

ミス・ユニバース


ミス・ユニバースに日本代表の森さんが選ばれましたね。おめでとうございます。まあ、別にこれといった興味はなかったのですが、昨夜リビングで試験問題を作成している間はずっと審査を中継している番組がかかっていました。もちろん、ぼくが見ていたわけではないのですが、どうやらドミニカ人はこの話題が好きなようです。よく考えると日本にいるときにミス・ユニバースの審査の中継が放送されていたという記憶はありませんから、このあたりにも関心の強さの差があらわれているような気がします。

たぶん、日本ではまだ知らない人も多いのではないかなと思うのですが、ここでは違います。火曜日なので事務所で定例の会議をしていると、やってきたドミニカ人スタッフ2人ほどがわざわざ話し合いを遮ってまでお祝いを言ってくれました。お祝いを受ける日本人ボランティアのほうはというと、半分は日本人がミス・ユニバースになったことを知りませんでした。知っていた人もすでに別のドミニカ人からお祝いを言われていたからといったくらいですから関心の差は明らかです。しかし、確かに美人なのでしょうが、あの化粧はちょっと…。まあ普段あのメイクをしているとは思いませんが、ぼくの審美眼は残念ながらワールド・スタンダードではないようです。アフリカのどこかの国の代表で坊主頭の人がいたほうが印象に残っていますが、当然といえば当然でしょうか。ま、とにかくおめでたい話題でした。

さて、昨夜は何とかテスト問題を4学年分作り上げ、今日の午後から学校に持っていって先生方にチェックしてもらいました。12月の中間試験の時には3・4年生からけっこう注文がついたので、今回もかなり修正があるかなと覚悟していたのですが、明日試験をしなければいけないということがあるのか、無修正でOKでした。特に前回筆算の計算スペースに位取りをしやすいように線を入れろといわれたのをまた線を入れずに出していたのにすんなり認められてちょっと肩透かしでした。とりあえず時間があまりないのは確かだったので直さずに住んだのは助かりました。すぐに事務所に戻って印刷にとりかかりました。印刷のほうは思ったより時間がかからなかったのでよかったですが、明日の朝印刷したものを持っていけばこの2日間のバタバタも一段落です。

1・2年生は明日が今年度最後の登校日です。3・4年生も全教科の試験が終われば登校してこなくなります。一般的に成績の悪い生徒には追試があるようですが、はたしてうちの学校でもあるのでしょうか?なんだか微妙に心配になってきました。あとは試験の結果をチェックすればおおむね今年度の学校での活動は終了になります。こんなにさらっと終わっていっていいのかなと思いますが、おそらく来週には夏休みに突入するのでしょう。まあ、学校が終わってもプロジェクトとしてはまだ少なくとも6月いっぱいは残っている活動がありますし、7月の頭には中間報告もあるのでやることはいろいろとあります。ただ、学校が休みになれば時間がとりやすくなるので週末を少し拡大して国内をいろいろ見て回ったりしようかなと思ったりもしています。まあ、残っている活動の進み具合によるわけなので、さほど自由にはならないかもしれませんが。とりあえず、まずは明日の試験です。難しくなりすぎないように作ったつもりですが、いい成績を残してくれるといいですね。

試験問題作成中


現在年度末試験の問題を作成中です。試験日は明後日。問題のスペイン語の部分にチェックをいれてもらわなければいけませんから締め切りは明日です。4学年分の試験問題を明日までに作って遅くとも午後2時くらいまでには学校に持って行かなければいけません。普段なら何の問題もなく、余裕でもうできていますというところなのですが今回は大問題だらけです。

午前中は事務所で初等教育コーディネーターと話をするため、それから明日のボランティア定例会議のためのレジュメと資料を作成するために事務所に行っていました。午前中で一通り片付いたので午後は学校に行きました。さて、ここで問題が発覚。まずは教務担当の先生がやってきて3・4年生の試験範囲を教えてくれました。これは先週約束していたのでそのまま普通に聞いていました。1・2年生はそのあともう少し確認してくるとのことでした。明後日までにできるかと聞かれたのですが、金曜日にまた首都なので、もともと水曜までには原案を作ろうと思っていたため、このときは特に疑問も抱かずできると答えました。

そのあと副校長がやってきてテストはあるかと聞かれたので、今日範囲を教えてもらったからこれから作ると普通に答えました。するとそこで爆弾発言。1・2年生は水曜日に今年度の授業が終了するとのこと。だから算数のテストを水曜日にやりたい。…今日も暑かったのですが、さむ〜い風が吹きましたね。ぼくは先週2度教務主任にテストの時期とテスト範囲を質問していました。その時の答えはテストは6月12日くらいで、授業がどこで終わるかまだはっきりしていないから範囲はこれから確認するでした。それが週末の首都での会議をこなして帰ってきてみると、算数のテストは明後日、実は今日から学年末試験週間が始まっている…。管理職間での意思疎通のなさには以前から困らされていましたが、ここまでくると怒る気にもなりません。

まあ、怒るよりもまず明日までに作れるかということに青くなりました。ドミニカ共和国での試験はほぼ数と計算領域のみといってもいいので、試験問題に図形などを入れる必要はありません。計算問題と文章問題を何問か用意するだけですから、4学年分とはいえ問題を考えるだけならおそらく1時間もあれば十分です。しかし、それをパソコンで作成しなければいけません。図形など余計なものがないので比較的単純ですが、体裁を整えたりしなければいけませんからおそらく1学年につき1時間程度は必要かなと思いました。そんなわけで慌てて事務所に戻り1年生の問題作成を開始。しかし、こんな日に限って警備のお兄ちゃんがいないということで所長から早く帰れと言われ5時には事務所を出るはめになりました。しかも今日は月曜日ですから夜はダンス教室と語学学校。ダンス教室は1日行かないとついていけなくなるので行きましたが、語学学校はサボらせてもらいました。

ダンスのレッスンを受けている間もものすごい雨が降っていたのですが、ダンス教室のある通りはすっかり川になっていました。革靴を完全に濡らすのは嫌だったので靴を脱いで歩くはめになりました。深いところではすねくらいまであってまいりました。一番近いタクシーのたまり場でタクシーを拾って家に帰りましたが、途中の大通りもすっかり川になっている部分が何箇所かあり、タクシーが家に着くのにも時間がかかってしまいました。傘を持っていてもけっこう雨にうたれたのでシャワーでも浴びたいところでしたが、時間がないのでテストの作成をスタート。

とりあえず3年生までの問題はできました。先が見えたので息抜きにBlogを書いています。しかし、先が見えて落ち着いてみると午後にやる予定だったことが何点か完全に頭から吹っ飛んでいました。急ぎの用もあったので明日の朝のうちに対応しないといけないですね。気持ちが焦るとどうもいけません。問題は明日どれくらいの修正が入るかですが、印刷の時間が必要なことを考えると修正は受けつけたくないのですがどうなることやら。まあ、なんにせよ間に合いそうでよかったです。

しかし、今週から年度末試験ということはうちの学校はもう夏休み突入ですね。6月中旬までは授業があると思っていたのですが甘かったようです。事務所での仕事はありますが、少し国内旅行でもしますかねぇ。とりあえず寝る前に4年生の問題を作ってしまおうと思います。

ダイビング9日目


先週に続きSosuaへダイビングに行ってきました。昨日の大雨の影響をひきずっているのか朝もまだどんよりとした空模様でした。今朝も6時頃に家を出てPuerto Plata行きのグアグア乗り場に向かったのですが、着く直前にグアグアが出発してしまいました。ただ、この会社は満員になってから出発するのではなく15分おきにグアグアを走らせているので、15分後には無事出発しました。首都にいた疲れもあったのか半分くらいは寝た状態でPuerto Plataに到着しました。先週同様にここでグアグアは乗換え。タイミングよく出発したのでけっきょく先週と同じくらいの時刻にSosuaに到着しました。

先週は着いてからちょっと街中を探検したのですが、今日は24時間営業の店で朝食をとることにしました。しかし、観光客対象に営業をしている店のため、料金が高かったです。普段食べているところとは違いきちんとした店ですからしかたがありませんが、朝食として払うには次回はちょっと躊躇しそうです。朝食を食べ終わるとちょうどいいくらい時間になっていたのでそのままショップに行きました。今日も先週と同じインストラクターでした。彼女の話だと日曜日は空いているということで先週に続き今日もマンツーマンでした。

潜りに行く前に簡単なブリーフィングがあるのですが、今日は少し海岸から離れたところで潜るとのことでした。それでも10〜15分くらいなのですが、もし他にお客さんが来なければそのまま船で休憩して岸には戻らず2本続けて潜るとのことでした。Boca Chicaでの嫌ぁな経験が頭をよぎりましたがしかたがありません。しかもこういう日にかぎって天気がよくなかったので、海は気持ち荒れ気味。波が強く、とまっている船は波に翻弄されることになります。

それはさておき1本目はParadiseというポイントでした。33mまで潜りましたが、昨日の雨の影響か海の透明度は若干低めでした。まあ、泳いでいて視界が悪いというほどではないのですが、先週潜ったポイントよりさらに魚が多かったので、透明度が高ければもっときれいだったかもしれないなと思ってしまいます。途中岩や珊瑚もなく砂の海底のところも泳いだのですが、鳥取砂丘の風紋ならぬ波紋(?)がきれいにできていてきれいでした。深いところでも波の影響があるんだなとあらためて感じさせる光景でした。もっとも、波が高かったせいか泳いでいても影響を感じることはできましたが。

2本目は少し移動してCoral Gardenというポイントでした。名前の通り珊瑚がたくさん見られる場所です。はじめのうちは珊瑚はたくさん見られたのですが、魚があまりいなくて少々残念でした。しかし、これまでのポイントで見られなかったような種類の珊瑚も見られて興味深かったです。場所を移動していくと魚がたくさんいるところもあり、どうしてこういう違いがあらわれるんだろうと不思議に思いました。場所によっては魚の中を一緒に泳いでいるようなところもあって楽しかったです。問題は船での休憩の影響があって、少し気分が悪かったことでした。潜っている間は大丈夫だったのですが、海面に上がってから船にも戻る前に1回吐いてしまいました。来週の隊員総会のときに看護師隊員に相談して船酔いの薬をもらっておこうと心に誓いました。

海の中はきれいですし、潜っている間は楽しいのですが、船に弱いというのが最大の問題です。そしておそらくこれがハマりきれない理由でもあるのでしょう。Sosuaはたまたまダイブ・ポイントが海岸から近いのでいいですが、潜るために長距離を移動することを考えるとちょっと憂鬱になってしまいます。まあ、それでもまた来週も潜りに行きますが。



これが現在利用しているNortern Coast Aquasportsです。海岸からは歩いて5分くらいの飲食店が軒を連ねる通りの中にあります。機材は最初から船に積んであるのでスーツだけ着てここから海岸に歩いて移動します。



ショップの中の様子です。機材やTシャツ、ポロシャツ、ダイバーズウォッチなども販売しています。自分の道具を持っていけば料金が安くなるのでいいのですが、日本に帰ってから果たして潜りに行くのか?帰国時に日本まで送るのが面倒という理由で、とりあえず購入する気はありません。スキー板は毎年のように買うのに、ここでは踏み切れないというのもハマりきれていない証拠ですね。





ショップの奥のほうにはレンタル用の機材やダイブ・ポイントを紹介したパネルなどが設置されています。2階には宿泊用の部屋もあるそうです。さらに軽食を売っている場所やインターネットができるパソコンも設置されています。ネットは待ち時間などに無料で使えます。日本語も読めるので気軽に利用できます。

さて、ダイビングネタばかりになってしまいましたが、ドミニカ共和国では今日が母の日でした。よく考えてみれば昨日の大移動は母の日をお祝いするためにリゾートや故郷に移動する人たちが多かったのかもしれないですね。街路でもカーネーションなど一輪の花を売っている人などがいました。サンティアゴに帰ってきて、それを見て母の日だということを思い出したわけなのですが、カーネーションというのは世界共通なのかなとふと疑問に思いました。まあ、なんにせよ日ごろの感謝をあらわすのはいいことです。