プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

睡眠


昨夜は2時くらいに寝て、今朝起きたのは7時前…。その前は40時間近く寝ていないので、もちろん足りるわけはありません。しかし、一度起きるとすぐには2度寝ができないので、そのまま帰る準備をして朝食を食べました。基本的には休みでも睡眠時間が短くても飲んでいてもあまり関係なく同じ時間に起きますが、こういうときにはそういう習性がちょっと恨めしくもあります。さすがにもう少し寝ていたかったです。とはいえ、そのままもう一度寝てしまうとサンティアゴに帰るのが昼過ぎになるので、8時くらいにはCasaを出て9時のバスで首都を離れました。当然といえば当然なのですが、バスの中では熟睡でした。

家に帰ってたのが11時過ぎ。とりあえず荷物の整理などをして昼食を食べました。バスの中で寝たおかげでけっこうすっきりしていたのですが、部屋でパソコンをいじっているうちにだんだんとまた眠くなってきたので、珍しく昼寝などをしました。寝たのは2〜3時間程度ですが、これで眠気はすっかり解消。おきてからは首都にいる間サボっていたBlogのアップやメールチェックなどをしました。明日のために少し仕事をしようと思って早めに帰ってきたのですが、ほとんど手がつけられていません…。明日は少しがんばらないといけなさそうです。

普段の睡眠時間は5〜6時間で十分ですが、今日は10時間近く寝ました。病気でもないのにこれだけ寝たのは久しぶりですね。夜眠れるか多少心配ではありますが、まあよしとしましょう。そんなわけで、相変わらずネタにもならない週末でした。

そうそう、今日は月曜日なのに休みです。Día del trabajo、日本でいうところのメーデーですね。日本のハッピーマンデー法のように動かせる祝日は月曜日に動かして3連休を作ることに法律が昨年末くらいからなったので、本来の5月1日から今日になっています。問題は明日子どもたちがちゃんと登校してくるかということですが、先生たちは火曜は授業があるとちゃんと言っていたので、それを信じたいところです。

滞在延期


朝一でサンティアゴに戻る予定だったのですが、引き続き首都に滞在中です。昨夜、歓送迎会やCasa引越しの日程などについて話していると、いくつか調整員の方に確認しておきたいことが判明。そこで、昼くらいに17-3の先輩隊員が連絡をとって、そのことについて話をしようと思ったのですが、連絡がついてCasaに来てもらったのが夜の7時頃。これでサンティアゴに帰れなくなってしまいました。1時間ほど話をして7月から8月にかけての大まかな日程を確認しました。この時期学校が休みになるため自分を含めた教育系の隊員が任国外旅行などに出かけてしまう可能性が高いので、確実に人手のある時期に引越しをしたいなという考えがあったためです。

話をしたあと、3人で夕食に出かけました。今日は中華でした。17-1の送別会と19-1の歓迎会がおそらく合同になるので、予算的なからみからいつも使っている韓国料理屋より中華のほうがいいのではないかということで行ってみようということになっての選択です。基本的には幹事の隊次に考えてもらえばいい話なのですが、送別会の幹事は1人で歓迎会の幹事は2人、合わせても3人なのでやり方によっては手助けが必要かもしれません。昨日の昼食に続き、またご馳走になってしまいました。いつも、いつもありがとうございます。

調整員の方といつ連絡がとれるかはっきりしなかったので、一日Casaで過ごしました。仕事のデータも持って行っていたので、そちらをやればよかったのでしょうが、ついつい漫画を読みふけってしまいました。とりあえず「カバチタレ」をあるだけ(20巻)読み、Banana Fishを10巻まで読みました。カバチタレはドラマは面白かったので見ていましたが、読んだのは初めて。漫画のままだと華がないのでああいう配役になったんだなぁと思いました。いつもの週末の引きこもり生活もひどいですが、漫画を読んで終わる一日というのも…。まあ、たまにはこういう日があってもいいということにしておきましょう。

Casaにいるとついつい寝る時間が遅くなってしまうのですが、昨日は結局意味もなく徹夜をしてしまったので、すでに36時間以上寝ていません。もう若くありませんし、さすがにこれ以上は睡魔に勝てそうもないので、今日はおとなしく寝ることにします。

デジタルカメラ


妹に頼んでいたデジタルカメラが届いたという連絡が入っていたので、今日は首都までとりに行ってきました。これまではパナソニックのLumixを使っていたのですが、不注意で使えなくしてしまったので、ネットで購入して妹のところに送り、妹から送ってもらいました。同じものにしようかなとも思ったのですが今回はリコーのCaplioにしてみました。Lumixは好きだったのですが、光学ズームがもう少しほしかったので、同じ程度に携帯のしやすいもので光学ズームが大きいものを選びました。あと、スペック上では起動が早いのと連写性能が高いのが魅力です。ちょっと厚みがあるのが若干気にはなりますが、わりと使いやすそうです。

昼くらいに首都に着いてCasaに行きました。午前中テニスに行っていた調整員の方が、一緒にテニスをしていた18-2の首都隊員とCasaまで来てくれたので頼まれていたビザ更新用の写真を渡し、そのまま昼食に連れて行ってもらいました。いつもご馳走になっていて感謝です。

荷物の受け取りだけなら、そのまま帰ってもよかったのですが、6月にある隊員総会の関係で、少し隊員連絡所の備品調査をしたかったので、18-2の首都隊員に手伝ってもらって物置の整理をしました。現在使っている隊員連絡所は8月で契約が切れるため、引越しが予定されているので、不要物整理も兼ねていました。引越し先は現在のCasaよりも確実に狭いところ(今はちょっと広すぎます)になるので荷物は減らしておく必要があります。もっともわけのわからないものや帰国した先輩隊員の残していったものなどもあったりするので、物の整理をするいいチャンスです。荷物を整理していると新品同様のキーボードが出てきたりして、どうしようという感じでしたが、明らかにCasaで使わないようなものは貸し出しをしようと思っています。

作業を手伝ってもらった隊員と夕食を食べに行き、帰りに酒を買って帰りいろいろとおしゃべりなどをしていました。夜になってからもう一人泊まっている17-3の先輩隊員がプロジェクトの専門家と一緒にやってきたので、やはり一緒にとりとめのないことなどを話して過ごしました。物品整理は大変でしたが、あとはわりとゆったり過ごせた一日でした。

Naturaliste


隊員総会関係や他の事務所関係の事務仕事がちょっと滞りがちだったので、今日は朝から集中的に片付けていました。しかし、とりあえず一段落したのは日本語で作成できる文書のみ…。スペイン語で作成するものはちょっと手をつけては嫌になり、再開しては嫌になりの繰り返しで遅々としてすすみません。しかし、火曜日には必要なものもあるので、この週末中に何とか片をつけてしまいたいと思います。

というわけで事務所でずっとパソコンとにらめっこをしていたのですが、10時半過ぎに先輩隊員の1人がやってきました。Puerto Plataのことを聞かれたのですが、最近は北部のほうには行っていないので、先週末同期の2人が遊びに行ったことを伝えました。聞きたいことがあったようで、電話をかけていました。電話で解決したのかなと思っていたのですが、どうやら昼食を食べながら話をすることにした様子で、ぼくも一緒に食事に誘われました。ちょっと遠い場所にある店の名前が出たので残っている仕事の量を考えて迷ったのですが、けっきょく一緒に行きました。

で、その店の名前がタイトルのNaturalisteです。なんとなく想像がつくかとは思いますが、自然食品志向のお店です。中国系で特にお茶などの飲み物などが充実しています。夜に行ったこともあるのですが、残念ながらお酒は置いていません…。ただ、ここではグレープフルーツジュースが飲めるので、それはありがたいです。食事も美味しいのですが、使っている油の量が多くて、ぼくはそれほど好きではありません。先輩と同期の1人はフローズンジュースを飲んでいて、とても幸せそうでした。

夜はいつものごとく語学学校。今日は接続法過去と過去未来を勉強しました。活用は大体理解しているのですが、スムーズに出てきません。なおかつ、アクセントの位置が悪くて別の時制に聞こえるやつもあります。なかなか上達しないですね…。家に帰ると停電の真っ最中でした。まあ、帰って5分ほどで復旧しましたが。ま、特に変わったこともなく凡庸たる一日でした。

定例会


毎週やっていた同期の定例会なのですが、先月の誕生会以来しばらくやっていませんでした。まあ、要因としては送別会があったり歓迎会があったり、Semana Santaでみんなどこかに出かけていたりでやっている時間がなかったのが一番です。久しぶりに一番多く使っていた店で待ち合わせていたのですが、いつの間にか閉店…。味もよくてリーズナブルな店だったのですが、今後はどこで開催するか検討が必要です。

いくつか選択肢はあったのですが、ご飯が食べたいとの意向によりマリスコス(魚介類)の店に決定。ここではパエリヤがあるのでご飯が食べられます。他にもアサパオ(イメージ的にはラザニア)も頼んだのでウェイターの人にはご飯系が2種類でいいのか確認されてしまいました。基本的に美味しいのですが、味付けが濃い目のためにたくさん食べると飽きます。今日のようにある程度人数がいると少しずついろんなものが食べられるのでありがたいです。

今日は昨日頼まれたプリントの準備で午前中は終わりました。全部準備できていなかったので午後も印刷などの作業をしていたのですが、とりあえずできた分だけを授業開始に合わせて学校に持って行きました。事務所から学校までは歩いて10分ほどなので、印刷したプリントを袋に入れて抱えて持っていったのですが、会った先生たちには驚かれてしまいました。

ぼくとしては歩いて10分くらいの距離なら車を使うのはもったいないと思ってしまうのですが、この国の人たちの感覚はちょっと違います。学校に着いたらなぜCarro(乗り合いタクシー)を使ってこなかったのか不思議そうにされてしまいました。JICA事務所が使用を禁止しているというのもありますが、基本的には歩けるのなら歩きたいと思っているのですが、なかなかその感覚は理解してもらえません。

グアグアもそうですが誰か先に降りて、自分があと10mくらい先で下りる場合、日本人ならあとちょっとだし一緒に下りるかとなると思うのですが、ドミニカ人はその10mをきっちり乗っていきます。その分目的地に着くのは遅くなるわけですが、誰も特別文句は言いません。ぼくなどからすると効率が悪いことこの上ないのですが、本当に歩くのが嫌なんだなと感じます。確かに真夏などはちょっとの距離を歩いただけでも汗だくになってしまうので気持ちはわからないではないのですが、個人主義が徹底しているということなのでしょうね。それはそれでひとつの考え方だと思いますが、どうもなじめません。

さて、明日はいくつかの学校で授業がないそうなのですが、うちの学校はどうでしょう。一応確認したらあるということでしたが…。