プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

相も変わらず


週の始まり月曜日。DistritoのTecinicaにプロジェクターを8時くらいに貸す約束をしていたので、学校には行かずに事務所の方に出勤しました。普段事務所に行くときは学校の近くで朝食をとってから行くのですが、貸し出したあとに学校に行くつもりだったので今朝はそのまま事務所に直行しました。まあ、8時ちょうどに来ることは期待していなかったので、しばらく待っていると携帯が鳴りました。

同期の一人からでしたが、普通は活動中に電話をかけてくるタイプではないので、何かあったかなと思って電話に出ました。すると案の定よろしくないお知らせでした。明日、彼の学校の先生方は午後からCooperativa(組合)の会議があり授業がないとのこと。同じ地域にある別の同期の学校も同じだろうとの予想でした。まあ、これだけならいつものことで済ませられるのですが、タイミングの悪いことに明日彼らの学校には日本からきた新聞記者の方が取材に行く予定になっていました。事実なら予定を変更しないといけないので、もう一人の同期にも確認をとるため学校に電話をするとまだ来ていないとのこと。そうすると先に連絡をくれた同期から再度電話があり、午後は確実に授業がなく午前はあるということでした。ちょっと待っていると学校に着いたもう一人の同期から電話があり、話を伝えて確認してもらいました。こちらもやはり午後は授業がなく午前はあるということでした。

仕方がないのでJICA事務所に電話をして今回の取材対応を担当している調整員の方と対応を相談しました。ぼくが午前中に算数プロジェクトについての概要説明をすることになっていたので、そちらを午後に回して、午前中に学校訪問をすることを提案しました。他に手はありませんからそれで決定し、2人に変更した時刻を連絡しました。連絡が終わってほっと一息と思ったら、参加できる人は昼食前に事務所に集まって一緒に昼食に行こうという連絡をしていたことを思い出しました。先に学校に行くと昼食前には事務書には戻りません。ですから昼食を一緒に食べるのはなしという連絡を今回の取材には直接関係のない隊員にも連絡をしなければいけないことに気がついてしまいました。1人は入院中なので残り2人。今度は何回携帯に電話をしても全然つながりません。1人の学校は電波が悪いところなので仕方がないかなとは思いますが、1人は夕方に向こうから電話があり、携帯を持っていくのを忘れていたとのことでした。こういうことがあると調整員の方たちの苦労がしのばれます。

そんなことをしているうちにいつの間にか9時を過ぎていました。しかしTecnicaはいっこうにやってきません。10時になっても来ないので、事務所で一緒に仕事をしていたスタッフにぼやいたら、Tecnicoたちの部屋をのぞいてきてくれました。そうすると彼女は事務所にいたらしく慌てて謝りに来てくれました。金曜日に必要がなくなったということをいいに来たそうなのですが、金曜日は首都でぼくたちがおらず、今朝もDistritoの秘書に電話して連絡してくれるようにお願いしていたらしいのですが、それが伝わっていませんでした。これで午前も半分以上終了。自分の学校に行くのは諦めて、入院中の同期の学校に状況説明に行ってきました。

前回と同じく校長と副校長に説明。まだ、入院中と言うと驚いて、とても心配してくれていました。退院はできても来週も学校には来られないかもということを伝えたのですが、もちろん問題ないということでした。彼女はとてもデリケートだし、体質的に私たちとは違うのだから注意してしっかり治さなければいけないということを副校長は言っていました。ただ、お知らせに行っただけなのですが、またとても感謝されてしまいました。

事務所に戻ると先輩隊員の1人が来ていました。明日の予定変更を伝え、昼食に一緒に行きました。すると、午後から先週流れた公開授業の反省会をやるので参加してほしいという話があったので、結局午後から学校に行くことも諦めてそちらの学校に行きました。OMSAを使って行ったのですが、なかなかバスが来なくて30分以上待たされました。学校に着くとTutorの1人がなにやら作業をしていました。校長はその時にはいなかったのですが、カレンダーを片手にやって来ての第一声が「他の学校の校長が来ないので日程を変更しよう。」誰も来ないのかと質問すると「Nadie(誰も来ない)」というお答えでした。会議に参加するのは全然かまわないのですが、ここの学校は何しろ遠いのできちんと予定通りにやってほしいです。次回予定は木曜日です。こうなったら次回も行きますが、さてどうなることやら。

帰りはグアグアで帰りました。乗客5人という珍しくすいているグアグアでした。降りて事務所に向かって歩いていると反対側の道でグアグアを待っているDistritoの初等教育コーディネーターを発見。何か声をかけてくれていたのですが良く聞こえなかったので、道を渡ってあいさつをしました。すると、何か別の算数とスペイン語のプロジェクトが提案されているとのこと。彼女も詳細はまだつかんでおらず、今晩首都に電話をして教員研修を担当しているINAFOCAMの担当者に問い合わせるとのことでした。手元にある書類は午前中に事務所に残しておいてくれると言っていました。できれば直接話をしたかったので、午後からは事務所にいるかと尋ねたのですが、別の学校での仕事が入っているので午前中だけとのこと。取材対応の予定を変更しなければ話ができたのですが、こんなところでもCooperativaの余波をくらってしまいました。

相も変わらずドミニカ人に振り回された一日でした。