プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

見送り


17年度1次隊、現職教員特別参加制度で派遣されていた先輩隊員が帰国の途につきました。現職教員は4月の新年度から日本の学校現場に復帰するため、1年9ヶ月の派遣になっていて世界中からこの時期に一斉に帰国します。首都ではなくサンティアゴから出発ということで、見送りに行く調整員の方に一緒に連れて行ってもらいました。同じサンティアゴで活動されていた方だったのですが、教員養成校に所属していたのでなかなか普段はお会いする機会はありませんでしたが、最後にあいさつができて嬉しかったです。

ただ、この方とはぼくが訓練に入る前から連絡を取り合っていました。ドミニカ共和国に派遣が決まっていろいろとネットで調べていた時に、たまたま別の方のBlogに話題を提供していたのを発見したのがきっかけになってメールのやり取りをしていました。派遣前にいろいろと情報をもらえたので非常に助かりました。ある意味でこのBlogを書こうと思ったきっかけの一つでもあります。自分がそのように助けていただいたので、同じようにドミニカ共和国にこれから派遣される人たちに情報を提供できればと思いました。もちろん、Blogを通じて直接コンタクトをとってくる方がいれば、できる範囲でお手伝いしたいと思っています。

そんな先輩隊員の帰国です。1年後には自分も同じように帰国の途についているんだと思うと本当に時間が過ぎるのはあっという間です。日曜日で仕事もありませんから、一緒にPresidenteを飲んでお別れしました。その後は調整員の方がわざわざサンティアゴ市内まで送ってくださいました。お忙しい中本当に感謝です。

さて、この首都行きのひとつの大きな目的は荷物の受け取りでした。妹に頼んでいたパソコンのACアダプターが先週末に届いていたのでそれを受け取ってきました。けっこう調子が悪くなっていてイライラしながら使っていたので、接触の悪さを気にせずに使えるというのは本当にありがたいです。まあ、原因がACアダプターでなくパソコン本体という可能性もありましたが、新しいACアダプターを試してみると普通に電源供給されたのでほっと一安心でした。首都にいる間にACアダプターが壊れてしまった先輩隊員もいたので早めに手をうっておいて本当によかったです。忙しい中送ってくれた妹にも感謝です。

荷物の中には他にも本や日本の食べ物も入っていました。お菓子はみんなでありがたくいただきましたが、口に合うせいでしょうかやはり美味しいですね。あとTシャツが入っていました。Blogにでも写真を載せてということだったので早速載せてみました。「我逢人」と墨で書いてあります。意味は「人と逢うことで全てが始まる」ということだそうです。教師にはいい言葉を選んでくれたのではないかと思います。妹の住んでいるところの近くの町で作っている人がいるそうです。いろいろと漢字Tシャツは持っていますが、自筆で実際に墨で書いてあるものは初めてでかなり嬉しいです。表には古代文字でぼくの名前も入っています。ちょっと不安なのは洗濯をして墨が流れないかということですが、まあ実際に使えないTシャツを売っても仕方がないと思うので心配する必要はないのでしょうが、1回洗濯をするまではちょっとドキドキですね。