プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

入院…


もちろんぼくが入院したわけではありません。それなら悠長にBlogなど書いている暇があるわけはありませんから。

月曜から発熱をしていた同期が首都の病院に入院することになりました。今朝も結局熱がほとんど下がっていなかったためです。先週末には先輩隊員の1人が微熱を持っていましたし、今日は今日で別の先輩隊員が38℃の熱を出したそうです。感染するようなものなのかどうかはわかりませんが、次々とやられているのでちょっと心配です。まあ、ぼく自身にはまったくそういう兆候は見られませんが。

今日は彼女の誕生日だったので誕生会を企画していたのですが当然延期です。昼休みにサンティアゴにいる別の同期隊員に連絡して、午後からは学校に顔を出したあと彼女の勤務校に状況を説明に行ってきました。ちなみに今日は別のプロジェクトの講習会があったので4年生以外の授業がありませんでした。校長や副校長はかなり心配をしていましたが、首都の病院に入院させるということでとりあえず一安心していました。来週も行けないかもしれないということを伝えたのですが、当然という感じで下手に治ったからと学校に行ったら逆に怒られそうな様子でした。彼女の学校はぼくの学校から歩いて10分ほどのところにあるので、彼女がいない間は何か必要があればぼくが協力するということも伝えて帰ってきました。

今週末に16年度3次隊の送別会があるのですが、おそらく参加はできないのでその欠席の連絡。シニア・ボランティアの方のお宅で日曜日に食事をする約束もしていたのでそちらも連絡を入れて延期にしてもらいました。明後日にはぼくたちも首都に行くのですが、1人でいると心淋しいかと思い、首都にいる友人に時間があれば様子を見に行ってほしいということを伝え連絡に追われた状況は終了。自分でできることはできるだけやったつもりではいますが、肝心の辛い状態を和らげてあげるために何もできないのがちょっと悲しいですね。

とりあえず、1日も早く良くなることを祈って、帰ってきたら盛大に誕生会と快気祝いをしないといけませんね。