プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Samana ~Puente~


Samanaはホエール・ウォッチングで有名なだけあって、Museo de la vallena(鯨博物館)があります。今日はそこを見学に行こうということで出発。サマナはタクシーはあまり発達しておらず、移動の基本はMoto concho(バイク・タクシー)とCarro concho(馬車のように客車をバイクが引っ張っているもの)です。今日の目的は博物館と海にかかっている橋の見物。Carro conchoに乗って先に橋の方に行こうとしたのですが、舗装されていない道で工場のようなところに向かって行き、そこから歩けといわれ、ちょっと心配になったので初めに博物館のほうに行きました。

博物館で、昨日に引き続きサマナ隊員と合流。しかし、博物館はお休みでした…。警備の人がいて、日曜日は休みなのかと聞くとそうだとの答え。こういう施設が日曜日にやらなくていつやるというのでしょうか?まあ、ドミニカ共和国リゾートに来るような人たちはあまり週休日とか関係なく来るのでしょうからいいのでしょうが、それにしても日曜日にやっていないというのはあまりにもひどいなと思いました。まあ、文句を言っていてもオープンするわけではないので諦めて橋の方に行きました。



橋はこんな感じで小さな島をつないでいます。2つの島につながっているのですが、こちらが長い方の橋で約700mといったところでしょうか。この島にホテルや別荘を作る計画があったようなのですが、政権の交代で頓挫したそうです。しかも、宿泊したホテルのオーナーによると以前はレストランやディスコテカもあったそうなのですが今はなくなってしまったそうで、もったいない話です。確かに橋の手すりのところには水を通していたパイプなどもあり、以前はもっと活用されていた名残が見られました。



橋のスタート地点のところにあるビーチです。一般の人も入れますがほとんどホテルのプライベートビーチのようになっています。橋も下から行けるのですが、上はホテルに続いていて宿泊客の散歩コースのようになっていました。ちなみにホテルは昨年の11月にオープンしたばかりで、昨日行ったCayo levantadoにも同じグループのホテルが同じ時期にオープンしています。ランクは確か5つ星だったと思います。高級ホテルです。Cayo levantadoのほうには一度宿泊してみたいなあと思いました。時期さえ選べばたぶん120〜150ドルくらいで宿泊できるんじゃないかなと思います。もちろんオールインクルーシブです。



橋を渡った先の島で現地の人が今は使われなくなっている桟橋から飛び込みを繰り返していました。気持ちよさそうだったので水着を持っていけばよかったと思いましたが、昼過ぎには帰らなければいけないし、シャワーも浴びれないのでたぶん無理でしたね。しかし、次回行った時にはぜひ挑戦してみたいと思います。橋からも飛び込めるそうなので、そちらもチャンスがあれば。

昼食をとって1時15分発のサンティアゴ行きのグアグアで帰路に着きました。初めのうちは行きほど混んでいなくてゆったりと座っていたのですが、途中で次々とお客さんが乗り込んできて最終的には満員になりました。乗ったグアグアはたまたま行きと同じ車でした。一番後ろの列に座っていたのですがシート的には4人乗りです。まあしかしドミニカ共和国ではこの席に5人乗るのは当たり前。それ自体はいいのですが、最後に乗ってきた女性が見事な体型で、2人分ほどの場所を必要としていました。それでも普通に座るのでかなり窮屈な姿勢で3時間以上の時間を過ごすことになりました。けっこう厳しかったです。さらに最悪だったのが酔っ払いのおじさん。ロンのビンを片手に乗ってきたのですが、この時点ですでに酒のにおいをさせていました。大声で叫んだり歌ったりだけでも迷惑なのですが、興奮すると前の席のシートをバンバンと叩きます。ここには同期の1人が…。寝ているところを起こされたり頭を叩かれたり…。かなり怒っていましたが当然です。さらにはトイレに行かせろと途中でグアグアを止め道端で…。料金徴収の際には金額が足りず…。最後にはお漏らしをしてバスを降りていきました…。サマナへの旅自体は楽しかったのですが、最後の最後でちょっと残念でした。