プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Samana ~Vallena~


ドミニカ共和国北東部にあるSamanaという地域に行ってきました。半島になっているところで、海のきれいな地域です。サンティアゴからは直通のグアグアが走っていて、約4時間で到着します。朝、6時半発というのもあるそうなのですが、それはサマナでも少し違う地域に行くので今日は8時出発の便に乗りました。50分頃に行ったのですが、すでに満席寸前で余裕をみていてよかったなと思いました。しかし、ぼくは補助席になりました。しかも備え付けの補助席はないので、座椅子の簡易版のようなものを通路を挟んだシートに引っ掛けて補助席にするというもので、ずれるのでちょっと大変でした。おかげさまで到着した頃には少し背中が痛かったです。

それでも12時過ぎには到着。今回のサマナ行きの目的はObservasión de vallena(鯨見物)です。明日の出発時刻によって今日見に行くか明日見に行くか決めることにしていたので、グアグアの出発時刻とCaribe Tourの出発時刻をそれぞれ確認。結果、今日そのまま見に行くことに決定しました。とりあえず昼食を食べようということで、カリベの隣にあった高級そうな店に入りました。Plato del díaがあったのでそれにしましたが、ドミニカとは思えないようなおしゃれなランチでした。ビールが冷えていなかったのにはがっかりでしたが。その店で今回ホテルなどいろいろと手配をしてくれたサマナの隊員と合流。どこから船に乗るのかと尋ねたところ、都合のいいことに目の前の港からとのことでした。そのままレストランのトイレを借りて水着に着替え出発しました。



観光船のような大きめの船もあるのですが、小さい船のほうが楽しいと思うとのサマナ隊員のお勧めによりこの船に乗りました。値段交渉などもみんなやってもらい、さらに余分な荷物もホテルまで運んでもらい、本当に感謝です。他にもドミニカ人5人のグループとカップルが一緒でしたが、5人のグループは鯨見物には行かず途中で下船しました。どこで降りたかは後ほど。

船が小さいので波しぶきがけっこうかかり、ずぶぬれとはいきませんでしたが着替えておいてよかったなと思いました。問題は波の影響をもろに受けることでした。ちょっと大きめの波がくるとジャンプするような感じで着水した時にお尻がかなり痛かったです。La VegaのCarnavalのときに叩かれたより痛かったんじゃないかと思います。湾の中にいる間はまだよかったですが、鯨を探すために少し外洋に出るので、そうするとさらに大きな波が…。痛みで船酔いが気にならなかったぐらいです。まあ、サマナにいる隊員はみんな看護師さんなので事前に酔い止めをもらっていたのがよく効いたのかもしれませんが。しかし、それが効きすぎたのか一緒に行っていた同期の1人はあの船の揺れとお尻の痛みの中でも眠りそうになっていて、海に落ちないかちょっと心配でした。

1時間くらい探していたのですが、鯨はなかなか見つかりませんでした。諦めて帰ろうかというところでガイドの人がひれを発見。しばらく待っていると今度は潮を吹いているのを何人かが見つけました。1回目はぼくは見られなかったのですが、そのあとは背中を出したところや潮を吹いているところをしっかり見ることができました。鯨はサマナへ出産のためにやってくるので運がいいと親子連れを見ることができるということだったのですが、今回見つけたのはラッキーなことにその親子連れの鯨でした。水面下にいる時間が長かったのでそれほどよくみられたわけではありませんでしたが、顔を出したところも見られましたし、睡魔に負けそうになっていた同期の眠気も吹っ飛ぶくらいの興奮でした。



写真を撮ろうとチャレンジしていたのですが、なかなか姿を見せてくれないのと船の揺れ、水面の光の反射でカメラの画面で上手く確認できないという悪条件も重なり全然撮れませんでした。これが唯一ひれだけがちょっと写っていました。また、来年も来たいねという話をしていたので次はいい写真を撮れたらいいなと思います。



帰りにCayo levantadoという島に寄りました。Cayoは小島を意味し、Levantadoは起きるというような意味なのでこの場合隆起した小島というような意味になります。砂がさらさらしていてものすごくきれいでした。海の水もきれいで、すぐに深くなるのでコントラストも見事でした。4時くらいに着いて5時半くらいまでゆっくりと泳いだり寝たりして過ごしました。気持ちのいい時間でした。鯨見学とここへの送り迎えを合わせて1人1000ペソ(約3500円)でした。お昼がついてそれくらいでもいけるようなのですが、まあいい価格かなと思いました。心配していた船酔いにもならなかったので楽しい旅になりました。

夜はいろいろとお世話になったサマナ隊員と一緒に食事。もちろんご馳走しました。サンティアゴに来たときにはしっかり歓待しないといけませんね。ホテルに帰り着いた瞬間に停電したのでそのまま寝ました。