プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

見送り


これまで算数プロジェクトを統括されていたシニア隊員の方が今日ドミニカ共和国を離れました。出発は首都サント・ドミンゴからではなくサンティアゴにあるAeropuerto Internacional Cibaoからということで、朝から見送りに行ってきました。国際空港があるのは知っていたのですが、行くのは初めてです。比較的新しい空港なのも知っていましたが、最初に遠くから見たときにはホテル化と思いました。チケットの受付カウンターも半オープンなスペースにあり、いかにもリゾートといった開放的な雰囲気で、混雑もなかったので任国外旅行や自分の帰国の時にもここから出発したいなと思いました。首都よりも空港が近いのもいいですね。



シニア隊員の方は頑なに見送りを断っていたので、プロジェクト参加の隊員内でも意見が分かれ、家の前で見送りをした人、空港まで行った人とそれぞれでした。各自の感じ方、考え方もあるのでどちらがよかったということは言えませんが、個人的には最後まで見送ることができてよかったと思っています。ただ、シニア隊員の方がいなくなったことでおこる様々な問題に対してはみんなで協力して解決していかなければいけないとは思っていますが。

午前中は同じく見送りに来ていた調整員の方と一緒に事務所に戻ってそのまま会議。当面の課題についての意見交換をおこないました。あわせて、17年度1次隊の先輩の入っているパイロット校の後任に関しての話もしました。自分たちの後任が必要かどうかに関してはとりあえずすぐに結論は出る話ではないので今回はなしで、19年度の隊時で来る隊員がどこに入るかについては一応の方向性は見えたかなと思っています。

夜に日本大使館主催のカレンダー展のようなものがあり、同期の仲間と一緒に行ってきました。30日まで開催されているのですが、初日ということで日本大使館からも職員の方が来ていました。今日の夕方に来て終わったあとに首都に帰るという強行軍なので大変だなと思いました。いろいろとお話をさせてもらい楽しかったですが、普通に日本で生活していれば、このように大使館に勤務するような人と知り合いになる機会もないんだろうなと思うと、ここにいることでいろいろな機会に恵まれているなと改めて思いました。



新聞社やTV局も取材に入っていました。日本のカレンダー展に日本人ということで、写真を撮られたり映像に撮られたりしてちょっと恥ずかしかったです。名前を聞かれたり、書かされたりもしましたが果たして使われることはあるのでしょうか?まあ、着任式での挨拶も撮影されたのでそれに較べれば恥ずかしさはまだ少ないですが、同期と2人で話をしているところにTVカメラを向けられたときは日本語で話を続けていいのか、スペイン語で何か言えばいいのか2人でちょっと困りました。

雰囲気を盛り上げるためでしょうかバイオリンでの生演奏もありました。風景の写真が中心のカレンダーが多かったのもあるでしょうが、最初の曲はビバルディの「四季」でなかなかいい感じでした。まず、バイオリンを習えるんだなということにも感心しましたが、演奏していたのは17歳のお嬢さんでした。もう10年近く習っているということでなかなかの腕前でした。若いなとは思ったのですが、大人っぽかったので17歳というのにはびっくりしました。サンティアゴ在住で昨年も演奏したそうです。将来性豊かなかなりの美人さんです。



初日ということで会場の館長が挨拶したり、ワインが無料で振舞われたりしていました。ただ、夕食を食べていなかったので、帰りに同期を送っていくついでに食事をして帰りました。入ったことのなかった店でしたが、料理は美味しくて料金もそこそこだったのでなかなかいいなと思いました。ぼくの家からはかなり遠いのが難点ですが。しかし、月曜日から連続で飲んでいます。明日は一休みすることにしたいですね。