プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

再リハーサル


来週おこなう講習会の再リハーサルがありました。といってもぼくの担当部分は大きな変更はないので相棒の分だけ。前回のリハーサルの反省を受けて流れなどいろいろと変更があったので、今回の再リハーサルはけっこう重要でした。前回と違い基本的にはTutor(指導主事)などのドミニカ人は不参加だったのですが、月曜日に算数プロジェクトのプロジェクトルームで一緒に勤務しているドミニカ人スタッフに再リハーサルがあることを伝え、できたら参加してほしいということを言っておいたので今日も参加してくれました。日本人だけだとスペイン語でリハーサルをするのはどうもしっくりこない可能性があったので、いてくれて非常に助かりました。今回は前回とは違いスムーズに流れたので、基本的には本番も今回のような流れでいきたいと思っています。リハーサルのあと、相棒と打ち合わせをしていないので、個人的な考えですが。今回もまた講習会資料に誤字脱字が見つかったので修正が必要です。日本語ではすぐに見つけられるのですが、スペイン語ではなかなかそうもいきません。そもそも間違っているかどうかわからない時もありますから他言語で資料を作るというのは難しい話です。

さて、今回も参加してくれたドミニカ人スタッフですが、非常に優秀な人です。JICAの本邦研修で日本にも研修に行っていますし、広域研修でホンジュラスなどへも行っています。サンティアゴ在住ですが、算数のカリキュラムの見直しや生徒用教材の作成にも関わっていて首都での会議などにもよく出席しています。算数プロジェクト参加の女性隊員などには、ドミニカ共和国で唯一信頼できるドミニカ人男性などと評されています。数学に関する知識も豊富で、特にスペイン語で説明する時の表現方法などのアドバイスをもらうことが多いです。細かい指導方法や教材の使い方、教材作成の知識といった面ではまだぼくたちの方が日本での教員経験の分上かもしれませんが、指導力という点ではドミニカ共和国では飛びぬけて優秀な教師の1人だと思います。現場にいないのはもったいないなと思うこともありますが、彼に求められているのはやはり彼にしかできないことなので、がんばってほしいなと思います。

先週はまた少し寒かったのですが、今週になってまた暑さが戻ってきました。日本では三寒四温という言葉がありますが、ドミニカでも同じなのでしょうか?まあ、少しずつ暖かくなるというような情緒のあるものではなく、一気に気温が上がったりするのですが。昨夜は朝寒いかなとも思いつつ、窓を開けたまま寝てみました。まあ、それくらい暑かったわけですが、今朝は朝の肌寒さも薄らいでいました。このまま毎日汗だくという世界に突入になるのでしょうか?そう考えると朝多少寒くてもいいので過ごしやすいほうがいいですね。

Independencia


2月27日はEl día de independencia、ドミニカ共和国の独立記念日です。こういった記念日は大通りの名前になっていることが多く27 de febreroは何度かBlogにも登場している幹線道路です。サンティアゴもそうですが、首都Santo Domingoにも同じ名前の通りがあります。もしかしたら他の街にもあるのかもしれません。ちなみに3月30日はサンティアゴの独立記念日でこの日はサンティアゴだけ休日になります。もちろん、30 de marzoという名前の通りもサンティアゴにはあります。

独立記念日ということなのでしょうか、今日は国旗をつけて走っている車が目立ちました。他にも家の壁に飾っていたり、うちのアパートではベランダの柵に大きな国旗をつけている家が多かったです。27 de febreroを軍がパレードするという話もあったのですが、何時からどの辺をというのが全然わからなかったので見には行きませんでした。算数プロジェクトの先輩隊員が家を訪ねてくる約束があったというのもありましたが。

パレードといえば、昨日は各学校ごとに下校の際に学校の近くをパレードしていました。ドミニカ共和国の国旗は赤、白、青の3色を基本にしています。先生によってはこの3色で服をコーディネートしていたりしました。国旗がデザインされたTシャツを着ている人もいましたし、生徒たちは国旗の小旗を持ってパレードです。何か連呼していましたが、よくわかりませんでした。国歌を歌っていたのかもしれないですね。とにかく自分たちの国に対する誇りというのは子どもから大人まで非常に強く持っています。

反面、ハイチ人に対しての態度についていろいろ目に付くこともあります。現在ハイチは政情が不安定です。経済的にもドミニカ共和国の方が優位に立っていて、ハイチ人は低賃金の労働者としてドミニカ共和国の経済を下支えしています。国境付近は治安があまりよくなく、不法入国者も多いのが現状です。過去にハイチの支配下にあったことの反動もあるのかもしれませんが、先生たちですらハイチ人を見下すような言動を生徒の前で平気でします。日本では、人権に関して問題発言をした閣僚がいたようですが、人権に関する教育がほとんどおこなわれていない状況というのもひとつの大きな問題です。

こういった国旗や国歌、国に対する想いの強い人たちの中にいて、飛び込んできた日本のニュースが卒業式での君が代伴奏についての最高裁判決。「日の丸」「君が代」を国旗、国歌とすることについての是非は国旗国家法が成立しているのでとやかくは言いませんが、今日という日だからこそ、そのスタンスの違いの大きさを感じずにはいられませんでした。伴奏の職務命令は思想・信条の自由を侵すとした原告に対して、違憲ではないとの最高裁判決。この判決によって文部科学省や各教育委員会の指導がいっそう強まるのは間違いないでしょう。そんな中で昨年の教え子たち、そして3年前に卒業させた教え子たちが今年揃って卒業式を迎えます。子どもたちのためにも余計な混乱なく素晴らしい卒業式が実施されることを祈るのみです。ドミニカ共和刻でもそうですが、この議論に関してはどうしても「子どもたちのため」という視点を欠いている気がしてなりません。教育に関わる人間にとっては一番の足場であるべきだと思うのですが…。

飛び石


今日は愚痴日記です。

明日火曜日は独立記念日で休日です。典型的な飛び石連休ということで今日が休みになれば土曜日から4連休ということになります。こういうカレンダーの並びのときは生徒があまり登校してこなかったりするので、学校が休みになってしまったりします。そんなわけで、木曜日に学校に行ったときに副校長に今日は授業があるのかということを確認しました。答えは、「何時までかはわからないけれどある。」というものでした。何時までやるかわからないという答え自体もどうかとは思いましたが、あるということだったので今朝は普通に登校しました。

まあ、ここまでくれば展開は読めるところですが、案の定生徒の登校用の門は閉まったままでした。まあ、雨の時などは教師用のもんから登校したりしているので、たまにはあるのですが今日はそれほど天気が悪かったわけではありません。まあ、昨夜降っているのでまだ乾いていなくて締め切っていたということは考えられます。しかし、学校の周りに生徒の姿はほとんどなし。教師用の入り口から入ろうとしていた生徒も帰っていきます。校長と副校長は来ていたのですが、結局授業はなしということで登校してきた生徒たちも帰してしまっていました。

連絡が不徹底というか前日にならないと休日の話が生徒に伝わらなかったりするので、金曜日に休んでしまっていたりした生徒が登校してくるわけです。かくいうぼく自身も金曜日にシニア隊員の方の事務所での最終報告会が午前中にあったのと、午後からは同期と再リハーサルの打ち合わせをしていたので休校の話を聞いていませんでした。しかし、最終報告会には副校長も参加していて、ぼくと話もしています。この時点では今日の休校はわかっていたはずなので教えてくれてもいいと思うのですが、こういった面での情報の伝達は本当に適当です。

金曜日の最終報告会でシニア隊員の方が、公立学校の授業が定められている日数の半分程度しかおこなわれていないということを新聞の調査結果を引用して話していました。教育省が定めている日数が約220日。これは日本の小学校の授業日数より多いです。しかしながら、1週間のうち5日間きちんと授業がおこなわれた週は、ほとんど記憶にありません。というかないんじゃないかと思うくらいです。授業時間が半分になったり、特定の学年の授業がなかったりというのは日常茶飯事なのでそのように感じるわけです。12月のテスト週間は1日1教科テストをしてあとは帰るだけでしたし、6月も同じになるそうです。夏休みを合わせると6〜8月、12月は授業は実質的にないということになります。残り8ヶ月で約34週間あるとして、1月の最初、4月のSemana Sanataなどを抜いていくと約31週間です。で、1週間のうち授業があるのは3.5日〜4日くらいですから総授業日数は100〜120日くらいということになり、規定の半分というのはあながち大げさな数字ではありません。

さらに問題はカリキュラムが220日を基準に組まれていることです。ぼくは算数のカリキュラムの内容しか知りませんが、現実的な授業日数では絶対に消化不可能です。では、220日あれば消化可能かというと、ぼくが日本で指導するとしてもちょっと自信がありません。ちなみにぼくの算数のカリキュラム消化は早いことで定評がありました。それでもです。そんなわけですから、教員は誰もカリキュラムを守りません。見たことがあるかも個人的には疑問です。実際時数以外に内容にも問題があって、2年生で分数が入ったりするのですが…。ただ、消化できないのと消化する努力をしないというのはまったく別問題なので、可能な限り授業日数は減らさないようにしてほしいと思うのですが、こればかりはぼくが言ってもどうにかなるものではないのでストレスになる一方です。

追い討ちは授業がないので事務所に行くと事務所には電気がありませんでした。金曜日の午後もなかったので、パソコンのバッテリーもなし。明後日の再リハーサルの準備だけはしましたが、やる気のない一日でした。

Carnaval de Santiago


2月最後の日曜日です。ということで各地のCarnavalは最高潮のはずです。直接行ったわけではないので断言はできません。La Vegaは行きましたが、任地のサンティアゴのCarnavalに行かないというわけにもいかないので、今日出かけてきました。

La Vegaは2時くらいからスタートしたので同じようなものかなと思ったのですが、3時過ぎに行けば始まっているだろうとそれに合わせて家を出ました。ちょっとというかかなり遅めの昼食をとって、会場になるモニュメント周辺に着いたのが3時過ぎで予定通りでした。それなりに人が集まっていて、いいくらいの時間だなと思ったのですが、La Vegaから比べると人出はちょっと寂しい感じでした。それもそのはず4時になってもパレードはスタートしません。道路わきでボーっと待っていたのですが、時間を追うごとに人は増え続けました。結局パレードがスタートする5時ちょっと前にはかなりの数の観客になっていて、さすがだなという感じでした。



La VegaのCarnavalではDiabloがモチーフでしたが、サンティアゴでは基本的にLechonと呼ばれるお面になります。Lechon自体は豚という意味なのですが、口語的には「うすぎたないやつ」という意味になったりします。どちらの意味をとったとしてもなぜ角があるのかといった疑問は残りますが、長い鼻に二本の角がベースであとはそれをアレンジしたいろいろなLechonのお面を見ることができました。



サンティアゴでもLa Vegaのようにボールのようなものを持って観客のお尻を叩くのですが、La Vegaと比べて素材が柔らかいためそれほど痛くはありません。ただ、極端に痛くないためか、叩くところが適当で、背中や足を平気で叩いてきたりするので、そういった意味ではあまりタチはよくありません。サンティアゴのCarnavalの特徴はFuete(鞭)です。先月末くらいから子どもたちもよく遊んでいますが、この鞭でアスファルトを叩くと爆竹を鳴らしたような大きいいい音が出ます。参加者はこれを振り回して、音を盛大にたてながら歩きます。La Vegaとは違い、個人参加が多く、集団で歩いていないので、鞭を振り回せるスペースがあるというのも一因だと思います。

もうひとつ特徴的なのが、紙吹雪です。穴あけパンチで出るごみくずだと思うのですが、それを誰彼かまわず捲きます。お尻を叩くのと同じように突然かけられたりします。しかも、これはパレードの参加者ではなく、沿道の観客がやるのでタチが悪いです。お尻を叩くのもそうですが、なぜか女性が集中的に狙われます…。



基本的にLechonが多いのですが、サンティアゴはわりと何でもありなようで仮装行列のようでした。この写真のように王様(法王?)に扮している人や、天使(妖精?)、ディズニー映画に出てくるようなお姫様の格好をしている人もいました。特徴的だったのが女装です。実際にゲイやホモなのか、単に女装をしているだけなのかはよくわかりませんでしたが、けっこう目立ちました。身長180cmを優に超える人がピンクのキャミソールにミニスカートという服装で投げキッスをして歩いていたりして、ちょっと怖かったです。しかも、ぼく自身アジア系ということで目立つので投げキッスをされました。これはほんとに怖気が走りました。とにかく、その人次第ですが、La Vegaほど徹底しているわけでもお金がかかっているわけでもないので、その意味ではわりと参加しやすいのかなと思いました。



パレードはサンティアゴ市のシンボルであるモニュメントの周りを歩きます。道路脇から見ている人もいれば、モニュメントまであがって遠めに眺めている人もいました。とにかく人出はかなりのものでした。





いろいろなLechonがいて面白かったです。なぜか角の間に写真のようにプレートをぶら下げているLechonが多かったのですが、どうやら参加者番号のようです。もしかしたらどれがよかったかといったような投票があったのかもしれません。パレード自体は個人参加が多いので、わりと間があいて待つ時間も長いなあと思いました。面白かったのですが、La Vegaのようにあまり間をあけずに来てくれた方が見る方としては楽だなと思いました。

ぼくは1人で見に行っていたのですが、パレードが始まってから、たまたま同期の2人と昨日から来ていた2人がちょうど道路の反対側に現れました。そのまま合流せずに見ていたのですが、小1時間ほどしてから反対側でバイバイと手を振っていたので、そのときに合流しました。昨日からこのCarnavalを見に来ていた2人は今日のうちに首都に戻らなければいけなかったので、バスが遅くならないように最後まで見ないで帰りました。まあ、スタートがかなり遅かったのは痛かったなと思いますが、基本的に同じような感じの参加者が続いていたので、いいかなと思ってぼくもそれに合わせて会場を離れました。そのあと18-2の方と夕食の約束をしていたというのもありましたが。

移動のときには女性陣はかなり叩かれていました。ぼくは結局1回しか叩かれていませんが、他の4人はけっこう叩かれたんじゃないかと思います。紙吹雪も何回かかけられていましたし。ちなみにぼくは紙吹雪の被害にはあいませんでした。これで一応Carnavalも終わりです。火曜日の独立記念日にどうするかはわかりませんが、とりあえず今年は2ヶ所のCarnavalを堪能できてよかったなと思います。来年の帰国直前に行けるかどうかはわかりませんが、今年は何も買わなかったので、来年は土産物をゲットしに行きたいなと思います。

写真はいつもリサイズをしてアップしているのですが、今日は変換率をミスしました。もう一度やればいいのですが、記事にアップするのが面倒なのでそのまま使いました。記事の表示に少し時間がかかったかと思いますが、ご容赦ください。

餃子


2月はCarnavalのシーズンです。任地サンティアゴ市もCarnavalが盛んな地域として有名です。ということで、ぼくたち18年度1次隊と一緒にドミニカ共和国に赴任した日系社会青年ボランティアの2人が、明日のCarnavalを見に来ました。駒ヶ根で一緒に訓練を受けたわけではありませんが、同じ隊次とはちょっと違った意味で同期だと思っています。先日の18-2の歓迎会には2人とも残念ながら参加できなかったので、日本大使館での新年会以来の再会になりました。

うちに逗留してもらっても全然かまわないのですが、2人とも女性なので、同期隊員の家に宿泊です。まあ、そちらの方が、Carnavalのおこなわれるモニュメントのすぐそばなのではるかに便利です。もちろん、問題はそんなところにはありませんが…。ということで、宿泊先になる同期の家で今日は会食。同期が張り切って中華系の料理を用意しました。まあ、2人のうちの1人は早めに着いたので主賓にもかかわらず準備をしていましたが。チャーハン、スープ、麻婆豆腐、ナスの炒め物、サラダ、そして皮から手作りした焼き餃子。中華料理屋はけっこうあるのですが、焼き餃子をおいてある店にはまだお目にかかったことがありません。久しぶりに食べられて嬉しかったです。

今日は基本的に使い走りをしていました。昼過ぎに頼まれたものをスーパーでそろえて同期の家に行き、到着直前で2人のうちの1人を迎えに行くために出てきたところとばったりあったので代わりに迎えに行きました。しばらくしてから次の1人を迎えに行くために出発。到着するバスターミナルの近くに品揃えのいいスーパーがあるのでついでにお使いもしました。そんなこんなで結局今日は2時間半弱歩きました。大変だったでしょうと言われましたが、いい運動になって、自分的にはよかったです。

6時過ぎくらいから人も集まり始めてなんとなく食事がスタート。シニア・ボランティアの方、18-2の隊員も含めて7人で楽しく食事ができました。ドミニカ共和国ではぼくが基本的に飲むのはビールが中心ですが、今日は以前から狙っていた新しい銘柄のビールを飲むことができちょっと満足でした。新発売のもので、販売元もよく知らない会社ですが、味的にはまあまあでした。4種類の違う銘柄のビールを飲みましたが、やはりPresidenteが一番美味しいですね。しかし、久しぶりにゆっくり話もできて楽しい時間を過ごすことができました。