プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

パソコンの調子が…


パソコンの調子がちょっと怪しくなってきました…。もともとヘビーユーザーなのでプリンターなどの周辺機器にしてもわりと痛むのは早いのですが、完全に機能しなくなったCtrlキーに続き、ACアダプターの接続部分がちょっと危うくなってきています。キーのひとつくらいきかないのであれば何とかなりますが、ACアダプターがダメになったら完全にアウトです。任期は先日1/3が終わったばかり、何とかもってほしいとは思っているのですが、ACアダプターだけ早めに取り寄せておくといった対策をしておく必要があるかもしれません。頭の痛い話です。

このパソコンは買ってからすでに4年近くになろうとしていますが、これまでは故障らしい故障もなく3年保障もまったく使わずに終わりました。1台を4年以上使ったことがなかったのでぼくとしては珍しいのですが、スペック的にもまだ問題ありませんし、けっこう気に入っているので故障しないかぎりは少なくとも任期中は使っていきたいと思っています。OSもXPは安定していますし、Vistaはもう少し様子をみてからにしたいと思っているので、ガタが出始めているのは不安要素です。とりあえずバックアップはこまめにとっておかないといけませんね。

ドミニカ共和国の野球シーズンは終わりましたが、日本ではいよいよプロ野球のキャンプインですね。チャンピオンフラッグの翻っている札幌ドームで試合を観戦できないのが残念です。まあ、今年も優勝してもらって、帰国したときにはチャンピオンフラッグを直接見てみたいものです。

せんべい汁


同期の仲間の一人は青森県出身です。まあ、大学も同期で同じ国に派遣、しかも大学時代はまったく接点がなかったという不思議な関係なのですが余談ですね。その同期の実家から送られてきたせんべい汁というのを今日は食べました。初めてというか名前も聞いたことがなかったのですが、鍋物に南部せんべいを割って入れるというもので独特でしたね。せんべい自体もこの鍋用に汁気を吸っても崩れたりしないように作ってあると思うのですが、逆に汁気の吸いが少ないとなかなか食べにくかったりして不思議な食感でした。おいしくいただけたのでよかったです。

今日は定例の事務所での会議はなかったのですが、火曜日は事務所で雑務をすることに決めているので朝から事務所へ。朝から停電状態でしたが、3連休だったためかインベルソール(蓄電器)がわりと快調で昼までは問題なくパソコンも使えました。昼食から帰ってくると停電も復旧していたので、類題帳の事務所関係者に配布する分を作ったりして午後は過ごしました。昼から復旧していた電気も5時半くらいでまた停電。まあ、この時点ではもう帰るところだったので問題はありませんでしたが、最近本当に事務所の電気事情はよくないです。勤務時間の半分電気があればいい方という感じで、今時のパソコンやコピー機に頼った仕事にとってはなかなか厳しいです。この週末の昼間は4時間停電していたこともありますが、ぼくの家のほうなどはあまり停電しないのでどうしてこんな差があるのかなと思ったりします。まあ、野球シーズンも終わり、ナイターで大量の電気を消費することもなくなるので少しはマシになるかとは思うのですが、資源の有限性をふと感じてしまうこのごろです。

ボーリング


サンティアゴ市内中心部から、首都サント・ドミンゴに向かう高速道路をちょっと行ったところに昨年の暮れくらいにボーリング場がオープンしました。行ってみたいねという話はしていたのですが、これまではなかなかチャンスもなく、今日初めて同期の仲間たちと行ってきました。La Vegaに行くグアグアを途中で降りればいいかなという話をしていたのですが、面倒なのでけっきょくタクシーで行きました。場所を正確に覚えていなかったのですが、思ったよりも近くにあり、OMSAが走っていることも判明したので、たまには行ってみてもいいかなと思いました。



正面の入り口ですが、ボーリングのピン2本を柱にして上にはPresidenteのロゴが。まあ、Presidenteの会社の経営なのでしょうが、本当にこのロゴやマークはどこでも見ることができます。税金が値上がりした関係でビールの値段も高騰していますが、やっぱり一番売れているのはこのビールです。しかし、ボーリングというスポーツがまったく浸透していないせいかタクシーの運転手にBolera(ボーリング場)に行ってBolo(ボーリング)をしたいと言ってもまったく通じませんでした。まだまだこれからですね。



中は予想以上にきれいで広かったです。スコアなどもすべてコンピューターで計算するもので、久しぶりの点数計算もいいかなと思っていたのですがいい方向に予想を裏切られました。まあ、20代前半の人などは用紙に書き込んで点数をつけたことなどないでしょうが。レーンも40くらいはあった(もっとかも)と思います。昼過ぎに行ったためか子ども連れのお客さんが多く、ノーガーターレーンもあって小さい子たちも楽しそうに投げていました。休日ということもあってかお客さんの入りもなかなかで繁盛していました。料金は1レーン1時間500ペソ(約1800円)と靴のレンタル料が1人30ペソ(約100円)で、時間内であれば何人で何ゲーム投げても同じです。2時間借りて4人で4ゲームほど投げた(ペアマッチもしたので実際には3ゲームくらい)ので1ゲーム300円くらいといったところでしょうか。この値段と郊外にあって車がないと行きづらいということを考えると、まだお金持ちの娯楽という印象ですね。



日本と同じように最初に靴をレンタルしますが、このとき靴の片方を預けます。片足だけ持って歩くのは間抜けなのでどうせなら両方預かってくれればいいのですが、まあ盗難防止ですね。ボーリングは去年はたぶん一度も行っていないのでいつ以来になるのかちょっと思い出せません。日本では12ポンドのボールを投げていましたが、指がすんなり抜けるものを探す必要がありました。しかし、さすがアメリカから輸入しているためか指の穴は大きくて、特に選ぶ必要もなくボールを取ってこられるのは楽でよかったです。スコアはまあ久しぶりなので100を切らなくてよかったなという感じでした。2ゲーム目以降は男女ペアになって2人が交互に投げるという形でペアマッチ。男性間、女性間で大きく実力差がなかったこともあって白熱した勝負になりました。2時間楽しくあっという間でした。新隊員が赴任したら歓迎ボーリング大会というのもいいかもしれませんね。

遠足&優勝パレード




同期の仲間に誘われて遠足に行ってきました。場所は以前夜景を見に行ったことのあるCamp David。前回も書きましたが、米軍施設ではなくホテルとレストランが山の上にあります。サンティアゴ郊外にあり、普通は歩いていくようなところではないのですが、途中からはちょっとした登山になりつつの道行きでした。朝、家を出たのは9時少し前。待ち合わせの場所までは歩いて1時間くらいでした。そこからいよいよ出発。ふもとまでは約1時間ちょっとの道のりでそこからが大変でした。自分から行きたいと誘ってきたのでもう少し坂道に慣れているのかと思っていたらそうでもなく、少し登っては休みまた登っては休みの繰り返しになり、けっきょく目的地までさらに1時間ほどかかりました。一番のネックになったのはとにかく坂が急なことでした。力のない車で人数が乗っていたらまず上がれないだろうなというような坂で、陽射しも強かったのでちょっときつかったかもしれません。まあ、でも仲間はヘロヘロになりながらも何とかたどりつきました。ぼくは、相手に合わせてゆっくり歩いたり休み休み歩いていたのでわりと平気でした。



目的地は標高約600m強の場所にあり、市内が一望できます。ちょっと霞がかかっていたのが残念でしたが、それでもきれいにサンティアゴ市が見渡せました。レストランは非常にお値段がお高いのでちょっとビールだけ飲み、1時間少々休憩してから今度は下りの帰り道でした。坂が非常にきつく、道路が工事中のためアスファルトには砂ものっていて、足元が滑るのでけっこう歩くのに気を使いました。明日筋肉痛になったらこの下り坂のせいですね。ふもとまでおりてからちょっと遅めの昼食。帰り道について少ししたところで仲間が帽子がないのに気づきコメドールへ逆戻り、しかしそこでも見つからずあきらめて帰ろうとしたらぼくが橋の脇に落ちているのに気づきました。この橋には歩道がついていて、コメドールに戻るときにはこの歩道を使ったのでぼくは気づかなかったのですが、なぜか最初に渡るときも戻るときも車道を歩いていたのに仲間は気づきませんでした…。そんなロスをしつつも最後までしっかり歩いて帰りました。路線バスが走っているので、途中でバスに乗って帰ろうと言うかなと思っていたのですが、最後まで歩ききった仲間には拍手です。

夕食をÁguilasのトレーナーをしている日本人の方と一緒に食べる約束をしていたので、朝の待ち合わせをした場所の近くで別れ、さらに1時間ほどかけて家まで歩いて帰りました。帰り道の途中で家に近づくとなぜかどんどんÁguilasの旗を持っている人やレプリカのユニフォームを着ている人、キャップをかぶっている人が増えてきました。夕食の時間を決めるときに今日は優勝パレードがあって2時にスタジアム集合だと言っていたので、それを見に行った帰りの人たちかなと最初は思ったのですが、どうも様子が違います。そして、どんどん人が増えていき、27 de Febreroという通りに入ると、歩道は人波をぬって歩かなければいけないくらいになっていました。この時点で5時過ぎでした。



最初に聞いていた時刻が2時だったのでパレードを見るのはあきらめていたのですが、まずマスコットが目に飛び込んできました。次に選手をごっそりと乗せたトラックが続いていました。トラックの荷台では選手が手を振ったりパフォーマンスをしながら、葉巻を吹かしたりビールかけのようにジュースをまいたりしていました。トレーナーの人が乗っているのも見つけたのですが、ジュースをかけられるとべたべたして大変ということで近くに行くのは止められました。人ごみの中だったので、カメラを出すのはちょっと危険かなとも思ったのですが、せっかくなので写真も撮ってきました。



日本では考えられませんが、選手や球団関係の車両の前後をまったく関係のない一般のファンの車が走っていました。ゆっくり走っているのもあるのでしょうが、箱乗りをしていたりサンルーフから体を出していたり、ある男性などは走っている車の上に立って旗を振っていました。落ちようものなら確実に後ろの車にひかれます。あとはスピーカーを乗せた車が大音量で応援歌を流しながらついていったりと、とにかくお祭り騒ぎでした。ドミニカ共和国の人は本当に野球が好きで地元の球団を愛しているんだなとつくづく感じました。



しかし、パレードの後ろに続く勝手な一般のパレード参加車両はぼくの見た感じ約2kmに渡って連なっていました。当然、パレードに関係のない長距離バスや仕事で走っている車も前には進めず波に巻き込まれて立ち往生していました。まあ、長距離バスの乗客などは一緒に大騒ぎしていましたが…。まあ、日常的にも反対車線を逆走する車を見かけることはあるのですが、そんなわけで中央分離帯の切れ目などから反対車線を走って進もうとしたり、逆にパレードに割り込もうとしたりする車がけっこういました。対向車線を走っているドライバーも特に気にした様子がなかったのがある意味すごかったです。でも、見られないと思っていたパレードを見ることができてラッキーでした。

家に着いてシャワーを浴びて、5分ほど休憩して夕食の場所までまた歩いて移動しました。SUSHI-YAにしたのですが、こちらも歩いて1時間弱。パレードがいつ終わるかわからない雰囲気だったので、かなり遅れるだろうなと思っていたら、途中で逃げ出してきましたとの連絡があり、7時半前には集まって食事をとることができました。2次会、3次会への移動も歩いているところがあったので、けっきょく今日は7時間半から8時間くらい歩いた計算になります。KTC以降けっこう歩くようにはなりましたが、さすがに最長記録です。まあ、それでも今日一日で飲んだ量を考えると痩せてはいないんでしょうね…。疲れましたが楽しい一日でした。

読書


朝からシーツなどまとまった洗濯でもしようと思って始めたのですが9時半頃に停電。ちょうどすすぎが終わるころだったので、あと10分待ってくれていれば1回目の洗濯分は脱水もできて干すことができたのに残念。昨日も午後から4時間くらい停電していて珍しいなぁと思っていたのですが、今日もけっきょく1時近くまで復旧しませんでした。昨日のナイターで電気を使いすぎましたかね?

そんなわけで洗濯は電気の復旧待ちだったのでちょっと優雅にベランダのところで音楽を聴きながら読書などをしていました。音楽はシリコンタイプのMP3プレイヤーに乾電池式のポータブル・スピーカーをつないで聞いていたので停電は関係ありません。ハードディスクタイプのプレイヤーも持ってきているのですが、こちらは最近バッテリーの消耗が早く、あまり長時間聴けないのが悩みの種です。もちろんACアダプターとつないでいれば何の問題もありませんが。

読んだ本はスペイン語のものだとかっこいいのかもしれませんが、最近日本の友人が送ってくれたもので宮部みゆきの「名もなき毒」と東野圭吾の「容疑者Xの献身」でした。面白かったのでついつい2冊とも一気に読んでしまいました。容疑者Xの献身は直木賞を受賞したこともあり、珍しくハードカバーに手を出そうかとも思ったのですが、やはり場所をとるので我慢していて、でもずっと読みたかったので嬉しかったです。KTC以降でも日本にいる間はまだそれなりに本を読むことができていましたが、こちらに来てからはほとんど読まなくなってしまいました。そのせいか1冊読むのに3時間ちょっとかかってしまい、読むのが多少遅くなってしまったようです。まあ、ハードカバーは文庫本より時間がかかるのでそのせいもあるかもしれませんが。

日本にいる間はだいたい月に50冊前後の小説を読んでいました。東野圭吾、宮部みゆき、恩田陸、小川洋子、田中芳樹、笹本祐一、茅田砂胡、上遠野浩平、etc、好きな作家もたくさんいますし、好きなジャンルもありますが当然それにこだわっていてはそんな数を読めるわけはないので、エッセイや旅行記のようなもの以外は興味がわけば何でも読みます。まあ、そんなわけで同期の仲間からは雑食と称されました。これは音楽にもあてはまりますが、ほめられているのかポリシーがないとけなされているのかは自分的には微妙です。で、本は今回のような協力隊参加による家なし状態でもない限り処分できない性質なので、荷物の半分は本という引越し業者には嫌われても仕方がない状況になります。そんなわけで場所を取るハードカバーはあまり買わないようにしているわけです。

本なしの生活など考えられないような人間だったわけですが、今はわりと気にせず暮らしています。活字中毒だと自分では思っていましたが、ないならないで割り切れるようです。まあ、日本に戻ればまた活字中毒に逆戻りでしょう。何せ、ここにいる間に発行された本をまずは読んでいかなければいけませんからね。まあ、まだまだ先の話ですが。とにかく久しぶりに集中して本を読んだので気持ち的に充実した休日になりました。送ってくれた友人に感謝です。