プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

2006年


2006年もいよいよ残すところあとわずか。ドミニカ共和国と日本の時差は−13時間なのでここでは日本より13時間遅れで2007年を迎えます。新年はサンティアゴ市の同期の仲間、シニア・ボランティアの方たちと迎えることにしているので今日は早めの更新です。この日記を書いてから部屋の大掃除(まあたいしたことはしませんが)をして洗濯をしてから出かけようと思っています。

毎度毎度のことですが本当に1年は過ぎるのが早かったです。特に今年は自分にとっては激動の年だったのでもう1年が終わったのかという感じです。しかし、逆に変化が大きかったので、それほど時間が経っているわけではないにもかかわらず北海道の雪の中で生活していたことや駒ヶ根訓練所で仲間たちと一緒に訓練を受けていたことがすごく懐かしく感じられたりもします。

この1年を振り返っているといくら時間があっても足りない気がしますが、本当にいろいろなことがあったので、すでに記憶が不確かになっていたり混ざっていたりしていることもあってBlogを書くようにしていてよかったなと思っています。子どものころの夏休みや冬休みの宿題の日記などはまったくといっていいほどできなかったので、一応毎日書き続けている自分が不思議です。そしてこのつたない文章に目を通してくださっている方たちに感謝です。

今年は海外青年協力隊への参加と母の死の2つにつきるかなと思います。協力隊に参加して、教員を続けていただけでは絶対に人生の交差することのなかったたくさんの仲間に出会え、多くの交流を持つことができたのはこれからの教師人生にとっても多くのプラスを得たと思います。そして、いつも唐突に骨髄提供をするとか協力隊として海外に行くとか言い出す息子を心配しつつも応援してくれていた母のためにもしっかりと活動を続けていきたいと思っています。何よりもドミニカ共和国の子どもたちの笑顔のために。その中で自分が成長していくために。

みなさんにとって2007年がより素晴らしい1年でありますように。健康には十分留意してよい年をお過ごしください。

野球観戦


本日2本目の記事です。基本的には一日1本と決めているのですが、年末年始の関係で今日記事にしておかないと2週間後くらいになりそうですし、コンスタンサの記事と合わせると量が膨大になるので2本に分けることにしました。まあ、前置きが長くなりましたが、コンスタンサからの帰りが雨の影響で早まり、時間が取れたので野球観戦に行ってきました。荷物があったのとどうせ試合の開始は8時過ぎなのでまずはいったん家まで送ってもらい、あらためて出かけました。

Estadio Cibaoでの試合ですから当然Águilasのホームゲームです。相手はTorosで雄牛を意味しますから日本でいうと昔のバファローズのような感じでしょうか。ドミニカ共和国ではÁguilasと首都を本拠地とするLiceyが2強です。ですからLicey戦は応援にも気合が入っていつも満席ですが、今日は外野スタンドはほぼガラガラでした。ダフ屋がすごいという話を聞いていて、球場に着いたとたん声をかけられましたが、それほど人気カードでないということもあり思ったほどではありませんでした。ダフ屋から買ってひどい席だったという話も聞いていたこと、今回は初観戦ということもありきちんとチケット売り場で料金を払って入場しました。バックネット裏で600ペソ(約2100円)でした。前から4列目、中心からやや三塁側寄りでしたが、下のような写真が撮れるくらいの特等席でした。日本では窓口で買って座れるような席ではありません。



7時過ぎから球場内に入り練習風景も眺めていました。試合日程を教えてくださった日本人トレーナーの方がグラウンドに出てこないかなと探していました。出てきたときにはわりとすぐわかったのですが、1度目はバックネットのほうに来なかったので声をかけられませんでした。2度目はちょうどぼくのいたほうへ歩いてきたので手を振ったら気づいてくれて少しお話をさせてもらいました。試合前のお仕事の邪魔をしてしまってすいませんでしたですが、直接お話ができたのは嬉しかったです。今度時間のあるときに食事かお酒でもご一緒できればなと思っています。あまり休みがないそうなので、チャンスがあればですが。

試合は8時15分くらいからスタート。1回表にいきなり先制され、3回表にもエラー絡みで2点を失い序盤から3点のリードを許してしまいました。相手の先発投手の出来がわりとよく6回まではこれといったチャンスも作れないまま進みました。しかし、7回裏に2点を取り返し、9回裏に今度は相手のエラー絡みで同点に追いつきました。試合はわりとテンポよく進んだので、この時点で3時間弱くらいでしたが、すでに11時を回っていたので最後まで観戦したかったのですが、3対3の同点で延長に入った時点で帰りました。花火がなっているのでたぶん勝ったんじゃないかと思いますが。

途中でÁguilasの選手がデッドボールを受ける場面があり、すぐにトレーナーの方はベンチから飛び出してきてケアをしていました。スペイン語で話をしていたのか英語で話をしていたのかはわかりませんが、専門的な話をしていかなければいけない職業で、しかも自分も相手もあらゆる意味でプロでなければいけない世界に通訳もなしで身をおいて活躍されている姿には頭が下がる思いでした。



各チームにはチア・ガールのようなグループがありホームゲームではダンスなどで試合を盛り上げます。日本では基本的に5回終了時のグラウンド整備のときと7回裏のホームチームの攻撃前くらいですが、彼女たちは裏の全イニングの最初に必ず踊っていました。他にも得点が入ったときやアナウンスが音楽をかけて盛り上げているときなどにも踊っていたので、かなりの回数ダンスを見ることができました。7回くらいから観戦に来ていたらしい女の子が真ん中に入って一緒に踊っていたりして微笑ましい光景も展開されていました。夜で、フラッシュがたける距離から撮れなかったので写真はどれもいまいちでした。次回はもっといい写真を撮れるように努力したいと思います。ちなみに彼女たちはダグアウトの上で踊り、試合は普通に観客席で応援しています。だから近くに座ることさえできれば、ナンパをしたりするのも自由自在です。



チームマスコットもいました。グラウンドレベルでは撮りにくいなと思っていたら、なんとスタンドにまで出没して子どもたちに声をかけたり写真を一緒に撮ったりして客席の盛り上げにも一役買っていました。せっかくなので近くまで行ってカメラを向けたらポーズまでとってくれました。その後にハイタッチをして握手もしてもらいましたが、軍手をつけていたのでちょっと笑ってしまいました。



試合観戦には当然子どもも来ます。8時過ぎに始まって終わるのが12時近くになる試合に子どもを帯同することに関して、生活上や教育上の問題を指摘していたらキリがありませんが、みんな一生懸命応援しています。この子もアウトをひとつとるたびに喜んで旗を振りまくっていました。

Estadio Cibaoでも日本と同じくいろいろな食べ物を売りに来ます。焼きたてのピザや果物といったものも売り歩いているので、そのあたりでは日本よりすごいかもしれません。一番の違いはビールです。日本のスタンドで一番多い売り子さんはビールだと思いますが、ああいうサーバーがないのかここでは生ビールは売っていません。ということで、飲みたい場合は缶ビールです。座席はブロックに分かれているのですが、飲み物に関してはブロックごとに担当者が決まっていて、直接買いにいってもいいし、呼べば注文を聞いてジュースや缶ビール、コップ、氷といったものを席まで持ってきてくれます。今日はとりあえずピザを一切れ食べました。ちょうど焼きたてのやつだったので熱々でおいしかったです。

2006年はこれが最初で最後の球場での野球観戦になりました。TVのほうが解説があったり、アップで見られるからいいという人もいますが、やはり球場で見る試合は一味違います。また、来年も見に行きたいと思います。

Constanza


サンティアゴ市から南に2時間くらい行ったところにあるConstanzaという町へ行ってきました。ここは標高2000mを越える高地にあり、ドミニカ共和国内ではもっとも寒い町です。当然夏は涼しいので避暑地としても知られています。あとは寒冷な気候を活かして、野菜の産地としても有名で、日系移民の方たちの移住地もあります。一面野菜畑が広がっていて、少し日本を思い出させるような風景に出会うことができました。

いつものお出かけだとグアグアを利用しての移動になるのですが、今日はシニア・ボランティアの方がコンスタンサに行くのに同行させていただいたのでSVの方の車で快適にドライブでした。しかも、朝はわざわざ家まで迎えに来ていただき、今日は一日お世話になりっぱなしでした。しかし今日は朝から雨、途中までは完全に舗装されているので問題はありませんでしたが、コンスタンサに向かう山道に入ったとたん、穴が開いていたり舗装がきれて砂利道になっていたりで大変でした。カーブもきついところが多く、道がでこぼこだったので一緒に行った同期の仲間はすっかり車酔い。という自分も一歩手前というようなところまでいきましたが何とか持ちました。



コンスタンサに向かう途中の道からサンティアゴ市の方を見た風景です。実際に見えているのはサンティアゴ市ではなく、その間にあるLa Vegaという町ですが、なかなかの絶景でした。



これもやはりコンスタンサに向かう途中にあった教会というかほこらです。中にはマリア像が飾られていて、なぜかたくさんのろうそくに火がともされていました。車から降りたときにドミニカ人男性3人から日本人かと声をかけられたので、どうしてわかったのか聞くとコンスタンサには日本人のコロニーがあるからとのこと。ぼくの方でもどこから来たのかたずねたら2人は首都からですが、声をかけてきた人はコンスタンサの人でした。ということで日本人の友人や知り合いもいるとのことで声をかけてくれて、ほこらの中についてもちょっとした説明をしてくれていました。

さて、コンスタンサですが、ここにはタイノ族(先住民族、すでに絶滅)の遺跡や滝などがあり、それらを中心に観光の振興を図ろうということで16年度1次隊で観光業の方が活動していました。18年度2次隊で後任の方が来ることになっていますが、前任の方が作成されたパンフレットを最終報告会のときにいただいていたのでそれを元にいろいろ見て回る予定でした。まあ、しかし気分を悪くしている同期もいたのでまずはコンスタンサに着いたところでお茶にしました。ホテルに併置してあるレストランで飲み物を頼み、ついでにホテルの料金を聞いて部屋も見せてもらいました。とりわけ高いわけではありませんが、部屋に対してこの値段はちょっとという感じでした。

休憩してみんな少し元気になったので、まずはタイノ族の遺跡へ向かうことにしました。道路状況はさらに悪化し舗装はなし。しかも雨のために水溜りやぬかるみ。いただいていたパンフレットでは一本道だったのですが、途中で分かれ道があり、とりあえず大きい道を選んでいくとなぜか行き止まり。まあ、行き止まった先でなぜかパーティーをしていたので、そこで道を聞き先ほどの分かれ道の細いほうへ。しかしここからますます道路状況は悪化し、中くらいの大きさの石は飛び出しているし、道の途中で川が流れているところも…。途中まではがんばって行ったのですが、ぬかるみや轍の関係でそれ以上進むのはちょっと厳しいと判断して引き返しました。

この時点で昼を過ぎていたのでいったんコンスタンの市街地まで戻り、別のレストランへ入って昼食にしました。メニューはいろいろあったのですが、用意できるのは4種類しかないとのこと。ぼくは迷いなくConejoを選択して注文しました。食べるという話は聞いていたのですが、これまで注文する機会がなかったのでチャンスを逃してはダメだと思ったためです。で、下の写真がその料理です。まあ、問題はConejoって何だということになると思いますが、要はウサギです。日本人の感覚的には食べるものではないですが、予想以上においしかったです。鶏の胸肉のような感じでしたが、もう少しジューシーで味もさっぱりしていたので食べやすかったです。わりとお値段の高めの店だったので調理している人の腕がよかったのかもしれませんが。



昼食のあと、別の場所に向かうことにしましたが、やはり道が同じような感じで今日の観光地見学は断念。とりあえずコンスタンサを見られただけでよしとすることにしました。年が明ければ隊員も来るので、また夏くらいにでもリベンジしたいと思います。しかし、かなり寒いと聞いていたので大丈夫かなと思いつつ長袖のシャツとジャケット1枚だけというかなりチャレンジャーな服装で行ったのですが、ジャケットは必要ありませんでした。まあ、チャレンジしたわけではなく単に秋冬物を持っていないというだけなのですが。というか現地の人は普通にTシャツ1枚とかいう人もいていくらなんでもそれは寒いだろうとは思いましたが、単に今日がそれほど寒くなかっただけなのかもしれません。ただ、これでドミニカ共和国内にいる間は手持ちの洋服だけで乗り切れるということが証明されたので、太ったとか着れなくなって数が足りなくなったということがないかぎりは買い足さなくてよさそうです。

とにかく観光報告は次回訪問時に。

日本から


16年度1次隊でドミニカ共和国に派遣され、算数プロジェクトで活動されていたOGの方が冬休みを利用して、ドミニカ共和国にいらしています。今日はシニア隊員の方のお宅を訪問されるということで、せっかくの機会ですからお話でもということで昼食をご一緒させてもらいました。お昼過ぎに行く予定だったのですが、買い物に行った先で鶏の胸肉がなかったので別のスーパーで買ってきて欲しいとの電話があり、予定より早く出かけました。いつもはご馳走になってばかりなのですが、今日は早く着いたので食事の準備も手伝うことにしました。まずはトマトのチャウダー用に野菜を切ったりの下拵え。煮込みはじめてから買ってきた鶏の胸肉とねぎをしょうゆと酒で味付けしてチーズがけにするということだったのでそれの調理をしました。みなさんわりときっちり調味料を計って味付けをしているようなのですが、そこまでマメではないのでしょうゆも酒もビンから直接フライパンに入れて味付けしました。それなりに、おいしかったようなのでよしとしましょう。しかし、全体的な調理法を把握しないで言われるままに作っていたので、最後のチーズを入れるときになってあわててきざんだりと、手際が悪いことこの上なかったのでやはり何をどのように調理するかということはしっかり確認しておく必要があるなと思いました。久しぶりにまともな料理を作ったのでちょっと楽しかったです。

後任として同じパイロット校で活動している同期の仲間がいるので、OGの方とは彼女が中心に話をしていました。同じ学校の話をしていても人が変われば印象が変わる部分は当然あるんだなといったことが感じられて聞いているだけでもけっこう楽しかったです。自分の荷物もいろいろとある中で日本からいろいろとお土産を持ってきていただき、みんなで分けてもけっこうな量をもらったのでかなり嬉しかったです。中でもスポーツ雑誌のNumberは日本で愛読していたので久しぶりに読めてちょっと感激しました。スポーツニュースはインターネットなどでチェックはしていますが、やはり本格的な記事を読めるのはいいものです。あとはなぜか酒のつまみをほとんどぼくがもらってしまいました。最近は家では飲まないことにしているので、今度みんなで飲むときに持っていこうと思います。

今日から野球のプレーオフが始まっているそうです。昨日球場の話題を載せたらコメントをもらいました。なんとÁguilasでトレーナーをしている方でした。今日は昼から飲んで酔っ払いのうえに、明日は家を6時半に出発して出かける予定があるので今日の試合は見に行けませんでした。基本的に平日の試合は夜8時からという設定自体がどうかと思うのですが、明日の帰りはそれほど遅くならないはずなので、帰ってきてからみんなで夕食という展開にならなければ観戦に行きたいなと思っています。まあ、夕食になってもそれほど遅くならなければやはり見に行きたいとは思いますが。ちょっと楽しみです。

Estadio Cibao


サミー・ソーサが日本球界でのプレーを希望しているとか、横浜に売り込みをかけたけれど断られたというような話題がネット上に出ていましたが、彼はドミニカ共和国出身の選手です。大リーグの選手を国別で集計するとドミニカ共和国はトップに位置するそうで、当然のことながら野球は非常に盛んです。今はウィンターリーグが開催中で、週に2回くらいはサンティアゴ市でも試合があります。野球はスペイン語ではBéisbolなのですが、ドミニカ共和国ではPelotaと呼ばれています。Pelota自体は小さい球、ボールという意味です。人口860万人の国ですが6チームがリーグ戦を戦っていて、大リーグが開催されるくらいの時期まで続きます。大リーガーなどもオフの調整のために参加していたりしますし、日本からも育成のために選手が派遣されています。





サンティアゴ市はドミニカ共和国第2の都市ですから、当然ここをホームにしているチームがあります。チーム名はÁguilasで鷲を意味します。チームカラーは黄色と黒。シーズン中のため、たくさんの車がチームの旗をつけて走っていたりします。で、本拠地がぼくの活動しているパイロット校の目の前にあるEstadio Cibaoです。残念ながらまだ中に入ったことはないのですが、けっこう立派な施設です。早く観戦に行きたいなと思っているのですが、なかなか機会がありません。TVでは見たことがありますが、日本でのバックネット裏にあたる席はかなりグラウンドに近い高さにあり、しかもネットがほとんどないのでいつファールボールが飛んでくるかわからなくて危険です。いい席ですが、自分の身の安全のためにもプレー中は気を抜けません。次によい席がおそらくダグアウト周辺です。選手に直接握手を求めたりサインをねだったりできます。しかも、試合中はダグアウトの上でアギラス・ダンサーズが踊っているので試合とともにダンスも特等席で見ることができます。



試合のある日はこのようにグッズを売っている露店が出ます。主なものしてはやはり各チームの帽子、旗、ユニフォームを模したTシャツなど日本と同じような感じでしょうか。この店は毎日出ているようですが、試合がある日になると店の数が増えるので、スタジアムの前を夕方くらいに通ればその日に試合があるかどうかがなんとなくわかります。試合日程は決まっているはずなのですが、どこから情報が入手ができるのかよくわからないので、その日か前日ぐらいにならないと試合があるかどうかわからないのが悩みのタネです。普段スタジアムの敷地の中を横切ることはないのですが、この日は写真を撮るために通ったら学校の生徒から声をかけられました。なんとダフ屋をやっていて、チケットはいらないかとのこと。夜に用事があって出かけるついでだったので買いはしませんでしたが、まさか自分の学校の生徒がダフ屋をやっているとは思いませんでした。



同じ敷地内にある屋内多目的競技場です。春先からの主にバスケットボールのリーグ戦の会場になります。日本と同じくコンサートやイベントなどがおこなわれていることもあるようです。バスケットボールは野球と人気を二分するくらいで、街中のあちこちにコートを見かけ、子どもたちが熱心にプレーしています。野球と同じくたくさんのスクールもあります。バスケが盛んなのは野球ほど道具が必要でないのも大きな理由でしょうか。であれば、世界的な傾向からいってサッカーが盛んでもいいと思うのですが、サッカーをしている光景はほとんど見ることができません。皆無といってもいいかもしれません。大リーグ、NBA、やはりアメリカでの成功を夢見る子どもたちが多いということなのでしょう。シーズンが始まればバスケの試合も観戦に行ってみたいですね。