プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Despedida4


16年度2次隊の先輩たちがドミニカ共和国から旅立っていきました。日本に真っ直ぐ帰国する人、帰路変更のシステムを利用して他の国を旅して帰る人それぞれですが、とにかく2年間の任期を終えて晴れ晴れとした表情でした。

1人は算数プロジェクトで一緒にこの4ヶ月間活動してきた方だったので、ぜひ見送りたいということで朝7時半のバスに乗って首都まできました。しかし、ここで問題発生。バスのターミナルから空港までタクシーで行く予定だったのですが、今朝になって交通機関のHuelgaが起きていてタクシーは使わないで隊員連絡所までまず来るようにと調整員の方から連絡が入りました。しかも基本的には隊員連絡所で待機。Casaに着くとちょうど先輩たちが出発するところでした。その車に乗れる人数だけ見送りに行けるということで、最初は無理かなと諦めかけたのですが何とかギリギリで見送りに行けました。

空港でチェックインを済ませ、ちょうどお昼に近かったので軽く腹ごしらえ。先輩はビールが好きだったということもあり、算数プロジェクトのメンバーでビールで最後の乾杯をしました。Presidenteを一緒に飲むのはおそらくこれが最後になると思うとまた普段とは違った味わいがありました。食べたあとはいよいよお別れです。写真などを撮ったりしながら最後の別れを惜しみつつ、出発ロビーへ入っていくのを見送りました。少し目が潤んでいる人もいましたが、みんな晴れやかな顔で日本での再会を約束しつつ、旅立っていきました。

一緒に活動してきた人たちが帰っていくのは寂しいですが、ドミニカ共和国への協力隊の派遣は年に3回。もちろんその分新しい出会いもあるわけですが、1年のうちに3回はこういった別れの瞬間があるということです。任地はそれぞれ違い任期が重なった期間も短かったので、ほとんど話をしたことがなかった人のほうが多かったですが、それでも報告会やいろいろな機会にたくさんのことを教わってきました。自分たちも先輩にいろいろ助けられてきたので、次は自分たちが先輩たちにしてもらったようにしたいと、同じプロジェクトで活動していた先輩はおっしゃっていました。年が明ければ18年度2次隊が赴任し、いよいよ自分たちも少しだけ先輩の立場になります。そこで、やはり同じように少しでも助けになれる自分でいたいなと思いました。そして離任の際には同じように晴れやかな表情で別れを惜しんでもらえるようにしっかりやっていきたいと思います。

夜はHuelgaの余波で危険があるかもしれないということで、なるべく外出は控えるようにとの指示が出ていたので、スーパーで食料などを買ってきてCasaで食事にしました。任地が違う同期もきていたので、久しぶりに18年度1次隊の6人が揃っての食事でした。5人ではいつも顔を合わせているのでいいのですが、1人だけ離れているところにいる仲間も元気で過ごしているようだったので、こういった機会にいろいろ話でできてよかったです。

電気事情


今日は先日までとはうってかわって快晴といいたいところですが、たまに雨の降るような天気でした。とはいえ、日中の大部分はいい天気で、歩いていると汗をかくような状態でした。

月曜日に頼まれていたプリントの印刷のために朝から事務所に行っていました。朝の早い時間には電気があったのですが、8時半過ぎには停電。先輩隊員も印刷のためにきていて先に譲ったのが失敗のもとでした。先輩隊員が印刷を終わるころには停電が長引いたためか蓄電器も怪しくなり、6クラス分印刷するつもりが2クラス分印刷し終わったところでコピー機が使えなくなりました。ノートパソコンはそのままバッテリーで使えたので仕事的にはそれほど差し支えはありませんでしたが、昼になってもけっきょく電気は戻りませんでした。

昼食を食べに行って、電気が回復しているのを期待していたのですが、やはりダメでそのまま学校に行きました。学校についたころに電気が回復したので、また事務所に戻って印刷の続きをしました。明日はDia de san Andresでサンティアゴ市では卵を投げる習慣があるそうで、危険なので学校は休みだそうです。金曜日は安全対策協議会があり首都に行かなければいけないので、今日を逃すとプリントを渡すのが来週になってしまいます。そのため、プリントは金曜でもいいと言われたのですが、事務所を往復する羽目になりました。

4時20分ごろに再度学校に行ったのですがなぜかその時点で授業は終了していました。仕方がないのでプリントを渡して、家に帰りました。とりあえず洗濯をして、勉強会があったのでまた事務所に行きました。思ったより洗濯に時間がかかってしまったので遅刻してしまいましたが、何とか参加できました。

終わったあとは同期の1人と一緒に食事に行きました。野菜のたくさん出る店に行ってこれまでに頼んだことのなかったサラダを頼んだのですが、今までと違う雰囲気でチーズとトマトのサラダが出てきました。今までと違ってそれほど野菜の量は食べられませんでしたが、味は良かったです。軽くのはずがけっきょく帰ってきたのは12時過ぎ。明日も早いのでもう寝ることにします。

大雨


今朝の目覚めはいまいち。ベッドの上1/3くらいが使えなくて、足を落とすような状態で寝ていたので当然といえば当然ですが。かびたりしても嫌なので、今朝はカーテンも窓も全部開けて出かけました。当然ですが、家を出る時点では快晴です。火曜日なので事務所での定例の会議で、来月の頭にある講習会のリハーサルでした。その講習会の打ち合わせをおこなっている途中で徐々に天気が悪くなり、また雨が降り始めました。それは1時間とかからないうちに止み、それほど雨脚も強くなかったので、窓を開けていたことを心配していた自分としてはホッと一安心でした。

午後からは教職員組合の会議のため、授業がなかったのでそのまま事務所で仕事をしていました。しかし2時過ぎから今度はバケツというかドラム缶でもひっくり返したような大雨が降り始めました。1時間もしないうちに事務所の前の道路も半分くらい冠水してしまい、相変わらずの一時排水能力の低さを見せつけてくれましたが、問題は部屋です。事務所のある地区が停電になっていたこともあり、やりたかったコピーなどの仕事ができなかったので、家の様子を見に帰ることにしました。

歩いて帰れるような状態ではなかったのでタクシーを呼びましたが、すでに歩道は足首まで水があるような状況。事務所の駐車場で何とか靴を濡らさずに乗ることができましたが、道路脇に立っていて車の跳ね上げる水で全身ずぶ濡れになってしまっているような人もいました。家についてから急いで部屋の様子をチェックをしましたが、思ったほどは濡れていませんでした。昨日とは違い風向きがよかったようですが、それでもマットレスはまた濡れてしまいました。シーツと枕は乾かすために別の場所にあったので無事でしたが、今夜もまた苦しい体勢で寝ることになりそうです。

しかし、いわゆる雨季は5月・6月くらいで、この時期はこんなに強く雨が降ることはないと事務所のドミニカ人もビックリしていました。日本でも毎年異常気象が叫ばれていますが、どこに行っても同じなのかなと思わずにはいられませんでした。とりあえず、ベッドの配置を真剣に考え直す必要がありそうです。


昨日も珍しく夜に雨が降っていましたが、今日も今ひとつパッとしない空模様。と思ったらちょうどお昼を過ぎたあたりから雨が。真昼間に降るのは本当に珍しいです。まあ、こちらはすぐにあがったので午後の勤務のために学校に行きました。一雨きたあとはカラッと晴れるというパターンが多いのですが、今日はぐずついたまま。そうこうしているうちに3時半くらいからまた雨が降り始めました。ちょうどレクレオの時間くらいだったのですが、続くと後半の授業が心配だなあと思っていたら案の定4時20分には授業が終了してしまいました。雨での授業短縮としては最速記録でしょうか。かなり雨脚は強かったのですが、止む気配がなかったのでそのまま帰ることにしました。

雨が強かったこともあり、5分後にはズボンの裾はすっかり濡れ、10分後には傘を持っていない左袖もずぶ濡れでした。20分もすれば背中もかなり濡れていましたが、まあそれくらいの被害で何とか家までたどり着くことができました。ただ、家に着いてから問題が…。窓は全部閉めていたのですが、以前と同様に雨が吹き込んでいて、今回はベッドを移動させることができなかったので、すっかり枕やシーツ、マットレスの窓際の部分が濡れていました。ベッドの上に置いていたパソコンには被害がなくて幸いでしたが、さて、今日はどうやって寝ましょう?

祝・開通♪


ぼくが昨日寝たのは2時。踊っていたメンバーは3時とか4時過ぎになった人もいたようです。ということで、ぼく自身は7時過ぎくらいには起きたのですが、遅い人は朝食終了時刻の10時を過ぎても寝ている人がいたようで、9時半くらいから朝食を食べているメンバーが多かったようです。同じ部屋の人も起きたのは9時半過ぎで、ぼく自身は8時半くらいから食べていたのですが、飲み物を飲むくらいはと思って一緒に食事会場に行きました。まあ、けっきょくは同期メンバーと話をしていたのですが。




13時チェックアウトだったので、朝食のあと多少は泳げるかなということで海に行きました。11時頃から12時過ぎまで1時間ちょっと泳ぎました。一緒の部屋の先輩隊員と同期メンバーの1人がぼくたちが昨日行った珊瑚のあたりまで行きたいということで一緒に行きました。相変わらず浅い海に苦戦しながらも珊瑚の周りではたくさんの魚や珊瑚の様子などを楽しみました。昨日との一番の違いは異常な数のクラゲがいたことです。Punta Ruciaの時とは違い、刺すような種類ではなかったので気にせずに泳いでいましたが、気にならなくなるまではけっこう気持ち悪かったです。泳いでいる途中で思い切り珊瑚を蹴ってしまいまた左足の親指が切れてしまいました。今回は踵もちょっと打撲気味です。左足には災難な2日間になりました。

しかも部屋の鍵を海の中に落としてしまいました。他の部屋は1つしか鍵をもらっていなかったのですが、なぜかぼくたちの部屋だけ2つ鍵をもらっていたので部屋に戻るのには特に問題がありませんでした。チェックアウトの際も特に何も言われなかったので一安心でした。




サンティアゴから参加していたシニア・ボランティアの方が車で来ていたのでぼくたち同期メンバーを一緒に乗せて帰ってくれました。まっすぐ帰ることができたので暗くなる前にサンティアゴに着くことができ、非常にありがたかったです。ただ、ぼくの家は他のメンバーの家からはちょっと離れているので家まで送ってもらうのは遠慮して途中で降ろしてもらい、残りは自力で帰りました。

家に帰ったら以前からお願いしていたインターネットが開通していました。モジュラージャックの差込口が部屋にないのでまだリビングで使っているだけですが、今度部屋まで延ばしてくれるそうです。ADSL回線なので比較的ストレスも少なく使えますし、ありがたい話です。ということで、昨日の分の文章と今日の日記はつながったばかりの回線を利用してのアップです。今後はできるだけ毎日更新していくようにしたいと思っています。