プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

ビア・ガーデン?


水曜日に授業のための買出しに行った時に買えなかった1年生のスペイン語の教科書を買いに行ってきました。まあ、いつまで役に立つのかはわかりませんし、ほとんどというか全員が教科書は持っていないので授業自体には使えないのですが、何をどういう順序で教えるかは押さえておきたいと思ったからです。まあ、当然最初はアルファベットからで、予想通り母音から教えて子音を教えるという順序になっていました。アルファベット順に全部の文字を教えてから単語に入ろうかと思っていたのですが、KやWのように基本的には使わない(外来語に対してのみ使用)文字もあるので、教科書の順で教えていくことにしたいと思います。

教科書を買いに行った文房具店はたぶんサンティアゴ市では一番品揃えが充実していて、いかにも高級店という感じです。今ちょうど商品展示が変更になる時期のようで、店内の一部のディスプレイが交換中でした。では、何の展示がおこなわれるかということですが、クリスマス商品です。ツリー用の木などがけっこうな数置かれていて、デコレーション用のモールやオーナメントなどが置かれているところでした。まあ、もう終わりで明日から10月ですが、まだ9月です。クリスマスまではほぼ3ヶ月あります。日本でも年々クリスマス商戦は早まっていますが、それにしても早すぎるような気がするのは気のせいでしょうか。確かに、同じアパートの2階の部屋の扉にクリスマスの靴下がすでに飾られていてビックリしたりもしましたが、一体いつぐらいからクリスマスムードが盛り上がってくるのか楽しみになってきました。

買い物がちょうど終わったころに同期メンバーから電話がかかってきて、Plaza Internacionalの場所を教えて欲しいといわれたので教えて、何をしているのかと聞かれたので買い物が終わって帰るところと答えてその場はそれで電話を切りました。帰っている途中にまた電話があって、時間があるんならモニュメントのところに行ってビールでも飲まないかと誘われたので、また逆戻りしました。天気が非常によかったこともあり、けっこうな距離も歩いて喉がからからだったので、最初に買った大瓶2本はあっという間に空いてしまいました。もう2本買って結局昼間から2人で大瓶4本飲みました。モニュメントは高台にあるので風の吹き抜けもよく、陰にいると涼しくて快適に過ごせます。暑い中、外で飲むビールは最高です。週末は家に引きこもっていることが多いので、たまにはこうして外で過ごす時間というのもいいものです。

授業2日目


授業2日目です。昨日来ていた8人の子のうち3人が休み、新たに3人を受け入れて今日も8人で授業がスタートしました。新しく来た3人のうちの1人は、午前中のもう1人の1年生の先生のクラスから、私のところではまったく勉強しないからと回されてきました。まさか厄介払いをするようなことがあるとは思いませんでしたが、とりあえずぼくのところではそれなりにやっていたので一安心です。その先生は女の先生だとやらないから男の方がいいだろうと言っていたのですが、正式に来る担任はたぶん女性なのでそうするとやはり問題になると思うのですがあまり先のことは考えていないようです。

とりあえず休憩の時間まではLengua Espanolaをしました。昨日とは一転して落ち着いた雰囲気で授業がすすみました。みんなそれなりにアルファベットを書く練習はしていました。しかし、手を持って書き順を教えてみても一人で書かせるとそれをまったく無視していたり、罫線があるのも気にしないで斜めになっていったりと苦労は絶えません。

それから問題はえんぴつです。1人の子は1本も持ってきていませんでしたし、1人の子はロケットえんぴつを持ってきていて、それを壊してしまって小さい先の部分だけ持って書いていました。消しゴムを持っていないのは当たり前ですし、1人の子が持っているえんぴつもたいていは1本か2本だけです。えんぴつ削りもないので芯が折れたらそこで書けなくなってしまいます。ぼくの通っているパイロット校はバリオから来ている子たちも多く、なかなかそういう意味では十分な準備をしてくれない家庭もあります。そういった物質的にも不十分な環境の中で、一定の質を保った教育をどうやっておこなっていくかということも課題です。

しかし、根本的に教師の言うことを聞かない子も多いので、もし必要なところまで終わらなければ休み時間にも勉強してもらうよということを言っておきました。単なる脅しで終わると次から効果がないので、2人の子は休み時間に入らせませんでした。1人はそれで何とかやりましたが、もう1人は最後まで結局やりませんでした。何を話しかけても返事もなければ、ぼくの方を見ようともしません。何のために学校に来ているのかもよくわかりませんが、とにかく別の方法を考える必要があります。

休憩のあとは算数の授業にしましたが、休憩前までは何とかもっていた子どもたちの集中力も休憩後には完全に途切れていました。アルファベットの練習をしているスペイン語の授業と違って全体指導が中心の算数では、発表方法のルールがまだ浸透していなくて、質問をすると全員が好き勝手に答えますし、自分が当ててもらえないとすねてしまう子もいます。前にでて書かせる方法もとっていると、やりたい子が前に出てくるので立ち歩きも始まってしまうので、ここでうまく言い聞かせることができず授業がストップしてしまいました。とりあえず全員が話を聞くまでは授業を進めないよということを言って黙っていたのですが、日本の子たちのようにそれで静かになるようなこともありませんでした。朝の段階のうちに予定までいかなければ時間になっても帰さないからということをいっていたので、終業のベルがなっても10分弱帰らせませんでした。

本当はもう少しやっていたかったのですが、弟や妹を迎えに来た上級生が踏み込んでこようとするのでそれ以上おいておけませんでした。始まる時間はまったく守らないわりに終わりの時間はきっちり守って、延ばそうとすると教師に対してでも平気でかみついてきます。次は鎖と鍵でも買って中から閉めておこうかとも思いますが、どちらにせよ外野がうるさいので授業にはなりません。とりあえず泣いてもわめいてもぼくは気にしないことはわかったと思うので、月曜日からはもう少し指示が通るようになっているといいのですが…。今のところは子どもが日替わりになるので、いちいち最初からやり直しになるというのも面倒な話です。まあ、日本でも1年生に対する躾が1日や2日でできるわけではないので、同じことを何回も繰り返して少しずつ浸透させていければいいかなと思います。

いい話も一つ。学校は登録制のため、学齢になっても入学していなかったり留年していたりで子どもの年齢はバラバラです。今のクラスにも8歳か9歳くらいの女の子がいます。日本でいうと3・4年生くらいでちょうどいわゆるギャング・エイジのため、授業中は一番立ち歩きやおしゃべりがひどい子ですが、一番の世話焼きでもあります。字を書いたりするのも早いので、彼女にメリエンダを取りにいってもらっています。今日はちょうど休憩の前に1人新しくまた入ってきて9人になり、それを忘れて8人で人数報告をしてしまったために1人分足りませんでした。急いでもう一度もらいに行ってもらったのですが、もう配っている場所が閉まっていてあと1個もらえませんでした。彼女はメリエンダを非常に楽しみにしていて、それで自分でも取りに行きたいと思っているのですが、帰ってきたときには私はいらないと言って他の8人に配ってしまいました。授業中に係の人が教室の前を通ったときに1個足りなかったということを言うと出してくれるということで彼女がまた取りに行って、帰ってきてから嬉しそうに飲んでいました。自分が一番の年長だということもあるのでしょうが、自然に他の子に譲ってあげられる優しさを持っているというのは勉強ができることよりも大事なことだと思いますが、彼女のおかげで授業がなかなか進まなくなるのも事実です。うまく育ててあげられるといいのですが、道はなかなか険しいです。

転機


未だに授業の始まっていなかった1年生1クラスの授業が今日から始まりました。しかしながら、担任はまだ到着していません。まあ、それでは誰が授業をしているのかということになりますが、非常に恐ろしいことにぼくがやっています。

先週末の段階で5週間が経過して、まだ担任が未定の状態が続いていたので、シニア隊員と相談した結果、今週の水曜日からぼくが授業をすることを校長に提案しようということになっていました。しかし、地方教育事務所の所長が今週には新しい先生がくるということを言ったので、その話は一時保留にしようということになりました。しかし、月曜日にはまだ来ておらず、校長に確認したところ今週から新しい先生が来るという話すら校長は知りませんでした。校長が知らないのであれば、今週は来ないなと判断したので、その場で今週もし新しい先生が来なかったら来週からぼくが授業をするということを提案しました。校長からはシニア隊員は了解しているのかと聞かれ、もちろんと答えると授業をすること自体はあっさりOKでした。

ここで大きな問題が一つ。午前中で実質的には4時間しかありませんが、さすがに全部の時間を算数にするわけにはいきません。理科は何とかできるかもしれませんが、社会はまず不可能です。そこで授業を代行するのを決めた時点でLengua Espanola、スペイン語の授業もやらせてくれるように頼むつもりでした。1年生のはじめなので基本的にはアルファベットの読み書きを教えることが中心で、ちょっとすすんでも単語を書いたり短い文を書いたりするだけなので、喋れなくても何とか教えられるだろうという判断です。しかし母国語教育を外国人、しかも十分にスペイン語を話せない外国人に任せてくれるかというのが大きな問題でした。しかし、社会と理科は教えられないとぼくが言うと、校長はあっさりとスペイン語と算数だけでいいと自分から言ってくれました。どうやって説得しようかと考えていたぼくが馬鹿みたいなあっさりさ加減でしたがとにかく先生が来なかったらぼくがしばらく授業をするということが月曜日に決定しました。

で、来週からの予定だったのですが、水曜日の朝に校長に呼ばれて、これから子どものところに電話をかけるから明日から授業をやってくれと言われました。準備は少しずつ始めていたのですが、来週からのつもりだったのでさすがに焦りました。しかし、一日でも早くスタートを切ったほうがいいのは事実なのでOKして、昨日の授業観察は全て放棄して、今日以降の授業準備に時間を充てました。で、あわてて家にパソコンを取りに帰って、急いで事務所に行って仕事をしようと思っていたら鍵の閉じこみという馬鹿なことをやって逆に時間をロスしてしまったわけです。

とにもかくにも何とかクラスはスタートしました。最初は校長が保護者や子どもに授業開始が遅れた理由、日本人が授業をする理由などを説明してからスタートするのだろうと思っていて自分の部屋で準備をしていたのですが、1年生を連れた子が、副校長にぼくのところに行けと言われたと言って来て慌てて教室に行くと、なぜか昨日教室移動したはずの先生がその教室に戻っていて、使う予定だった教室が使えませんでした。で、副校長を呼んでくると、なぜ教室をまた変わったのか副校長自身もビックリして、その先生に理由を聞いていましたがぼくにはよくわかりませんでした。とにかく空いている教室はあと1つしかないので、そこの扉を開けてもらって子どもたちを教室に入れました。

名簿もないので、まずは名前を聞いて名簿作りからはじめなければいけませんが、綴りがわからないのでそれは副校長にやってもらいました。今日結局校長は学校に来ず、まさか説明なしで授業をスタートすることになるとは思いませんでしたが、日本人が授業を持つことになった理由については副校長が来ていた保護者には説明していました。子どもたちもぼくが授業を持つことに対しては特に疑問も抱いていないようで、そのことについて質問されたりということもなくあっさりと授業が始まりました。本当にそれでいいのかという思いはあったのですが、受け入れられたということに関しては一安心でした。子どもは30人くらいと校長は言っていたのですが、今日はわずか8名での授業でした。

1年生の最初は日本でもけっこう大変でしたが、スペイン語をまだうまく話せない状態で授業というか躾をしなければいけないことの大変さを痛感させられた一日でした。まず、子どもたちが何かしたときに的確に指示ができませんし、子どもが話しかけてくることに対してすぐに返すこともできません。その状態では自分の考えをうまく伝えることもできず、ましてや家庭などでの躾も十分にされているとはいえない子どもたちが多いので、席にきちんとつかせて話を聞かせるということができませんでした。授業の様子については明日の授業も含めてちょっとずつ伝えていければと思いますが、もっとスペイン語の勉強をしっかりやっておけば良かったと心底痛感した1日でした。

おまけ。悪いことは続くものです。電子辞書が壊れました。日本から送ってもらわないと…。念のために紙の辞書も持ってきておいてよかったですがしばらくは不便しそうです。


北海道日本ハムファイターズがパ・リーグのシーズン1位通過を決めました。Felicidades!大変喜ばしいことではあるのですが、ドミニカ共和国にいてはプレーオフも日本シリーズも見に行くことができません。まあ、まだ日本シリーズへの進出が決まったわけではありませんが、北海道で初めての日本シリーズには何があっても絶対に行くと心に誓っていたので、今年開催されるとなると、協力隊への参加の今までのところ唯一の後悔となりそうです。こんなことで後悔するのかといわれそうですが、初の地元開催の日本シリーズを見られないというのは野球好きにとっては、かなり厳しいものがあります。それでも、来年以降も確実にプレーオフや日本シリーズにいけるとはかぎらないので、ペナントは取れるときにとっておいてほしいと思います。それがまた北海道での日本ハム人気の定着につながると思いますし。まあ、日本で見られない分はこちらのウィンター・リーグで発散したいと思いますが、早くシーズンが開幕してほしいですね。

鍵の閉じこみをやってしまいました。日本でもやったことがないのに、サンティアゴに来てわずか2ヶ月でやるとは思いませんでした。部屋も家の扉も鍵を使わなくても鍵をかけられるタイプなので気をつけなければなと思っていたのにもかかわらず、やってしまうあたりが注意力散漫です。ちょっと仕事が忙しくなっていて、食事を食べたあとに早く事務所に行きたいという焦りがあったのは事実ですが、それにしても情けない話です。スペア・キーもマスター・キーもなくて最終的には鍵を壊して開けることになりました。鍵の交換とそれにかかる費用で1000ペソ(3500円)以上払うことになって、わざわざ高い金を払って勉強させてもらいましたが、鍵はきちんと鍵を使ってかけようと心に誓いました。

学校の準備のために午後からはわざわざ学校に行かずに事務所で作業することにしたにもかかわらず、結局この鍵の交換のために家に足止めを食ってしまい2時間半近く時間をロスしてしまいました。鍵の付け替えが終わってから急いで事務所に行って、仕事を片付けたのですが、予定していたところまではすすみませんでした。とりあえず今週分は何とかなるかなというところまではいったのですが、今週末は集中して仕事をする必要がありそうです。1号報告書を書き終わったのは唯一の救いですが、経理関係の書類の処理がまったくすすんでいないのが大問題です…。

New PC


事務所に新しいパソコンが到着しました。SonyのVAIOです。初期起動時のセットアップは首都のJICA事務所の方でおこなっていたようなので問題なかったのですが、Officeのライセンス認証がされていなかったり、日本語の読み書きができない状態だったので、誰かがそれらの設定をおこなわなければいけませんでした。では、誰がそれをするかということなのですが、他にできる人がいないので仕方がありません、ぼくがやりました。どこに行っても相変わらずPC担当になってしまっています。いいかげんこの状態からは脱却したいと思っているのですが、まあ誰かがやらなければいけないことにかわりはないので…。

今まで事務所ではHP1台と東芝のノートが2台ありましたが、日本語のWindowsOSが入っているのが東芝の1台だけ。しかもその1台はかなり遅くていまいち使う気がしません。東芝のもう1台はドミニカ人スタッフのほぼ専用機となっているので日本語が使えなくてもとりあえず関係ありません。HPのノートは着任したときには日本語の読み書きができなかったので、それはできるように設定を変更しました。こちらはOSがスペイン語版であることをのぞけばそれほどストレスなく使えます。今回到着したVAIOはCPUがPentiumM1.8GHzでメモリは1G、HDDは80Gということでけっこうな高性能機です。日本語OSではないのにはかわりありませんが、他の隊員に確認したところOSは英語ではなくスペイン語のほうがいいということだったのでOSはスペイン語で設定しました。しかし、自分的にはこれがけっこう失敗で、PC関連用語は英語のほうがはるかによく理解できます。全部の設定が終わってからスペイン語にすればよかったと思ったのですが、もう一度英語に戻してまたスペイン語にするのも面倒だったのでそのままやりました。けっこう勘でやってしまった部分もあって大丈夫かなという感じですが、まあ問題ないでしょう。

午前中は定例の会議だったので、午後から学校に行かずにこれらの作業を済ませました。事務所で作業をしていると日曜日に続き、また緊急連絡網が回ってきました。任地の近くで同期隊員の1人が通っているLicey Al Medioというところでデモが起きていて、サンティアゴまで飛び火することはないと思うけれど、念のため早めに帰って夜間の外出はしないようにとのことでした。明日は通常通り勤務していいという連絡が10時半くらいにまた回ってきて、こういった連絡をして夜中や休日まで働いているいる調整員の方も大変だなと思いました。