プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Juego de azar


現地語学訓練の総まとめとして、8つのテーマの中からそれぞれが選んだテーマについて調べて、プレゼンをおこないました。ぼくは6人の中では最後にテーマ選んだため、それほど選択の余地があったわけではありませんでした。残り3つのうち人種差別といった重いテーマを回避した結果、Juego de azar宝くじといった運に頼った遊び、要するにばくちですが、これをテーマにしました。街中のいたるところにBanca(くじを買うところです。ちなみに銀行はBanco)を見かけるので、調べるのも簡単だろうと思ったのも選択理由のひとつです。

本当はきちんと話せばいいのですが、視覚に頼ることにしたので、とりあえず街中で見かけるその手のものを全て自分で試してみることにしました。あまり好きではないので日本でも買ったことはなく、スペイン語で説明を聞かなければいけなかったのでちょっと大変でした。

まず挑戦したのがFracatanという日本にもよくあるスクラッチくじです。さまざまなタイプがあって、10種類買ったのですが10ペソだけ獲得できました。基本的には6つある数字のうち3つが合っていれば、その金額をもらえるというものでした。1枚10ペソです。1つだけ1枚20ペソのものがあって、それはビンゴ形式になっていました。削ったあとに25個の数字が現れるので、それを下にあるビンゴのカードにチェックしていきます。揃い方によってもらえる金額が変わってきます。TやL、Xといった特殊な形に揃うとより高い金額がもらえるというもので、聞いている人たちも興味津々のようでした。

同じところで日本の宝くじのように数字が印刷されたくじのチケットも購入しました。1枚の紙に10枚の同じ数字のチケットが印刷されていて全体で100ペソです。数字が5桁なので日本の年末ジャンボといったものよりは当選確率は高いです。このくじはだいたいFracatanと一緒の場所で売られています。一緒の場所といっても、繁華街やバスステーションなどの人の集まるような場所の道端で売っていて、これもBanca同様いたるところで見つけることができます。

Loteriaも買いました。日本のLotoと同じようなものです。1〜27のうちから5つの数字を選ぶもの、1〜38のうちから6つの数字を選ぶものの2種類があります。5つを選ぶものは4つか5つの数字が、6つを選ぶものについては3〜6つの数字が合えば当選です。Loteriaは他にPaleという種類のものがあります。2桁の数字を自由に2つ選ぶもので、発表される1〜3等の数字に選んだ数字が両方入っていれば当選になります。面白いのは、ドミニカ共和国の人たちはこの数字を選ぶのに夢を利用することです。例えば、夢の中にピストルを撃っている男性が出てくれば45を、鶏が出てくれば5を、馬が出てくれば6を、曲がりくねった道が出てくれば8を選ぶというようにそれぞれの夢に対応する数字が存在するそうで、誰に聞いてもすぐにいくつかの例を教えてくれるのには驚きました。ただ、なぜその数なのかについてはよくわかっていないようでしたが。

語学学校は明日までですが、校長先生が今晩からドミニカを離れて旅行に出てしまうため、1日早く修了証をもらいました。修了式の日には毎回食事会をやっているそうで、ドミニカ料理を先生方みんなと食べながら楽しく過ごしました。約1ヶ月の訓練で100時間の授業を受けたことになります。これでいよいよ活動です。語学が上達している実感はなかなか持てないのですが、これからは自分で勉強しながらしっかりやっていきたいと思っています。

父の日


サント・ドミンゴで過ごす最後の休日ということで、今日は特に予定も立てず、それぞれのステイ先の家族と過ごしました。Hermana一家が教会のミサに行くときに誘われたので、一緒に行ってきました。旦那さんとは以前に少し宗教観について話をしたことがあって、神の実在は信じていないということをぼくが言っていたので、誘ってくれたのかもしれません。日本人一般には無宗教の人が多いと思いますが、ぼく自身は無神論者です。神の存在に対する自分自身の考え方は、国民の90%以上がカトリック信者であるといわれるドミニカ共和国の人にはちょっと聞かせられませんし、ここにも書けません。この手の話題には触れないのが無難なのですが、話をしていると仏教の考え方などを聞きたがったりするので、予想以上に話題にのぼることが多く、一般論でかわすことにしています。まあ、どちらにせよ、正月には神社にお参りに行き、クリスマスを祝い、大晦日には除夜の鐘を聞くという1年を過ごし、七五三のお参りをし、結婚式は神前とチャペルでおこない、お寺で葬式を挙げるというような宗教の混在ぶりは、日常の中に宗教が根付いている人たちにはかなり理解しづらいとは思います。ちょっと話が脱線してしまいましたが、ミサ自体は興味深かったです。日本での神事や仏事はどうも堅苦しくて面倒な印象が強いですが、司祭や侍祭の説教の合間合間にゴスペルの合唱があったりして、厳粛な中にも楽しげで和気藹々としたムードがあり、ごくごく日常の当たり前の一光景として息づいていました。今日は父の日だったこともあり、最後にはお父さんたちが前に集められて司祭から祝福を受けていました。終わってから感想を聞かれましたが、実際問題としても説教の内容がよくわからなかったということで、それ以上は特に何か聞かれることはありませんでした。ミサに参加するのは初めてだったので、いい経験になりました。

父の日でした。まあ、だからといって特に何かしたわけではないのですが、街中のいたるところでお父さんたちを祝福する光景が展開されていました。ミサに行く途中の道でも知り合いのお父さんに会うと片っ端から祝福していきます。Hermanaの旦那さんも何人から祝福されていたかちょっとわからないくらいです。家に帰ってからも会えない人には電話をかけ、電話を受け、お互いに祝福しあっていました。もちろん何かを贈って気持ちを形にするということもあるようですが、このように心からの祝福をたくさんの人から受けるというのは、何かをもらうよりもはるかに幸せなことなのかなとも思いました。心に響くいい風景でした。

グアグアにて


コロンブスの家族が3代にわたって住んでいたという家を見に行ってきました。コロンブスはスペイン・カリブ海諸島間の航海を4度に渡っておこなっていますが、イスパニョーラ島滞在中において結局この家には住まなかったそうです。珊瑚を利用して作られた住宅で、オサマ川に面した利便性の高い場所にあります。防衛施設としての側面もあったようで川に面した庭には大砲が設置されていたようでした。部屋数は20を数え、音楽の演奏専用の部屋もありました。暑い地域の家らしく、天井が高く風通しが非常によい快適な建物でした。

女性陣の要望によりサーティーワン・アイスクリームを食べていた時に、店内で靴磨きの子どもたちに声をかけられました。何度断ってもなかなか諦めず、隙があれば勝手に靴を磨こうとするのでなかなか落ち着いてアイスを食べられませんでした。1人は洗剤のようなものを付けられてしまいましたが、それでも断り続けたので最後はなんとか諦めてくれました。必要のないぼくのスポーツサンダルまで磨こうとするのには参りました。ちなみに食べたアイスはマンゴー・タンゴ。ぼくにとってはあまりにも甘くて途中で食べる気がなくなるくらいでしたが、女性陣にはいい味のようでした。

アイスを食べて休憩を取ったあとは歩いて中華街へ移動。現在中華街のシンボルである門を建設中で、街路も新しく石を敷き詰めたりしていて、工事中ですがたくさんの活気に溢れていました。中華雑貨店を1軒のぞいたあと、先輩隊員おすすめの中華料理屋で昼食をとりました。注文したのは、春巻、麻婆豆腐、チャーシュー入りチャーハン、牛肉入り焼きそば、ワンタンスープです。ドミニカ共和国の料理は野菜が少ないので、具沢山の野菜が入っているのがうれしかったです。麻婆豆腐はこちらの人の好みに合わせているのか辛さは控えめでピリ辛かなくらいの感じでしたが、辛い食べ物を食べる機会もほとんどないので久しぶりの感覚でした。どの料理もとても美味しくて、サント・ドミンゴに来たときにはまたぜひ行ってみたいと思いました。

今日は基本的にお買い物へのお付き合い。女性の買い物についてのコメントは控えさせていただきますが、スーパーマーケットが非常に混んでいて、レジを抜けるのに20分以上かかるというような状態はちょっと辟易してしまいます。行った場所がサント・ドミンゴでも最大の繁華街のひとつで、客も多いというのもありますが、それにしても…。

帰りはグアグアに乗って帰ったわけですが、いろいろと面白い出来事がありました。まずは、男の子を連れた母親がCobradorに息子は座っていないから息子の分の料金は支払わないと言い出したこと。しかし、そのときには他の乗客がつめて、その子を座らせていたので次は1人10ペソ(料金は15ペソ)しか払わないと言い出しました。いろいろとやり取りがあったあと、Cobradorはその親子を降ろしてしまいました。もちろん彼女は料金を払わず降りました。
また、途中で聖書を持ったおばあさんが乗ってきて、乗客全員にあいさつをしていたので元気なおばあさんだなと思っていたら、グアグアが動きはじめてすぐにキリスト教についての説教を突然始めました。しかも、年配の女性とは思えないようなハリのある大声で。グアグアのエンジン音はかなりうるさいのですが、まったく負けておらず一番前から一番後ろに座っていたぼくのところまでしっかり声が届いていました。日本でこんなことをしたら問題になりますが、割と他の乗客は平然と聞き流していました。1人の男性などはその内容について議論などをしていたのですが、もちろん赤の他人です。延々20〜30分続いたでしょうか、なかなか面白い経験でした。
他に、ボーっと窓の外を眺めていたら子どもたちがある会社の前で野球をしていました。突然警報音が聞こえたと思ったら、子どもたちがバット代わりに使っていた棒を投げ捨てて、ダッシュで逃げていました。どうもそのオフィスの窓か何かのガラスを割ってしまったようでした。こういうあたりは日本もドミニカもかわりがないのかなと思いますが、逃げ足の速さは素晴らしかったです。

Museo del Hombre Dominicano


Museo del Hombre Dominicanoに行ってきました。直訳するとドミニカ人博物館ですが、内容としては歴史博物館です。4階建ての建物の3階と4階部分が博物館になっていました。3階は先住民族だったタイノ族の生活の様子や文化、またカリブ海や中南米周辺諸国の先住民族とのかかわりなどについての展示でした。コロンブスがイスパニョーラ島を発見した15世紀末の時点でも石器や土器を中心とした道具を使い、漁業や狩猟で生計を立てていたようです。また、古代日本と同じように、呪術的な要素を含んだ祭祀が重要視されていて、神様の像やお守りといったものもありました。ただ、重要な祭祀などには男性しか出席できなかったようで、完全な男性上位社会だったそうです。

4階はコロンブス到着以降の歴史を中心とした展示となっていました。タイノ族にとっては迫害と絶滅への道をいうことになります。ドミニカ共和国の国民のうち70%以上がムラートと呼ばれる白人と黒人の混血のすすんだ人たちです。では、黒人の人たちはどこからやってきたのかというと、アメリカと同様にアフリカから奴隷として連れられてきたわけです。ですから、展示されている内容はヨーロッパからもたらされた文化、アフリカからもたらされた文化、そしてタイノ族が育んできた文化の混血の歴史でもあります。

4階の半分はカーニバルの紹介でした。主に2月を中心にカーニバルがおこなわれるそうですが、展示しているものを見てなぜ2月かという理由がわかりました。カーニバルの中心になる人たちは大きな仮面やとても凝った衣装を着ています。展示されていた服装で、8月や9月にカーニバルを開催すると、熱中症や脱水症状で病院行きになる人たちが続発すること間違いなしです。しかし、衣装や仮面はとても華やかでカーニバルの楽しい雰囲気が伝わってくるようでした。任地であるサンティアゴと、その近くにあるラ・ベガは盛大なカーニバルが開催されるようで、展示もこの2ヶ所が中心になっていました。これから生活する場所でもありますし、2月がこれから楽しみです。

博物館から出たのがちょうど12時頃で、雨が降り始めたこともあり、語学学校の先生のいきつけのレストランに行って昼食をとりました。Plato del diaという要するに日替わりのランチメニューを頼みました。よく考えてみるとはじめにJICAのスタッフと行った中華料理屋以来の普通のレストランだったので、普段の昼食に比べれば値段は倍くらいでしたが、味も美味しく、久しぶりに凝った料理を食べることができたので、かなり満足でした。食事中はかなりの土砂降りになっていたのですが、帰る頃にはすっかりやんでいました。

やんだのはいいのですが、昼前に雨が降るとやんだあとは不快指数がうなぎのぼりです。普通ならバスを乗り換えて帰るのですが、最初の通りが地下鉄を建設中のため大渋滞で、グアグアに乗っていても歩いていてもあまり変わりがないというくらいの進み方だったので、乗り換えの場所まで歩きました。ここからが大変で、普段はたくさんのOMSAが走っているはずなのに、30分待ってもまったく来ません。1台来たと思ったら大混雑で止まってもくれませんでした。仕方がないのでグアグアに乗り、帰ることになりましたが、ここで事件が発生。

先生が1人の男性と口論をしていると思ったら、どうやらスリだったようで、ぼくのジーンズのポケットに手を入れようとしたところを先生が阻止してくれたそうでした。ここの人たちはバスが来ると我先にと乗るのですが、その人はわざわざみんなに譲って最後に乗りました。混んでいたので当然戸口です。何かやればいつでも降りれる絶好の位置ということになります。ぼくが乗ったのはその人の直前で、先生は不審に思っていたらしくずっと観察していたそうです。ポケットには基本的にバス代しか入れていなかったので、実際にすられたとしてもたいした被害にはならなかったのですが、こういうことがあるとなかなか安心してバスに乗れなくなりそうで恐ろしいです。やはり一般的でなかったり、普通と違うような行動をしている人には注意を払っておかなければいけません。ひとついい勉強になりました。

バスも混み混みで学校に帰った頃には結構疲れていましたが、予定通りテストを実施。テストといっても口頭試験で、初回と同じく校長先生相手に話すだけですが、話題が格段に難しく、政治の話や公共交通システムの日本とドミニカの比較など、疲れた体と頭には結構厳しかったです。まあ、この成績が悪かったからといって修了できないといったことはないのでなんてことはないのですが…。

1ヶ月経過


ドミニカ共和国に到着してから1ヶ月が経過しました。現職教員は活動期間が1年9ヶ月しかないわけですが、そのうちの1ヶ月を既に使ってしまったことになります。今日は特別、記念日というわけではありませんが、みんなでちょっと飲みました。飲み始めたときの日本時間で1ヶ月前は、ちょうど成田空港の南ウィングに到着した頃でした。時間が過ぎるのは本当に速いなと感じました。しかし、めまぐるしく環境が変化しているためか、わずか1ヵ月半前のはずのKTCがかなり昔のように感じられたりして、そのあたりの感覚的なものは本当に不思議です。

街中では暑い日などには昼間からビールの小瓶を片手に、ドミニカの人たちが飲みながら歩いている姿をよく見かけます(基本的に男性ばかりですが)。ですからドミニカ共和国の人たちは日常的によく飲んでいる印象がありますが、1回に飲む量はそれほどでもありません。せいぜい1人1〜2本程度です。ぼくたちはというと、1度に飲む量としてはこちらの人から見るとちょっと飲みすぎのようです。まあ、わけがわからなくなるほど飲んでいるわけではないので許してもらいましょう。

首都サント・ドミンゴ市での生活も残り1週間を切りました。最後の週末をどのように使うかただいま検討中です。よく考えると、ひとり、ふたり欠けることはありましたが、この1ヶ月はほとんど毎日のように6人で顔を合わせていました。このうち自分自身を含めた5人はサンティアゴ市に住むので、変わりはないのかもしれませんが、それぞれの学校での活動が始まれば今のように頻繁に会えなくなるのかなとも思います。そして残り1人は気軽に会おうといえるようなところには行かないので、そういった面では少し寂しく感じるかもしれません。

昨日JICA事務所に行った時に取ってきた文書類の中にJOCVニュースが入っていました。今回は18年度1次隊として派遣された隊員が顔写真入で紹介されていました。KTCメンバーの久しぶりに見る懐かしい顔だったり、当然ですがもうひとつの訓練所NTCメンバーの顔もあり見ていてあきませんでした。みんな元気でやっているのかなと思ったりしましたが、訓練を乗り切ったメンバーですからきっと同じ空の下それぞれの活動に前向きに取り組んでいるんだろうと信じています。