プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

オリエンテーション2日目


今晩からホームステイが始まるため、朝のうちにチェックアウトをしてJICA事務所へ向かいました。ただ、荷物は邪魔になるのでホテルのフロントに預けてから出かけました。昨日から事務所の送り迎えがなくなっていたので事務所までは歩いていきました。昨夜から雨が降っていて、ちょうどこのときには小降りになっていましたが、傘をささずにそのまま歩きました。結構気持ちよかったです。

さて、午前中は健康管理員の方から、食事や病気などについての注意を受けました。夏の時期には白身の魚は食べるのをやめておいたほうがいいとのことでした。また、マラリアやデング熱の関係もあって、特に蚊に対する対策は十分にするように指示を受けました。ありがたかったのは虫除けや蚊取り線香などは事務所でたくさん用意してあるので必要なら支給してくれるとのことでした。さすがにたくさん持ってくることはできなかったので助かります。

健康管理に関するオリエンテーションを受けたあとはJICAの顧問医の方が勤務している病院を訪問しました。先生の話を聞いて(もちろんスペイン語で)病院内の必要な部分を見学しました。さすがに病名などの専門用語はわかりませんでしたが、ゆっくりとわかりやすい単語を使って話してくださったのでとてもわかりやすかったです。でも、病院にかかるときに病名を聞いても理解できないのでは問題があるので少し勉強しておかないといけないかもしれないです。

お昼はお弁当でしたが、初のドミニカ料理でした。それなりに油っぽかったですが思ったほどではなく、ご飯もおいしくて食べ物はそんなに心配しなくても何とかなりそうだなという印象を受けました。ドミニカ共和国では昼食をしっかりとって朝・夕はそれほど食べない人も多いということなので、量が多くて女性などは食べきれないでいたようですが、全部美味しくいただかせてもらいました。

午後からは銀行口座の開設をしました。その後、語学訓練についての説明を簡単に受けたあと、出張で出かけていた所長の講話を受けました。語学訓練は午前中がグループレッスンで6人を2グループに分けて3時間授業をおこない、午後からは個人レッスンで2時間おこなうということです。個人レッスンもあるのは手厚いなと思いました。特に、公共交通機関の乗り方などの生活に即した授業もおこなわれるということなのでしっかり覚えたいなと思います。

所長講話の後は語学学校に出かけ、ホームステイ先の方が出迎えに来てくれていたので初対面。雨も降っていて時間も遅かったので、話はそこそこにして各家庭に向かいました。自分のホームステイ先の家族は全部で5人で、アットホームな雰囲気でとても歓迎してくれました。17年度3次隊の女性の隊員の方もホームステイしていたとのことで、今度紹介してくれると言っていました。ホームステイは初めての経験なので、ちょっと不安な部分もありますが、うまくやっていけるといいなと思います。




ドミニカ共和国到着〜27時間〜


ドミニカ共和国に到着しました。飛行機がラス・アメリカス国際空港に到着したのが現地時間で6月28日の午後11時、日本時間で正午です。本来であればこの時間にはホテルに到着していなければいけないはずなのですが、NYのJFK国際空港で離陸前に機体にトラブルが見つかり、出発が3時間半近く遅れました。しかも、トラブルが発見されたのが飛行機に搭乗して離陸しようという時でした。そのため、トラブルが解消されるまで飛行機の中に缶詰になっていました。その間、寝ていればよかったのでしょうが、時差ぼけ対策にホテルでしっかり寝たかったので我慢して起きていました。飛行機に搭乗したのが午後4時くらい、結局7時間も飛行機の中にいることになりとても疲れました。もちろん、その前に成田・NY便に13時間以上乗っていました。さらに預けた荷物が出てくるまでにコンベアーの前で20分以上待ち、出国審査と合わせて結局空港を出ることができたのが日付が変わってからでした。空港から宿泊するサント・ドミンゴ市内のホテルに着いたのが結局午前1時くらいです。こちらでの午前1時は日本時間になおすと午後2時。出発したのが日本時間で午前11時だったため27時間の長旅をしてきたことになります。自分にとっては初めての海外旅行でいきなりのこの展開。まあ、はじめに大変な思いをしたのでこれからはそうでもないと思いたいところです。

寝たのは2時半ですが起きたのは5時くらいでした。さすがにもう少し寝ておかないと体が持たないと思ったので6時くらいまでは無理やり寝て、そのあとはインターネットへの接続を試みていました。無線LANの電波は普通に拾ってネットワークには接続できるのですが、なぜかサーバーに接続できなくて結局ホテルでは自分のパソコンでインターネットができませんでした。

その後、みんなで朝食をとりました。あまり食欲のなさそうな人もいましたが、時差ぼけを解消するにはきちんとリズムよく食事をして寝ることですと前夜の移動中のバスの中でも言われていたので、それなりに食べていました。ビュッフェ形式でなかなか美味しかったですが、100%のフルーツジュースだと思って飲んだやつに砂糖が入っていたのは衝撃的でした。全般的に砂糖を使う量が多いとは聞いていましたが、ジュースにまで入れるとは…。みんな警戒してコーヒーも頼めないような状態でしたが、コーヒーにはさすがに最初からは砂糖は入っていませんでした。パイナップルの酸味が新鮮ですごく美味しく感じました。オープンカフェもあって、食後のコーヒーを外で飲んでいましたが、朝7時過ぎだというのにうだるような暑さで、昼の暑さが思いやられます。

今朝は8時半集合でJICAドミニカ共和国事務所に行きました。所長が出張でいなかったので、まずは次長からブリーフィングを受けました。時差ぼけの関係で午後3時くらいからの安全講習あたりで眠くなるよという話を笑ってされました。何度も聞かされたことですが最近は治安が悪化傾向にあるので、その点には十分気をつけてほしいということでした。あとはボランティアとしての心得などのお話を聞きました。

書類などの記入をおこなったあと、ドミニカ共和国大使館と領事館へ表敬に行きました。こちらでもやはり大使がおらず、参事官へ表敬をしました。現在、レオネル・フェルナンデス・ドミニカ共和国大統領が台湾、韓国、日本と東アジアを外遊中で、日本への訪問に合わせて出張中とのことでした。大使館よりJICA事務所のほうが立派だったのが印象的でした。

表敬のあとはドミニカ共和国で実施中のプロジェクトについての説明を受け、事務所の日本人スタッフとともに昼食へ。今日の昼食は中華料理でした。首都サント・ドミンゴではお金さえかければ和食でも、イタリアンでもフレンチでも食べられるそうです。美味しかったですが、ちょっと量が多かったです。昼食のあとは事務所に戻って安全講習。朝、次長の言っていた通り、非常に眠く辛い時間でした。ただ、やはりここで寝てしまうと夜眠れなくなって時差ぼけ解消が遠のくと思って我慢していましたが、9人中半数近くはほとんどの時間居眠りしていました。話をしているほうも気付いているとは思うのですが、まあ仕方がないと思っているのか話も短めにしてそのまま予定時間よりも早く終了しました。

ここで終わりならまだいいのですが、さらに携帯電話の配布があり、その使い方などの説明を受けました。プリペイド式の携帯電話で、必要に応じてどんどんカードを買っていけばよいそうです。今のところメールアドレスがわからないのが問題です。説明書を読む必要がありますが当然スペイン語で書いてあります…。まあどうせ日本語で送受信できるわけではないので時間ができたときにゆっくり読もうと思います。しかし、首都サント・ドミンゴは大都会です。




0日目 〜ボーイング777にて〜


今、アメリカ上空を飛行中です。NYに向かうボーイング777の機内からこの日記を書いています。まだ、ドミニカ共和国には到着していませんのでとりあえず0日目。

今朝は成田へ朝7時に集合。いきなりホテルにMP3プレイヤーを忘れたことに気付き、携帯を借りてホテルに電話して実家に送ってもらいました。最初からこれでは前途多難です。4時間前集合ということで案の定時間はたっぷり。朝食をとってそのあとできたばかりの南ウィングを散策しました。ドミニカ共和国に行くのは協力隊の6人のほかに、日系社会青年ボランティアで女性が2人、同じく日系のシニアで男性が1人で、計9名でした。

お見送りには9名中6名の家族が来ていて、ゲートをくぐるときには涙もあり、名残を惜しみつつ出国しました。11時に出発予定でしたが、貨物の積み込みに時間がかかり、1時間遅れの12時に成田を出発しました。あと1時間半くらいでNYのJFK空港に到着の予定です。

時差が−13時間ということで、NYに到着したときはちょうどお昼くらい。当然、宿泊の必要はなく、そのままドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴに向かいます。あと9時間ほど…。疲れのたまる長旅ですが、しょうがないですね。

次回はサント・ドミンゴの様子などを書ければなと思います。

出発


いよいよ出発の朝になりました。5時間後には日本を離れドミニカ共和国へと旅立っています。しかしながら当日の朝になってもやはり高揚感といったものはなく実感に乏しいままです。きっとこのままドミニカの地に降り立つのかなと思っています。

この2週間、北海道と実家のある愛媛で過ごし、たくさんの人に励ましをもらい、たくさんの温かい言葉ももらいました。ドミニカ共和国ではきっと楽しいことだけでなく、大変なこと、辛いこと、うまくいかないこともたくさんあるんだと思います。でも、自分は一人ではなく、支えてくれる友達、家族、そして仲間がいるんだということを忘れず自分のできることをしっかりやってこようと思います。

日本で書くブログもとりあえずこれで最後。一応、毎日更新を目指してやってきましたが、それも同じく今日で最後です。ドミニカ共和国でも毎日日記は書いておきたいと思っていますが、今後はまとめての更新になります。気長にお付き合いいただければと思います。

「外灯というのは 人のために つけるんだよな
  わたしはどれだけ 外灯を つけられるだろうか」

「あなたがそこに ただいるだけで その場の空気が あかるくなる
  あなたがそこに ただいるだけで みんなのこころが やすらぐ
   そんなあなたに わたしもなりたい」

上の2つの詩は大好きな相田みつをさんの詩です。自分にどんなことができるのかはまだわかりません。でも、ドミニカ共和国でたくさんの外灯をつけることができればうれしいなと思います。そして、たくさんの良い出会いができれば最高です。とりあえず、自分のできることを自分のできる範囲で自分のできるだけしっかりやってこようと思います。

2008年の3月の再会を楽しみにしています。それでは、いってきます。

出発前夜


今、成田にいます。いよいよ明日は出発となります。朝は、出張に出かける母親を見送り、仕事場の父親に会って家を出てきました。必要な電車や新幹線のチケットを忘れて出かけようとするような母親ですが、息子の身を最後まで案じながら出かけました。父親とは軽く言葉を交わしただけで家をたちました。

友人に松山空港まで送ってもらいJICAの指定した飛行機に乗り羽田へ。パソコンのACアダプターの壊れたメンバーのために東京で電器屋を見て回るもゲットできず残念でした。もっといろいろな店を回りたかったのですが時間が限られていたので成田へJRで向かいました。

成田へ着いてからDoCoMoショップへ行って携帯の契約を解約。久しぶりに携帯のない生活です。待ち合わせなどが不便でいけませんが何とかなるものですね。なんとなく開放的です。

1次会は二人で飲み、2次会は家族とすごしていたメンバーと一緒に4人で飲み会でした。3次会は遅れて到着したメンバーを含めて3人で飲み、4次会は2人で飲んでいました。久しぶりに4次会というところまで飲みましたが、楽しく飲むことができました。

結局この2週間飲まない日はなく、最後まで毎日飲んでいました。いよいよ明日出発ですが、特別気負ったところもなく、普段通りの感覚で出発できそうです。