プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

La clase tecnica


今日は2時間目にテクニカルクラスがありました。授業自体はわりとベタベタな感じで、百マス計算から入ってウォーミングアップ。速い人で2分くらい、遅い人でも4分半くらいでした。ほとんどの方が初めての経験だったのでちょっと時間がかかったようです。真剣にやって2人1問ずつ間違えました。そのあとに、飴を出してみなさんで分けましょうという風に流しました。

最初の提示には実物の飴を使いました。食べ物で意欲をあげることには議論がいろいろあるところですが、今回はスペイン語自体に自身がなかったので物に頼ってしまいました。数を数えて、分けてもらう段階では印刷したものを使いました。

僕以外に6人の生徒さんがいるので、72個の飴を6人で分けるという設定にしました。6人に対して1つずつ配っていく人と、10ずつ配ってから1つずつ配っていく人がいました。ここまでは予想通りだったのですが、そのあと両方のパターンを発表してもらおうと1つずつ配っていた人に出てもらったのに、ホワイトボードでは10ずつ配ってから分けてしまい、ここでうまくスペイン語で机でやったようにやってということが言えず、そのまま展開することになってしまいました。その前に、自分に30個配って0個の人もいるというようにわざわざボケてくれる方もいて対応しきれなくなっていたというのもありますが…。

というわけで、本来であれば1個ずつ配るより10の塊を分けてから1個ずつ配ったほうがいいよねというようにして、筆算にもっていくつもりだったのが筆算につなげられず終わってしまいました。日本語でならいくらでももっていきようがあったと思いますが、他言語で授業をすることの難しさを痛感しました。せっかく調べておいた専門用語がきちんと入っていなかったのも一因ですが、授業のときに使う独特の言い回しをうまくスペイン語で話せなかったのが大きかったです。もっとがんばって勉強しなければいけません。

午後からは安全講習というのを受けました。海外で起きる犯罪の種類とそれに対する対処法などを警察OBでJICA本部の安全対策チームに所属されている方が説明してくれました。各地域や国ごとに被害にあいやすい犯罪などの説明もあり、また、過去の発生事例なども具体的に説明してくれました。はっきり言ってまじめに聞いていると派遣されるのが嫌になるような内容で、特にある国などはどの事例をとっても必ず名前が上がるというくらいの危険地帯で、講習のあとにその国の人たちが集められてスタッフがケアしているくらいでした。防犯意識をしっかりと持って任国に赴かなければいけないのはよくわかりました。

テクニカルクラスが終わって気分が楽になったので、パーッと飲みたいところですが、ここは平日は飲酒できないので、土曜日に楽しくビールを飲もうと思っています。