プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

地ビール


休日なので、ウォーキングを兼ねてとりあえずあてもなく街を歩いてきました。目標は片道2時間歩くことで目的地は決めていませんでしたが、途中でウィスキー工場の看板を見つけて見学歓迎とかいてあったのでそこに行ってみました。ただ、看板を見つけてからの道のりが全て坂道で、すべに1時間半近く歩いていたので、この2kmは結構辛かったです。工場では試飲もあり、ウィスキーとあんず酒をちょっとずつ飲んできました。地ビールも作っている工場で、折角なので一番のおすすめと季節限定の2種類を飲んできました。なかなかおいしかったです。1杯は帰り道歩きながら飲みました。天気がよかったので気持ちよかったです。ただ、昼食前に飲んでしまったのでちょっとたちの悪い酔っ払いだったかもしれません。5時間ちょっとブラブラして結局は往復で20km近く歩きました。

帰ってから1時間半ほど、インディアカというスポーツをしました。ドイツ発祥のスポーツらしくて、ルールはバレーボールとほぼ同じですが、使うのがバドミントンの羽を大きくしたようなものです。シャトルの先のところが大きくて平らなゴムの塊のようなもので、それを手でうちます。ほとんど休憩なしでやっていたので結構疲れましたが、みんなでワイワイやって楽しかったです。

友人からダビンチ・コードの文庫本を借りて読んでいます。活字中毒者にもかかわらず本をほとんど読まない生活をしていたので、ついつい一気に2冊読んでしまいました。今晩中か明日には読みきってしまいそうで、また本のない生活に逆戻りなので寂しいです。ほんとはスペイン語の勉強をもっとやらなければいけないんですが。来週末は語学の中間試験なので、少し引き締まった雰囲気になるかもしれません。雰囲気に合わせてちょっとがんばろうと思います。

写真はウィスキー工場とそこで飲んだ地ビール。散歩の途中で見かけた立派な鯉幟です。

体験入隊


土曜日です。世間一般には今日あたりからゴールデンウィークなどといわれているようですが、ここ駒ヶ根訓練所ではまったく関係がありません。祝日など関係なしに訓練は続きますし、来週末は語学の中間試験です。今日の語学の授業の1時間目は、この中間試験の内容の説明に使われました。午前中に聞き取りが25分、筆記が90分で、午後から個別の面接という形になっています。聞き取りと筆記は100点満点ずつで、恐ろしいことに筆記は1問1点です。僕の所属しているクラスの合格点は90点だそうです。合格点に届かない場合はどうなるかはあまり説明されていなかったので少々不安ですが、週末の外出制限とかにつながるおそれがあるのでがんばらなければなと思っています。

今日は、1日体験入隊というものがあって、このあと春募集への応募を考えている人たちがこの訓練所にきて訓練の様子や施設の見学をおこないました。現在訓練中の隊員候補生とも交流をしてもらおうということで、有志の何人かが昼食を一緒にとりました。どちらにしても昼食はとらなければいけないので参加させてもらいました。体験入隊参加者の希望している職種や現在の職業に近いものに合わせて少人数のグループに分かれて食事をしました。僕の入ったグループは候補生と参加者2人ずつの4人で、栄養管理関係を希望している方と家政関係を希望している方でした。なぜ小学校教諭の自分が?と思いましたが、家政を希望している方が高校で講師をしている方だったためのようでした。ここでの生活の様子を中心に質問などに答えていたらあっという間に昼休みが終わりました。なかなか楽しい時間が過ごせました。

今日は訓練自体は2時50分で終了で、希望者は地元の小学校に開設されている国際交流センターというものを見学に行きました。これについては今回はパスしました。普段の外出は17時以降ですが、今日は15時から外出が可能ということで、外泊願いを出してこの週末は地元などに帰る人も多いようです。僕は往復するのを考えただけで疲れるのでやる気にはなりませんが。語学クラスの1人は近くの街まで彼氏が迎えにきてくれるということで散々冷やかされていました。まったく羨ましいかぎりです。

長い1日でした


訓練生活も3週間が過ぎ、4週目に突入しました。10週間の訓練は長いかなと思っていましたが、あっという間に終了してしまいそうです。この3週間で、自分のスペイン語が上達しているという実感も得られず、本当に任地に行って生活していけるのか心配になってくるところです。

語学訓練では、合同授業が3時間目にありました。前回の続きのような感じで、自分のクラス以外の人とテーマに合わせて会話をします。前回の1回8分から1回10分に時間も延び、テーマは「趣味」「学生時代」「ボランティア」「訓練所での生活班」についてでした。後半の2つがちょっと話すのが難しかったですが、それなりに話ができたかなと思います。基本的に他のクラスの人たちと話すので、前回話していない人たちを狙って話をしました。もう1回あるようなので、とりあえず全員とお話をしたいなと思っています。とっさにうまく言葉が出てこないし、動詞の活用なども怪しくて、しかも考えながら話していると流暢さが足りないということで課題ばかりなのでがんばりたいと思います。

語学の後は任国事情についての講義ということで、この1月までドミニカ共和国で調整員として働いていた方がいらっしゃってお話をしてくださいました。しかも、ドミニカ共和国での隊員OBで短期派遣や調整員として合わせて6〜7年はドミニカ共和国で生活していた方だったので、現地の状況など大変参考になりました。JICA本部のスタッフの方から聞いた話と逆のことなどもあったのにはちょっと苦笑してしまいましたが、ここは生活経験のある方のお話のほうを信じて準備をしたいなと思っています。

健康診断の結果が返ってきました。GOTの値がよくなくて再検査です。肝臓の機能に関係する数値なんですが、3月の中旬くらいから送別会がものすごい回数あったのが影響してるかもしれません。再検査があるので気をつけたいと思います。まあ、どうせ平日は飲めませんから何とかなると思いますが。

夜は夜で7時から9時半まで現地でのプロジェクト内容の説明を受けました。ここに来るときの要請内容は現地教師の指導力向上と、1〜4年生用の四則演算のカリキュラムの作成とテキストの作成だったんですが、カリキュラムとテキストの作成はやらなくていいことになったようです。これからできあがってくるテキストを使用しての指導方法の向上に力点が置かれるようで、そのための講習会や研修会をおこなうのが主な仕事になりそうです。もちろんそのためのリサーチとして1つのパイロット校に入ってそこで指導や助言をおこないます。希望すれば模擬授業などもできるそうなので楽しみです。まあ、そのためにはスペイン語の向上が必須条件なのでがんばります。

意見交換会


今日は午後から意見交換会というのがありました。隊員同士で小グループを作って自由に意見を交換しようというものです。テーマは「応募した動機」「訓練所生活」などについてです。まあ、テーマは話のきっかけ程度ということで実際はフリートークでした。うまくグループが作られていて、あまり話をしたことない人が多かったので、新しい知り合いができてうれしかったです。3週間も経つと日常的によく話をしたり、食事をするメンバーも決まってくるのでいいきっかけになったかなと思います。やる前はちょっとめんどくさいなとか思っていたのですが、なかなかよい企画でした。

今日のテクニカルクラスは新卒の女の子でした。女の子とはいってもとてもしっかりした子で、スペイン語の上達には目を見張るものがあります。彼女を見ていると自分ももっとがんばらなければなといつも思わされてしまいます。内容は、苛性ソーダと、水、廃油を使っての石鹸作りでした。この3つを規定量混ぜるだけでできるので学校でも簡単にできるなと思いました。ただ、実際に使えるようになるのが1ヵ月後ということだったので、出来上がりが楽しみです。廃油を使っていてにおいがちょっときついので、実際に体を洗ったりするにはむかないようでしたが、アロマなどを混ぜる方法もあるようなので、なかなか便利な知識だなと思いました。

夜は「スペイン語で体育」という自主講座がありました。自主講座ということなので、候補生が自主的に講師をしたり、スタッフに講師をお願いして講座をひらくというものです。じゃんけんなども英語のように「piedra」「tijera」「papel」のようにおこなって、頭ではわかっているのに、出したときにとっさに言葉にならないとかありました。普段教室では聞き取れても体育館のような場所で言葉が響くと聞きづらかったり、いろいろといい経験になりました。頭と体を両方使ってちょっと疲れましたが、楽しいレクリエーションになりました。

La clase tecnica


今日は2時間目にテクニカルクラスがありました。授業自体はわりとベタベタな感じで、百マス計算から入ってウォーミングアップ。速い人で2分くらい、遅い人でも4分半くらいでした。ほとんどの方が初めての経験だったのでちょっと時間がかかったようです。真剣にやって2人1問ずつ間違えました。そのあとに、飴を出してみなさんで分けましょうという風に流しました。

最初の提示には実物の飴を使いました。食べ物で意欲をあげることには議論がいろいろあるところですが、今回はスペイン語自体に自身がなかったので物に頼ってしまいました。数を数えて、分けてもらう段階では印刷したものを使いました。

僕以外に6人の生徒さんがいるので、72個の飴を6人で分けるという設定にしました。6人に対して1つずつ配っていく人と、10ずつ配ってから1つずつ配っていく人がいました。ここまでは予想通りだったのですが、そのあと両方のパターンを発表してもらおうと1つずつ配っていた人に出てもらったのに、ホワイトボードでは10ずつ配ってから分けてしまい、ここでうまくスペイン語で机でやったようにやってということが言えず、そのまま展開することになってしまいました。その前に、自分に30個配って0個の人もいるというようにわざわざボケてくれる方もいて対応しきれなくなっていたというのもありますが…。

というわけで、本来であれば1個ずつ配るより10の塊を分けてから1個ずつ配ったほうがいいよねというようにして、筆算にもっていくつもりだったのが筆算につなげられず終わってしまいました。日本語でならいくらでももっていきようがあったと思いますが、他言語で授業をすることの難しさを痛感しました。せっかく調べておいた専門用語がきちんと入っていなかったのも一因ですが、授業のときに使う独特の言い回しをうまくスペイン語で話せなかったのが大きかったです。もっとがんばって勉強しなければいけません。

午後からは安全講習というのを受けました。海外で起きる犯罪の種類とそれに対する対処法などを警察OBでJICA本部の安全対策チームに所属されている方が説明してくれました。各地域や国ごとに被害にあいやすい犯罪などの説明もあり、また、過去の発生事例なども具体的に説明してくれました。はっきり言ってまじめに聞いていると派遣されるのが嫌になるような内容で、特にある国などはどの事例をとっても必ず名前が上がるというくらいの危険地帯で、講習のあとにその国の人たちが集められてスタッフがケアしているくらいでした。防犯意識をしっかりと持って任国に赴かなければいけないのはよくわかりました。

テクニカルクラスが終わって気分が楽になったので、パーッと飲みたいところですが、ここは平日は飲酒できないので、土曜日に楽しくビールを飲もうと思っています。