プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

Museo del oro


任国外旅行もいよいよ最終日。といっても今日は帰るだけ。朝7時過ぎに迎えの車がきて首都San Joseに向かいました。他に2人のお客さんがいました。もう一組いる予定だったらしいのですが、そのお客さんが予定の時刻にホテルのロビーに現れず、乗せずに出発。おかげで8人乗りの車に運転手を入れても4人ですからゆったりと帰ってくることができました。San Joseに到着したのは13時過ぎ。6時間の道のりでした。さすがに疲れました。

昼食を食べてから空港に向かうまでにまだ時間があったので、Museo del oroを見学に行きました。



国立劇場の隣の広場の地下にある博物館です。Banco Nacional(国立銀行)の運営です。入場料は7ドルでした。



Himuno Nacional(国歌)の歌詞カード。どうやら国歌制定時に作られたもののようでした。



国立銀行が運営しているということで常設展には貨幣の変遷に関するものもありました。紙幣の印刷機なども展示してありました。



美術館のような部分というか、特別展で動物をモチーフとした芸術展をやっていました。



20種類くらいのコスタリカの動物の木彫。



黒猫の絵です。もちろん、立体ではありませんので影はどうやってつけているかはおわかりですね?



ここから黄金の博物館でした。



全コロンビア時代の発掘物を中心に展示がされていました。



生活の中にどのように利用されていたのかという展示もありました。

1時間ほどブラブラしてからホテルに戻り、ツアー会社の人と少し雑談をしていました。そうすると程よい時間になり、迎えの車がきたので、それに乗って空港へ行きました。空港ではまず出国税を払って、航空券の手続きをしようとすると、航空会社の係員の人に公用パスポートは出国税を払う必要がないから、お金を返してもらって別のところで手続きをしてからまたきなさいといわれました。前回の任国外旅行では言われるままに払いましたが、今回は親切な係員で助かりました。まあ、その分余分にお土産を買ってしまったので一緒といえば一緒ですが。



飛行機は18時45分出発予定が、結局19時20分過ぎにテイク・オフ。10日間を過ごしたコスタリカともお別れでした。飛行機から撮ったSan Joseの夜景です。2時間半弱のフライトで、時差が2時間あるので到着は23時50分頃。ボーディング・ブリッジの接続にやけに時間がかかり、飛行機から降りることができたときには日が変わっていました。さっさと帰りたかったので荷物は機内に持ち込んでいました。幸い席も前の方だったので、一番で入国手続きを済ませ、さっさと空港から帰りました。コスタリカの旅行は楽しかったですが、やはりなんとなくドミニカ共和国のほうが落ち着きます。

今日は写真でごまかして文章は少なめになってしまいましたが、ご容赦ください。

ダイビング40日目


コスタリカでのダイビングも最終日になりました。昨日までとは違い今朝は8時半に迎えが来ることになっていたので、ゆっくりと朝食を食べてから準備をしました。昨日写真に撮ったショップはホテルから近いところにあるのですが、そこには行かず真っ直ぐビーチに向かいました。ビーチで必要書類に記入をして船へ。ダイビングを申し込むときにあらかじめ必要な機材のサイズなどを質問されていたので、すでにすべて船に準備してあるようでした。ショップが変わっても潜るのは昨日までと同じくCatarina島周辺。ただし、FlamingoよりTamarindoのほうがCatarina島から遠いため高速タイプのボートを使っての移動になりました。それでも40分…。海が穏やかで、天気がよかったので船酔いの心配はせずに済みましたが、もし荒れていたらと思うとゾッとします。



ボートに乗り込む前に1枚。たくさんの船が係留されていたのですが、なぜかここが一番人気でした。

船が小さいのでダイバーのキャパシティはガイドを入れても7人。今日は6人でした。ぼく以外のお客さんは昨日も潜っていたらしい男性2人組と、Catarina島は今日が初めてらしいウェイト以外の機材がすべて自前のカップルでした。1本目のポイントにつく10分くらい前からブリーフィング。潜行の手助けに索を使うとのこと。オープン・ウォーターのライセンスをとったときくらいしか使っていないので、別にいらないのになぁと思っていると、ぼくは必要がなければ使わなくてもいいとのことでした。どうやら男性2人組が初心者の模様。ということでダイビング・プランも深度15m前後を中心に設定。大物を見るにはちょっと浅いなぁと残念でしたがしかたがありません。ただ、全体的に斜面になっているので、ぼくは他の人たちを見失わなければ深いところを行っていいとのことでした。

1本目のポイントはLas Tetas。ドミニカ共和国では、だいたいのダイビング・ポイントにボートの係留用も兼ねて索が設置されていますが、自然保護の観点もあるのかコスタリカではそれがありません。ですから、わざわざアンカーごと沈めて索を準備。船からはバック・エントリーということだったので、ぼくは機材を海に入れてもらって海中で装着。あとは船でつけてからエントリーしてくるので手早く装着したのですが、残りの4人はなかなかエントリーしてきません。結局5分以上待ちぼうけをくらいました。ようやくダイビング開始と思ったら今度は初心者の1人とカップルの男性が潜行できません。全部自前の機材だったのでベテランだと思っていたのですが、どうやらそうでもなかったようです。ガイドが索を使って何とか潜らせましたが、前途多難の予感…。



視界は基本的にそれほどよくないということはこの4日間でよくわかったので、今日はまあこんなもんかという感じでした。熱帯魚系の魚は動きが速く近づくことができてもカメラを向けるとさっと逃げてしまうのでなかなかいい写真が撮れません。ズームだと暗くてきれいに写りませんし、この辺が視界の悪い海の難点です。



今日は泳いでいるタコを見つけました。かなり寄ってから撮れたのですが、ギリギリで体の一部に逃げられてしまいました。何か別の生き物に見えますが一応タコです。

一昨日も書きましたが、基本的にエアの残圧が1/4をきると浮上します。減圧症を防ぐためにセーフティ・ストップの時間をとる必要があるからです。エア・ゲージの表示にはBarとPSIの2種類あります。通常200Barまたは3000PSIでスタートして、50Barまたは750PSIで浮上を開始します。頻度はガイドによって異なりますが、たまに残圧を質問されます。今日はPSI表示のゲージを使っていて、35分くらいにたずねられた時点でまだ1600PSIくらい残っていました。半分以上残っている時はOKサインでいいということだったのでぼくはOKの合図。カップルの方を見ると800とか700と出していたので1800だと思っていたらガイドがダイビング終了の合図。よほどのディープ・ダイブでない限りぼくはもう1/4までいくことはありませんが、それでも半分残して終わるのはちょっと早すぎます。ブリーフィングでも40〜45分と言っていたのでもう少し潜っていたかったのですがこればかりはしょうがありませんでした。

さらに初めに潜行できなかった2人がセーフティ・ストップがうまくできず浮上しそうになって大変でした。ガイドが初心者の方を押さえ、カップルの男性にはウェイトを1つ渡しました。しかし、それでもカップルの男性の方はまだ浮上がとまらないので、ぼくが足をつかんで引き戻しそのまま押さえていました。レスキューの訓練がこんなところで役に立つとは思いませんでした。24m、40分。

カップルの男性の方は明らかにウェイト不足だったので、ガイドの1つに加えぼくのウェイトも1つ(2ポンド)とって計2kgほど追加。ショップが変わり、機材も変わったので少し重めのウェイトで潜っていたため、ぼくのほうは1つくらいはずしても問題なしでした。

2本目はPeligrosa。また一番初めにエントリーしたのですが1本目で学習したので、機材の装着はせずに浮き輪代わりにして泳ぎながら待っていました。案の定また時間がかかったので正解でした。4人目がエントリーしたところで装着。潜行もガイドと2人で4人が無事に潜り始められたか確認してからスタート。さすがに2本目は比較的すんなりと始められました。1本目より視界がよかったのもありがたかったです。



ロブスター。ほんとは真正面から撮りたかったのですが、岩に邪魔をされて上からしか撮れませんでした。



十字のヒトデと上に乗っているのはエビの仲間だそうです。



トゲトゲのついたかわったヒトデもいました。ここは視界がいい上に明るかったのでフラッシュが作動せず緑色。強制発光させればよかったです。

2本目も35分が経過する前に誰かのエアがきれて終了。開けた場所に出て、これから大物を探そうかなというところで終わってしまったので非常に残念でした。自分のゲージを確認するとエアはやはり半分くらい残っていました。しかたがないとはいえ、浅めのところを潜り時間も短いということで最終日としてはちょっと不満の残る結果になってしまいました。これといった目玉になるようなものに出会えていればまた違ったのですが…。17m、40分。



また、40分の船旅でビーチに戻りました。帰りはビーチを歩いてホテルまで帰りました。途中に昨日はなかったビーチ・バレーのコートが設置されていました。某コーラ会社の協賛のようで旗にはマークがはっきり見えていたのですが、うまく写っていませんね。旗が赤地ではなく白地なのでどちらのメーカーかは名前を伏せてもばればれです。

ホテルに帰ると昨日のオサガメの産卵ツアーであったコスタリカの隊員の方がいました。申し込みが遅かったので、連泊ができず今日はぼくと同じホテルということでした。せっかくなので一緒にお昼ご飯を食べに行ってきました。さて、いよいよ明日は帰国です。首都San Joseで3〜4時間時間があるので最初の2日間で行けなかった博物館などに行ってこうようと思っています。

Tamarindo


12時過ぎにホテルをチェック・アウトして移動開始。タクシーで30〜40分ほどということだったのでフロントで呼んでもらおうと思うと向かいのツアー・デスクで呼んでもらえと言われました。しかたがないのでそちらに頼んだのですが、タクシーが見つからないとのこと。ホテルを出て坂を下ったところにタクシーがいることがあるからそちらで捕まえろと言われたので、とりあえず行ってみることにしました。しかし、タクシーも呼んでくれないホテルとは…。行ってはみましたが坂を下ったところにタクシーはいませんでした。基本的にリゾート・ホテルしかないようなところですから流していもお客さんは捕まりません。まあ、時間はたっぷりあるのでブラブラと歩いてみることにしました。結局次のBrasilitoというビーチまで約5kmちょっと歩いたのですが、その間に見たタクシーは1台だけでした。途中にこれといった繁華街もなく穏やかな昼下がりの散歩になりました。荷物はちょっと重かったですが。歩いていると現地の人間だと思われるのか2〜3台の車に道を聞かれました。たまたま最初に1台では答えられましたが、あとはまあ当然お役にはたてませんでした。歩くのはともかく荷物の重さに疲れたのでBrasilitoでタクシーを拾い目的地のTamarindoへ。



Tamarindoは有名なビーチらしく、町も活気にあふれ人がたくさんいました。ビーチはこんな感じですが、水の色はやはり暗いですし、砂も茶色というか灰色というか…。きれいな海という判断基準が異常に高くなっている自分がいました。



ここはサーフィンに向いているということで有名なようです。メイン・ストリートにはサーフ・ショップが軒を連ねていましたし、たいていはスクールを併設しているようです。赤いシャツを着ている人たちはそのスクールの生徒さんたちです。海の中では波が高いので泳いでいる人よりもサーフ・ボードを抱えている人たちのほうが目立ちました。



ドミニカ共和国から近いとはいえ、サッカーが盛んなあたりが中米です。ドミニカ共和国のビーチではまず見られない光景ですが、こちらはこれがあたりまえなのでしょう。久しぶりにサッカーボールを見たような気がします。



ブラブラと町を散策していたら明日利用することになっているダイビング・ショップを発見。でも、とりあえず外から眺めただけです。

夜はオサガメの産卵ツアーに参加することになっていたので、ホテルのフロントのところに18時集合。なぜか日本語が聞こえるなぁと思っているとアメリカから来たという4人家族と一緒になりました。案の定同じツアー会社を使っていました。迎えがきて車に乗り込むとそこにももう1人日本人が。こちらはなんとコスタリカの隊員。18年度2次隊ということだったので直接は知らない方でしたが、お互い1人だったので一緒に行動させてもらいました。車で5分ほど移動したところで下車。まずは簡単なブリーフィングを受けました。

オサガメの産卵が見られるのはPlaya Grandeというビーチで、上陸してくるのを待って、待機場所から移動するとのことでした。昨日までは深夜に時間を設定していたそうですが、今日から時間を早めたということで待機時間がどれくらいになるかはわからないということも言われました。4時間待っても見られないときは明日に変更ということだったので、根気が必要だなと思いました。説明のあとは待機場所に移動。ボートに乗って川を渡り、あとはビーチをひたすら歩いていきました。ビーチ沿いにホテルがあってそこで待機しましたが、空には満天の星。ツアーではカメラを使ってはいけないということでホテルにおいてきてしまったのが残念なくらいの素晴らしい星空でした。20時半過ぎからガイドの動きが慌しくなり、21時前に行動開始。ブリーフィングの際にけっこう移動するということは言っていましたが、歩く、歩く。しかもかなりの早足で子どもや小柄な女性にはちょっと大変なくらいでした。途中で上陸中のオサガメも見かけましたが、こちらは産卵までにはまだ時間がかかるということでさらに奥へ。Playa Grandeの名に恥じない非常に広いビーチでこのツアーだけで往復5〜6kmは歩いたと思います。

いよいよ目標のオサガメのところにたどり着き、ガイドに連れられて後ろから回り込むと後ろ足を器用に使って砂を掘っているところでした。けっこう固めの砂浜だったのですが、少しずつ少しずつ穴を大きくしていきます。2グループで見に行っていたので、途中で交代しながら見ました。ガイドというか、保護司のような人たちが体長などを記録していましたが、ぼくたちが見たオサガメは体長1.5mほど。ガイドによると大きい方だそうです。穴を掘り終えたところでいよいよ産卵開始。ガイドが後ろ足を押さえて卵が出てくるところなども見せてくれました。けっこうな高さを落としているのですが、殻が柔らかいからか割れないのが不思議な感じでした。1度に何個くらい産むのか質問すると60〜80個ということでした。産卵は3年に1度で、1シーズンに10回ほど産卵のために上陸するという説明でした。産卵が終わったあとはやはり後ろ足を器用に使って砂をかけていきます。ただ砂をかけるだけではなく後ろ足で砂を押し固めているあたりに卵を守ろうという思いが感じられました。観察はこれで終了。なかなか感動的な体験だったのですが、下手くそな文章だけではいまひとつうまく伝えられません。

ホテルに戻ると23時。今日はわりと充実した1日になりました。

ダイビング39日目


コスタリカでのダイビングも4日目。Flamingoは今日が最後になりました。今日はぼく以外にお客さんがおらずガイドと2人でのダイビングになりました。船は昨日と同じやつだったので燃料代などを考えるとぼく1人のために出してもらうのは申し訳ないような気もしましたが、おかげさまで広々として快適でした。



1本目は昨日の2本目と同じポイントでElefante。象に見えるでしょうか?

昨日とは逆側を潜ったのですが、暗い…。天気はいいのですが、岩の谷間のようなところを潜っていたため、影になってしまうのかとにかく暗かったです。視界もそれほどよくなく、ちょっと離れるとガイドを見失いそうになってしまいました。そんなわけで写真もいまひとつ。被写体がちょっと離れるとフラッシュが水に拡散してしまい何も写っていない状態になってしまいました。岩が多くて、狭いところを潜っていたのでエイやマンタなどの大物には当然出会えませんでした。



最後の方でタコを発見。どれかわかるでしょうか?動きがないので超近接撮影に成功。ここまで寄ればかなりはっきりした写真が撮れます。



ガイドが格闘しているのは索が切れて海中に沈んでいたアンカーです。アンカーの先に括りつけられていたおもり用の石を外そうとしています。3分ほどで何とか取り外しに成功して、アンカーは船に持ち帰りました。見つけたゴミを処分して環境の維持に努めるのもダイバーの役割です。20m、45分。

2本目はRoca Planaというポイントでした。確率はあまりよくないけれど、サメが見られることがあるとのこと。期待して潜ったのですが、残念ながら最後までサメには出会えず仕舞いでした。



代わりといってはなんですが、こんな魚を見かけました。1本目のときに初めて見たのですが、そのときは泳いでいて写真におさめきれませんでした。ガイドはGuitara(ギター)と呼んでいました。ブリーフィングでは何回か名前が出てきていたのですが、やっと見ることができました。エイの仲間でしょうか?あとはタコを見たり、ウツボを見たりで、今日は大物には出会えずに終わりました。明日は場所を移して最後のダイビングになるので、最後の幸運を期待したいと思います。16m、45分。



海中ではいまいちでしたが、代わりに今日は海上で幸運に恵まれました。船長がイルカの群を見つけて、写真を撮ればいいよとわざわざ併走してくれました。全部で10頭くらいはいたでしょうか。思わず興奮して写真以外にもビデオまで撮ってしまいました。



もうちょっと大きく撮れればよかったのですが、ズームをかけている余裕などないので撮れただけラッキー。イルカが水中から飛び出しているところです。20分くらい追いかけていたのですが、その間に完全に海中から飛び出したのは3〜4回。船長やガイドも思わず歓声をあげていました。



イルカを堪能して2本目のポイントに移動している途中に今度は海亀に遭遇。2頭ひっついていますが、子作りの最中でしょうか?このあと揃って海中に戻っていきました。

今日は1人だったので10時半過ぎにはホテルに戻ってきました。今晩は海亀の産卵ツアーに参加するため、このあとチェック・アウトして午後から移動します。こちらも見られるかは運次第ですが、幸運を期待したいと思います。

ダイビング38日目


コスタリカ滞在6日目になりました。任国外旅行も残り半分です。



夜あまりにも暇なので昨夜も早々に寝ると当然結果的に早起きになってしまい、早起きしてもやはり暇なので夜明けの様子などを撮ってみました。太陽はちょうど右の方の雲がかかっているあたりから昇ってきたので日の出は撮れませんでした。しかし、このあと雲はきれいに晴れて今日も快晴の一日でした。



なんとなくカメラを持ったまま朝食にいったので、朝ごはんも撮ってみました。10種類くらいの中から選べるのですが今日はオムレツにしました。ジャムはイチゴと思わせつつグァバ。このあたりがやはり南国です。オムレツにケチャップも何もついてこなかったので塩と胡椒で美味しくいただきました。中にはチーズなども入っていて思ったよりボリュームありでした。



今朝も7時半に集合。今日はお客さんの集まりがよく7時50分くらいには出発しました。今日もぼくを含めて8人。半分が昨日も一緒だったお父さんと娘さん3人。あとはカップルとぼくと同じく単独の男性という構成でした。今日は昨日までと船が違っていました。このサイズの船を2隻も所有しているなんて立派です。収容人数は昨日までの船より少ないようですが、その分高速仕様でした。

1本目のポイントは初日に潜ったSombrero。ガイドとカップルとぼくの4人で潜りました。潜りはじめでカップルの男性の方がBCDのエアーを完全に抜いても潜行できずいったん全員海面に戻り、男性のウェイトを追加しました。準備の時に22ポンドのウェイトだったのですごいなと思っていたのですが、それでも潜れないというのはちょっとビックリでした。4ポンド追加したので最終的には26ポンド…。ちなみにぼくは今フル・スーツなので念のため12ポンド。Sosuaでショーティで潜っている時は8ポンドです。



今日はフラッシュも使って撮ってみました。光が拡散して真っ白になるかなと思っていたのですが、そこはマリン・ケース、よく考えられているようです。ただし、フラッシュの射程は非常に短くかなり近づかないと効果はありません。このくらいの距離だと水も透明に見えます。フグかな?ちょっと色が珍しかったので撮ってみました。



今日は魚群にも遭遇。小魚の群はそこら中にいるのですが、こういう食べてもおいしそうな魚の群には昨日は出会えませんでした。視界中が魚、魚、魚。

1本目の予定時間は40分だったのですが、30分を過ぎたあたりでカップルの男性の方がエアー切れ。ガイドの合図を見た瞬間目を疑いましたがしかたがありません。もちろんエアー切れといっても完全になくなったわけではありません。安全確保のためにたいていは残り1/4くらいになったら上がることになっています。自分のゲージを見るとまだ半分以上残っていました。一般的に女性より男性の方がエアーの消費が多いですし、体格がいいほうがさらに消費します。ウェイトが26ポンドも必要なら推して知るべしですが、それにしても早すぎ…。



しかし不幸中の幸いでしょうか、浮上中にマンタに遭遇。透明度はもう一つでしたがばっちり撮れました。3〜4mくらいのサイズだったと思います。見つけた瞬間に思わず追いかけたのですが、これが限界でした。でも、ちゃんと写っていてホッと一安心。14m、35分。

2本目はElefanteというポイントでした。岩が象に見えるからということだったのですが???。Sombreroほどの説得力はありませんでした。親子4人のうち娘さん2人が2本目は潜らないからということでぼくはそちらのグループに移籍しました。船に戻ってからまだ半分エアーがあったのにという話をガイドとしていたので同じ轍を踏まないように配慮してくれたのかもしれません。お父さんの方とは昨日も2本目を一緒に潜ったのですが娘さんは初めて。しかも三女ということで一番若いせいか経験不足気味。動きが読めなくて時々ぶつかってしまうのには参りました。もっともぼくも偉そうなことを言えるほど経験があるわけではありませんが。



潜り始めて早々に海亀に遭遇。こちらは近距離からばっちり撮れました。当然といえば当然ですが、陸上ではあれだけ愚鈍なのに水中では予想以上に素早く移動します。写真を撮るために追いかけるのが大変でした。サメ、エイ、マンタ、海亀。これで今回のダイビングで見たかったものは一通り見ることができました。あとはもうちょっといい写真を撮りたいですね。2本目はこのあとは特にこれといった大物には出会えず仕舞い。エイに出会えるのが20mを超えてからなのでもう少し深く潜りたいところです。まあ、まだあと2日あるのでそちらに期待したいと思います。今日は海亀を見られて満足でした。17m、45分。