プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

ダイビング50日目


ドミニカ共和国での最後のダイビングになりました。



理由はよくわかりませんでしたが、La Romanaにあるショップのお客さんも合流して出かけることになったので、そちらの船が到着するのをしばらく待っていました。結構な人数になったので船に積まれるのを待っている機材がズラリ。夜にサンティアゴで送別会があるので今日は1本だけ。最後の1本はSt.Georgeでした。



貨物室から内側を撮った写真です。



インストラクターを入れて総勢14人で潜りました。人数が多かったので、ぶつかったりしそうになることも多かったです。男性陣のほうがエアの消費が早く25分過ぎあたりでインストラクターの1人と一緒に浮上開始。ぼくはまだ余裕があったので女性3人とインストラクターとであと5分ほど余分に潜れました。ぼくは普段は索は使わないのですが、今日は流れが早くてセーフティ・ストップをとっていると流されてしまいそうになったので索につかまって待機。索につかまっていても身体をもっていかれそうになってまいりました。



これが海中で最後に撮った写真です。相変わらずたくさんの魚がいました。最後が一番好きなポイントのSt.Georgeで嬉しかったです。これでちょうど100本目。ドミニカ共和国で90本、コスタリカで10本潜りました。ドミニカ共和国ではSosuaで58本、Bayahibeで17本、Boca Chicaで13本、Las GalerasとRio San Juanで1本ずつです。始めたのがちょうど1年ほど前。結構がんばりました。

Bayahibeを11時頃に出てサンティアゴへは17時半頃に戻りました。さすがに遠いです。20時頃から事務所のスタッフたちがDespedidaをしてくれるということだったので、同期と一緒に出かけました。



初等教育コーディネーターやTutor、事務所のスタッフを中心に、同期の1人の学校の先生たちがたくさん来てくれてイスが足りなくなるくらいでした。最後に記念の品や温かい言葉ももらって本当にありがたかったです。機会があればぜひまた遊びにきたいものです。

ダイビング49日目


昨日の予約の時点で今日はCave(洞窟)かIsla Catalinaへのダイビング・トリップしかないということだったので、散々迷った末にIsla Catalinaを選びました。Caveもかなり魅力的だったのですが、Catalinaには以前から一度行ってみたかったのでその誘惑には勝てませんでした。これで、Saona、Catalina、Catalinita、Cayo Arena、Cayo Levantadoとドミニカ共和国の有名なビーチのある島はだいたい行きました。個人的にはIsla Saonaが一押しです。

Isla CatalinaはLa Romana沖にあるので真っ直ぐ行けばそれほど遠くはないのですが、Bayahibeからは船で30分ほど。シュノーケリングのお客さんたちと一緒に出かけました。ダイバーのお客さんはもう1人だけだったのでインストラクターと3人で潜りました。

1本目はThe Wall。シュノーケリングの人たちと同じところでエントリーしたのですが、ちょっと潜っていくとすぐに崖状になっている場所に出ました。深く潜ろうと思えばディープ・ダイブも可能というところでしたが、あまり深いところに行き過ぎないように深度には注意しながら潜りました。



今まで潜ったどんなところともちがったかわった景色が続いていてすごく印象的でした。特にこのお皿を重ねたようなサンゴがなんとも面白かったです。これが壁一面に全体的に広がっているという感じでした。シュノーケリングをしている浅いところには魚はたくさんいたのですが、ここにはそれほど多くはいませんでした。それでもすごく景色を楽しんで潜れました。



カニを発見。爪が片方とれていましたが、結構大きかったです。



写真だとわかりづらいですが、白い木のようなものもありました。緑色のものもあり、なんとも不思議な光景でした。27m、45分。



2本目は島の反対側へ移動してAquarium。水族館というポイントの名前に恥じない魚の多いところでした。眼下にはサンゴが一面に広がっていて、常にたくさんの魚が見られました。浅くて透明度が高いので、晴れていると本当に水が透明に見えます。



棒状の生き物を昨日からよく見かけました。かわりにウツボをぜんぜん見つけられませんでしたが。



サンゴの下に隠れていたハリセンボンです。遠くに泳いでいる姿も見かけましたが、どちらもかなり大きかったです。10m、50分。



浮上したところに何か作業用のフロートのようなものがありましたが、使途はいまいちよくわかりませんでした。ダイビングが終わった後はいったんIsla Catalinaに上陸して30分ほど休憩しました。



今回使った船です。



ヤシの木があってビーチはこんな感じでした。



砂の白さはIsla Saonaには負けますがかなりきれいです。これだけきれいでも慣れてあまり感動しなくなってきている自分が恐ろしいです。日本の海をどう感じるんでしょうか…。



帰りにLa RomanaにあるCasa de Campoというリゾートの近くを通りました。ドミニカ共和国で最高級のホテルと著名人の別荘などがある場所で、大リーガーのサミー・ソーサーなどもここに家を持っています。で、これはシャキーラという歌手の家だそうです。



ヨット・ハーバーの中でジェット・スキーをしている子どもたちがいました。さすがお金持ちの集まるところです。



個人所有のクルーズ船もたくさん停泊していました。おそらく年に数回しか使われないのでしょうが、手入れは行き届いている感じでした。お金はあるところにはあるものです。

La Romanaに戻ってからはホテルでダラダラとテレビを見たりしながら過ごしていました。17時くらいにIsla Saonaに行っていた他の6人が帰ってきてから、夕食の買い出しに行きました。ぼくはホテルに残って初日に買ってきていたスイカを切りました。小型の万能ナイフを使って切ったのでさすがに苦労しました。特に最初に半分にするのが大変でした。途中で首都のボランティアから電話が入り、La Romanaにきているということだったので合流することになりました。ピザとスイカを中心にした夕食でスイカはとても甘くておいしかったです。22時頃にはお開きになって寝ました。

ダイビング48日目


他のサンティアゴ・メンバーが一緒ですがぼくの今回の旅の目的はBayahibeでのダイビングということで、朝4人が洞窟にむけて出かけた後に、ぼくもBayahibeへ出発しました。Bayahibeは高級ビーチ・リゾートとして知られているのですが、今回はSemana Santa(イースター)ということでホテルの予約が取れませんでした。La Romanaからはグアグアで30分ほど。時間ではなく、グアグアがいっぱいになった時点で出発するので、ちょっと早目に行きました。まあ、朝は仕事に行く人などもいるのですぐにいっぱいになります。

BayahibeのショップはいつものCasa Daniel。メールで予約を入れておいたつもりだったのですが、名前がありませんでした。まあ、船には余裕があったのでその場で参加させてもらいました。ここは料金がユーロで設定されているのですが、最近の米ドルの弱さもあり、ドルやペソに直すと以前に比べてかなり割高に感じられました。ユーロで払う人はいいですが、ドルやペソで払う人は近くにある別のショップのほうがいいでしょう。ぼくはもう気心がしれているので、多少高くてもまあいいかなという感じでした。



1本目はSt.George。妹がきたときにも潜ったWreck(沈没船)です。ここはいつも通っている操舵室周りの通路です。上下左右ともかなり狭いですが、いつでも外に抜けられるので気軽に通れます。



St.Georgeはこれで4回目ですが初めて潜り抜けた部屋でした。天井があるのでパニックになったりすれば危ないですが、その分通路などよりははるかに広いので落ち着いて潜れば大丈夫です。ただ、光が少ないので中の写真はいまいちきれいに撮れませんでした。



事前のブリーフィングでサメが見られるかもということをインストラクターが言ってはいたのですが、船首のところにいました。サメを見たというと危なくないのという質問が返ってくることが多いですが、サイズ的にも人を襲うような種類ではありません。



相変わらずビックリするくらい魚が多いです。今日は天気が非常によかったせいか海の中も明るくてすごくよく見られました。ディープ・ダイブなので時間が短いのだけが残念です。35m、35分。

ダイビングの途中でカメラのハウジングの中が滴露しているのに気がついたのですが、海底にいる状態ではどうにもなりませんでした。乾燥剤は当然入れていたのですが、それでは吸湿が追いついていませんでした。コスタリカでも同じことがあり、液晶画面がちょっとやられていたのですが、今回さらに状態が悪くなりました。カメラ自体が壊れるまではいっていないのですが、撮った画像がきれいに見られないのは気になります。ということで2本目にはカメラを持っていけませんでした。

2本目はDominicus Shallow。オール・インクルーシブの高級リゾート・ホテルが建ち並ぶDominicusビーチの沖になります。浅めのポイントですが、透明度が高く、サンゴや魚もたくさんいました。ゆっくり移動していたのと、カメラなしで潜ることに集中していたおかげかエイを10匹以上見つけたりしてなかなか面白かったです。ロブスターも2匹ほど見ました。獲れないのが残念です。9m、54分。

ショップに戻って片付けと着替えをしてからショップに戻って明日の予約を入れているとLa Romanaの隣町のSan Pedro de Macorisで活動しているボランティア2人から電話がきました。今日洞窟に行かなかったメンバーの同期で、一緒にHigueyという教会の有名な町に行っていたそうです。電話の内容はこれからLa Romanaに帰るので昼食がまだだったら一緒にどうかということでした。当然昼食はまだだったのでLa Romanaで合流することにしました。帰る前に偶然La Vegaのボランティアと会いました。日本からの友人と一緒に来ているということでした。先日の首都での送別会を体調不良で欠席されていたので、偶然とはいえ帰る前に会ってあいさつができてよかったです。

Higueyからの3人を待って15時ちょっと前くらいに遅めの昼食になりました。洞窟に行かなかったメンバーは今日が誕生日ということもあり、誕生日に乾杯してから食べました。昼食のあとはホテルでおしゃべりをしたり、買い物に行ったりしながら洞窟組の帰りを待ちました。20時くらいに帰ってきたのでそこから夕食へ。むこうも15時くらいに昼食だったということで、それほどお腹は空いていなかったので軽めに頼みました。途中でサンティアゴからさらに1人到着したので総勢9人になってホテルへ戻りました。San Pedroの2人が同期のために誕生日ケーキを用意していたのであらためて誕生会。そのあとにぼくと同期にも送別の寄せ書きと記念品が用意されていたのにはビックリしましたが、帰る前に最後にということでわざわざ会いにきてくれたことといい、本当に嬉しかったです。大切に持って帰りたいと思います。

ダイビング47日目


Sosuaでのダイビングも今日が最後になりました。スタッフとはすっかり知り合いですが、特に仲良くしていた2人のうち1人は今日はRio San Juanという支店のあるところでもぐるということで、朝のうちにあいさつしておきました。もう1人は今日はお休み。最後にあいさつしておきたかったなとちょっと残念に思っていたのですが、2本目を潜ったあとに、たまたま町を歩いているところを見かけたのでそこで話をすることができました。それから、元スタッフで今は別のショップで働いているインストラクターは、普段は休日にしかこないぼくが平日にいるということで終わりということに気づいたようで、仕事の手を止めてわざわざ声をかけにきてくれました。うれしかったですね。

さて、最後ということで今日も3本。1本目は5Rocks。以前はよく潜っていましたが、最近はあまりいっていなかったところです。夏はSosua湾の西側が多かったのですが、冬以降は東側が多いので、季節によって波などの関係で船の出しやすさや潜りやすさが違うのかなと思います。お客さんの1人が遅れてきたうえに、ショップにフィンを忘れてきたのでスタートが30分ほど遅れました。まあ1本目は別に急ぐ必要もないのでご愛嬌です。名前の通り大きな岩が5つあるポイントで、地形的に見ていて面白いところです。岩の上部のほうには魚もたくさんいました。写真にうまく収められないのが残念です。途中で別のショップのお客さんがついてくるといったハプニングもありましたが、今日は特に誰かを気にする必要もなく気楽に潜れてよかったです。さて、問題は潜り終わってからでした。船から離れたところで浮上したのですが、いくら呼んでも船がやってきません。ぼくとダイブ・マスター、お客さんの1人は泳いで船まで行きましたがいい運動になりました。他にいた5人は近くにいた別のショップの船に乗せてもらって移動してきました。船につくと船長がエンジンの調整中でした。バッテリーの関係でエンジンがかからなかったようで、別のショップの人たちにも助けてもらって何とかスタートさせることができました。スタートが遅れ、さらに帰りも遅れたのでビーチについたのは2本目のスタート時刻の11時になってからでした。15m、49分。

タンクの付け替えなどもあってすぐにはスタートできないので、2本目も30分ほど遅れました。ポイントはWest Wall。ビーチから近いポイントです。Wallという名前ですが、きりたっているというわけではなく、斜面になっていてそこにたくさんのサンゴを見ることができます。一気に潜らなくてもいいので、いつの間にか深めのところに行くというような感じで、圧平衡があまり得意でない人にはいいポイントだと思います。魚も多いのでゆったりと気持ちよくダイビングを楽しめます。22m、45分。

3本目はCanyon。お客さんの中にオーストラリア人の海洋生物学者がいて、その人の希望でポイントが決められていました。サンゴの保護のために活動しているということで、理由はよくわかりませんでしたが、倒れたサンゴを収集していました。ただ、そのサンゴの収集が目的だったようで、ダイブ・マスターの動きはほぼ完全に無視。自由に泳ぎ回って忙しく働いていました。その動きをダイブ・マスターが追認するように潜っていくという感じでした。移動量が多くなかったので、みんなわりと好き勝手に泳ぎまわっていました。深いところもあるのですが、浅いところを中心にゆったりとしたダイビングで最後としてはわりとよかったんじゃないかなと思います。潜り終わってから学者さんのリクエストで別のポイントに移動。そこで収集したサンゴをまいていました。明日また別の作業をそこでするということでした。10m、49分。

夜は誕生会&送別会があるので16時の便でサンティアゴに帰らなければいけなかったのですが、寄り道のおかげで結構ぎりぎりになってしまいました。いつもは片づけを手伝うのですが、時間がなかったので今日はすぐにショップに戻って着替えをして帰りました。最後にオーナーにもう少しゆっくりあいさつをしてから帰りたかったのですが、それがちょっと残念でした。天気にも恵まれて、今までで一、二を争うくらいの海の美しさだったので、Sosuaでの最後のダイビングとしては最高でした。人との出会いにも恵まれて、サンティアゴを除けば一番の思い出の場所になると思います。機会があれば、また訪れてみたいですね。

ダイビング46日目


特に予定のない週末はいつものごとくSosuaでのダイビングです。いつもと違うのは今日は後輩隊員が一緒だということです。しばらく前から、どこかで潜る時に連れて行ってくださいと言われていたので、今日でよければということで誘いました。ただし、向こうはライセンスを持っていなくて、ダイビング自体が初めてということで、妹がきたときに受けたのと同じくディスカバー・スキューバ・ダイバーという体験コースです。

後輩隊員は午前中はプールでの練習。他に2人、DSDを受けるお客さんがいたのでその人たちと一緒に出かけました。午後のオープン・ウォーターでのダイビングは付き合う予定でしたが、さすがにプールの練習まで付き合う気にはならなかったのでぼくは午前中2本ダイビング。今日は珍しく他にお客さんは1人だけでした。午前中の2本には今日はカメラは持っていきませんでした。

1本目はParadise?。わりとよく行くポイントですが、久しぶりだったような気もします。エントリーしてすぐにもう1人のお客さんがマスクを落としてしまったのですが、ボートにあった予備を使ってダイビング開始。海底につくとダイブ・マスターが見つけてお客さんはすぐにつけかえていました。今日は視界がよくて気持ちよく潜れました。あまり深度を変えず、ずっと20m前後を潜っていました。久しぶりにウツボが穴から出て泳いでいるところを見ました。21m、41分。

2本目はCoral Garden。ここも定番です。まあ、これがカメラを持っていかなかった理由でもあります。いつもと見られるものは大きく違ったわけではなかったのですが、今日はロブスターがわりと堂々と姿をさらしていたのでちょっとだけ写真に撮りたかったです。まあ、持っていかなかったことを後悔するほどではありませんでしたが。1本目からメンバーに変更がなかったので海上で待機して2本目にいきました。以前ならかなりの確率で船酔いしていたはずですが、今日は全然平気でした。やはり多少強くなっているのかなと思います。しかし、水がちょっと冷たくて1本目から体温が完全に回復しないまま潜ったので、半分くらいからちょっときつかったです。16m、46分。

昼食をレストランで食べるのは初めてでしたが、外国人ばかりなので値段設定が非常に高かったです。まあ、これが原因でこれまでレストランでは食べていないわけですが。今日は自分だけではなかったのでまあ別にいいでしょう。午後のダイビングはインストラクター、ダイブ・マスター、ぼくとDSDが3人というメンバーでした。ポイントは3Rocks。DSDをするのがここだけなので1人でもいると自動的にこのポイントになります。



しかし、インストラクターとダイブ・マスターは大変でした。まずカップルの女性の方が自力で潜行できずインストラクターがついて潜行させました。後輩隊員はぼくがついて潜行させたのですが、移動を始めようと水平になったところで急浮上。このときはぼくが止めて沈めたのですが、離すとまた急浮上。これは捕まえるのが間に合わず海面まで行ってしまいました。完全にウェイト不足だったので、ダイブ・マスターが予備のウェイトを1つ渡してその後は落ち着きました。潜り始めてしばらくするとカップルの女性が突然浮上。息苦しく感じてややパニックだったのかもしれませんが、その後も何度かそれを繰り返していました。結局このあとインストラクターがずっとBCDをつかんでコントロールする羽目になっていました。

後輩隊員はというと、海中で水平を保てず、常に上へ上へと泳いでいる状態。
ぼくとダイブ・マスターで何度か引き戻していましたが、最終的にはダイブ・マスターが後ろについてタンクを水平に保つことでコントロールしていました。カップルの男性の方は特に問題がなかったのでこれで何とかなりました。ここ最近はDSDの人と何度か一緒になっていますが、今日が一番大変でした。



青い魚の群です。わりと明るくて透明度は高かったのですが、今日はある理由であまりいい写真は撮れませんでした。



インストラクターがウニをはがそうとしているところです。もちろん、とってかえるわけではなくてみんなに見せるためでしたが、結局はがせなくて断念しました。写真が妙にざらついている感じがしますが、これは海底の砂が舞っているためです。これが写真があまり撮れなかった理由です。DSDの3人がフィンで砂を舞い上げまくっていたのが原因です。まあ、初心者なのでしかたがありませんが、最初は本当にひどかったです。



デザート・フィッシュです。保護色で岩なのか魚なのかよくわかりませんが、たまに見かけます。当然ですが、ほとんど動いているところは見たことがありません。7m、38分。

カップルの女性のほうは、かなり大変そうだったので、もうやりたくないと感じているのではないかなと思っていたのですが、楽しかったのでまたやりたいそうです。聞いてみないとわからないものです。後輩隊員の方も海はきれいだし、魚もたくさん見られて楽しかったそうです。ちょっと酔ったのでやや気持ちは悪かったようですが、それでも楽しめたのであればよかったです。今後ライセンスをとるところまではいかないような気はしますが。

16時台のCaribe Toursで帰ろうと思っていたのですが、日曜日の夕方近くということもあってかすでに満席。偶然サンティアゴの別のボランティアも2人いたのですが、2人とも16時は買えなかったということでした。2人はグアグアを乗り継いで帰るということでしたが、サント・ドミンゴに帰る後輩隊員を1人残していくのもなんですし、ぼくは17時台まで待つことにしました。時間までは目の前のコルマドでビールを飲みながらおしゃべり。1時間くらいはわりとあっという間に潰れました。まあ、アルコールの影響と3本潜った疲れでぼくは帰りのバスの中はほとんど寝ていました。ぼくは当然サンティアゴで降り、後輩隊員はそのままサント・ドミンゴまで帰っていきました。

昨日、今日と何もしなかったので当然水曜日の配属先最終報告のプレゼンの準備は何もすすんでいません。明日、明後日とかなりがんばらなければいけなさそうです。水曜日の朝もやっているという事態だけは何とか避けたいところです。さて、活動もあと3日を残すのみです。