プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

仕事と観光


昨日から妹がきているので今日から仕事は休みをとっていたのですが、どうしても今日中に片付けなければいけない仕事があり、妹には適当に市内をブラブラしているように言い、昼頃に待ち合わせをして朝から事務所で仕事をしていました。まずは停電の影響で金曜日にできなかったテストの印刷。その間に金曜日にテストを取りに来なかったTutorの1人がテストを数えて持って行きました。

コピー機が仕事をしている間に帰国に関わる帰路承認願の作成をしていると、それについて調整員の方からナイス・タイミングで連絡が入りました。本来帰国2ヶ月前に提出しなければいけないのですが、帰国便の決定が先週末になったため、提出できないでいました。ということで、できるだけ急いで提出してほしいとのこと。しかし、これには途中の滞在地での宿泊先と電話番号を記入しなければいけません。帰国の飛行機はJICA事務所のほうで手配してくれるということだったので気にしていなかったのですが、ホテルにいついては自分たちで手配しなければいけないとのこと。書類の提出は急ぐということだったので一緒に帰る同期の同意を取り付け、ぼくがホテルを探すことになりました。ニューヨークで一泊でわりと時間に余裕があるので、マンハッタンに宿泊することにしてネットでホテルを探したのですが、高い。男女2人ずつなのでツインにすればいいかなと思って探したのですが、ツインの設定があるホテルも少なく迷いに迷いましたが、何とか手ごろな料金のホテルを見つけてそこに予約を入れました。マンハッタンの夜をどう過ごすかについてはこれから相談です。

帰国の飛行機や宿泊先の情報など共通のものを記入し終わったあたりで妹を迎えに行かなければいけない時刻になっていたので、妹の宿泊先のホテルへ向かいました。今日は事務所と学校を紹介することになっていたので、すぐに事務所に逆戻り。ちょうどお昼時だったので、いつも昼食を食べているレストランへ行って、典型的なドミニカ人の昼食を食べさせました。バンデーラと呼ばれるものですが、美味しいといってわりと気に入ったようでした。昨夜もそうでしたが、ドミニカの食事はけっこう口に合うようです。まあ、短期滞在であればバリデーションの少なさも気にならないと思うのでいいと思います。

昼食のあと、学校に行くにはまだ早かったのでぼくはもう少し事務所で仕事。午前中に作成した帰路承認願いを同期にメールで送付して、自分の分は調整員の方に送りました。そのあと昼からきていた同期の1人とプロジェクト・ルームの改修工事についてちょっと打ち合わせをしてから学校へ行きました。学校では今日から前期の試験なので特別これといって授業はなし。管理職に妹を紹介し、お土産の白い恋人を渡して小一時間ほど学校を見せてから帰りました。



学校の前の通りにあるSerie del Caribeの宣伝用の看板です。左のプレートは今年参加する3カ国の国旗があしらってあります。



学校に行ったのですから、目の前にあるEstadio Cibaoに行かない手はありません。3日ぶりくらいでしたが、すっかりSerie del Caribeモードになっていました。バランスの問題もあるのでしょう、今回は参加しないプエルトリコの国旗も飾られていました。昼のモニュメントにも登りたいということだったので球場を見たあとはモニュメントに向かいました。



モニュメントに向かうまでの間の旧市街も紹介することにしてCalle del Solを辿って歩いて行きました。これはサンティアゴで最初にできた教会の中です。平日に行ったことがなかったため、中に入るのはこれが初めてでした。予想以上に広くてきれいでした。



Fortareza San Luis。独立戦争のときに使われた要塞です。Rio del Yaque、Orgaの時に氾濫して大きな被害を出した河沿いにあります。こちらも何度か前を通ったことはありましたが中に入るのは初めてでした。



中にはちょっとした兵器が展示されていたり、独立戦争に利用された兵器や戦争の様子を描いた絵画などが展示された小さな博物館もありました。奥のほうの建物は交通警察や麻薬警察が現在も利用していました。ここを出たあとは真っ直ぐモニュメントへ向かいました。

モニュメントは昨夜の騒ぎが嘘のように、静かで落ち着いた空間に変わっていました。中の展示を見て展望台までのぼりたいところでしたが、月曜日はお休みのため残念ながらのぼれず。まあ麓から見るサンティアゴの景色も十分きれいなのでいいのですが。そのあとはいつも歓送迎会などで利用しているRiki Martinへ。妹に会って話をしたいという同期が合流して夕食にしました。



Calle del Solを歩いているときに見かけた車です。ボールがめり込んでいるものなど、最近はこういう装飾がけっこう流行っているようです。シールで貼っているのですが、そういえば先日もEstadio Cibaoの駐車場のあたりでボールのやつが配られていました。

さて、妹のサンティアゴ滞在も今日まで。明日の早朝には東部のBayahibeに向けて移動します。オール・インクルーシブのビーチ・リゾートに2泊の予定です。話の種にと思い、まだ誰も行ったという話を聞いたことがないホテルにしてみましたが、さてサービスや施設はどんなものでしょう。パソコンは持っていくつもりですので、ネットが使えれば旅の様子などはアップしていきたいと思います。使えなければ帰ってからまとめて。最低限必要な仕事は終わらせたと思いますが、この帰国前になって1週間丸々休みをとるのはけっこうきつかったです。まあ、でもせっかくとった休みなので楽しんできたいと思います。

ご近所


引き続き日中は引きこもり生活です。今日は野球の試合もないですし、外食のお誘いもなかったので一日中家。外出したのは食事を調達しに出かけたときだけです。特に書くこともないのでご近所の写真をちょっと撮ってきました。



ご近所というより今住んでいるところです。敷地内にはこれと同じつくりの建物が全部で4棟建っていて総戸数は40戸です。ぼくはこのEdificio4の5階の一室を借りてホームステイ中です。エレベーターはないので毎日階段を上り下りしています。遊びにきて息切れしていた同期もいましたが、あまりたいした運動にはなりません。セキュリティはわりとしっかりしていますし、管理の人たちはこまめに掃除などもしているので敷地内はけっこうきれいです。駐車場では子どもたちがよく野球などをして遊んでいます。



家から一番近いColmadoです。ぼくは全然利用していませんが、家で使っている飲料水はここから配達してもらっているようです。Banca Kingというのはまた別で、コルマドの中にロトを売っているカウンターがあるので一緒に看板が出ています。Bancaを併設しているコルマドはけっこう多いと思います。コルマドとしては平均より小さいくらいの規模でしょうか。遅いときは23時くらいまで営業しています。ただし、厳密に営業時間はきまっていないようで早いと21時前に閉まっていたりすることも…。



いつもお世話になっている長距離バス会社Caribe Toursのターミナルです。サンティアゴ市内にはなぜか2箇所ターミナルがある(首都には1箇所しかないのに)のですが、こちらがメインです。黄色が会社のシンボル・カラーです。首都と東部を結ぶ路線がないのが不思議ですが、その他は国内ほぼ全域をカバーしていて、隣国ハイチとの路線もある国内最大のバス会社です。客待ちのタクシーが常時いますし、ターミナルの中には調理場を持っている売店もありちょっとした軽食も売っているのでいろいろと生活上便利です。



昨年オープンしてから家で何か食べる時はよく利用している中華レストランです。Caribe Toursの向かいにあるので家から歩いて5分もかかりません。普通にレストランとして料理を注文することもできますし、Comida Rapidaとして出来合いのものを適当に選んで持ち帰ったり、その場で食べたりすることもできます。Comida Rapidaのほうの値段はお手ごろなので気軽に利用できます。レストラン・メニューのほうもさほど高いわけではありませんが。もともと家具屋だったのですが、潰れてしまったのでその店舗を利用して出店しました。窓が大きく店内はとても明るいです。味がいいというのもあると思いますが、幹線道路である27 de Febrero沿いにあるのでけっこう繁盛しています。

生活圏内にはもう少しいろいろあるのですが、今日はこのレストランが最も遠い外出先だったのでここまでです。2週間半ほどの休みも今日で終了。明日からは気分を切り替えてお仕事です。そういえば明日には19年度3次隊がドミニカ共和国に到着する予定です。4次隊とは入れ違いになるので一緒に活動する最後の隊次になります。サンティアゴが任地の隊員がいないようなのが残念です。あまり交流する機会はないかな?

Abonado


Abonadoというのはスペイン語で会員権といった意味になる単語なのですが、ついつい買ってしまいました今シーズンの国内リーグのシーズンチケット。まあ、実際にぼくが買ったのは先週末の話なのですが、この話をした友人が自分もほしいということで、今日仕事が終わってからさらに2枚買いに行ってきました。できれば隣の席がよかったのですが、すでに空いておらず、ぼくの席を移動できるか聞いたところこのブロックは最後の2枚とのことでそれもできませんでした。まあ、後ろの列だったのでとりあえずよしとしました。

さて、今年の野球シーズンは10月17日(水)に開幕します。年内にリーグ戦が各チーム25試合おこなわれ、年明けからチャンピオン・シップ。さらに2月上旬に各国内リーグの覇者によるカリビアン・シリーズがおこなわれます。今シーズンのカリビアン・シリーズはドミニカ共和国、しかもサンティアゴ市で開催されます。これを見逃す手はありません。すでに全試合通しのチケットは発売されていて値段を聞いてみたのですが、あまりにも高かったので今回はちょっと買うのを諦めました。1・2試合は見てみたいと思っているのですが、各試合のチケットも高いんでしょうね。まあ、その頃は帰国直前なのでおそらく気が大きくなっていて気にせず買うでしょう。たぶん。何にせよ開幕まであと3週間ほど。開幕が待ち遠しいです。



シーズン券の表側です。画用紙に印刷をしてラミネーターで加工。シーズンを書き込んで担当の人のサインがはいっています。サンティアゴをホームとするのはAguilas Cibaenasです。デザインにもあるようにAguilaは鷲を意味するのでチーム・マスコットも鷲がモデルです。



同じく裏側です。色違いのところはぼくの名前が入っているので一応伏字で。シーズン・チケットは3種類あるのですが、ぼくは2番目のPalcos Lateral 1eraを買いました。1番目はバックネット裏なのですが、席が上段になるのでよりグラウンドに近い2番目を選びました。場所的には球場にもよるでしょうが日本でいえば内野Bといったところでしょうか。R1がブロックを表し、ライトスタンド側の一番ホームベース寄りで、おそらくちょうどファースト・ベースが正面に見えるあたりだと思います。列がFなのでグラウンドから6列目の5番の席ということになります。なかなかいいポジションを確保できました。下にバーコードがついていますが、Abonadoは一般客と入場口が別で、バーコードリーダーにこの券を通して入場するそうです。つまり混んでいる試合でもスムーズに入れます。まあ、それほど入場口が混雑することはありませんが、気分はいいでしょうね。

とはいえ、こんな感じなので本人確認など実際にはできないでしょう。というわけで自分で行けないときには他のボランティアに貸したり、誰か別の人と行く時には友人のものを借りたりといったことも可能でしょう。安いものでもないのでできるだけ有効活用させてもらいたいと思います。試合日程ももらったのでサンティアゴで試合を見たい人は声をかけてくださいね。あとは、チャンピオン・シップに進んだ時にあといくらか払えば、またこのチケットが使えるようになるということを言っていたので、それが事実であることを祈るのみです。昨シーズンはチャンピオン・シップのチケットを取るのに非常に苦労したので、その苦労が軽減できるのであれば今回レギュラーシーズンのチケットを買った甲斐があるというものです。まあ、まずはAguilasが2位以内に入ってくれなければただの獲らぬ狸の皮算用になってしまうので、一生懸命応援したいと思います。

現在Estadio Cibaoはカリビアン・シリーズに向けて改修工事真っ最中。開幕に間に合うかなぁ?とちょっと心配になるくらいの感じですが、商売なのでまあ何とかするでしょう。

今日の活動の方は、午前中に会議をしてそのまま事務仕事。金曜日にできなかった分を片付けている感じで、特にこれといったことはない一日でした。学校には行かなかったのですが、Estadio Cibaoから帰っている途中で、うちの学校の生徒からNo habia clase(授業なかったよ)と声をかけられたので、休みだった可能性が大です。先週金曜日から5連休ですか?やっと学校が始まったばかりなんですが、これでは子どもの学習意欲も上がってこないでしょうねぇ…。とりあえず明日確認してみないとわかりませんが。

Niguiri


ハリケーン一過、今日は朝からいい天気でした。とはいえ、午前中は一昨日からのペースが抜けず家でダラダラ。今日は昼食がステイ先で出てこなかったので、食事に行くついでにそのまま出かけることにしました。最近よく利用している中華系のコメドールですが、初めて店の中で食事をしました。ここで携帯を持ってくるのを忘れたことに気づきました。昼食も終わった後ですし、いつもなら家に戻ってそのまま家にまた引きこもりというパターンですが、今日はなぜか再度出かけました。

明日から新年度ということで心機一転という意味も込めてまずは床屋へ。いつもは他のお客さんがいて、わりと待たされるのですが、今日は誰もおらず理容師も店の外で近所の人とおしゃべりをしていました。前回は違いましたが、今日はこれまでと同じ理容師。あいさつをしてさっそく散髪スタート。いつもながらに霧吹きを使って水が顔を流れるくらい髪を濡らします。別の理容師だった前回は30分とかからずに終わりましたが、念入りに長さや整い具合を確かめながら1時間近くかかって終了しました。単に短くなればよく、それほどこだわりはないので、ぱっぱとやってほしいのですが同じ料金で手抜きなくやってくれているのでよしとしましょう。

髪を切り終わった後はモニュメントへ向かいました。今日は祝日のため、街は人通りも少なく閑散としていました。営業している店舗もほとんどなく、やっているのは食堂か中国人経営のネイル・アートのお店くらいでした。食堂も中国系が多いですから、休日に営業しているドミニカ人の店はあまりないといっても過言ではありません。Semana Santaでもそうでしたが、このへんの商売欲のなさはいったいなんなんでしょう。ただ、休む時は休むという姿勢は日本人も見習わなければいけませんね。



モニュメントですが、16日の大統領訪問に合わせてかなりの改修がおこなわれていました。モニュメント本体の改修だけでなくエレベーターも使えるようになり、上階に上がれるようになりました。25ペソほどかかるそうですが、是非上がろうと思っていったものの、休日ということで見事に稼動していませんでした。休日に運用しないでいつするんだと思いましたが、この辺の商売気のなさもある意味見事です。旗は中央が国旗、左がサンティアゴ市、右側が文化省です。



案内看板が設置されていました。これによるとモニュメントの正式名称はMonumento a los Heroes de la Restauracionだそうです。8月16日はRestauracionの日で、ハッピー・マンデーのために今日が休みになっています。モニュメントの正式名称をみて、何故16日に大統領がわざわざやってきたのか納得しました。



Los Heroesというのは英雄たちの意です。そんなわけで今回新たにRestauracionに貢献した英雄たちの像がモニュメントの周りに配置されています。モニュメント周辺の公園の構造上の正面と、モニュメントの上にある像の向きが違っているため、どちらが正面なのかやや疑問だったのですが、建国の父Duarteを中心に三英雄の像が構造上の正面側に設置されていたので個人的に疑問は解決されました。なぜ頂点の像が後ろを向いているかは未だ疑問ですが。



モニュメントの写真のように天気はすごくよかったのですが、この季節らしく夕方にはスコール。30分もしないうちにやみましたが、傘を持って出ていなかったのでその度に足止めをくらいました。雨宿りと西西辞典を探すためにスーパーに寄ったときに見つけました。すし酢です。いっそ潔いくらい思い切り日本語で書いてありますが、他の部分はもちろんスペイン語でした。ドミニカ共和国も主食の一つは米ですが、日本とは違い長粒種のため粘りが少なく寿司にはむいていません。サンティアゴでも寿司屋が増えましたし、ブーム?になっているのかもしれませんが、一般家庭で使えるのでしょうか。しかも、何の偶然かこのあと寿司屋に行くことになっていました。



昨年サンティアゴへ赴任したくらいにできたSUSHI-YAの他に、今年になって2軒目の寿司屋NIGUIRIができました。スペイン語ではGIはギではなくヒと発音するのでギと発音させるためにはGUIと綴る必要があります。ずっと気にはなっていたのですが、新隊員2人と他に2人を誘って味見をしに行ってきました。味はけっこういけました。注文してから出てくるまでに時間がかかるのはこの国ではありがちですが、SUSHI-YAに較べてメニューが豊富なのもポイントでしょうか。マグロのたたきやづけ(メニューではMaguro Sukeとなっていましたがおそらくづけの間違いでしょう)などもありました。たたきを食べましたが、なかなか美味しかったです。値段はSUSHI-YAよりはやや高めといったところですが、かなり繁盛していました。やはりブームでしょうか。気になったのは板前のお兄さんです。かっこいいとかそういうことではなく、服を左前で着ていました…。みんなで教えてあげるべきか迷ったのですが、まあこの国の人は誰も気にしないからいいだろうということで放っておきました。

今日の午後はずっと歩いていたので、市内のいろいろな場所の写真も撮れました。そのうちネタがないときにでも紹介したいと思います。久しぶりのカテゴリ「サンティアゴ市」でした。

Centro Leon


今日はなんとなくネタがないので久しぶりにサンティアゴ市の施設の紹介などをしてみたいと思います。サンティアゴ市に来てすぐの時に先輩隊員に連れて行ってもらって、その時にも書いたのですがCentro Leonです。デーリー東北の記者の方が取材に来たときにも案内しました。なぜここかというと調整員の方が事務所でサンティアゴに行くならぜひ一度は行っておくべきだと勧められてきていたからです。



ここはとにかく異質です。すごく素敵な場所なのですが、とてもドミニカ共和国とは思えません。一応博物館ということになると思うのですが、二階には絵画などを展示してありますし、特別展は芸術関係が多いので、博物館と美術館の複合施設になると思います。もともと芸術分野はぼく自身が疎いので展示内容に関してはなんともいえませんが、施設だけならおそらく国内でも一・二を争うのではないかと思います。空間の使い方がゆったりとしていて、光の効果もよく考えられていますし、とにかくすべてがおしゃれなのです。



入場料は70ペソですが、火曜日は無料開放されているようで20日はタダで入ることができてラッキーでした。1階は博物館と特別展のスペースになっています。博物館のスペースは入るとすぐに360度スクリーンがあり、ドミニカ共和国の紹介の映像が流されています。そのあとは土器や祭事に使われた器具などが展示されていて、歴史紹介のスペースになっています。こちらはもうひとつですが、近代の紹介のスペースが面白いです。街路で物売りをしている人の等身大のパネルが何枚かあって、それを動かすと、売るときの掛け声が聞こえてきたり、日常的に使われていた品物などが置いてあったりします。床にサンティアゴ市中心部の地図が描かれていて、ちょうど事務所のある場所もわかるようになっています。この写真のスペースにはなぜかプレイステーションが展示されていたりして、何を目指しているのかが謎だったりするのも面白いです。

2階は絵画を置いてあるのですが、20日は入れ替え中のためか見ることができませんでした。ドミニカ共和国の画家を中心に展示されています。絵心がないのでさっぱりわかりませんが、有名な画家の方もいらっしゃるのでしょう。特別展はやはり絵画でした。あるグループのラフデッサンを中心に展示してあり、鉛筆画というのがテーマのようでした。いくつかそれをもとにしてできた絵も飾ってありなかなか興味深かったです。博物館のスペースもそうですが、希望すれば学芸員(?)の説明つきで見学ができます。スペイン語に自信のある方はぜひどうぞ。



みやげ物を売っているスペースです。記者の方に同行していた調整員の方はこの手の店に目がないそうで、絵葉書や本などを購入していました。さすがに置いてあるもののお値段はちょっとお高めです。帰るときには買って帰りたいなと思わせるようなものもあるのですが、さて1年後にはまだ置いてあるでしょうか。

他にはカフェや創業者一族の歴史を展示してある別館などもあります。タバコ会社からはじまり、現在はビール、銀行といった企業を抱える一大財閥です。そんなわけでカフェでは生ビールも飲むことができます。一般的にビールはビンで提供するものなので非常に貴重な場所だといえます。クーラーもきいていて快適なのでよく同期がここまできて仕事をしているようです。ぼくが行くにはちょっとというかかなり遠いのですが、よく考えればグアグア1本で行けるので歩いて1時間半の道のりも片道10ペソ…。特別展も面白いので気が向いたらまた行ってみたいと思います。

さて、今日の話題も少し。検査のため首都に滞在していた同期は無事に帰宅許可が出たのでサンティアゴに帰ってきました。夕食でも一緒にどうかなと思っていたのですが、帰りが9時を過ぎるため今日は諦めました。いろいろと片付けなどもあるでしょうが、久しぶりのサンティアゴの夜を楽しんでほしいですね。明日はみんなで快気祝いです。