プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

闇の子供たち


話題作ですね。もちろん、テーマがテーマなので大ヒットするような作品ではありませんが。PG-12ということでしたが、個人的にはもうちょっと数字は大きくてもいいかなぁと思いました。十分に覚悟はして行ったのですが、それでも見終わったあとに重〜い気分になっているのは避けられませんでした。映画館を出たあとの札幌の空はきれいに晴れ渡っていたんですけどねぇ…。気分がささくれていたのか、帰りの電車でライジング・サン帰りのカップルがデッキの床で眠りこけていたのに必要以上にイライラしたり…。まあ、これは関係のない話ですが。

さて、映画の内容ですが、テーマはタイにおける児童買春と生体臓器移植が大きな柱です。江口洋介演じる新聞記者の南部は、タイで日本人の子どもに対して臓器移植がおこなわれるらしいということを日本からの情報で知ります。臓器売買が絡んでいる可能性があることを知り、取材を始めますが、その中で移植用の臓器は移植の際に生きた子どもから摘出されることを知ります。そして、今回必要とされているのは心臓だった…。

宮崎あおい演じる恵子は日本のNGOで活動していたが、世界の現状を自分の目で知るためにタイへやってきた。活動を始めた施設へ通っていた子どもからの1通の手紙が届けられる。そこには売春宿へ売られ、仲間の少女がエイズを発症したことでゴミのように捨てられ、自分にも同じような症状があらわれてきたことが綴られていた。施設長を筆頭に少女を取り戻すための行動を起こすが…。

宮崎あおいの役どころは何で必要なんだろうというのはわりと最初から最後までつきまとった感想なのですが、移植を受ける子どもの両親の正直な心情を引き出すにはああいうポジションが必要だったようです。タイ語はあまりできないはずなのに、タイ人の同僚や南部が絡んだ専門的な言葉交じりのタイ語での会話の内容を完璧に理解していたり、とっさにタイ語での指示が出せたりと細々したことが気になったのは、なかなか役の必要性を見出せなかったからだとは思いますが、まあ気にしなければどうということはないと思います。

あとは南部自身にドラマ性を持たせる必要性があったのかも少々疑問でした。ドキュメンタリーではないので仕方がないのかもしれませんが、最後の10分くらいは無理になくてもよかったなと思います。

全編を通してとにかく重いです。見ているだけで凹みます。特に買春のシーンが繰り返しいくつか出てくるのですが、これがまた気分が悪くなります。正直見て気分のいい映画ではないのですが、こういう現状があるということを知るということには意味はあると思いました。知ったからといって自分に何かができるかはわかりませんし、この映画が公開されても何も変わらないかもしれません。でも、多くの人が"知る"ことは現状を変えていく第一歩であると信じたいです。そんなわけでできるだけたくさんの人が見てくれるといいなぁと思います。

純喫茶磯辺


雨上がり決死隊の宮迫博之がダメ親父に、仲里依紗がしっかりものの娘を演じます。親子の掛け合いの妙が楽しかった。

冒頭、工事現場のシーンから始まります。みょーにだらけたやる気のない雰囲気が、ダメ親父っぷりをいきなり感じさせます。そんなダメ親父の父が亡くなり、多額の遺産が転がり込みます。当然仕事はしなくなり、家でごろごろ、夜は飲み歩く…。そんなある日、不純な動機から突然喫茶店を開業すると宣言します。娘は当然反対しますが、聞きいれるわけもなく準備はどんどん進んでいきます。文句を言いながらも協力する娘は、某有名チェーン店のような店をイメージしていましたが、出来上がったのは「純喫茶磯辺」(磯辺は親子の苗字です)。一昔前どころか、いったいいつの時代というような喫茶店。当たり前ですが、店は閑古鳥が鳴くばかり。それにもかかわらず、父は極めて不純な動機からバイトを1人増やしてしまいます。しかし、ある作戦が功を奏し、それなりにお客さんが入るようになり…。

もっと本格的なコメディかなと思っていたのですが、大笑いするような展開はなく、常連客や店員、親子の会話にくすりとさせられます。ぶつかり合いながらもお互いを思いやる親子の心の交流と娘の成長がメインでしょうか。仲里依紗は知らない女優さんでしたが、とてもいい演技でした。非常に魅力的な女優さんだなと思いました。特に盛り上がるようなことがあるわけではありませんが、明るく心温まる楽しいストーリーだと思います。

あの日の指輪を待つきみに


名匠リチャード・アッテンボロー監督作品。原題は「Closing the Ring」で、映画を見終わってなるほどと納得させられるタイトリングでした。邦題のセンスもなかなかいいとは思いますが。舞台はアメリカと北アイルランドのベルファスト。1940年初頭と1991年が交錯しながらストーリーが進みます。主演は名優シャーリー・マクレーン。彼女の演じるエセルの若かりしころをミーシャ・バートンが好演しています。

葬儀の場面から物語は始まります。長年連れ添った夫を失くしながらも、さほど悲しむ様子を見せないエセルに娘は苛立ちを隠せません。そんな娘に彼女は「21歳のときに私の人生は終わった」「男には家を建てさせるものではない」と謎めいた言葉をかけます。娘は父の親友に言葉の意味を問いかけますが、「過去は掘り返すものではない」と諭されるだけ…。母娘の関係がどんどんとギクシャクしていく中、ベルファストから1本の国際電話が入ります。電話をかけてきた青年は母の名が刻まれた指輪を山中から掘り出したと言う…。いったい50年前に何があったのか、この1本の電話から真相が明らかになっていく。エンゲージ・リングでもあり、マリッジ・リングでもある1つの指輪に込められた約束や想いとともに…。

1人の女性を愛した3人の親友たち。2人の想いは知らぬままに男と愛を交わす彼女。彼女には知らされぬまま、戦場に旅立つ前に交わされた3人の約束。そして、大西洋を越えた地でなされたもう1つの約束。第二次世界大戦によって引き裂かれたひとつの愛。そして50年後もなお"戦争"の緊張でベルファストの街を覆う北アイルランド紛争。戦争や紛争の悲惨さをさりげなく訴えかけながら「約束」と「変わらぬ想い」を軸に展開する切ないラブ・ストーリーでした。ハッピー・エンドと見るかは観客次第だと思いますが、一見の価値ありです。