プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

別冊図書館戦争?


自覚していますが結構な活字中毒者です。時間があれば本を読む、なくても時間を作って本を読むという感じなので、数としてもかなり読んでいます。それでも、協力隊参加期間を挟んで少し落ち着いたのか、参加前よりは若干読む量は減りました。気が向いたときやネタがないときなどには読んだ本の感想でも書いていきたいと思います。今日は4冊ほど買ってきたのですが、そのうちの1冊を読みました。タイトルにもあるとおり「別冊図書館戦争?」です。

作者は有川浩さん、人気の「図書館戦争」シリーズの後日譚2作目です。シリーズ1作目が刊行されたのが派遣前訓練直前で、非常に気になっていたのですが、そのときは泣く泣く購入を諦めました。で、帰国してから一気に読みました。そして今回の最新刊です。内容的には5話ですが、後半3話が1つのお話なので実質的には3部構成です。

「もしもタイムマシンがあったら」
緒形副隊長と進藤三監のお話。緒形副隊長の恋愛と図書隊入隊からの流れの中で話は進みます。お互いに想いあっていながら別れざるを得なかった2人。別れをきっかけに自分の道を見つめなおした男と自分の道を歩み続けた女。再び道が交わることになるかはわかりませんが、一生に1人の相手とめぐり合えたことは幸せだったのでしょう。派手な展開があるわけではありませんが、落ち着いたラブ・ストーリーかな?かなり好きなお話でした。

「昔の話を聞かせて」
教官お二人の図書隊入隊当時のお話。どんなに完璧に見える先輩や上司でも当然駆け出しのころはあったはず。夫の妻へのそんな昔語り。

「背中合わせの二人」
「そんで、結局あの人たちは?」ということで、なかなか進展しない美男美女の仲は恋愛?友達のまま?いったいどうなるのか?というお話。すっかり対処は手馴れたものですが、美女のほうはストーカーに悩まされています。美男の力も借りて何とか撃退したものの、すぐにまた別の被害が…。しかも今度はかなり悪質。犯人はいったい…、果たして今度は撃退できるのか?そして肝心の2人の仲は?

ネタばれしないように書くのは難しいです…。わけのわからない文章になってしまいました。回数を重ねれば少しは上手になるでしょうか?あまり期待できそうにもありませんが、気が向いたらがんばります。しかし、書評を書く人たちってすごいですね。「図書館戦争」シリーズはこれで終わりだそうです。結果は見えているとはいえ、できればもう一組のカップルの顛末と、あとは隊長の恋愛のその後も読んでみたいですね。もう1冊だけ出さないですかね。