プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

La Romana


今日から最後の国内旅行です。とはいえ今日は移動だけなので、午前中は少し家でゆっくりと用事を済ませてから出かけました。他のサンティアゴのボランティア5人(明日からさらに1人合流予定)と一緒の旅行ですが、ぼくは別行動でした。今日というかこの旅行中の宿泊先となるLa Romanaで合流することになっていました。他の5人はJICA事務所で経費の精算などを済ませてから14時くらいに首都を出発すると聞いていたのですが、14時半くらいに首都を出たぼくのほうが先に到着しました。電話をしてどこにいるか聞いたところあと30分くらいで到着しそうだったので、中央公園で待っていました。

5人が到着したあとに、ホテルに向かって移動を始めたので黙って後ろからついていきました。いつ気がつくかなと思っていたのですが、なかなか気がつかないものです。短期の方は何度かちらちらと後ろにいたボランティアに話しかけるために振り向いていたのですが、それを何度か繰り返したあとにやっと気がついてくれました。驚いた反応が面白かったです。チェック・インをしたあとにスーパーに買い出しに出かけました。短期の方がスイカを食べたいということで行ったのですが、結局いろいろと買い込んでしまいました。ビールなども買ったのでいったんホテルに戻って冷蔵庫に入れるものは入れてから夕食に出かけました。

近いところにしようと思ったのですが、はじめの店はビールを置いておらず、ビールを置いていそうな店は食べ物があまりないということで、結局スーパーの近くにある中華の店になりました。そこもビールはなかったのですが、さらに移動するのは嫌だったので隣の店からビールを買って持ち込んで食べました。ちょっとというかかなりしょっぱかったですが、まあそれなりいおいしかったです。店員のスペイン語があまり話せない中国人のお兄さんが結構かっこよくて女性陣には好評でした。

夕食のあとはホテルに帰って、また少し飲みながら明日の予定についての打ち合わせ。ぼくはもうダイビングの予約を入れてあるのですでに別行動が決定していました。5人のうち4人が、ぼくが夏に行ったFun Fun洞窟。残りの1人はぼくと一緒に夏に洞窟に入っているので、迷った末に同期と別のところに行くことにしました。洞窟組は朝6時過ぎには出発ということで、朝も早いので早目にお開きにして休みました。

今回の旅の宿泊地であるLa Romanaは首都から東へ2時間ほど行ったところにある東部の中核都市です。プロ野球チームもありますが、今回はレギュラー・シーズンで敗退しました。現在、SVの短期の方が1人活動していますが、JOCVはいません。特に観光地というわけではないのですが、Bayahibeにホテルがとれなかったので、ここでの宿泊になりました。



La Romanaにはドミニカ共和国では珍しい鉄道があります。とはいえ、旅客用ではなく貨物用です。それもサトウキビを運ぶためのものです。これまで何度かきたことがありましたが、列車が走っているところは見たことがありませんでした。しかし、今回は運よく見ることができました。写真のようにサトウキビが満載になった列車が走っていきました。結構な車両数でびっくりしました。これを精製して砂糖を作ります。ということで、La Romanaの野球チームの名称の中にはLos Azucareros(砂糖職人たち?)というものもあります。あまり強そうには聞こえないためか、Los Toros de Este(東の雄牛たち)という名称のほうが一般的です。昔、砂糖を運ぶのに牛車を使っていたので牛がマスコットになっています。砂糖工場の煙は気になりますが、わりとすごしやすいいい街です。

Vallena


朝、9時に船着場に集合してホエール・ウォッチングに行ってきました。17-3から19-3までの全隊次が最低1人はいるという珍しい状態で、19-2は全員集合。よく考えると18-1は任地に分かれてからは一緒に旅行したことがありません。ドミニカ人が混ざっていないのも最近は珍しいのですが、ボランティアだけ総勢16人で2艘の船に分乗しました。

Samanaでは1月末から4月にかけてサマナ湾で鯨を見ることができます。ぼくは昨年も見にきたのですが、ちょっとしか見ることができなかったのでリベンジです。時期が限られているので、赴任時期の関係で18-2以降のメンバーは初めての参加になりました。昨年は波が高く、船が跳ねてお尻が痛いような状態だったのですが、今年は天気もよく比較的波も穏やかでした。

鯨が見られそうな沖合いに行くと船を走らせるのをやめて、海を漂いながら鯨を探します。しかし、これが曲者で船に弱いと船酔いの原因になります。一応みんな酔い止めの薬を飲んでいはいたのですが、一緒の船に乗っていた19-2の1人が早々にダウン。3時間近く海上にいたのですが、30分ちょっとで吐き始めてしまったような状態だったので2時間くらいはかなりきつかったのではないかと思います。初めはかなり元気で、一番に鯨を見つけた人だったのですが、このときのはしゃぎすぎがきいたのかもしれません。



船を走らせるのをやめてからわりとすぐに最初の一頭を見つけたので、今年はけっこう見られるかなと期待したのですが、そのあとなかなか見つかりませんでした。モーターの上に乗って鯨を探している船長です。前半はなかなか近くで見ることができなかったのですが、なぜかぼくだけわりと運がよかったようで、ちょっと遠かったのですが潮を吹いているところを見かけたり、鯨が飛び上がっているところも見ることができました。飛んだと声を出して、みんながそちらの方向を見たときには波飛沫だけで、飛んでいるのを見られたのはぼくだけでした。たまたまそちらの方を見ていただけなのですが、昨年の分もサービスしてくれたのかもしれません。



後半に入ると船長が調子よく鯨を発見してくれて、けっこうな数を見ることができました。2頭並んで泳いでいるのもいたりして、かなり寄ってくれたので近くでも見ることができました。しかし、姿を見せるタイミングがわからないので、出たところにカメラを向けてズームをかけてという風にしているとその間に潜られてしまうの繰り返し。けっきょくまともに姿が写っていたのはこの1枚だけでした。まあ、こればかりはしかたがないでしょう。

昼前に帰ることになり、引き返している途中で燃料切れ。ガソリンのタンクを交換してエンジンをかけようとするのですがエンジンがかかりません。船長はいろいろエンジンをいじって何とかしようとするのですが、けっきょくスタートできず、もう1艘に引っ張っていってもらいました。港までは戻らず、途中にあるCayo Levantadoという島に上陸しました。これはエンジンの故障のためではなく当初の予定通りです。ここはビーチの美しさに定評があり、離れ小島で閑静な場所なので人気があります。ここのリゾート・ホテルはドミニカ共和国でも最高級ホテルの1つです。そんな島の公共ビーチで16時くらいまで過ごしました。



こんなビーチが広がっています。きれいですね。

まずは19-2が用意してくれた昼食を食べてひと泳ぎ。ちょっと沖にフロートが浮かべてあったので、そこにのぼって遊んでいました。飛び込んだり、他の人を突き落としたり。



マリン・ケースを持っていっていたので水中から突き落とされてくる人を撮ってみました。フロートはちょっと高さがあったのでバック宙の練習を何回かしました。一応回りきって足からは入っていたのですが、50cmくらいの高さのアドバンテージがあっての話ですから、助走がなかったとはいっても陸上ではやはり回りきれないでしょう。もうちょっと体重を落として柔軟性をつけなければ陸上ではできそうもないです。

海から上がったあと19-2を中心に若い連中はビーチ・バレーなどを楽しんでいましたが、ぼくは他の何人かとビールを飲みながらくつろいでいました。快晴のもとビーチで飲むビールというのもまた格別です。16時まで滞在して船着場に行くと、別の船に乗れとの指示。けっきょくエンジンが直らなかったようで、別の高速船に乗せてもらいました。揺れも少なくて速いので快適に帰ることができました。

港に戻ってからはいったんそれぞれホテルや家に戻り、シャワーを浴びて再度夕食に集合。集まる前に友人から来週鯨を見に行きたいからということでホテルの予約を電話で頼まれたので、19-2が泊まっているホテルに行って予約を入れてから行きました。マレコンにある屋台から食べ物や飲み物を買って食べました。外で大人数でわいわい食事をするというのも楽しいものです。かかっている音楽に合わせて女性人を中心にダンスの練習もしていました。みんな楽しそうでした。途中でドミニカ共和国に遊びに来ていた16-3のOBも合流。久しぶりにお会いしましたが元気そうでした。朝から夜まで楽しい一日でした。

Samana


午前中は事務所で仕事。JICA事務所での最終報告会のプレゼンテーションと5号報告書を中心に作成作業。プレゼンテーションの方は算数プロジェクト概要分は一応完成しました。あとは来週の定例会議で全体に諮って了承をもらえばOKです。しかし、これでやっと1つ。あとは、自分の個人発表分と配属先での最終報告のプレゼンテーションも作らなければいけません。実質あと2週間くらいですから、急いでやらないと直前になって大慌てといった事態に陥る可能性もありそうで恐ろしいです。

昼食を短期の方と一緒に食べて、その足でそのまま週末を過ごす予定のSamanaへ向かいました。明日の午前中にホエール・ウォッチングをする予定になっているのでどうしても今日中にSamanaまで行っておく必要があるからです。Samanaまではサンティアゴから直行のグアグアが出ているのですが、片道4〜5時間。明日の朝一番の便で出ても船の出発時刻には間に合いません。ということで、午後の仕事はお休みをもらってSamana行きのグアグアに乗って出発しました。Samanaにはたまに行きたいなと思うのですが、実はこのSamana行きのグアグアが嫌いで躊躇してしまいます。長距離便にもかかわらず、4人がけのところに5人座らせたりして、乗る人の体格によってはかなり厳しい旅程になるからです。この乗り方自体はドミニカ共和国の公共交通では普通なので別にいいのですが、長時間乗るような路線ではやめてほしいです。今日は満席は満席でしたが、1人余計に詰め込むというほどの混みようではなかったのでまだマシでした。

Samanaの隊員は今日はワクチン接種のPRに回っていて夕方にならないと帰らないと聞いていたので、夕方近くにつく便に乗ったのですが、途中でそのキャンペーンの車を抜いたのでちょっと海岸沿いをブラブラしていました。



Samanaは観光地なのですが、昨年あたりから建設されていたショッピング・モールです。前回きたときにはまだ空き店舗が目立ちましたが、今回はもうかなり埋まっていました。観光客料金なのでかなり価格設定は高めです。まあ、街全体に言えることなので、ボランティアとして住んで生活するにはちょっとコストが高い街かもしれません。



ドミニカ共和国ではモト・コンチョと呼ばれるバイク・タクシーは一般的ですが、これはSamana独特のカロ・コンチョというバイク・タクシーです。後ろにひいている車に4人くらいまで乗ることができます。普通のタクシーよりかなり経済的ですが、今回は一度も乗りませんでした。



マレコンという海沿いの地区を歩いていると大統領選挙に向けてのPR活動をしていました。紫は現大統領Leonel Fernandezの与党です。その前を別の候補者の広報車が通っていったので一瞬何かあるかなと思ったのですが、特別何もおきず不謹慎ながらちょっとがっかりでした。

18時過ぎに首都から19-2のメンバーが揃ってやってきたタイミングで、Samanaのボランティアに連絡。すでに帰ってきて事務所にいるということだったので、ホテルにチェック・インするという19-2のメンバーと別れ事務所に向かいました。事務所につくと早速パソコンのチェックを頼まれ、3台続けて対応していました。何をしに行ったんだか…。とりあえず、一通り何とかなったのでOK。事務所の隣のホテルにチェック・インして夕食を食べに行きました。



Carnabalの時期だからでしょうか移動遊園地が登場していました。以前、モニュメントのところで同じような観覧車に乗りましたが、相変わらず高速で回っていて、絶叫マシーンの様相を呈していました。ライト・アップはなかなかきれいでした。

夕食は19-2が行ったというレストランにしたのですが、メンバー揃っての食事を邪魔してもなんなので別テーブルで食事。まあ、単にすでに机を並べるだけのスペースがなかったというだけの話ですが。ピザとパスタ、サラダを頼みました。美味しかったのですが、出てくるまでにすごく時間がかかったのが難点でした。帰りに19-2のメンバーが泊まっているホテルの前を通ったのですが、バルコニーで2人ほど飲んでいたので混ぜてもらいました。明日は鯨なのであまり遅くならないうちにお開きにして帰りました。

Museo Hermanas Mirabal


今日は学校につくなり、Museo(博物館)へExcruciónに行くよと8年生の先生に言われ、目的地もよくわからないままバスに乗せられました。Excruciónは遠足が訳語としては一番近いと思いますが、社会見学などにも使われます。Centro Leonで野球の歴史などについての特別展示をやっているので、それを見に行くのかな程度に考えていました。しかし、バスの向かう先は全然違う方向。どこに行くのか聞いてみると、Salcedoとの答えでした。サンティアゴから車で1時間ほど行ったところにある町で、まさか本格的な遠足だとは思いませんでした。



8年生2クラス、60人強の生徒とぼくを含めた引率の大人が6人でこのバス1台に乗り込んで行きました。明らかに定員オーバーですが、普段からそういう車に乗りなれているので生徒も大人も全く気にしません。2人がけのところを3人で座り仲良くお出かけです。行きも帰りもそうでしたが、大音量で音楽をかけ、みんな熱唱しながらの行程になりました。そんな中でも眠れる自分に、慣れって怖いなあとすこしだけ思いました。



SalcedoにあるのはMuseo Hermanas Mirabal。Mirabal三姉妹の生家をそのまま博物館にしています。Mirabal三姉妹とは1900年代中盤に独裁政治をおこなっていたトルヒージョ大統領に対して、抵抗活動をおこなったことから処刑されてしまった姉妹で、いわば民主主義の母といった位置づけになる人たちです。この処刑が引き金になってトルヒージョ大統領は翌年暗殺され、独裁政権が幕を閉じます。

処刑されたのが3人のため三姉妹といわれますが、実は四姉妹で残る1人は今も健在です。副校長が説明してくれたのですが、Leonel Fernandez現大統領の一期目(2000〜2008年)には副大統領を務め、与党であるPLDではシンボル的存在だったようです。



Salcedo自体は田舎で特にこれといったものもありません。実際に姉妹が住んでいたときにはこれほどきれいだったことはないと思いますが、博物館として、周囲の庭などもきれいに手入れがされていて、気持ちのいい空間になっていました。2月は独立記念日があるためでしょうか、他にも4校ほどの生徒が見学の訪れていました。



家の中は当時の様子を再現するような形で、写真や衣装、その他の生活用品を展示してありました。ガイドがいて、20人ぐらいずつのグループに対して説明しながら動きます。大きな建物ではないので、庭の入り口のところで前のグループが最初の2部屋くらいを抜けるのを待ってから次が進むという形をとっていました。社会見学がなければすんなりと見学できると思います。



これはキッチンだそうです。昔は別棟になっていたということです。



庭にあったお墓です。説明がよく聞こえなかったのではっきりはしませんが、Salcedoのお墓と言っていたので他にもあるのかもしれません。ということで、実際に遺体が納められているかは不明です。見学自体は1時間ほどで終了。近代史に触れるような場所はあまりないので興味深かったです。

見学を終えたあとは敷地内にあった売店でジュースやお菓子を買ってしばし休憩。お昼が近かったのでさっさと帰りたかったのですが、結局Salcedoを出発したのは12時5分前でした。当然学校についたときは13時をちょっと回っていました。事務所の近くのレストランで遅めの朝食をとって、事務所へ行って研究授業をする先生のための資料を用意してから学校へ行きました。

朝から気になってはいたのですが、生徒が私服で登校していました。なぜかなと思っていると今日はDía de estudiantes(学生の日)だったようです。正式には次の日曜日(昨日だったかな?)なのですが、お祝いできないので今日にしていたようです。まあ、しかしこれといったことをするわけでもなく、16時すぎには生徒を下校させてしまいました。

普段であればそのまま帰るところですが、今日は学校に残って教務主任のプレゼンテーションの作成の手伝いをしていました。今週の金曜日にJICA事務所で本邦研修の成果と、今後の学校での成果の活用について発表しなければいけないのでその準備です。内容的に手伝うことはしませんが、パワーポイントを扱えないのでパソコンの手伝いです。パワーポイントは確かに便利ですが、いい加減現地の実情を見ずにパワーポイント一辺倒での発表を指示するのはやめてほしいです。今回は文句を言っている時間もないのでしかたがありません。ただ、教務主任は金曜日に大学に通っていて、今週はちょうど重要な授業の日で休めないと言っていたので、JICA事務所の現地スタッフの方とそのことについて電話で何回かやりとり。ただでさえ電話はあまり好きではないのですが、さらにスペイン語となると…。久しぶりにスペイン語をよく使った一日でした。

Carnaval en La Vega


ドミニカ共和国では2月はCarnaval(カーニバル)の季節です。全国各地で毎週日曜日に盛大にCarnavalが開催されています。中でも最も有名で観衆が多いといわれているのが今日行ってきたLa VegaのCarnavalです。ちなみにサンティアゴは2番目らしいです。La Vegaはドミニカ共和国では首都サント・ドミンゴ、サンティアゴに次ぐ第三の都市。サンティアゴからは高速を使い車で30分ほどの距離にあります。

Carnavalのパレードは午後からということで、一緒に行く後輩隊員たちと12時にLa Vega行きのグアグアが出る公園で待ち合わせ。先について待っていると、やってきた人数が多い。まあ、別に問題はないので一緒に行きました。La Vegaの隊員とCarnavalを見に行く約束をしているということでした。途中でお客さんを乗せないグアグアに乗ったので、快調にLa Vegaまでとばし12時40分頃には目的地に到着。そこで、La Vegaの隊員と、他に首都からきていた隊員と合流。そこで別れるのもなんだったので、なんとなくそのまま一緒に行動することになりました。ぼくとしては案内を任せられたのでラッキーでした。

パレードが始まるのは15時くらいからということで、まずは台湾喫茶に行って昼食。ぼくはカレー味のチャーハンとグレープフルーツ・ジュースを頼みました。最終的に10人という大所帯になっていたためか、料理が出てくるのが遅い…。最初に食べ始めた人たちが食べ終わってからぼくの頼んだものはやってきました。まあ、でも美味しかったのでよしとしましょう。グレープフルーツ・ジュースが薄かったのはちょっとがっかりでしたが。昼食のあとは今日宿泊するメンバーの荷物を置きにホテルに行ってからパレードのある通りへ移動しました。



La VegaのCarnavalの特徴はDiablo(悪魔)と言われる仮装をしたグループが練り歩き、さらに手にした牛や豚の皮から作った固いボールで観衆のお尻を叩いていくことです。その衣装の豪華さで知られていて、今は企業がけっこう費用を出しているようですが、以前はLa Vegaの住人はCarnavalのために仕事をしていると言われていたそうです。おそらく昨年のものだと思うのですが、Diabloの衣装セットが売られていました。3000ペソ(約1万円)、それほど高くはないなと思ったのですが、どうやって日本に持って帰るかが問題です。輸送手段さえ確保できれば買ったのですが今回は断念。



Diabloたちは数人から数十人まで、それぞれチームを作って練り歩きます。先頭にはそれぞれのチームをアピールした旗などを持った人が歩き、警備の人たちも一緒に歩きます。Diabloは観衆のお尻を叩いて歩くので、やりすぎたり、観衆と喧嘩になったりすることもあり、警備はそういうことを防止するためにいます。あまりトラブルにならないよう一箇所にとどまらないように促して歩いたりしていますが、それでも時々小さないざこざは起こっていました。

Diabloの持っているボールは皮製で非常に硬くて痛いのですが、沿道ではゴム製の柔らかいボールを売っています。これでDiabloの頭を殴った観衆がいて、さすがにそれに怒ったDiabloともめたりしていました。また、カップルで女性の方のお尻を叩かれて怒って抗議していたりする人もいましたが、そういうお祭りだとわかってきていて、そのことに文句を言うのはどうかなとぼくは見ていて思いました。叩かれるのが嫌なら行かなければいいだけの話です。



チームによって彩りも違い華やかです。企業のチームなどはそれぞれのイメージ・カラーに合わせて衣装を作っていました。



カメラを向けるとポーズをとってくれるDiabloもたくさんいました。一緒の写真撮影にも気軽に応じてくれますが、写真を撮っているところを他のDiabloに叩かれたりすることもあるので油断は禁物です。自分からお尻を出して連続で叩かせるつわものもいて、そういう場所では大盛り上がりになります。しかし、冗談ではなくかなり痛いです。ただ、下手によけると変なところにあたって余計に痛い思いをすることもあるので、個人的には叩かれるときは腹を括って、素直に叩かせておいたほうが被害は少ないかなと思っています。昨年、太ももにあたったときは悶絶しそうになりました。



子どものDiablitoもいます。すごくキュートで大人気です。



中継のヘリも飛んでいましたが、人ごみの上を飛んでいるとは思えない高度でした。カメラを構えているのが見えるくらいで、頭上をゆっくりとホバリングで抜けていかれた時はローターの巻き起こす風がきたので墜落したら大惨事だなと思いながらも手を振っておきました。



時々、変わった仮装をして歩いている人もいます。筋肉ムキムキのいい身体をしたオカマさん。サンティアゴはわりと何でもありなのでよくいますが、La Vegaは基本的にDiabloでコンセプトが統一されているので、こういう人は珍しいです。

昨年は相当叩かれたのですが、今年はけっきょく1回もまともには叩かれませんでした。痛い思いをしなくてラッキーなのか、ある意味Carnavalの醍醐味を体験できなくて残念だったのかは微妙なところです。Carnavalは19時までですが、18時くらいには一通りのグループを見て、様子も落ち着いてきたようだったので帰りました。帰って確認するとけっきょく124枚も写真を撮っていました。Diabloが違うくらいで同じような写真が多いのですが、なかなか楽しめてよかったです。