プロフィール

へー

Author:へー
生まれも育ちも愛媛県ですが、大学以降北海道を終の棲家ときめこんでいます。
ついでに小学校教諭を自分の天職と思い込んで子どもたちと過ごしてきました。辞める気はまったくありませんが、2008年3月まで青年海外協力隊員としてドミニカ共和国で活動してきました。暑いところが嫌で北海道に移り住んだはずなのですが、常夏のカリブ海で問題なく適応できた自分が不思議でした。2008年4月からはまた教壇に復帰しています。
協力隊に参加するために駅前留学をしていたのですが、ドミニカ共和国は公用語がスペイン語。せっかく覚えた英語は…。そして派遣中に肝心のNOVAは破綻…。英語もスペイン語も使わないとどんどん忘れさられていきます。悲しいですね。
趣味は読書、スキー、ゴルフ、献血、etc。ドミニカ共和国滞在中はダイビングにはまっていましたが、北海道ではとてもとても…。現在、一番の趣味はダイエットです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

トクノフミトシ4コマまんが

北海道の小学校で教師をしています。日々の生活の様子などを気ままに綴っていきます。 2006年4月から2008年3月まで青年海外協力隊に参加していました。ドミニカ共和国について知りたい方は過去記事をどうぞ。

帰省


やっと実家に帰ってきました。駒ヶ根、北海道と涼しいところにずっと滞在していたので暑さを一段と感じます。こちらの気温的にいえばそれほど暑いというわけでもないのですが、やはり体がまだ適応していないようです。ただ、ドミニカ共和国は当然ながら実家よりはるかに暑いはずなので、この程度の気温で音をあげているわけにもいきません。

昨夜は北海道OB会による壮行会でしたが、KTC組・NTC組とも8割以上参加していたようで店は完全に貸し切り状態でした。OBの人が高校生、NTCの現職の方が今は大学生の教え子を連れてきていて、バラエティーに富んだ顔ぶれとなっていました。高校生と大学生の2人はJOCVに興味があるということで話を聞きにきていたそうです。昼間もそうでしたが、やはりなんとなくKTCとNTCに分かれて座っていましたが、途中は完全に入り乱れて楽しく交流しました。2次会はKTCメンバーだけで終電に間に合う時間まで飲んでお開きになりました。名残は惜しかったですが、これで次に会うのは早くても1年9ヵ月後か2年後です。みんな元気で再会できるといいなと思います。

その後、別の友人と会って結局寝たのは3時半過ぎでした。しかし、今朝のフライトは9時半。ということで7時にはホテルを出なければいけません。6時くらいまでは寝ていようと思ったのですが、なぜか早めに目が覚めてしまい起きたのは5時半。2度寝すると乗り遅れるなと思ったので仕方なくメールなどをしていました。2時間ほどしか寝ていなかったので羽田行き、松山行きの飛行機の中は完全に熟睡でした。しかもまだ若干眠いです。

松山空港から実家までは友人に送ってもらいました。実家に帰ったら親がいなかったので電話で呼び出して鍵を開けてもらい、車を借りました。出かける前に成田に荷物を送る手配をして、送る日にちが決まったのでそこまでに荷物を作ってしまわなければいけなくなったのでちょっと焦っています。明日は買い物の一日になりそうです。

いまどき珍しいのですが、実家はインターネット環境が整っていなくて、このブログはインターネットカフェからアップしています。今後ブログのアップが不定期になると思いますが、また覗いてやってください。

修了しました


朝8時から退去時の居室点検があり、そのあと講堂に移動して訓練終了時のアンケートに答えました。早目に終わって時間があったので語学教室に移動して講師にあいさつ。講師からみんな歌を歌いにいったと教えられたので、参加しに行きました。日常的には参加していなかったのでうまくは歌えませんでしたが、最後に参加できてうれしかったです。歌のあとはまた講堂に戻って合意書に判を押してこれで訓練は全て修了。

チャーターバスが10時に訓練所を出発する予定だったので、それまで30分くらい時間の余裕がありました。とりあえず、3時から起きて焼いていたDVDと和綴じで作ったアルバムを3班のメンバーに配ってお別れのあいさつ。バスの担当なのでそのあとは副班長業務に移りました。放送をかけて荷物のバスへの積み込みを指示。玄関の人たちにはハンドマイクを使って1班の班長さんが声をかけてくれていて助かりました。玄関はそちらに任せて、僕は語学教室のほうに声をかけに回りました。とりあえず、2階から追い出すことには成功。

さて、ここからが大変でした。10時には必ず出発してくださいという指示もあり、9時55分くらいには乗車している人の点呼をしたかったので、9時50分くらいからバスに乗車してくれるように声をかけましたが、なかなか乗ってくれません。まあ、名残を惜しむ気持ちはよくわかるのですが、どこかでけりをつけないときりがありません。ハンドマイクを使っていたにもかかわらず、遠くのほうにはよく聞こえていなくて、結局ハンドマイクに怒鳴っているような形になりました。5分以上怒鳴って歩いていたのでのどが痛かったです。最後まで付き合ってくれた1班の班長さんには迷惑をかけてしまいましたが、何とか10時には出発することができました。誰かがやらなければいけない仕事ではありますが、自分自身では忙しすぎてあまりあいさつもできなかったのがちょっと残念でした。

僕が乗車したのは新宿行きの1号車。遠くに帰る人のための急行便です。昼食休憩はとらず、トイレ休憩を1度はさんだだけでまっすぐ新宿に向かいました。おかげで予定よりも早く1時過ぎには新宿に到着。そこでまた名残を惜しみつつ解散になりましたが、ちょっと時間のある何人かでお茶をしに行きました。とはいえ、それぞれ大荷物を抱えていたので普通の喫茶店には入れず、デパートの屋上のオープンカフェに行きました。お茶とはいいつつ、車の運転とかを気にする必要もなかったのでビールを飲みました。そこで1時間くらい過ごして、そのあと北海道に戻る2人と一緒に羽田に行って、また30分くらいお茶をしました。僕が30分早い便だったのでそのあとは一人で新千歳に向かい、8時前には札幌に戻ってきました。

これで70日間の駒ヶ根市での生活も終わり、晴れて青年海外協力隊員となりました。2週間後には成田から飛び立つことになりますが、しばしの休息です。とはいえ、準備などで忙しい日が続くことになると思いますが。

この70日間、その時々では大変なこともあったはずですが、振り返ると楽しかった思い出ばかりが浮かんできます。222人でスタートした訓練は218人で修了を迎えました。わずか70日間でしたが、本当に個性的で、様々な経験を持った仲間と濃く凝縮された時間を過ごすことができて幸せでした。3班、語学クラス、そしてこれからの活動も共にするドミニカ共和国のメンバー、本当に素敵な仲間に出会えたことに心から感謝したいと思います。218名のうち何人とまた再会できるかはわかりませんが、いい思い出話ができるように活動をがんばってきたいと思います。

修了式


今日は実質的にこの駒ヶ根訓練所で過ごす最終日です。明日はもう出ていくだけということで、朝から荷物の運び出し等で忙しく働きまわっていました。午前中は宅配業者が来て荷物の送り出し。前日からの準備がよくなかった人は朝から荷物の整理に忙しく働いていましたが、自分の分は昨晩のうちにおおむね整理が終わっていたので運び出し開始時間にきちんと手続きを終わらせました。自分の分が終わったあとは女子棟の手伝いに行きました。基本的に自分の班を手伝うはずでしたが最終的には2階の分まで手伝ってきました。運び出しの様子は警備室からも似たいリングされていて、最初のうちから手伝っていたので、この人のは自分の分は終わっているのかと警備員の方に心配されていたようです。スタッフの人まで呼ばれたようですが、スタッフには手際よく仕事をする人だから大丈夫ということであっさり流されたそうです。

荷物の運びだしが終わった後は部屋の掃除と共用部分の清掃をして、語学教室に行って色紙を書いて午前中は終わりました。まあ、その間に退所時のチャーターバスの徴収金額の確認などもしましたが。

午後はまず修了式のリハーサル。これは30分くらいで終わりました。2時から1時間の予定で修了式がありましたが隊員が218名ということで時間内には納まりきらず結局終わったのは3時20分近くでした。隊員を代表しての謝辞をうちの班長が述べました、それまでの祝辞などは正直退屈でしたが、班長の謝辞は心に響く大変素晴らしいものでした、これで涙している女性隊員も周りに多くて非常に感動的でした。

修了式のあとは壮行会。これには、隊員の家族や所外活動でお世話になった人たち、語学の講師やスタッフも参加していました。みんなで写真をとったり、太鼓やヨサコイなどの発表を聞いて過ごしました。訓練所内ですが、ビールなどのアルコールも出て楽しいひと時を過ごすことができました。

壮行会は5時で終了して、6時から夕食を兼ねた懇親会でした。これは自由参加だったので、外に飲みに出ていた人もたくさんいたようでしたが、ダブルダッチやダンスの発表を見ながら楽しく過ごすことができました。この懇親会の前にドミニカ共和国に一緒に行くメンバーからメッセージ入りのTシャツをもらいました、連日誕生日を祝ってもらい非常に嬉しかったです。しかも、懇親会の中で、バースデイケーキが登場し、胴上げまでしてもらいました。この訓練所にいる間に誕生日を迎えることができた幸せをかみしめたこの数日でした。

明日でこの訓練所を離れ、それぞれの任地に2週間後には旅立ちますが、本当に充実して素晴らしい訓練期間でした。

皇太子殿下御接見


今朝は朝6時から朝食でした。なぜかというと皇太子御接見のために東京まで行くので訓練所出発が7時だったからです。6時から朝食ということは当然それより早く起きなければいけません。みんながみんな朝強いというわけではないので、班長がメンバーを起こして歩いていました。僕自身は昨日飲むのを控えていたので問題なく5時過ぎには起きていました。朝食にはとても甘いミルクパンが出て、眼が覚めきっていない人や昨夜飲みすぎて二日酔い気味の人にはかなり辛いメニューとなっていました。

何人かのスタッフや語学講師に見送られて7時過ぎにバス5台で訓練所を出発。11時前にJICA広尾に到着しました。ここは昨年まで派遣前訓練がおこなわれていましたが、今年から施設をリニューアルして、地球の広場という環境問題などについて一般への啓発活動をおこなうスペースとなっています。11時過ぎから早い昼食をとり、地球の広場などを見学などして友人と広尾の街をぶらぶらしに出かけました。しかし、外に出かけている余裕があるくらいの時間にするのなら出発時間をもっと遅らせてほしいものです。街の案内図を見ると各国大使館が点在していたので大使館巡りをしようかという話になったのですが、お茶の専門店を見つけ、そこでつかまってしまいました。キャラメルフレーバーのアイスティーと、ピーチベースのミックスフレーバーティーを試飲させてもらい、ダージリンとキャラメルティーを買って帰りました。ドミニカ共和国はコーヒーが主要産業のひとつですが、きっとお茶はそんなにないんだろうなと思うのでしっかり持っていきたいと思います。

1時から「青遺海の会(あおいうみのかい)」という協力隊の活動中に亡くなった隊員の遺族会の会長さんと副会長さんの話を聞きました。日本にくらべて決して安全とはいえない地域に行く僕たちにとっては重いお話でした。任国では何があるかわかりませんが、決して無理をしないように気をつけて生活していきたいと思いました。

3時から東宮御所へ移動。身元などははっきりしているはずですが、さすがにセキュリティーチャックは何重にも受けているようでした。東宮御所はプライベートな生活空間でもあるということで、カメラの持込などが一切できなかったのが残念でした。接見の手順などの説明を受けたあと、場所移動の練習をおこない、4時から御接見がスタート。基本的に6〜7カ国で1グループ、計6グループ作り、1グループごとに交代していきます。国リーダーが国名と派遣人数を言ってそのあと皇太子殿下の御下問に答えます。1カ国につきそんなに長い時間ではないだろうと思っていたのですが、予想以上に時間をかけてお話をされていました。1つのグループが話をしている間他のグループは、侍従や女官の人たちと話をしていました。何人かと話をしましたが、一人は侍従長でした。ドミニカ共和国は第5グループで僕は国リーダーなので話をしなければいけませんでした。直前になるとさすがに緊張しました。

えーっと、それでは一問一答。
「小学校教諭で行かれるのですね。現職の方ですか?」
「はい、北海道の小学校に10年間勤めていました。」
「10年間の経験が活かされるとよいですね。」
「子どもたちに勉強を教えてきましたが、子どもたちから学ぶこともたくさんありました。同じようにドミニカ共和国でもたくさんのことを学んでくることができたらいいなと思っています。」
「小学校1年生から6年生ではかなり違いがあるのではないですか?」
「幼稚園から上がってきたばかりの1年生と6年生、特に6年生くらいになると大人に近いような考え方をする子もいるので、差はかなり大きいと思います。」
「指導が難しい面もあるのでしょうね。それではお体に気をつけてがんばってきてください。」

何かひとつくらい落ちているような気がしますがだいたいこのような感じでした。緊張するし、嫌だなと思っていたのですが、きっと最初で最後だろうと思うので、よい経験になりました。それぞれの国別リーダーの職種も幅広かったのですが、どの職種に対しても的確な質問をしていてすごいなと思いました。笑いなどもあり和やかな雰囲気の中で時間が過ぎて、疲れることは疲れましたが興味深い1時間でした。

最後の日曜日


今日はこの訓練所で過ごす最後の日曜日となりました。午前中は髪を切りに出かけ、講師へのプレゼント用の包装用品を買って帰ってきました。昼食は、駒ヶ根市内で有名なラーメン屋さんに行こうかなと思っていたのですが、案の定列ができていたのでやめました。基本的には並んでおいしものを食べるより、並ばずに普通のものを食べる方を選びます。ということで、どこで食べるか迷いましたが、訓練所に比較的近いところ(歩いて30分くらいかかりますが)に自家製のパンを出している喫茶店のような店があって気になっていたので、そこに行くことにしました。頼んだのはバジルリゾット。量的には物足りませんでしたが、非常に美味しかったです。会計のときにクロワッサンアイスというのが目に付いたので買って帰りました。小さめのクロワッサンにバニラアイスがはさんであるもので、冷えているクロワッサンの味がどうかなとも思ったのですが、これがまた絶品でした。



帰ってきてから班のDVD用のビデオ編集をして、4時から語学のメンバーとテニスをしました。ずいぶん下手くそになっていて変なほうに飛んだり、フレームで叩いたりしていて不思議だったのですが、最後にふと手元を見るとラケットの握りがバドミントン持ちになっていました。ということで、うまくプレーできなかったのはそのせいということにしておきましょう。

6時からは語学のメンバーと飲み会。以前も行ったスリランカ料理屋さんに行きました。英語のクラスも2クラス来ていて、協力隊の候補生で占領状態でした。昨日はちょっと飲みすぎましたが、明日は6時から朝食をとらなければいけないので、今日は飲み過ぎないように心がけました。ビールとワイン、カンパリ・グレープフルーツを1杯ずつでやめておきました。今日も昨日に引き続き誕生日を祝ってもらいました。わざわざ店の人に頼んでケーキを用意してばれないように事前にプレゼントも店まで運んでくれていたのですが、スタッフがろうそくを何本立てますかと親切に聞きに来てくれました。これで気付かなければただの馬鹿ですが、とりあえず何も言わずにいました。ケーキが登場してみんなでハッピーバースデイを歌ってくれました。英語の2クラスの人たちも来て一緒に歌ってくれて、よく知らない人もいたのですが、そういう風に祝ってくれる仲間たちに心から感謝したいと思います。プレゼントにTシャツと足の疲れを取るために指にはさむやつをもらいました。普段漢字がデザインされたTシャツばかり着ているので、わざわざそういうやつを探してくれたようで、すごく嬉しかったです。さっそく着させてもらいましたが、お気に入りの一枚になりそうです。



駒ヶ根での最後の週末はすごく充実していて、すごく嬉しい週末になりました。